スタッフブログ

IT業界の工場化は進む

みなさん、なかしーです。
とある流れで、IT業界の事を1から復習するチャンスに恵まれたのですが、そこで改めて思ったことを書いてみます。(あんまりまとまってない。。)
ムーアの法則に代表されるように、IT(とくにHardware)の技術進歩は凄まじく、たとえば10年前では128MBのUSBメモリーが8000円とかしていたのが、今では32GBで同じくらいの値段だったりします。250倍です。
数年経てば桁が1つどころでなく数桁変わるわけです。
(もちろん、Software側で必要とする桁数も半端無く上がってくるので、実際使ってる人からするとあんまり変わっている気がしない部分もあるかと思いますが。。。ま、それはいいや。)
そんな中で、私達人間も数年たてば、例えば単価だったり効率だったりが桁が変わっているかというと、案外そうでもない気がするのです。
ところが、IT化がすすむとフラット化が進んで…(以下略)…的なことになり、価格の桁数で勝負とかなると大変。。
同じ事を同じ値段でやってると桁が小さくてもOKな人に負けるわけで、やってること(のレベル?)を変えるか効率の桁をあげないといけない。
じゃぁ例えば、効率を10倍、100倍にするということを考えるときに、ITの世界では扱う物理のレベル(?)が変わってきたんです。
機械工学->電気工学->電子工学->量子力学。。。みたいな。
ということは、我々人間も、働き方(というより働かせ方?)の概念をシフトしないとこの成長にはついていけないのかな、、とか思ったりしたわけです。
手工業的だった車生産がフォードのLine生産になったように、ITの手工業的部分もどんどんLine生産的になっていくわけですが、その過渡期な今を生きるITエンジニアはなんだかなー、なわけですね。
富士通の3万人SE職務転換大作戦は成功するのか?
手順化、標準化、自動化、外人化とかをザクザク進めれないPMとかSEとかは、早めにITベンダー側じゃなくてITベンダーを使う側に移ったほうが妙なストレスは少なそうです。
ということは、そういう職業においても健康に生きるためのサポートをするビジネスは大事な気がしますね。。
クレド講座も何かお役に立てればいいな、と思う今日この頃です。
RBCへの無料会員登録はこちらから
明日は小沢さんです。

勉強会ご参加お待ちしています!1/28(土)『仕事ができる人の話し方』

こんにちは。
スタッフの阪倉です。
1月28日(土)の第92回定例勉強会では、
『仕事ができる人の話し方』と題し、唐沢明さんにお越し頂きます。
唐沢さんは大手出版社・ベネッセコーポレーション編集部を経て、
現在は大学の講師・作家として活躍されている方で、これまで53冊の著書を
出版されているまさに「話し方」のプロです。
勉強会の詳細はこちら http://www.rikkyo.biz/news/item_3829.html
■自分の話し方に自信がない方、
■営業のためによりよい話し方を身に付けたい方、
大歓迎です!!
みなさまのご参加をお待ちしております!
無料会員登録はこちらから
明日は中島さんです。

一体感の現場から

おはようございます。樋口です。
以前も書いたのですが、私は会社では、
ラグビー部の応援団を務めています。
冬であろうが敢えて半袖のユニフォームを着て、全力で声を出して、
選手のプレーを勇気づける。
※会社の同僚がその様子を抜粋してYoutubeに掲載しましたw
まぁこの動画はさておき、
スポーツ等の活動を通じて得られることのできる一体感は素晴らしいものがあります。
1000人近くの大歓声のなか、応援旗を振ることができる喜びは、
何物にも代えることのできない感動です。
先述の最終戦では、「この会社に入ってよかった・・・」と
心から思うことのできる瞬間を味わうことができました。
企業スポーツを通じて感じることのできる一体感、
そこから生まれてくるエネルギー。
チームプレーだからこそ生まれる感動というものを、
現場の間近で味わうことができる喜びを噛みしめています。
ここで得られた一体感を、会社のビジネスに活かすことができれば、
デジタルな指標を超えたパワーを発揮することができるように
感じています。応援活動を通じて貢献することも、
ひとつの「価値」を産み出すことと信じて、
フロントに立って元気を巻き起こしたいと思います。
2011年のトップイーストリーグにて逆転優勝を果たして、
来週からトップリーグ昇格をかけた入れ替え戦に臨みます。
今年は、初昇格の瞬間に立ち合えることを信じて、
来週から大阪・福岡と元気を届けてきたいと思います。
RBCへの会員登録は今すぐこちらから
明日は新婚ホヤホヤの八須さんです。

会員制WEBサービス

こんにちは
友部です。
ビジネスの形態を、会員制かどうかで分ける場合、
当然、会員制と非会員制のものがあります。
そして、収入の得かたを加味すると、
WEBサービスという領域においては、
・無料/非会員/提供法人としては広告収入
・有料/会員/提供法人としては利用費収入
という、大きく2軸の系統があります。
さらには、サービス規模が大きく広いサービスは、
その複合となります。
その代表例が、ソーシャルサービス化した
モバゲーとGreeとアメーバ(ピグ)です。
1000万人単位での会員を獲得し、
BtoCでの有料課金とBtoBでの広告収入の2本建てで、
サービス提供をしています。
これまで各社は、順調に会員数を増やしてきましたが、
最近では、「陰り」が見えてきました。
客単価が減少しているのです。
客単価が減少している理由は、同じ会員を取り合っているからです。
各社から見れば「自社サービス会員が増加」しているのですが、
その会員が、他のサービスの会員でもあるので、
結局のところ、同じ財布を、サービス間で争奪しているのです。
いくら「つながり」が広がろうとも、わが身と財布と時間は
ひとつしかありません。
これら、会員制サービスの次の一手は?
海外かwii 式の市場拡張か?
引き続き、注目していきたいと思います。
明日は、樋口くんです。

『リソースをどう注ぎ込むか?』

こんにちは。のむらです。
今日は、いつものシリーズではありません。
RBCの話シリーズでもありません。
前回の話の続きです。
前回、プロジェクトを動的に整理するためのフレームワークをようやく編み出せたというお話をしました。
この方法でRBCにしても自社にしてもプロジェクトの位置付けを見える化しています。
次に、これらのプロジェクトにどうリソース(時間、お金、労力)を注ぎ込んでいくのか?を考えます。
左から3列になっていますので、その割合を考えるのですが、
今のところは、3:3:1という割合を考えています。
これは完全に実験段階です。
5:3:2にしようか、とも考えました。
左の列は落としてはいけないので、どうしても大きくしてしまいがちなのですが、
安定稼働というのは、効率化を伴うべきだと思っています。
そのあるべき論も踏まえて、左と真ん中の列を同じ割合にしています。
また、10を割るよりも、RBCの場合は7を割ったほうが、
曜日毎に作業を割り当てたりしやすいので、7を割るようにしました。
これは、全体のリソースのバランスを最初に考え、
次に、メンバー毎のバランスを考えてみます。
7:0:0
6:1:0
5:2:0
4:2:1
3:3:1
2:3:2
1:4:2
1:3:3
1:2:4
1:1:5
だいたい、このようなパターンが考えられると思いますが、
ここは、メンバー毎の能力や志向によって変わると思います。
それが全体としてのバランスを最適なものにしているか?
というのを見ておくのが良いと思います。
元々、サッカーチームの機能からつくられたフレームワークでもあるので、
10で考えるのも良いと思います。
ちょうど、サッカーのシステムがGKを除く10人で考えられているので、
3-5-2 だとか
4-5-1 だとか
4-4-2 だとか
そういう風に考えても人によっては分かりやすいでしょう。
来期は非常に楽しみです。
RBCへの会員登録は今すぐこちらから
明日は友部くんです。

パーソナルカラー

こんばんはは。スタッフの吉村です。
ところで、皆さんは自分のパーソナルカラーでご存知でしょうか?
私は昨年にとあるセミナーでその存在を知りました。
パーソナルカラーとはその人のイメージに合わせて
「春・夏・秋・冬」の4つに分類され、該当するカラー属性にあった服やネクタイを
選択すると、より人に好印象を与える事ができるそうです。
簡単な診断ですぐに判りますので、興味ある方はぜひ一度お試しください。
(有名百貨店では無料で実施してくれる所もあるみたいです)
因みに私は「冬」でした。
今年はこのパーソナルカラーに合わせて、色々服を選んでいこうと思います。
RBCにご興味のある方・勉強会に参加されたい方はまず会員登録をお願いします
※会員限定、毎月4回のメルマガを配信中。
明日は野村さんです。お楽しみ!

1台待つとどのくらい待つのか?

こんにちは、村上です。
よく、朝晩のラッシュ時間帯に、
駅で「電車は続いてまいります、1台お待ちください」なんて
アナウンスを聞いたりすることがあります。
では、1台列車を待つと、どのくらい待つことになるのでしょうか?
一番日本で運転間隔が短いのは、
平日朝の東京メトロ丸ノ内線(池袋?新宿間)の1分50秒間隔といわれています。
駅張りの時刻表には秒数まで書かれてないのですが、
業務用のダイヤグラムなどには、秒単位で時間が書かれています。
この驚異的な運転間隔を維持するために、
池袋駅などでは、発車ブザーが鳴り終わると、問答無用でドアを閉めたり、
西口側でロープ規制をしたりして、水際での努力が毎日行われています。
東京を代表する山手線の朝の平均的な運転間隔は、2分30秒です。
1編成あたり11両と1編成あたりの長さが長いのと、
新宿駅などの大きな駅で乗降時間がかかるために
運転間隔をこれ以上短縮できないため、2分30秒という間隔なのだそうです。
その逆、1番運転間隔が長い駅では、
24時間、つまり一日一本だけという駅があります。
北海道の上白滝駅という駅です。
真冬の北海道で、列車に乗り遅れて次の列車は1日後というシチュエーションは
考えただけでもぞっとしますね(笑)。
皆さん、電車にも、定例勉強会の申し込みにも
お乗り遅れがないように注意してくださいね。
明日は吉村君です。
RBCの会員登録はこちら

習慣化をサポートするスマホアプリ

こんにちは、スタッフの大久保です。
今日はRBCアドバンスにてクレド講座があり、
大盛況のうちに終わりました。
さて、クレドを参考に一定期間毎日決めたことを実行するワークが最後に紹介されましたが、
それをサポートするスマートフォンアプリをご紹介します。
今回、クレドを作成した方はお試しください!
(クレドをまだ作成されていない方…次回のクレド講座をお楽しみに♪)
■iPhoneアプリ
  Touch Goal
  すべて英語で書かれてあるアプリですが、週単位・月単位で習慣化できているかが
  閲覧でき、結果をグラフ化してくれるので、とても使いやすいです。
  Weple Diary
  こちらは日本語で書かれてあるアプリです。
  おしゃれなデザイン、充実した機能。
  楽しみながら、やるべきこと・やりたいことを習慣化できます。
■Androidアプリ
  習慣化トレーナー
  シンプルながらも、習慣化をしっかりサポートしてくれるツールです。
たかがアプリ、されどアプリ。
アプリを使って行動を促進し、なりたい自分に一歩一歩着実に近づきましょう!
RBCの勉強会への参加はまず会員登録から。
明日は村上君です。
お楽しみに!

センター試験前日。

こんにちは。小沢です。
さて明日からセンター試験が始まります。
うちの大学も試験会場になるため、本日から前日入りで出校です。
あの日からもうずいぶんとたっているのに、今でも忘れられない試験時の緊張感。
まさに運命の日ですね。
人によってはあの試験結果いかんでその後の道が大きく影響されます。
私も今から考えると大きく影響されたのだと思います。
今まで勉強し積み重ねたものを発揮する2日間。
体調と精神と知識。
そのいずれが乱れても思う結果がでません。
我々は彼らがいかんなくそれらを発揮できるよう、ただ黒子に徹するばかりです。
どうぞ受験生の皆さんに幸あれ!
なんだかそう願わずにはいられない、センター試験前日です。
RBCへの無料会員登録はこちらから
明日は大久保さんです。

本質を見極めてから仕事に着手する為のモバイル&PCツール

みなさん
こんにちは、なかしーです。
先日、
イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」
という本を読みました。
この本のお陰で、最近の生産性がグッと上がった気がしています。
要は、仕事に取り組む前に、
・その仕事(と思っている事)で最高の価値を出す、本当にやらなければならないことは何か?
・それは自分がやるべきことなのか?
といったことを見極めようというお話です。
(まぁ、シンプルなんですが大事なことなので本を読むことをオススメします)
その後、それを考える為のツールとして再びXMindなんか引っ張り出してきて使っているんですが、電車の移動中でもメモしたくなり、なんとか実装を考えていた所、、
iPhone × iThoughts × Dropbox × xMind
という組み合わせであれば、PCとモバイルでXMind形式でメモが出来る事が判明!
iThoughts以外は無料で、どれもサクサク使えるのでオススメかも知れません!お試しあれ。
RBCへの無料会員登録はこちらから
明日は小沢さんです。