スタッフブログ

『ビジネスクリエーターとして大切なことは全てサッカーから学んだ』?その10?

こんにちは。のむらです。
引き続き、このシリーズです。
全国のサッカー経験者の方、また、サッカー小僧のご家族、ご友人の方に、
サッカーに打ち込むことで、ビジネスパーソンとしても一流になるための素養
が身につく、というご理解を頂ければ幸いです。
↓過去の記事↓
その1
その2
その3
その4
その5
その6
その7
その8
その9
↑過去の記事↑
■自分独自の強みを考えて成長する■
その2と似たようなお話ですが、
以前お話したのは、現時点での能力と貢献度に関することが中心でした。
もう少し、ビジネス寄りのお話になりますが、
・どこで?
・どんな強みを?
・誰のために?
という「3D成長戦略」とでも言いましょうか、
こういう視点をもって成長したいものです。
そう思わせる話があります。
自分の話ではなくて恐縮なのですが、、、2人の後輩を引き合いに出してみます。
現在、日本代表で活躍中のTくんと、
現在、某JFLのクラブのキャプテンを務めるYくん
高校時代、彼らは1つ下の代にいましたが、本当に素晴らしい選手でした。
特に、中学3年生の時のYくんを見たことで、私の選手生命が半年は縮んだ気がします。
(何でも努力した分だけ上達するとはいえ、1年間とかでは、
どう考えても彼を追い越せる気がしなかったのです)
さて、その2人の当時の評価はどうだったかといえば、
YくんはU-16(16歳以下の日本代表)でもU-18(18歳以下の日本代表)でも
レギュラーでした。
一方のTくんは、もちろん、素晴らしいポテンシャルを持っていましたが、
代表には選ばれませんでした。
彼自身は、当時、同じチームの同じ学年に2人も代表でレギュラーの選手がいたので、
それをそうとう意識していたそうです。(Yくんの他に、もうひとり代表のコがいました)
プロになってからのインタビューで話してました。
ユース年代の時には、Yくんのほうが、評価としては1枚上でした。
彼は、タイプ的にはジダンみたいな選手でしたね。
両足が高いレベルで自在につかえて、アイディアも素晴らしい。
そんな彼は進路として浦和を選びました。
当時の浦和は、日本サッカー史上でも技術的にはトップではないかと言える
小野選手がいました。
そうすると、かなり競合してしまいます。
監督から見て、どうしてもファーストチョイスにはなりにくいので、
ポテンシャルに対する出場機会は十分とは言えませんでした。
(また、彼の入団後、長谷部選手が入ってきたりもしました。
彼もまた、飛びぬけて素晴らしい選手でした。)
一方のTくんはというと、、、進路は柏にしました。
とはいえ、4年間くらいは、全然出てこなくて、何と、
さらに1つ後輩のMくんが柏に入団し、J初ゴールで先を越されてしまう始末。。
ただ、Tくんの特徴は、トップスピードでのドリブルで、
ドリブルの時にボールを置く位置がとても独特です。
ここに、彼のオンリーワンの部分がありました。
そして、プレイスタイルを変えることなく、カラダづくりをして、
5年目くらいで、時の監督に抜擢されたら、チーム得点王になりました。
これを、苦労話とかよくある成り上がりっぽいサクセスストーリにするのも
良いんですが、、、
ポイントは、彼がオンリーワンで居続けたことだと思います。
そして、オンリーワンの強みが生きる準備(カラダづくり)をしたことで、
最終的には大きな結果に繋がりました。
ビジネスにおいても、
「ニーズがある相手にとってのファーストチョイス」
かどうかによって、成果はまるで違います。
ファーストチョイスとなるためには、
オンリーワンの強みが生きる準備が必要でしょう。
そんなことをTくんから教わったと思います。
※今回、後輩というだけの理由でTくんとYくんを比較対象に
 してしまいましたが、どちらの選手も本当に素晴らしい選手です。
 アスリートは、「肉体」という要素が大きく関わってくるため、
 ビジネスで成功することとは比べ物にならないくらいシビアな
 世界だと思います。
 そういう意味では、2人の後輩をとても尊敬していますし、
 僭越ながら、たいへん誇らしくも思います。
 ぜひ、今後も多くの人々を感動させて欲しい、とエールを送って
 締め括りとします。
オンリーワンの強みを磨くには、
RBCへの会員登録をどうぞ。
明日は友部くんです。

朝方と夜型

みなさんこんばんは、吉村です。
みなさんは「朝方」と「夜型」のどちらでしょうか?
優秀な人ほど「朝方」といわれますが、実際どのぐらいの違いがあるかを科学的に証明されました。
ソース:Night owls may benefit from evening strength
この調査によると、
一般的に、以下の結果が明らかになったそうです。
・朝型:一日中コンスタントに行動
・夜型:夕方以降に威力を発揮する
この違いには脳や脊髄に関係があるそうで・・・
夜型:午後9時頃が活動のピークになり、中枢神経が一番動く状態になる
朝型:夜型の人ほど急激に行動パワーがアップする時間帯はない反面、一日中コンスタントに動ける
つまり朝から夕方までの会社勤務には、
朝型の方が体内時計と仕事時間が比較的合いやすいということになりますね。
これを参考に体質改善しては如何でしょうか?
RBCにご興味のある方・勉強会に参加されたい方はまず会員登録をお願いします
※会員限定、毎月4回のメルマガを配信中。
明日は野村さんです。お楽しみ!

10億円以上稼いだ彼女

こんにちは。スタッフの村上です。
ギャンブルは基本的にやらない私ですが、
先日「安田記念」をテレビで観戦しました。
優勝した「ウォッカ」のゴール前のすさまじい追い込みに
圧倒されてしまいました。
↓映像はこちらからどうぞ↓

…彼女、10億円以上も稼いでるんですってね。
人間も頑張らなくては!!
そんなわけで、明日は吉村君です。
RBCの会員登録はこちらからどうぞ

必読の書『戦わない経営』?6月定例勉強会に関する秘話??

こんにちは、大久保です。
前回からの続きです。
■浜口さんの『戦わない経営』は以前から知っていたのですが、
  本を買おうと思ったのは、RBCのメルマガで代表の野村が
  「RBCスタッフ必読の本」ということで紹介していたのが
  きっかけでした。以下に抜粋します。
 —————————————————-
  ◆戦わない経営 【★★★★★】
 RBCがRBCとして活動し続けるのに、多くの示唆を与える本です。
 以前ご紹介した『ビジョナリーカンパニー2』もそうですが、
 自分たちで企業・組織をつくっていく時には、
 自らのポジションについて、よく考える必要があります。
 ちなみに、ポジションに関する考察は、私たちが社会人である限り、
 大事なことだと思います。
 全てのことに通じていますし、逆に、何か物事がうまくいっていない時、
 ポジション戦略的な思考で、大体のことは解決できてしまいます。
 —————————————————-
 ★はおすすめ度なのですが、5つだったので即買いでした。
 
 この本は文字が少なく、立ち読みでも
 20?30分あれば読めるものですが、
 一回読めば終わりというものではなく、
 何回も読むような本だったので購入して正解でした。
 あとで知ったのですが、浜口さんは読書が好きなので、
 今まで4,000?5,000冊読んだ本のエッセンスが詰まっているのが
 『戦わない経営』はじめ浜口さんの著書だそうです。
■また、勉強会を開催するにあたって、こんなこともありました。
  勉強会準備の初期の頃、
  どの講師の方をお呼びしようかと思っていたときに
  RBCとは別の集まりで、浜口さんが経営されている
  貸会議室を利用する機会がありました。
  そのとき、いつもはお忙しい浜口さんが偶然その場にいらっしゃったので
  「これは何かあるに違いない。浜口さんにお願いしよう」と思いました。
  だめでもともと。
  でも、結果としてはRBCのビジョンに共感してくださり、
  今回このように開催される運びとなりました。
  めったにない機会ですので、
  ご都合よければご参加ください。
  (残席わずかとなっておりますのでお早めに)
 まだ会員登録をされていない方はコチラから登録してから
 勉強会をお申し込みください。
 最後までお読みくださり、ありがとうございました。
 明日は村上君です。
 お楽しみに!

1Q84と1984

こんばんは。
スタッフの阪倉です。
今日は小説のお話をしたいと思います。
村上春樹の小説「1Q84」が発売され、10日間ほどで100万部を突破したそうです。
今は書店でも売り切れてるところが多いようですね。
早く読みたいものです。
ところで、この「1Q84」と聞いて思い浮かべるのがジョージ・オーウェルの
「1984」です。これは1949年に彼が近未来小説として発表しました。
(政治の授業で読まされたのを思い出します・・)
出版社の新潮社によると
「1Q84」は逆の方向から書いた近過去小説とのことです。
「1984」 - 「こうなるであろう世界」
「1Q84」 – 「こうであったかもしれない世界」
ということですね。
奥が深いですね。
村上春樹も小説家になる前は、一時期ジャズ喫茶を経営していたそうです。
どんな経験も無駄なことはないんだと感じますね。
次の勉強会の経験があなたの将来を変えるかもしれません!
会員登録はこちらから。
明日は大久保さんです。

12日にIT起業家のトークショーに出ます

こんばんは。八須です。
先日オフィスを移り、高円寺のインキュベーション施設にいるのですが
そこで行われるIT起業家を集めたトークショーに出ることになりました。
下記はそのプレスリリースです。
6月12日、起業SNSとエンカフェが「IT起業ナイト」をencafe高円寺で開催!
八須以外の出演者は、エンジニアコミュニティ運営の株式会社エンカフェ吉弘さん、
起業家向けSNS運営と起業支援のドリームイノベーションLLP鹿村さん、
ウェブコミュニケーション企画運営の株式会社マイロプス折坂さん、
SNS企画・構築・運営の合同会社アウラント大越さんです。
八須以外は皆コミュニティ運営に関わる方たちなので
そっち系の話題が多くなるのでは、と予想していますが
起業の裏話というか、苦労話というか、そんな話題も
結構出るんじゃないかと思います。
ITで起業を考えている方には特に、役立つ内容になりそうです。
トークショー自体は無料で、その後の懇親会も1,000円で
参加できるので、ぜひおいでください。
起業全般について学べるRBCへの登録はこちらから。
明日は阪倉さんです。

祝!立教ビジネスクリエーター塾会員1000人到達!

こんにちは。満木です。
今週末、RBCの会員数が1000人に到達しました!
めでたい!
2004年の卒業生が中心になって立ち上げてちょうど5年、
会社の体ではじめちょうど1年の節目に1000人に到達。
実に感慨深いものがあります。
ここ1年の会員数の増加はこれまでにないものでした。
前年比1.5倍くらい。
それは勉強会の質の向上、運営体制の向上、
イコール、スタッフの成長の現れかな、なんて手前みそですが思っています。
もちろん!土曜の朝に早起きして、中には新幹線で駆けつけてくれる会員のみなさま、
すばらしい教えをくださった講師のみなさま、
運営に協力してくださる立教大学の職員のみなさまのおかげです。
感謝してもしきれません。
これからも、スタッフ一同、
会員のみなさまがビジネスクリエーターとして活躍するための
質の高い場を提供できるようさらにさらに成長を加速させて頑張ってまいります。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
会員登録がまだの方はいますぐ登録を!
6月の勉強会もまだ受け付けています。
明日は、はちすくんです。お楽しみに!

RBCスピンオフ企画

こんにちは、樋口です。
RBCも設立6年目を迎えて、
輝かしいビジネスパーソンが続々と輩出されています。
勉強会のラインナップも拡充するだけではなく、
会員が立ち上げた有志の勉強会も、
続々と誕生しています。
私が参加しているのは以下の2種類です。
 1) 『7つの習慣』勉強会
 2) 東京ビジネス読書会
さきほど、2) に参加してきました。
主催はRBCスタッフの八須さん。
毎月第一土曜日に開催されている勉強会です。
今回のテキストは『会社は頭から腐る』でした。

今回は6名の参加ということで、
前回の3名のときとはまた異なる趣がありました。
参加者のプロフィールも立ち位置も異なっていたほうが面白い議論が展開できます。
一見統一感を保てなそうな勉強会で活発な議論をすることができるのは、
個々のメンバーが高い問題意識をもって、
テキストを通して「発問する」ことを心がけているということでしょう。
これだから読書会はやめられませんね。
継続して本のストックを積み重ねて、
「話をしているだけで面白い」と思われるような人財になりたいです。
読書会を主催していくのも、
主体性を発揮するうえで大きな役割を果たしてくれるはずです。
早朝にもう一本企画してみようかしら。
RBCの活動を通じて、
優れたビジネスモデルに触れることで選択肢を増やし、
優れたビジネスパーソンに触れることで発想を豊かにし、
皆さんの人生を豊かにする助けになれば幸いです。
そんなRBCへの会員登録はこちらから。
明日は、満木さんです。

出会い、出合い、出逢い。

友部です。
仕事の場面でも、オフタイムでも、
人と出会う機会が多いです。
定期入れと兼用している名刺入れも、
その中身の出入りが激しく、
それだけ挨拶を交わしているのだと、改めて実感するときも
あります。
でも、その出会いを100%活かせているかは、疑問です。
名前や、所属や、スキルや、性格や、趣味や、価値観や、
会話のネタはたくさんありますが、
今後につながる出会いにできたかどうかは、
YESと言い切れない場面も多々あります。
着目したいのは、相手自体の言動がどうであれ、
自分自身は、表現しきれたか、という点です。
初めて出会う人に、自分という人間をポジティブに認識してもらうこと、
それが、出会いを活かすために、まず必要なことではないか、と
思う今日この頃です。

『ビジネスクリエーターとして大切なことは全てサッカーから学んだ』?その9?

こんにちは。のむらです。
引き続き、このシリーズです。
全国のサッカー経験者の方、また、サッカー小僧のご家族、ご友人の方に、
サッカーに打ち込むことで、ビジネスパーソンとしても一流になるための素養
が身につく、というご理解を頂ければ幸いです。
↓過去の記事↓
その1
その2
その3
その4
その5
その6
その7
その8
↑過去の記事↑
■自分の立ち位置を俯瞰的に見る■
つい先日の話ですが、サッカーをあまり観戦しない方とお話をした時のことです。
サッカーのシステムについてお話をしていました。
実際には、紙とペンを使ってお話していましたので、
文字で伝えるのは難しいところですが、、、
概要としては、ディフェンスラインが4枚、中盤がダイヤモンド型で4枚
FWが2枚、というフォーメーションの時の全体の動きの連動を解説
しました。
もちろん、戦術は無限にありますから、絶対的に正しい動きはありません。
一例として、件の4?4?2(サッカーのフォーメーションは、GKを除いて後ろから表記します)
を採用したとして、
ボールはなるべく両サイドで奪う
という考え方のチームについてお話しました。
ボールを両サイドで奪うという考え方のメリットは、
相手の進路を塞ぐための人数が少なくてすむ、ということにあります。
なぜか?というと、両サイドにはタッチラインがありまして、ラインより外には
逃げられないからです。
※つまり、縦と横の2方向を塞げば、前に進むことが難しくなります。
さて、そのようなチームの場合、相手のボールがこっちに動いたら、
チームは全体としてこういう動きをします、、、
というのを各ポジションの選手について説明しました。
DFラインの4人は、ボールのあるサイドが変わると、左右のカタチが
変わったりします。
模式図にすると、
?ボールが向かって左サイドにある時


  △ △ △
凡例:●…ボール、△選手
?ボールが向かって右サイドにある時
       ●
       △
△ △ △
と、ボールが動くと、人がそれに合わせて動きます。
最近ではあまり見ませんが、井戸の釣瓶に例えられたりする動きです。
そして、上から見れば上記のようになるのですが、
ピッチ上では、このような図を地上にいながらにして描かなければなりません。
そして、問題が起こった時に、大概はどこにミスがあったのか、
というのは、ピッチ内の選手はすぐに分かります。
と、実際には、もっと細かい話をしたのですが、この話から、
「自分を俯瞰的に見る能力が養われる」
という感想を頂きました。
そして、考えてみれば、自分の立ち位置を俯瞰的に見ることが、
ほぼ無意識的にできてしまう人と、そうでない人がいますが、
サッカー経験者に関して言えば、戦術的な思考を理解しながら走れる選手は、
自分を俯瞰的に見て、最適なポジションをすぐに選べる人が多かったです。
(俗な言い方をすれば、「空気が読める」とか「立場を弁えられる」ということでもありますが)
ということは、サッカーにおける戦術を理解しながらゲームをやることで、
自分を俯瞰的に見る能力は大きく進歩することと思われます。
ぜひ、そのような発想で走っていただきたいと思います。
ビジネスにおいても、全体の戦術を意識しながら目の前のタスクにあたるのは、どこでも大事なことだと言われますが、そのような自分を俯瞰する能力自体を根本的に鍛えるのは、サッカーのほうが遥かに早いと思います。
余談ですが、サッカーをこのように見られるようになると、
・ゴールシーンだけが見所だ!
というレベルからは一歩脱却できます。
例えば私の場合、見所は、キックオフの瞬間だったりします。
(両チームの基本的なポジションを見て、それが流れの中でどのように動くか?というのはとても知的興奮を覚える見方だと思います。ぜひ試してみてください)
ビジネスパーソンとしての自分を俯瞰的に見るには、
RBCへの会員登録をどうぞ。
明日は友部くんです。