スタッフブログ

超一流理論

おはようございます、樋口です。
久々の3連休、汗がしたたりおちるなか、
皆さんどうお過ごしになられたでしょうか??
私は昨日、狂言を観劇にいってきました。
人間国宝の系譜、善竹十郎先生の演目。
勉強不足でまだまだわからないところもあったけれども、
立ち振る舞いのときに魅せる圧倒的な存在感、
会場を巻き込んだ笑いの渦とリズム感、そして音感。
日本の伝統芸能としての歴史と時代を超える価値観。
全てをライブで、リアルに楽しむことができた。
会場が一体になる感覚は、音楽のライブとなんら変わらない。
年齢層も男女も幅広く、楽しませていただきました。
次回はもう少し勉強してから参加します。
超一流と言われるものには超一流の魂が宿る。
超一流の芸やスポーツというものは、素人がみても、
美を感じることができると。それが芸術の域と言うことだそうです。
高校の部活動で師事していた空手の師範からそう習いましあt。
当時の先輩が演武する「形」はインターハイレベルだったので、
そのような表現が的を得ていました。
超一流のものに接するだけで感性は磨かれる。
なぜなら、そこで圧倒的な力の差のショックを感じることができるからだと思います。
当時空手の日本チャンピオンだった若井敦子氏も仰いました。
余暇は、映画や文学など、一流と言われるものに触れるようにしていると。
そんなコンセプトを自分のセルフイメージのなかに取り入れつつ、
超一流といわれるものや、メディアが取り上げているものについては、
素直な心で受け容れるように心がけるようにしました。
そうすると、人生が超一流のベクトルに進んでいるような気がするので。
そんなことをブログやSNSで発信し続けていると、
興味深いイベントやモノをオファーしてくださるかたがいらっしゃる。
先日の定例勉強会で取り上げた「セルフブランディングに伴う情報発信」
見事にハラオチしました。
そんな仲間に恵まれたことに感謝しつつ、
ここで受けた恩を返せるように、面白いことを紹介できるように、
そして面白い人間であり続けたいと誓うのでした。
RBCへの会員登録は今すぐこちらから
明日は八須さんです。

『非効率で混沌とした状態から生み出されるもの』

こんにちは。のむらです。
今日は、いつものシリーズではありません。
RBCの話シリーズでもありません。
私のよく使う分類のひとつが、
「スター志向か、システム志向か」
という分類です。
これらの分類の詳細だけで色々と書けるのですが、
ざっくりと書いてしまうと、
ある目的を達成する、課題を解決する際に、
スターを目指す、スターになる、スターでいることを重視するのか、
スターに依存せず、システムや仕組みをつくることを重視するのか
という違いです。
ここが違う人は、けっこう人間関係で揉めている気がします。。。
さて、こういう分類を前提に、
歴史好きの人の話を分けてみると、
比較的、人に注目している人が多くて、
例えば、幕末とか明治維新あたりは人気がありますが、
その時に上げる好みは、だいたい、人物です。
ここに、スター志向への偏りが見られます。
ただ、私はシステム志向なので、
例えば、ええじゃないか騒動なんかの偉大さに
テンションが上がるタイプです。
偉大な業績や成果というのを人物から考えるのもひとつですが、
環境やシステムから考えるというアプローチもあります。
RBCは「場」をつくることに価値があると思っています。
そういう意味で、
ここ数年で見られるようになった勉強会ブームなんかもそうなんですが、
効率的で洗練された情報伝達やネットワーキングの場が増えている感があります。
ビジネススクールもその性格や得意分野が色々あると思いますが、
やはり、機会自体は増えていると感じます。
ただ、
そういう機会が増えたことによって、それに見合ったような変化が感じられるかといえば、
私にとっては、とても退屈で遅々とした変化しか感じられないというのが正直なところです。
その要因のひとつが、
効率的で洗練されたプログラムであり、
場をより効率的に、より洗練させようという、
「平凡で退屈な思考」
ではないかと思います。
人から離れて振り返ると、
歴史上の優れた成果や、
多くの人に影響を与えたり、
たくさんの人を感動させるような仕事は、
混沌とした状況の中から生み出されている、
と見ることもできます。
だとしたら、
非凡で刺激的な、
つまりは、
非効率で混沌とした状況を、
いかにしてつくりだすか?
というのが、未来から見た時に
私たちが大事にすべきことではないかと思うのです。
今期、RBCは様々なチャレンジをしていますが、
本当に優れたものを生み出そうと思えば、
効率的で洗練されたものなど、殆ど価値がなく、
もっと言えば、大多数の人が良いと思うものは、既に価値なんかなくて、
まだみんなが分かってないような、
意味不明で非効率な部分を持つ、
そういうチャレンジが必要だと思っています。
ビジネスクリエーターナイトはその一例です。
こんな言い方をして良いのかは微妙なのですが、
普通の勉強の場はたくさん見てきました。
それらの何がダメであったかについて、考えぬいた結果が
ビジネスクリエーターナイトです。
説明しようと思えば、様々な切り口から、
いかに優れた試みであるかを論説することはできます。
が、そんな野暮なことはせずに、
ただ、つくられた場に来て頂ければと思っています。
百聞は一見に如かず、です。

RBCへの会員登録は今すぐこちらから
明日は樋口くんです。

久々に美味しい焼肉を味わいました!

こんばんは、スタッフの吉村です。
三連休の中日、楽しかったですか?私は地元でのんびりと生気を養ってました。
先週の火曜日に、会社の同期と一緒に美味しい焼き肉を堪能しました。
場所はめちゃイケのガリタ食堂でも取り上げられたこの店です!
ふたご
正直、この店の肉を食べるまであまり期待していませんでした。
というのも、日頃から色々な肉を味わっているので、
今更感は否めなかったのですが・・・
いざ食べてみると、、、脳天がガツンとやられるぐらい美味かったです!
久々に驚きました。まだまだ修行が足りませんね(笑)
おすすめのメニューはなんといっても「はみでるカルビ」ですね。
一度に4箇所の部位を味わえるのはこの店だけです。
加えて、店員さんのサービスも非常によく、
時間さえあれば代わりに肉を焼いて、ベストのタイミングで出してくれます。
人気店なのも頷けます。
今回は中目黒の本店に行きましたが、新橋や五反田にも姉妹店があるので、
夏に備えて体力を付けたい方はぜひ一度行ってみてください!
因みに、食べ過ぎにご注意を!
※私は食べ過ぎて・・・翌日胃がKOしました(泣)
明日は野村さんです。お楽しみ!

引越前夜

こんにちは、スタッフの大久保です。
現在、東京の杉並区にある賃貸アパートに
住んでいるのですが、
明日から東京の練馬区へ引っ越しを
することになりました。
そこで、今回、引っ越しの手続きや
引越し業者などを調べたり、
新しく家具を買うなどした中で、
いろいろとビジネス学ぶことが多かったです。
例えば、引っ越し業者を選ぶ際に、
サイトから一括して見積依頼を出せるような
システムがありますが、
こういうことって、もっと他のサービスにも応用できないかと思いました。
そのほか、不要な家具をリサイクルショップに売ったのですが、
現在のリサイクルショップ業界の現状をいろいろと
伺うことができました。
(去年の東日本大震災以降、業界の流れが変わったとのこと)
住む場所は変わりましたが、
引き続きビジネスクリエーターの輩出に向けて
頑張りたいと思います。
RBCの勉強会への参加はまず会員登録から。
明日は吉村君です。
お楽しみに!

ソーシャルメディアと価値

こんにちは。小沢です。
先日知り合いの方の講演に参加してきました。
テーマは
ソーシャルメディアで変わる起業、製品・サービスの開発についてです。
PCの時代は終わり、ソーシャルメディアとしての時代が来ておりますが、それに伴い起業、製品・サービスの開発の仕方も変わってきていますね。
その講演の中でいくつかの事例が取り上げておられましたが、ここではそのひとつを紹介します。
それがLiVELab.です。
http://www.digitalstage.jp/wcs/index.html
オープンな参加型ソフトウェア開発プロジェクトです。
ソフト開発ミーティングの様子を毎週Ustreamで放送しているので、それに参加してもらいます。
参加は無料で、参加するとオリジナルのIDカードがゲットでき、完成したソフトには参加メンバーの名前が入ります。
顧客からのアイデアで商品を作っていくということはこれまでもなされてきました。
しかし、その講演で話されていたのは、
LiVELab.は、プロセスを記録、公開、共有し、そこに価値を見出しています。
「一緒に物語を作っていく体験」にも大きな価値があるということです。
できあがった商品は、真似されれば終わりですが、
一緒に作ってきたという経験は個人個人オリジナルのものであり、そこは決して真似されることがない、ということを話されていました。
私は常々、人生は文化祭の準備期間のような何かを共に創り上げていくワクワクしたものがいいと思っているのですが、
ソーシャルメディアはそれに役立ちそうですね。
RBCへの無料会員登録はこちらから
明日は大久保さんです。

双子コーデ=アパレル売上2倍化計画?

みなさんこんにちは、なかしーです。
若者ファッションは業界団体(?)が流行を決めていると聞いたことがありますが、最近、「双子コーデ」なるものが流行っているとの事です。
某朝の情報番組のコーナーの一つで、双子コーデについての該当調査の特集が組まれていました。
そこでの聞き取り調査で、双子コーデが流行っている理由について
(1)可愛い(人気モデルの真似)
(2)(周りの人への)仲良いアピール、仲良くなれる
(3)恥ずかしくなく、(イベント等で)目立てる
という様な事が意見として出ていました。
そしてこの文化を支えるのがスマホとの事。
「写メと電話で事前に服装のチェックをして、打ち合わせしてから待ち合わせするんです。」だそうです。
—-
最近テレビを観ると、その特集への恣意の有無・広告の目的とかをつい考えちゃうんですが、
とりあえずパッと浮かぶ企画目的としては、、2人で同じもの買うとその店舗での売上が2倍になる、って所なのでしょうか。
とはいえ、全体のお財布の中身はあんまり変わらないとすると特定アパレルからのシェアゲイン施策という事ですかね。
でもどこどこの店がこれこれの理由で双子コーデ的に良いとかいうフィーチャーがあったのかあんまり記憶ない。。H&Mなんです!とかXXIなんです!とかあったのかしら。。記憶に残っておりませぬ。ぬーん。
業界団体から広告費だして双子コーデ啓蒙するんだ!という事なのかしら。あんまり大した分析がデキなかったので残念ですが、それもまたひとつと言うことで書いてみました。
あ、そういえば、2012/07/19(木)19:00?からのカラテカ入江さんがいらっしゃる勉強会、
「チャンスを得る人になるためには?」 カラテカ入江氏出版記念トークライブ『後輩力』
は、このブログ書いている時点(12日未明)であと数席あるかないかです。
まだ申し込みされていない方は、「無料」ですので、お友達お誘い合わせの上お申込みお急ぎ下さい!(もしキャンセル待ちでしたらゴメンナサイ!!)

RBCへの会員登録は今すぐこちらから
明日は小沢さんです。

体が資本

こんにちは。
スタッフの阪倉です。
最近、体の重要性をよく感じます。
私は今ギリギリ20代ですが
まわりの年上の先輩の話を聞くと
体が資本であることを実感します。
仕事ができると評判だった人が
不摂生により体を壊し、退社した話。
体が弱く、自分のやりたいことができずに
後悔している先輩。
共通するのは己を知るということだと思います。
お酒を飲める人もいますが、飲めない人もいます。
睡眠時間が短くていい人もいれば、長時間寝ないとダメな人もいます。
「無理するのと、頑張るのは違う」
己を知りながら、日々成果を求めていきたいと思います。
無料会員登録はこちらから
明日は中島さんです。

世界一の資産を持つ国は日本?

こんにちは。八須です。
今日は下記の記事について。
世界各国の本当の「富」:日本はまだまだ豊か
これまで、国家の富(資本)が統一された尺度で測定されたことはありませんでした。
(その代わりにGDP=売上が広く利用されています)
この記事では、2008年時点の各国の資産を国連が測定した結果が紹介されています。
それによると、日本は人的資本と社会資本(インフラ)によって自然資本の少なさをカバーし、
アメリカを上回る世界一の資本大国であるということです。
ちなみに2位はアメリカ、3位はカナダ、4位はノルウェー、5位はオーストラリアだそうです。
アメリカは人的資本が多く、カナダ・オーストラリアは自然資本(いわゆる資源)が多く
ノルウェーは人的資本と社会資本が多いですね。
この調査結果から出てくる考え方は、GDPは各国が持つ資本の運用の結果である、という見方です。
たとえば石油が出る国は、石油=自然資本を売ることでGDPを増やします。
自然資本は使えばなくなります。社会資本もそこまで単純ではありませんが、使えば劣化していきます。
しかし人的資本は使っても劣化しませんし、むしろ価値は向上するはずです。
そう考えれば、日本はもっとうまく資産運用ができるのではないでしょうか。
産業ごとの非効率をなくしたり、産業間の垣根を取っ払ったり、より有望な産業に
力を入れたり、せっかく素晴らしい資本があるのですから、もっとうまくそれを使えば
よりよい生活ができるのではないかと思います。
わたしたちも、自分という資本をうまく運用していきたいですね。
明日は阪倉さんです。

考えて走る

おはようございます、樋口です。
フットワークの軽さの一方で細かいミスが多い・・・
というコメントを受けることがあります。
確かにそれは一理あります。確かに、一度や二度ではない。
かといって「ミスが多い人間」とラベルを貼られるのはイヤだし、
自分でもそう思い始めるとドツボに入りそうなので、
そのへんは前向きに思考回路を入れるように心がけています。
そんな私もミスをすると大概凹みます。
ものすごく凹みます。
自己責任という意識が強くなればなるほど、傷口は染みるようになります。
そして、ミスがひとつあると、なぜか連鎖していくように感じてしまうのは
ある一種のカラーバス効果なのか、もしくは全てが連携しているのか。
ボトルネックを手繰ると不注意というところに行きあたるのだろうか。
だからといって行動すること、チャレンジすることを諦めてはいけない。
ここで萎縮するとマイナスの連鎖が加速するだけ。
反省は態度で示さないといけないし、
それはミスを注意してくれたりリカバリしてくれた人に対して、
最大の敬意であると思います。
だからこそ、これをクスリに学びのアンテナを研ぎ澄まし、
行動の量と質を上げまくっていきたいです。
そして、スピードとセンスと精度のうち、
後者ふたつにフォーカスして挑んでいきたいと思います。
「考えて、走る。そしてチャレンジする。」
オシム元日本代表監督のこの言葉。
全てが凝縮されているのかもしれませんね。
RBCの勉強会への参加はまず会員登録から。
明日は八須さんです。

『ビジネスの表と裏』

こんにちは。のむらです。
今日は、いつものシリーズではありません。
RBCの話シリーズでもありません。
前回の話に関連する話題を続けてみます。
どんな物事にも表があれば裏がある。
人目につくことがあれば、人目につかないことがある。
これは、言われれば「そうだよね」ということだと思います。
ただ、ビジネスの勉強会をやっていたり、
ニュースを見たりインターネットで情報を検索すると、
そういう当たり前のことが忘れられるような気がします。
というのが、
たとえば、ある会社のある事業がうまくいきました、
という話は、起業家や経営者、はたまた、現場の社員の目線で語られることが殆どです。
ニュース系のメディアでもだいたいそうです。
それは、そのニュースの読者がそういう層だからなのですが、
仮に、投資家の目線で見れば、全く違うストーリーがあります。
もちろん、投資家目線の話題を投下すること自体が、
誰も得しないわけですから、そういうニュース記事は、なかなかつくられないわけです。
というか、記事の作成者が投資家ではなかったりするので、
書けるかどうかという次元の話もあるんですが。。。
これはほんの一例です。
もっと色々な切り口で表と裏というのがあります。
知識を増やし、スキルを磨く。
そして一生懸命努力する。
これはもう、大前提です。
これをすっ飛ばすのは論外なのですが、
しかし、能力や労力の投下と、成果というのは、
完全一致はしません。
というのが、もし全ての人の能力が同じだとしても、
やってくるチャンスは人によって違います。
ですから、成果は全然違うのです。
実は、能力を上げたりがんばるというのを表面だとしたら、
なぜそのチャンスがこの人に来ているのか?が裏面です。
そういうことは「教わって理解するようではどのみちダメだ」という意見もあります。
確かに、表面のことであれば、
正直、お金さえ出せば誰でも教えてもらえます。
高額なセミナーや研修に出て、みっちりがんばれば良いです。
しかし、何気ないやりとりの中で
「これ、気づくかな?」
みたいな分野であれば、
そもそも勉強会のような場でどうこうするということ自体、
方法論が間違ってるかも知れません。
ただ、RBCにとっては、勉強会は目的ではありません。
あくまで、ビジネスクリエーター輩出の手段です。
形式も模索中ではありますが、
そういう裏面も視野に入れながら様々な企画ができればと、
日々考えています。
そういう意味では、何でも話せる友達とかがいるのは大事なことですね。
今の人間関係を離れて、良い仲間をつくりたい人には、
クレド講座
の参加も良いですね。
ビジネスクリエーターナイトでの出会いもそうですね。
これらの中に、道がありそうだと、漠然と手応えはあるのですが、もうひと息ですね。

RBCへの会員登録は今すぐこちらから
明日は樋口くんです。