スタッフブログ

『美しい日本語』

こんにちは。のむらです。
ひょんなことから、村下孝蔵さんの『初恋』という歌を聴きました。
何となく、どっかで耳にしたメロディではありましたが、
ちゃんと歌詞を読んでみたら、とても美しいフレーズが多く、感動しました。
(元々、「言葉の組立て屋」という肩書きの私は、音楽には詳しくないのですが、
歌詞は色々とチェックする癖がついています。)
機会があれば、是非、ご本人とお話したかったですが、既に亡くなられているということで、
非常に残念です。

脳トレその2 問題編

みなさんこんにちは、吉村です。
この頃天気悪いですね・・・くれぐれも体に気をつけてくださいね。
さて、本日は前回好評(だったはず)の頭の体操を実施したいと思います。
(最近やたらクイズ番組が多いですね・・・今流行りですか?笑)
今回は趣向を凝らして、あえて問題しか載せません!
答えは次回までお預けです。(笑)
知りたい方は頭をフル回転させて答えを見つけるか、次回までお待ちください☆
(裏技使っちゃダメですよ?)
一生懸命頭を動かして、ビジネス脳を鍛えましょう!
では、問題!

ある所に3人の会社があり、偉い順に社長、部長、社員である。
××年度の利益【1000万】を配分する際に、社長からその配分を提案し、
多数決とする。
賛成多数なら提案のまま配分する。
反対多数ならその配分提案をした者に利益を受け取る資格はなくなり、
提案資格がひとつ下の位の者に移る。同数なら賛成多数とみなす。
このとき、社長がする最適な提案とは。
なお、最大の利益を得、相手にはなるべく利益を分け与えない事を目標とする。

どうでしょうか?簡単に解けますか?挑戦者を求む!
RBCにご興味のある方・勉強会に参加されたい方はまず会員登録をお願いします
※会員限定、毎月4回のメルマガを配信中。
明日は野村さんです。お楽しみ!

巻くな!!

だいぶ前の話ですが、上野駅で電車を待ってたら、
隣のホームに入ってきた電車の行き先が面白かったので、
写真にとってみました。
20080511-houkoumaku.jpg
「これ以上巻くな!!(しかも逆さま)」行き(笑)。
この車両だけ方向幕が故障していたみたいですが…。
正しくは新前橋行きでした。
これといって落ちもありませんが…
今週は以上です!!
RBCへの会員登録はこちら
明日は吉村君です。

死生観

結果を出しているビジネスパーソンほど
死生観がしっかりしている。
知り合いの社長さんに元暴走族の人がいるが、
バイクで走っていたとき、一緒だった友達が目の前で交通事故に遭い
無残な姿で亡くなったの目の当たりにしてから、生き方がガラリと変わったという。
結局、どんな働き方をしたいかが
そのままどんな生き方をしたいのかに通じるのだろう。
☆RBCの勉強会への参加はまず会員登録から☆
明日は村上君です。
お楽しみに!

ピンヒールは体の一部です

こんにちは。満木です。
わたしは基本毎日ピンヒールです。
あ、ピンじゃないときもありますがヒールが基本です。
身長が162センチで大体7センチ以上のヒールなので、
約170センチの世界で生きています。
なんでヒールをいつも履いているかというと、脚がきれいに見えるように、
というのもありますが、学生時代にダンス部で、10センチ近いヒールを履いて
踊っていたので、もはやヒールが体の一部になっているからなんです。
ところがちょっと前にキラキラ光るかわいいフラットシューズをみつけてしまい
ほぼ初めてくらいにヒールのない靴を買いました。
会社に履いていったところ、いつもと目線がちがってびっくりしました。
同じ目線だった人を思わず見上げるかたちになって、新しい発見です。
さらに夜に表参道で飲んだので、家まで1時間くらいかけて歩いて帰ったら
翌日まんまとバリバリの筋肉痛になりました。
そう、ピンヒールがデフォルトなので、ふつうなら楽なはずのフラットシューズが
逆にいつも使わない筋肉を使うことになったのです。
もう、オシリからふくらはぎ、足首まで痛くてしかたないです(涙)
人間キビシイほうにも楽なほうにも慣れるんですね。
きっと生活習慣でも仕事でも同じでしょう。
同じ慣れるんなら、キビシイほうに慣れたいものです。
わたしはピンヒールをかっこよく履くおばあちゃんになりたいです♪
さ、明日は大久保くんの登場です。お楽しみに!
☆毎月第3土曜日に勉強会開催中!まずは会員登録をどうぞ☆

文系理系

こんにちは、樋口です。
先日の野村さんの記事『ロジカルシンキング』に被せる形での考察です。。
大学四年のとき私は教育実習のため母校へ帰りました。
実は中高地歴公民科の免許を取得しているのです。
教育に興味がある、という点は、
RBCのスタッフに従事している現在の根っこになっているのかもしれません。
そんな文系の私が教育実習仲間だった理学部物理学科だった友人と話していて感じたこと。
【文系も理系も原則的に学んでいることは同じ】
文系がよいか理系がよいか・・・
大学入試のときに悩まされた方も多いでしょう。
私も司法試験だローだなんだかんだと考え、
高校のときに理系の選択科目は極力履修しないようにしました。
ところが今になってそれを後悔しています。
文系も理系も結局のところロジックを学ぶためのもの。
必要とされる周辺知識は全て付属品と思っても
よいのかもしれません。
tiebreakするとしたらそれは理系が計算を伴うということ。
計算を伴うということは頭を使うということ、
つまり必然的に頭が活性化させられる。
文系科目が暗記科目という認識が強いのですが、
ここは抑えておかないと後々後悔するポイントかもしれません。
ただ、今からでも遅くありません。
ロジックに関する意識付けをしっかりさせ、
仕事に臨んでいけば問題ないでしょう。
理系頭脳を手に入れたいかた、
是非RBCへの会員登録を。
明日は、満木さんです。

5/24はRBCアドバンス第二回です。「商品企画」しませんか?

こんにちは、友部です。
第二回RBCアドバンスの開催について
お知らせします。
RBCアドバンスは、
原則、月の第四土曜日の午後に開催します。
第二回アドバンスの概要です。
日付:5/24
時間:午後 (15時以降です。)
場所立教大学セントポールズ会館 2階芙蓉の間
講師:津吹達也氏
    ?コラゾン所属 
    和の意匠を用いた、
    アパレル・雑貨の製造・販売会社です。
予定プログラム:コラゾン商品の
          商品企画グループワーク
詳細は、改めて、WEBやメールでお伝えします!
会員登録はコチラから。

『ロジカルシンキングについて』

こんにちは。のむらです。
「ロジカルシンキング」
ビジネスパーソンであれば、よく耳にするのがこの言葉。

私的情報管理ツール 完結

こんばんは、吉村です。
みなさんゴールデンウィークは楽しかったでしょうか?
私は前半は「社会人交流会」や「友人宅HomeParty」に出かけ、
後半は「ヒルトン小田原リゾート&スパ」でリフレッシュしてきました☆
さて、前回お話の続きです・・・
現在私は【ルーズリーフ】を活用しながら、情報を管理しています。
使い始めて半月経ちますが、なかなか良い感じです。
では、その使用方法をご紹介しましょう♪
テーマ:【情報一元化】
基本コンセプト:【ノート+スケジュール】
用意する物:【バインダー、ルーズリーフ、ルーズリーフ・カレンダー(お勧め:585LM)、インデックス】
あれば良い物:【パソコン、プリンター、ポストイット】
使用方法:
1.普通の手帳と同じように日々の予定を【ルーズリーフ・カレンダー】に書き込んでいく
2.TODOリストやメモたい事はルーズリーフの方に書き込んでいく
3.必要に応じて、インデックスで分類したり、ポストイットを使って情報を総合管理
4.さらにテンプレートを作成したり、カスタマイズして印刷すれば、オリジナルの情報管理ツールの完成!
メリット:
・B5サイズという大きさのカレンダーを使用する事により「月間+週間 2重記入」の煩わしさ解消
・ルーズリーフという学生から慣れしんだフォーマットなので、自由に書ける
・スペースが大きいので、一度に多くの情報が記入可能
・わざわざノートを持ち歩かなくて済む
・ラーニングコストが安い(リフィルよりはるかに安い)
・自由にテンプレートを作る事が出来る(参照サイト:??
デメリット:
・重い、大きい
・個別テンプレートを作成する手間
っとこんな感じで、
色々試行錯誤を繰り返しながら、
自分に合うテンプレートを作成したり、カスタマイズをしています。
これが結構楽しい?♪
もちろん市販の手帳には固有の良さがあり、それを否定するつもりはありません。
ただ最近様々な情報管理ツールや方法が紹介されていますが・・・
それらに翻弄されて混乱したり、また鵜呑みにして使用したりすると、
かえって効率が悪くなる場合もあるかと思います。
選択肢が多いことは必ずしも良いことではありません。
(参考:The Paradox of Choice
要は現状の自分にとって何が必要なのか、何が不必要なのかの本質を見極める事が
大事じゃないかと思います。
(こんな偉そうなこと言ってますが、、全然できてません・・・笑)
少しづつ進歩していければと思います。
情報を征する人は、時代を征する!
RBCにご興味のある方・勉強会に参加されたい方はまず会員登録をお願いします
※会員限定、毎月4回のメルマガを配信中。
明日は野村さんです。お楽しみ!

台湾新幹線に乗りました。

今年のゴールデンウィークは、
台湾出張に行っていて、5日帰国しました。
今回は、台湾の南にある
台湾第2の都市・高雄に行ってきました。
高雄までは直行便も出ているのですが、
時間があまり都合よくなかったので、
今回は、台北から台湾高速鉄道(台湾新幹線)に乗って、
高雄へと入ってみました。
台北の空港の最寄り駅である桃園駅へは、
タクシーで約15分、バスでも出ることができます。
台湾の人には高鐵(ガオティエ)として親しまれていますが、
新幹線という呼び方をしても通じます。
駅はまだ開業して間もないこともあり、どこの駅もとてもきれいです。
20080506-Image115.jpg
車内は、まさに日本の新幹線そのもの。
今回は、グリーン車(商務車輌)に乗ってみました。
席に座っていると、検札が来て、
それから飲み物とスナックのサービス(無料)があります。
日本の新幹線もこれくらいやってくれればいいのに・・・。
台北から高雄までは、
途中板橋(バンチャオ)と台中だけに泊まる
速達タイプの列車が約100分、
各駅停車タイプが約120分です。
海外に進出した日本が誇る新幹線。
一度乗ってみてはいかがでしょうか?
RBCの無料会員登録はこちら
明日は吉村君です。