スタッフブログ

欲望の創出

1月に東京都港区にあるオフィスに異動したのだが、
オフィスが入っている建物の1階にコンビニがある。
これがクセモノで、
なまじ1階にあると、
以前までは買いたいと思ったけれど、
コンビニまで行くのが面倒だから買わないでいたものを、
今では平気で買ってしまったりする。
1日平均のコンビニ利用回数や利用金額が
2倍?3倍になった気がする。
ここで思うのは、
以前まではコンビニを目と鼻の先にたてたりして、
何の意味があるのだと思いきや、
コンビニが建つことにより、
その半径数メートルに住んでいる人や働いている人の
利用額が上がるのではないかということだ。
つまり、一定のパイがあるのではなく、
コンビニがあることにより、
新たなマーケットができるのではないかということ。
マーケティングなどを勉強している人にとっては
こんなことあたりまえなのだろうな…。
日々の生活のなかで、
ビジネスの視点を常に養いたい。
☆RBCにご興味のある方・勉強会に参加されたい方はまず会員登録をお願いします☆
あしたはRBCのテツドウ王子☆村上くんです。
おたのしみに!

お酒=×、点滴=△

こんにちは。満木です。
また風邪をひきました。
会社の中で風邪をひいている人が多く、気をつけねば・・・と思っていた
すきから風邪をひいてしまいました。
定時のベルがなった瞬間にPCの電源をきり、会社と同じビルにはいっている
クリニックに駆け込みました。
(医者) 「熱もあるし、咳も出てるので、抗生物質と熱を下げるお薬と
      咳をおさえる薬と、薬で胃が荒れないよう胃薬を出しましょう」
(わたし)「速攻で治したいんですけど」
(医者) 「じゃ、じゃあ・・・強めの抗生物質を出しましょう。
      あと温かいものを食べてくださいね。鍋とかうどんとか」
(わたし)「温かいもの・・・お酒は?」
(医者) 「オサケ・・・?」
(わたし)「はい。温まったり・・・しませんか?」
(医者) 「そうですねー・・・温まるとは思うんですけど・・・
       薬も飲みますし、胃が荒れるんで控えられたほうがいいでしょうねぇ」
(わたし)「はい。控えます。。」
前から気になりつつ、なんか怒られそうで聞けなかった質問を
温厚そうなお医者さんだったので、思い切ってぶつけてみました。
学生時代に体育会な部活に所属していて、風邪をひいたというと、
「飲めば治る!麦の栄養をとれ!」
とビールを差し出されていたのですが、
逆効果だったということがよぉくわかりました。
(わたし)「あのぉ、ほんとうにすぐ治したいんですけど、
      点滴とかにんにく注射とか・・・やってみるのはどうなんでしょう?
      なんか同じフロアーに点滴専門店とかありますよね?」
(医者) 「んー・・・もうひいちゃってますからねぇ。今やってもあんまりねぇ。
      点滴なんかは継続的にすると効果があるけど、即効っていうのはねぇ」
(わたし)「そうですか。。」
そう。このクリニックの系列で点滴専門店が最近オープンしたのです。
「デートの前に一本!」「大事なプレゼンの前に10分点滴!」という
謳い文句なのですが・・・
あれ?即効性ないんですか・・・?
まあ、薬がかなりきいて元気になったので、よいのですが。
勉強も薬も継続が大事ということで、
2月の勉強会のお申し込みがまだの方はこちらからどうぞ。
明日は大久保くんです。

筋肉質たれ

こんにちは、樋口です。
筋肉質になること。
これは非常に難しいです。
自分のライフスタイルを仕事・タイムテーブル・食事・睡眠など克明に分析したうえで個々に対応できるようにコンサルティングする。
私も前述した加圧式ベルトを使っているのですが、
どうも脂肪燃焼している感じがしません。
一方で筋肉はついているようなので、
体格は一回り大きくなってしまいました。。。
実は昔は痩せようとひたすら泳いでいました。
1日2km弱×5日くらい。
しかし痩せませんでした。
実は浮力を使うため脂肪がつくそうな。
北島康介も腹筋が「バッキーン」とはなっていないでしょうw
難しい題ではありますがそれに対応した解決提案ができていなかったようで、
目的にアプローチするためのコンサルティングとしては失敗ですね。
まぁそんな自分が嫌ではないのですが。
では会社にとって筋肉質であることとは・・・
PRESIDENTの記事では
「棚卸資産の回転日数が30日を切ったら筋肉質、
60日を越えたらメタボ症候群」
だそうで。
売上高の何日分の在庫を持っているか、
棚卸資産をどうやって減らすのか。
やみくもに作り続ければ在庫は溜まります。
一方で作らなすぎれば欠品になり、CSに関わります。
製販計画をどう練り直してサプライチェーンを再構築するか・・・
在庫を起点に問題がどこにあるのか捉えなおし、
製販計画を練り直すのもまたひとつの観点なのだと感じました。
原因に対応するような解決策を提示しないと、
逆効果になってしまう場合がありますね。
自分の体型はさておき会社の場合は、
他の方に大いなる迷惑がかかりますから、
気をつけなければなりませんね。
どのような事象であろうとも、
思考プロセスを伴うものならばコンサルティング思考に
当てはめて考え直すことができるようですね。
脳を活性化させて筋肉質になりたいかた、
RBCへの会員登録をどうぞ。
※会員限定、毎月4回のメルマガを配信中。
明日は満木さんです。

来年度は、RBC会員も講師をします。

こんにちは、友部です。
本日は、今後のRBCについて、フライングぎみのお話をします。
詳細は、勉強会やメールやWEBで、告知がされると思いますが、
来年度は、RBCが大きく変わっていきます。
その変化の一つに、勉強会ラインナップの拡充、があります。
会員の会員による会員のための勉強会ラインナップが追加されます。
会員の方自身が講師となり、
他の会員に向けて、講演・グループワークなどを実施する勉強会です。
テーマは、年間でのストーリーを設けてそれに基づくのではなく、
講師毎に個別に設定する予定です。
RBC会員は、非常に多様な業界で活躍しています。
会員が各人毎のバックグラウンドを活かしながら、アウトプットをしていく場は、
話すほうにも聴くほうにもメリットのある、すてきな集いになるのではないかと
思っています。
現在、
講師になりたい方を、募集しています。
自分のしてきた事が、第三者にどう感じられるのか、どう影響を与えるのか、
それを知り、体感し、フィードバックを受けられる場は、そうそうありません。
我こそは、と思う方、ぜひスタッフまでご連絡ください。
ご質問も受けつけています。
※勉強会への申込フォームの「ご意見・質問等」に記入し、
 問い合わせ頂いても結構です。
会員登録がまだの方は、こちらへ。
次は樋口くんです。

『自分の強み』

こんにちは。のむらです。
例えば就職活動では、「自己PR」をする機会があったと思います。
その時には、「自分の強みが何か?」ということを考えたことと思いますが、
そもそも、「強み」って何でしょうか?
仮に、
「カツゼツが良い」
という強みがあったとします。
しかし、
「カツゼツが良い」
ということだけでは、
「それが強みなのか弱みなのか」
が分かりません。
まぁ、「良い」と書いてあれば強みだろう、という読み方もあるのですが、、
地球上の全ての人が「カツゼツが超良い」ということであれば、
「カツゼツが良い」は弱み以外のなにものでもありません。
「強み」というのは、どこまでいっても相対的なものですので、
「自分の強み」を考える時には、
それを相対化して考える必要があります。
思うに、最近よく耳にする
「自分の強みが分かりません」とか、
「自己実現に向けてどうしたら良いか」、
という話も、自分を絶対化して分析していることに起因するような気がします。
セミナーなんかでも、
参加者を絶対化して差し上げて、予言者みたいな感じで
ポジティブな未来を示してあげれば、
途端に、参加者を強烈なファンにすることができます。
(RBCでは、参加者の本質的な成長を第一に考えていますので、
この手の手法は取り入れておりませんが、
ビジネス的には、そういう設計をした方が儲かりますね。)
自分を相対化してみる、というのは、なかなかに難しいことでもあります。
それは、ビジネスモデルにおいても然りで、
手塩にかけて育て上げた、練りこんだビジネスや企画であれば、
もう、思いっきり感情移入しちゃっていますので(笑)
なかなか相対化してみることは難しいかも知れません。
ただ、本当に「自分/自社/自プロジェクトの強み」を見つけ出そうとすれば、
そこには、相対化した視点が不可欠です。
会員の皆さまには、プレゼン大会のエントリーについて
お知らせしたところですが、そうやって
「自分自身(の考えること/考えられること)を他者に向けて表現する機会」
を、大事にしていくことで、自分の強みも明確になることと思います。
強制はしませんが、エントリーした方が、あなたにとっては成長や学びが大きいと思います。
(しかも、次のチャンスは12ヶ月も先ですし。。)
「自分の強みを明確にしたい!」という方は、RBCへの会員登録をどうぞ!
明日は友部くんです。

出来る人の特徴

みなさん、おはようございます。吉村です。
先日、ネットで面白い物を発見しました。
仕事ができる人の意外な特徴ランキングらしいのです。
1 年代の違う友人・知人が多い
2 有給休暇をきちんととっている
3 残業をしない
4 プライベートを大事にしている
5 人に仕事をふるのがうまい
6 自分の言葉を持っている
7 簡単な言葉で話す
8 雑学を知っている
9 おもいやりがある
10 清潔感がある
11 お酒を飲みながらのコミュニケーションが得意
12 どっぷりはまっている趣味を持っている
13 自分に似合うファッションを分かっている 自己分析が出来る
14 ものを大事に(長く)使う
15 夜遊び好き
16 こだわりの一品を持っている 時計、かばんなど
17 お金に執着しない
18 じっとしているのが苦手
19 外見は地味
20 プライベートで話すと口下手
いかがでしたか?みなさんはいくつ当てはまりますか?
私は・・・・・【秘密】です(笑)
これを参考にして、どんどん出来る人へとシフトしていきましょう!
RBCにご興味のある方・勉強会に参加されたい方はまず会員登録をお願いします
※会員限定、毎月4回のメルマガを配信中。
明日は野村さんです。お楽しみ!

駅そば一人旅シリーズ(1)富山駅編

勝手に始めました、駅そば一人旅シリーズ。
このシリーズでは、私が出張やプライベートで訪れた駅の
駅そばを自腹(!)で食べ、勝手に評価をして、
独断と偏見で皆様にお伝えしようというシリーズです。
食べるそばは基本的に「かけそば」とし純粋におつゆとおそばだけで感じた感想を皆様にお伝えしてまいります。
記念すべき第1回目は、JR西日本富山駅の「立山そば」です。
(お店の外観)
20080203-tateyamasoba01.jpg
(お蕎麦)
20080203-tateyamasoba02.jpg
<基本データ>
・探訪日時 2008年1月30日16:45頃
・場所 JR西日本富山駅 5・6番線ホーム滑川方
・店舗名称 「立山そば」
・かけそばの値段 250円
・独断と偏見による評価(5段階評価) ☆☆☆☆☆
ここのおそばのチャームポイントは、
なんと言っても灰色のおそばのキャンバスの上に
ぽっかり白く浮かんだ「立山」という文字の入ったかまぼこでしょう。
「今も昔も変わりません」というお店に表示された解説の通り、
きっとこのかまぼこは、今も昔も富山へたどり着いた旅人を暖かく出迎え、
そして旅立つ人を温かく送り出してきたのでしょう。
出汁は、北海道産の昆布を使用しているということで、
しょうゆは入っているものの、あっさりとしたなかに、
しっかりと出汁の主張を感じられる美味しいおつゆでした。
第1回ということで、比較対象がないので迷いましたが、
個人的にはとても美味しかったので、いきなり5つを出しちゃいました。
ちなみに、「立山そば」を運営をしている「」は、富山の駅弁の王様、
ますのすし」を作っている会社でもあるのです!
越後湯沢に向かう「はくたか北越」号が発着するホームですので、
これから東京方面へ戻られる方は、特急を待つ間に小腹がすいたら、
ぜひ召し上がってみてください。
将来は、このシリーズをまとめて印税生活を考えたいと思います(笑)。
明日は吉村君の登場です。
RBCの会員登録はこちら

お礼状

『女性の品格』が売れているとのことで、
パラパラっと立ち読みをしたのだが、
最初に「お礼状を書く」ことが勧められていた。
「やっぱりそうか」とおもい、
少し遅くなってそのままにしていたけれど、
あるところに恩を感じていたので、
お礼状を出すことにした。
何かをしてもらったとき、
「当たり前」と流すか、
「ありがとう」というメッセージを返すか。
何気ないことだけれども、
そういう一つ一つの積み重ねが
後々に影響を及ぼすんではないかと思う。
仕事でもプライベートでも気をつけていることの一つだ。
☆RBCにご興味のある方・勉強会に参加されたい方はまず会員登録をお願いします☆
明日はちょっとあれみなエース・村上君です。
お楽しみに☆

厄除け@明治神宮

こんにちは。満木です。
明治神宮に厄除けに行ってきました。
昨年の前厄に引き続き、今年は本厄(年バレますね)なので、
友人3人といっしょに行ってきました。
暖かくなってから行こうかと思っていたのですが、
節分までに行ったほうがいいと聞き、あわててかけこんだのでした。
明治神宮では5,000円、10,000円、30,000円の3コースがあります。
いつも5,000円のコースしか受けていないので他のコースがどうなのか
よくわからないのですが、10,000円以上だといただくお札に名前が
はいっているとか、そういう違いがあるようです。
どんなことをするかというと、
大きな畳の広間に通されて、最初15分くらい祝詞をあげてくれます。
「港区南麻布なる満木葉子厄除け?」という感じで参列者の住所と名前、
祈願内容が独特のリズムで読み上げられます。
この間はお祈りをすることになっているのですが、
たまにタレントと同じ名前の人がいたり、娘さんの良縁祈願を代理でお母さんが
祈願しにきているのが読み上げられたりすると気になります。
巫女さんの採用基準て・・・とか考え出したり、
雑念だらけで祈るどころではありません。
祝詞が終わると神楽を巫女さん2人が2曲ほど舞ってくれます。
締めにお鈴の儀といって、シャンシャンと頭の上で鈴を鳴らして
約20分でコースの全工程が終了となり、
出口でお土産?にお札とお酒と神饌をいただいて広間を後にします。
特に信心深いわけではないのですが、しておくとなんとなく安心です。
しかし、こういってはなんですが20分で5,000円て、なかなかだなぁと
思います。
参列者が1人でも、100人いても1人5,000円。
ディズニーランドの入場料もたしか5,000円くらいで一日遊べるはず。
マッサージなら60分コースくらいのが受けられるはず。
と思うと、儲かってるな?¥と。(罰当たり?神様ごめんなさい)
まあ、スッキリしたのでよしとしましょう。
頭をスッキリさせたい方はイベントにご参加ください。
役に立ったよ、という方は、
Facebookページにいいね!もして頂けると嬉しいです
受付中イベント情報はこちら
まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。
会員登録は無料です。
さ、明日は大久保くんです。お楽しみに☆

和魂洋才

こんにちは、樋口です。
最近定期購読しはじめたPRESIDENTに注目記事がありました。
日本と欧米企業の一番の違いについて、
リコーの桜井会長のひとこと。
?日本は始めとして徹底的にムダを排除して利益を出す
→損益計算書型(P/L)経営
?欧米は持っているお金や資産をいかに有効活用してリターンをあげていくかを考える
→貸借対照表型(B/S)経営
トヨタ自動車の現場の改善を一目瞭然なのですが、
カンバン方式による徹底的な在庫削減、
セル生産による作業効率化など、
下地があるなかで乾いた雑巾を絞るが如く
徹底的にムダを排除していく。
製造業を中心に発展した日本の象徴だそうです。
巧/マイスターと呼ばれる職人が現れるわけです。
一方で海外では【利益】を徹底的に出して、
M&Aなどの冒険を積極的に行い、
利益を徹底的に追求する。
リストラクチャを積極的に行っているように見えるのは
気のせいではないのかもしれませんね。
ちなみに私が所属する会社は前者のようにみえて、
後者の思想も少しずつ取り入れようとしている
和魂洋才の経営なのでしょう。
そういった環境に身を置いているため、
どっちのほうが優れているという二者択一な考えは苦手なのですが、
これは私生活にも活かせる感覚なのでしょう。
自分の性格・行動を主観的・客観的に分析し、
まずは徹底的にムダな部分を排除、
自分のもつUniquenessを抽出しておく。
そして余裕ができたところで積極的に「投資」を行い、
自分に還元していく。
和の思想に付和雷同するだけではなく、
更にそれを深め、チャレンジしていく。
そんなことを考えさせられました。
こういった何気ない雑誌の記事も切り口を持てば、
深読みすることができるんですね。
もう少し深く勉強していきたい感覚です。
切り口を更に深めたいかた、
是非RBCへの会員登録をどうぞ。
※会員限定、毎月4回のメルマガを配信中。
明日は、満木さんです。