スタッフブログ

『アイディアの質についての四段階』

こんにちは。のむらです。
今日は、いつものシリーズではありません。
RBCの話シリーズでもありません。
今年も時期がきて、会員の皆さまに、プレゼン大会のご案内をしました。
エントリーシートを見ていて、また、
普段の仕事で新規事業のアイディアを聞いたり考えたりが多いのですが、
アイディアに、いくつかの段階があることに気づきました。
今更な感じもしますが、書いておきたいと思います。
まず第一段階は、
「面白いアイディア。良いアイディア。」
と言ってもらえるものです。
これはスタートラインです。
他人に聞かせるアイディアである以上、
面白いとか、良いとか、いけると思うとか、
そう言ってもらえるのは初歩です。
逆に、ここまで到達していないとしたら、
そもそも、人に聞かせる価値もない、ということです。
このレベルのアイディアは、このままではほぼ間違いなく失敗しますので、
再考すべきです。
次に第二段階は、
「あったらつかう。それ、あれば買うよ」
と言ってもらえるものです。
ここでようやく詳細を考える段階です。
ここまで来ているアイディアは、検討を継続してもOKです。
ブラッシュアップしたり、課題を見付け出して解決したり、
ということをしていく価値のあるアイディアです。
その次、第三段階ですが、
「まだ?早く出してよ。すぐ欲しい!」
と言ってもらえるものです。
これは、もう、すぐにでもやるべきです。
多少の問題があってでも、とにかくすぐやる価値のあるアイディアです。
そして更に、第四段階があります。
「タダでも手伝うから早く世に出そう!」
と言ってもらえるものです。
これは、すぐにやる、というか、
自分がやると言わなくても、もう周りが勝手にやり出します。
ビジネスアイディアを聞こうということになると、
まぁ、すごーく秘匿性の高い雰囲気で言われる方も
たまにいるものです。
ただ、そういったご本人の気持はさておき、
アイディア自体がこの中のどの段階のものなのか?
と見ていくと、けっこう、第一段階のものが多いです。
アイディアをこのような段階で考えて検証する。
場合によってはブラッシュアップもあるでしょうし、
多くの場合は捨てたほうが良いでしょう。
そういうことの中から、本当に優れたアイディアが出てくると思います。
プレゼン大会のエントリー含めて、
そういう視点で日々チャレンジを続けると、
本当に力のあるビジネスクリエーターとして成長していくことでしょう。
ビジネスクリエーターとして成長するための場、
RBCへの会員登録は今すぐこちらから
明日は友部くんです。

海外ドラマに再び夢中

こんにちは、スタッフの吉村です。
少し前より暖かくなって来ましたね。
やっぱ寒いより暖かい季節が好きです。
さて、以前このブログにも書いたことありますが、
時間あるときに海外ドラマとかをよく見ます。
「24」やら「プリズンブレイク」やら「DrHOUSE」ももちろんチェック済みです。
「ゴシップガール」もシーズン2まで見終わり、これからシーズン3に入るかどうか
迷ってます。
その他に「ダメージ」や「ブラックアウト」も見ました。
最近はちょっと知的な内容にハマっており、
「バーン・ノーティス」
「ホワイトカラー」
「ボストン・リーガル」
のシリーズを見てます。
内容はもちろん最高楽しいですし、同時に英語のヒアリングも訓練されるので、
一石二鳥ですね。
最新のスラングも学べます。
海外ドラマ好きな方はぜひ一度見てみてください。
RBCにご興味のある方・勉強会に参加されたい方はまず会員登録をお願いします
※会員限定、毎月4回のメルマガを配信中。
明日は野村さんです。お楽しみ!

新幹線100系と300系が引退します。

こんにちは。スタッフの村上です。
タイトルからして鉄分の濃い内容ですね。すみません(笑)。
3月16日のダイヤ改正で東海道・山陽新幹線から
100系新幹線と300系新幹線が引退することになりました。
どちらも思い入れのある電車だったので、先日博多までお別れに行ってきました。
20120305-DSC_0322.JPG
100系新幹線は、1985年にデビューしたての頃は「ニュー新幹線」とも呼ばれ、
新幹線初の2階建てグリーン車や食堂車が話題になりました。
2003年以降は、東京には顔を見せなくなり、
山陽新幹線で6両や4両編成で活躍していました。
自分の子供の頃のあこがれの電車だっただけに引退が残念です。
修学旅行なんかで乗った人も多かったんじゃないかと思います。
20120305-DSC_0330.JPG
300系は、92年の3月に「のぞみ」としてデビューしました。
東海道新幹線の最高速度をそれまでの220kmから270kmへと
スピードアップに貢献した立役者でもあります。
出張なんかで乗った人も多いと思います。
自分の中では300系=「のぞみ」というイメージがあったのですが、
近年では「ひかり」や「こだま」を中心に使用されていました。
こちらは、最終日まで東京駅に顔を出すようなので、
お別れをしたい方は来週末あたりでも間に合うかもしれませんね。
2つの形式とも、最後の日まで安全に人を運び続けるという使命を
きっとまっとうしてくれるでしょう。
当たり前のようで、当たり前でないことですが、
そんな使命感を帯びているようなところが私が鉄道に惹かれる理由の一つだったりします。
明日は吉村君です。
RBCの会員登録はこちら

見えるけれど見えない

こんにちは、スタッフの大久保です。
先日、会社の研修で、面白いワークを行いました。
ワークの内容は、二人ペアで、一人は「目の見える役の人」、
もう一人は「目の見えない役の人」。
その「目の見えない役の人」が障害物のある道を
スタートからゴールまで進むのを、「目の見える役の人」が声だけで導き、
障害物に当たったら役を交換するというワークでした。
この学びは、「目の見えない役の人」からすると、
最初にルールを明確に決めておくと目が見えなくても歩きやすい、
ということがわかりました。
また、「目の見える役の人」からすると、
どれだけ具体的に指示をするかがポイントであることが
わかりました。
また、これは仕事の進め方そのものだとも思いました。
私たちは物理的には目が見えたとしても、
時間や思考などは目に見えません。
「これはどういうことか」「いつ何をやるか」など、
声をかけながら進めること、
また相手が不安に思う前に声を出すことの
大事さが分かりました。
先日、急遽開催した2月25日のオフ会でも
同じ趣旨のワークをやりましたが、とても有意義なワークとなりました。
スタッフだけで集まったときにやるワークもストックがたまってきたので、
また会員の方と一緒にできればと思います。
RBCの勉強会への参加はまず会員登録から。
明日は村上君です。
お楽しみに!

みんなで送る花束

こんにちは、なかしーです。
RBCインテグレート卒業生の卒業生でもあるT君の会社で、新しいサービスを始めたそうです。
誕生日のお祝いに、友人で集まって花束が出来たら送られる、というような事ができるようです。
https://floworld.net/
一輪が315円と、ネットでの買い物としては割りと安い風の単価にしておいて、それを「花束にする」ということでボリュームを出すという、いいアイデアですね。
早速共通の友人の誕生日のために、とりあえず1輪参加しておきました。(笑)
誕生日でのサプライズネタにお困りの方は使ってみては如何でしょうか。
RBCへの無料会員登録はこちらから
明日は小沢さんです。

インドで日本マンガが人気!!

インドの首都ニューデリーで25日から始まった国際図書展で、
日本の漫画500冊以上を紹介する展示会があり、インドの“漫画オタク”の若者らに人気があるようです。。
日本とインドの国交樹立60年を記念し、国際交流基金などが企画。「NARUTO」や「ONE PIECE(ワンピース)」といった
人気作品など計552冊が展示され、英語版が自由に読め、コスプレ体験ができる一角も設けられました。
ちょっと気になるのが「オタク」という呼び方です。
日本でのイメージが良くない言葉なので、日本マンガが好きな人には別の呼び方を付けたい
と前々から思っています。
インドでは近年、日本の漫画の読者層がインターネットなどを通じて拡大しているとのこと。
今後もアジアで日本マンガがどんどん読まれてほしいですね。
RBCへの会員登録は今すぐこちらから
明日は中島さんです。

ありがとう

おはようございます、樋口です。
先週水曜日は、28歳の誕生日を迎えました。
今年の誕生日は、今まで生きてきたなかで、一番沢山の「おめでとう」を伝えられた日。
そして、今まで生きてきたなかで、一番沢山の「ありがとう」を伝えた日になりました。
Facebookやメールや口頭で沢山の「おめでとう!」をいただきました。
数百件のコメントに、1件1件、心をこめて返信しました。
日本中、そして世界中から。ソーシャルメディアの発展に伴い、
本当に嬉しいことばの数々が私に届けられました。
そして、ドッキリの数々・・・
沢山の人の愛情に包まれて育ってきたこと、
家族のような愛を受け取りながら育ち続けていること。
普段から感謝の気持ちは持つように心がけていますが、
気持ちを新たにすることができました。
これは、私の誇りです。
精一杯のありがとうを、身を持って恩送りするために、
歩みを進めていきたいと思います。
この場をお借りして、改めて言います。
心をこめて、ありがとうを。
皆様にこの気持ちを還元できるように、日々を積み上げていきます。
RBCへの会員登録は今すぐこちらから
明日は八須さんです。

雪の日

友部です。
雪の東京は、割とすきだ。
アスファルトや、ビルの壁や、車の車体の色、
普段の街は、黒が多い。
雪の日は、白い塗装が施され、
淡い日光を、薄く、広く、反射する。
しんしんと見える。
車の走行音にかこまれ、
無臭な音が、あたりに流れている。
雪の日は、街がしずかになる。
人の一挙が、ゆるやかになり、
発する音が、ゆっくりに聞こえる。
そして、
雪の日は、、思考もゆるまる。
焦らず、急がず、せかされず、
だから、自分のことも、ふと考えられる。
そんな、雪の日が好きだ。

『巨人の肩に乗る』

こんにちは。のむらです。
今日は、いつものシリーズではありません。
RBCの話シリーズでもありません。
久々にTumblrからの転載です。
人間というのはそれが良いか悪いかという以前に、
欲のかたまりだったりします。
欲は5つに分類できます。
食欲、財欲、色欲、名誉欲、睡眠欲、と。
食欲:食べたい、飲みたい、おいしいものが食べたい
財欲:お金とかモノがほしい
色欲:性的興奮や快楽を追求する
名誉欲:人によく思われたい、disられたくない、褒められたい
睡眠欲:眠たい、楽がしたい
私たちの意思決定というのは、これ以外のところからは出てきません。
これらのバランスによって、意思決定が繰り返されています。
それらの意思決定がより効率的に成果に結びつけば、
「うまくいってる」と私たちは感じるわけで、
そうじゃない時に、ムカついたり愚痴りたくなったりしてしまうのです。
その効率を上げるためのひとつの方法が
「レバレッジ」と言われたりもしますが、
借景や借名というものです。
というのが、人は他人の話には興味がないといいますか、、、
その人の印象に残るのは映像です。
確かに、人間の脳の第一言語はテキストでも音声でもなく、
イメージ(像)です。
それが分かると、この映像の効果の凄さというのは分かるでしょう。
例えば、営業でも、評価されるのは、
優秀かどうかなのではなくて、優秀に見えるかどうかなわけです。
実際のところは。
そもそも、相手より優秀でない場合は、下働きのような仕事しか無いでしょう。
付加価値のある仕事、相手のできないことを補完するような仕事であれば、
究極的には、その優秀さを理解できないわけなのです。
つまり、理解できないものを理解させるわけですから、
いくら説明したってそれは効率的とは言えません。
そこで、自分をどう見せるのかという努力はそれは大事ですが、
借景とか借名というのがよりパワフルな方法です。
景色を借り、名を借りるというのは、
目に見える空間的なインパクトであり、
内容説明以前の立場によるインパクトがあります。
正直なところ、絶対に失敗しない人というのは、
何もしない人だけですから、(まぁ、それ自体が失敗とも言えますが)
誰がやっても失敗は起こり得ます。
ですから、まず大事なことはチャンスを手にすることです。
そのために、巨人の肩に乗るのです。
てこというのは、支点と力点の距離が長いほど楽に作用します。
ですから、巨人が大きければ大きいほど、その効果も大きいわけです。
で、具体的な応用方法を書こうかとも思ったのですが、
わざわざこの話に耳を傾けるような方であれば、
そんな生々しい話は不要かと思いますので、これで筆を置きたいと思います。
RBCへの会員登録は今すぐこちらから
明日は友部くんです。

一眼レフにハマりそうです

こんばんは、スタッフの吉村です。
今日は寒いですね。
明日は東京マラソンもこの気温なら・・・相当タフなレースになる予感がします。
さて、男の趣味は様々ありますが、
一眼レフカメラもその代表格であろう。
そんな一眼レフカメラにちょっと興味を沸いてきました。
きっかけは知り合いに一眼レフでよく写真を撮る人がいて、
自慢の写真を何枚か見せて貰った所、
通常のデジカメでは撮れないような美しい写真を見たのがきっかけです。
まだ買うまで至ってないのですが、
一眼レフを保有しているRBCスタッフの大久保さんに、
今度色々教えて貰いながら検討したいと思います。
この趣味ハマりだしたら、かなり高くつきそうな気がします。
RBCにご興味のある方・勉強会に参加されたい方はまず会員登録をお願いします
※会員限定、毎月4回のメルマガを配信中。
明日は野村さんです。お楽しみ!