スタッフブログ

『才能はつかってナンボ』

こんにちは。のむらです。
今日は、いつものシリーズではありません。
RBCの話シリーズにします。
第100回定例勉強会が近づいて来ました。
今回は、複数の企画が同時に動いています。
そういう時には、より、個人個人の得意分野が何か?
ということが問題になってきます。
特に、スピードが求められて来ると、
「丁寧に指示されれば動けます」
という人の場合、そもそも活躍の場が与えられなかったりもして、
ハードな環境を成長の機会にできる人と、
終わってから悔しさすら感じずに終わる人が出てしまいます。
性善説に立った理想論では、どんな人も救うべきという話になってきますが、
しかし、助かりたいという思いの無い人はどんな救いも無駄になってしまう、
という現実もまた、あるのだと思います。
そのあたりのさじ加減というのは、一時の感情や雰囲気によって決めるのではなく、
ひと目につかない戦術や戦略を考え抜いた上で決めるべきでしょう。
今、100回記念イベントが近づく中で、
その状況をどれだけチャンスにできるか?
それはスタッフ一同はもちろんですが、
私自身にとってもとても重要なテーマです。
既に、いくつかの重要なことに気付き、それを次にどう反映させるかまで含め、
準備をはじめています。
しかし、もっと自分にとっては得るものが多いのではないかと、
そういう感覚もあります。
対談も、先月にプレ対談をしてきているのですが、
その時の自分よりも明らかに成長していると思いますので、
全然違う話をしそうです。
日々の仕事で得たものもあるのですが、
100回記念イベントの中で分かったこともあります。
そのあたりも機会があれば紹介したいと思います。
さて、都電荒川線貸切企画がなんだかスゴイことになっています。
準備は、まさに才能の無駄遣いとも言えるような
気合の入りようで、今回の荒川線に「乗れたのに乗れなかった」
なんていう人がいたら、めちゃくちゃ後悔すると思います。
なので、もしまだお申込で無い方がいたら、すぐに申込んでください。
また、自分は乗れないけど、代わりに友達に乗ってきてもらおう、
というお誘いもぜひよろしくお願いします。
↓ご案内ページ
http://www.rikkyo.biz/news/item_4147.html
もう少しですが、しっかりと準備したいと思います。
当日お会いできるのを楽しみにしています。
RBCへの会員登録は今すぐこちらから
明日は樋口くんです。

誕生色は何でしょうか?

こんばんは、スタッフの吉村です。
夏もそろそろ終わりそうな感じですね。
今年の夏はずっと滋賀県に居たので、今までとは違う感じでした。
さて、最近面白いサイトを見つけました。
なんでも自分も誕生日の色を教えてくれるそうです。
一年はうるう年も入れると366日あるので、当然366色あります。
自分の誕生日は1月8日なので、探してみると・・・・
【シトロンイエロー】
だそうです。
特徴は「自然を愛する叙情家」で色言葉は「宗教的感情・宇宙的構想」みたいです。
当たっているのかなと思いつつ、気になる人の色もついついチェックしてしまいますが、
こういうネタから話と展開するのもありかと思います。
みなさんの色は何でしょうか?
今週土曜日に開催予定のRBC100回記念パーティー上で、
ぜひこちらのネタを活用しながら様々な出会いを見つけてみてください。
明日は野村さんです。お楽しみ!

100回目のプロポーズ 〜RBCのカコとミライ〜

あなたは「101回目のプロポーズ」というテレビドラマを覚えているでしょうか?
武田鉄矢と浅野温子が主演で、「僕は死にません」という名ゼリフを言うシーンが有名な、
あのドラマです。
私は子どもながらも、最終回にとても感動したことを今でも覚えています。
このたび、立教ビジネスクリエーター塾では100回目の定例勉強会を迎えることになりました。
今までお送りしていた勉強会の案内がプロポーズだとすれば、
今回は100回目のプロポーズとなります。
節目であることから、RBCの過去を振り返る時間と、
未来をあなたと一緒に考える時間を用意しています。
過去を振り返る時間では、
都電荒川線を貸切にして、電車に乗りながら、
RBCの過去の勉強会に関するクイズ大会を行います。
未来を考える時間では、
シブヤ大学 学長の左京さんをお呼びして
学びの場をこれからどう作っていくかを
あなたと一緒に考えたいと思います。
武田鉄矢が「僕は死にません」というセリフを言ったように?
立教ビジネスクリエーター塾も今後も末永く活動していく所存ですが、
この節目の良き日に一緒にお祝いしながら、
今後の立教ビジネスクリエーター塾の未来予想図を
あなたと一緒に考えていきたいです。
どうぞよろしくお願いします。
RBCの勉強会への参加はまず会員登録から。
明日は吉村君です。
お楽しみに。
                              RBCスタッフ   大久保

オヤノコト

こんにちは。小沢です。
フリーペーパーの「オヤノコト」ご存知ですか?
前から気になっていたのですが、ついに手にとってみました。
ああ、こういうフリーペーパーがついに当たり前になってきたのだなぁと思います。
オヤノコト世代とは、高齢の親を持つ35歳?59歳の子供世代を示す造語だそうです。
内容はまさに、親のこと、です。
今月の内容は介護保険とお金についてのあれこれ。
オヤノコト世代から見ると一番気になることですね。
その他、親世代と子世代の価値観の違いなどもありました。
子供からみた親のことについての不安や想いから構成されている内容にしていきたいようです。
オヤノコト世代はこれまで我が子を育てるために消費をしてきました。
次は、親のことを考えて消費をし始めます。
ここで大きく違うのは、親の意思を尊重する割合が我が子よりも大きくなることでしょうか。
我が子のための消費なら、自分がリードして意思決定がしやすいですが、
親の事になると、親も大人ですから、ましてお金を親自身が出す場合もありますから、どういう風に意思決定していくかはデリケートになる気がしますし、親にもオヤノコト世代の人にも、スムーズに意思決定しやすいような売り方をしなければいけないのではと思います。
高齢者として扱われる親の気持ちと、色々不安を抱えるオヤノコト世代の気持ち。
双方の気持ちを考え、すり合わせていくことが、この消費にとって重要なのでしょう。
RBCへの無料会員登録はこちらから
明日は大久保さんです。

効率的なビジネス合コンやりませんか?

みなさん
こんにちは、なかしーです
今日はとても大事なお話をします。
みはさんは合コンって参加したことありますか?
私はモチロンあります。でも、3:3(4:4)の合コンは好きじゃありません。
なんでかというと、コスト対効果が低いからです。
・時間とお金の割りには、3人としか話せません。
・もし、お互いがタイプじゃなかったら残念です。
・3:3の場合は、個別(1:1)で会話がしづらいです。
・幹事との関係・しがらみが多少なりともあります。
などなど色々とあるのです。
(モチロン、合コンの目的や慣れ具合、人による誤差はありますが。)
なので、3:3とかよりも、10:10,15:15とか、50:50のように人数(というか幹事)が多いほうが実は良い訳です。
・同じ費用なら、人が多いほうが可能性が広がる。
・合わない人がいても気にせず次の塊へ。
・もはや全体掌握無理なので、個別トークがベースになります。
・幹事が複数いれば、しがらみ感は多少緩和されます。
といった風です。(あるいは、1:1の方がまだはるかにマシです。)
ということで、この理論を生かしたRBC主催の交流会(ビジネス合コン)を企画しております。
今度の100回記念定例勉強会の後の交流会に、お酒も交えながら、ちょっとした仕掛けも入れながら、会員の皆様同士でより繋がってもらえるような場を用意しております!
ビジネス・プライベート含めt、出会いの場に興味がある方は、是非ともお越しください!お待ちしておりますー。
■100回記念懇親パーティ
2012年9月8日(土) 15:30-18:30
会場:Fiction 渋谷区神宮前2-22-2 FICTION Bld.B2F
http://fiction.co.jp/
懇親会 4500円(1D付)  (13:30-15:30の定例勉強会も参加頂けます)
 ※2ドリンク以降はキャッシュオンデリバリー
お申込みはコチラ(7日までなら3500円!)
http://www.rikkyo.biz/100ent.html
RBCへの会員登録は今すぐこちらから
明日は小沢さんです。

繰り返しの美学

こんにちは。
スタッフの阪倉です。
最近よく思うことがあります。
それが「繰り返すことのむずかしさ」
同じことを続けてやる
これほど難しいことはないのでは
と最近よく思います。
それが自分のやりたいことである、
好きなことであるのはもちろんですが、
それを続けてこそ、結果に表れる。
そのことをよく感じます。
自分に厳しく、他人にやさしく。
そんな自分でありたいです。
無料会員登録はこちらから。
明日は中島さんです。

コーヒーは眠気覚ましにならない?!

こんばんは。
先週パーマをかけたら大失敗して、ただの髪の痛んだ人になってしまった堀川です。
さて、明日は金曜日ですね。
わたしのいる部署は、毎週金曜日の13時から15時までが会議なんですが、お昼を食べたあとでちょうどいい感じに眠くなってしまうので、以前は食後にス○バのコーヒーや、缶コーヒーを買って飲んだりして眠気対策をしてました。
ところが、眠気を押さえると思われているコーヒーが、場合によってはさらに眠気を強くしていることもあるのです。
私はこちらの新書を読んで、自分のしてることが逆効果だったことに初めて気がつきました。。。
http://www.amazon.co.jp/成功する人は缶コーヒーを飲まない-「すべてがうまく回りだす」黄金の食習慣-講談社プラスアルファ新書-姫野-友美/dp/4062727013/
ご飯を食べると人は一時的に血糖値が上がります。
それがある時点で下がり始めるのですが(約1〜2時間後)、この血糖値が下がり始めたときに眠気が襲ってきます。
血糖値を上げるのは糖分なので、多くの缶コーヒーに入っている砂糖の糖分が、これと同じ働きをしてしまい、かえって眠気を引き起こしているのです。
私はブラックだと胃が痛くなってしまうので、コーヒーを飲む時はほとんど砂糖が入ってるものを選んでました。
それだといくら眠気覚ましにコーヒーを飲んでも逆効果だったわけですね☆
現代ビジネスに、上記の新書の内容が分かりやすく解説されてますので、ご興味ある方は読んでみてはいかがでしょうか。
http://gendai.ismedia.jp/articles/print/16157/
RBCの勉強会への参加はまず会員登録から。
明日は阪倉さんです!

スカイマークとエアアジア・ジャパン

こんばんは、八須です。
今日は最近就航ラッシュのLCC(格安航空会社)のお話です。
沖縄にある会社がお客さんなので、よく飛行機で出張するのですが
先日往路をスカイマーク、復路をエアアジア・ジャパンで行ってきました。
料金は日によって変動が大きいので、それ以外の面での比較を書きますね。
スカイマークは何年か前に羽田-福岡間を飛んで以来2度めの搭乗、
エアアジア・ジャパンは成田-那覇便が就航したばかりでしたのでもちろん初めてです。
あと日本でLCCと言えばピーチ・アビエーションとジェットスターですが
この二社とエアアジア・ジャパンは機体が同じエアバスA320、
スカイマークだけがボーイング737という機体です。
機体の幅は、エアバスA320の方が微妙に広いらしいのですが
乗り心地はスカイマークの方がよかったです。エアアジア・ジャパンは
窮屈に感じました。窓際の席に座っていたのですが、壁がせりだしてくる感じで
圧迫感があったのが理由だと思います。できる限り通路側をおすすめします。
多分スカイマークでも同じだと思います。
予約ですが、スカイマークはなぜか2ヶ月前にならないとできません。
エアアジア・ジャパンはもっと前から予約できます。混む時期に取ろうと思うと
2ヶ月前からではちょっと不安ですね。そしてLCCはキャンセル料が高いので
他のところで予約したら、変えたくても変えられないという…スカイマークには
もうちょっと早くから予約できるようにしてほしいです。
機内・空港でのサービスは、両方大差なし。LCCは基本的に何もないので。
エアアジア・ジャパンは就航したばかりだからか、手続きに微妙に時間がかかりましたが
まあそんなものでしょう。マレーシアからスタートしているせいか、東南アジアか
インドっぽい人が空港スタッフとして仕事をしていました。実際の対応は
日本人でしたから、仕事を教えに来ていたのかもしれませんね。
別にサービスではありませんが、CAの印象は2社でかなり違いました。
スカイマークは(空港スタッフも)紺のポロシャツにチノパン?だったかな。
カジュアルです。そしてなぜか細身の人が多かった。
エアアジア・ジャパンは赤!強烈に赤。そして化粧が濃い。
濃い化粧は本国からの指導らしいです。
たまたま自分が乗った便に搭乗していたCAの方たち数人の印象ですが
自分としては断然スカイマークの方がよかったです。
なんかエアアジア・ジャパンは濃くて…。
ジェットスターの欠航数の多さが(悲鳴とともに)聞こえてきますが
エアアジア・ジャパンは保有機体数がさらに少なくたったの2機!
遅れたり欠航したら取り返しがつかない、という場合には
避けたほうがいいですね。スカイマークは25機あるのでかなり安心。
自分もエアアジア・ジャパンでの帰りが1時間以上遅れ
終電を逃して途中からタクシーで帰るはめになりました…。
なんだかんだ書きましたが、通常感じる最も大きな違いは東京での使用空港。
スカイマークは羽田、エアアジア・ジャパンは成田なので
行きやすさで選べばスカイマーク、少しでも安く、と思えば
エアアジア・ジャパンということになるのかなと思います。
あとは便数が全然違います。エアアジア・ジャパンは1日1往復、
スカイマークは1日4-5往復です。ジェットスターは3往復かな?
また他の会社の便に乗ったら感想を書こうと思います。
ピーチ・アビエーションは沖縄便がないので、ジェットスターですね。
明日は堀川さんです。

100回記念勉強会にみるall for oneの精神

こんにちは、樋口です。
9月8日に立教ビジネスクリエーター塾は、
100回目の定例勉強会を開催致します。
午前は都電荒川線ジャック、
午後は定例勉強会・記念プレゼンテーション・懇親パーティーと、
盛りだくさんな内容になっております。
このなかで私は特に、定例勉強会を楽しみにしています♪
講師は、シブヤ大学学長の左京泰明氏。
渋谷の街全体をキャンパスとして
コミュニティそのものを大学にしてしまうシブヤ大学。
次世代のリーダーとして取り上げられるビジネスクリエーターです。
彼のリーダーシップは、ラグビーから大きく学んだとのことです。
一般受験で入った、名門早稲田大学ラグビー部で主将になり、
2001年には清宮監督(現:ヤマハ発動機ジュビロ監督)のもと、
全日本大学選手権準優勝等、早稲田黄金期の礎をつくられました。
最近ラグビーの応援に注力しているということもありますが、
ラグビーに関わるかたであれば、
この実績の凄さを体感することができるでしょう・・・。
過去のインタビューにおいて、左京さんは、
ラグビーを通じて学ぶことができる点として
以下のポイントを掲げています。
 ・ 逃げずに向き合う。逃げると誰からも信用されない。
 ・ 危険を冒して足元にタックルに行けると信用される。
 ・ テクニックだけではできない。
 ・ 有言実行で仲間を創りだしていく。
 ・ 人が寄り集まって、組織で物事を作り上げる。
 ・ キャプテンとしてのバランス感覚が問われる。
行動指針としても心に響き渡るものがあります。
私たちスタッフにとってのRBCという存在。
ひとつひとつのアクションが全体のためになっているということ。
ますます思いを強くする場として、100回目の勉強会を
更に盛り上げていきたいと思います。
RBCの勉強会への参加はまず会員登録から。
明日は八須さんです。

『8年に一度』

こんにちは。のむらです。
今日は、いつものシリーズではありません。
RBCの話シリーズにします。
第100回定例勉強会が近づいて来ました。
同じ日の午前中に行われるRBC Liteでは、都電荒川線を一本貸切運行します。
その中で行うクイズのリハーサルを行いましたが、
なかなか良い内容だと思います。
※ネタバレはしません。。
よくよく考えると、次、同じような節目が来るのは8年後です。
皆さん、その時はいくつになるんでしょう。
とはいえ、節目というのは、
めでたいというか、お祝いというか、
そういう雰囲気を分かち合う機会でもあります。
しっかり勉強するのも良いですが、
一方で、なんだかめでたい、
という雰囲気から面白いものや新しいものが生まれる。
そんなこともよくあります。
その意味で、そうやってめでたいから集まる、
お祝いで集まる、
というのも、素晴らしいチャンスではないかと思います。
とういうことで、ぜひともお誘い合わせの上でお集まりください。
こちらから100回記念イベントの詳細・お申込をお願いします
ちなみに、8年続けてきた労をねぎらいたいという方は、
私に懇親会で一杯おごってください。笑
あ、冗談です。来て頂けるだけで嬉しいです。
RBCへの会員登録は今すぐこちらから
明日は樋口くんです。