スタッフブログ

ハコモノ×ショーのよくあるビジネスモデル

こんにちは。のむらです。
日々、色々なビジネスモデルを研究しているという性質上、
だいたい、一日に一個以上は、ビジネスモデルに関する話をしているような
気がします。
というわけで、今日も事例を取り上げてみます。
前回の話も、
いわゆるハコモノビジネスのお話でしたが、
今回も、ハコモノビジネスのお話です。
今回のお話は、ちょくちょく顔を出すバーのマスターに教えてもらいました。
いわゆる、ショーが見られるような箱ってけっこうありますね。
例えば、歌や演奏、ダンス等です。
ケースとして、歌い手さんが出てくるライブハウスというかそういう感じの飲み屋さん、
で話を進めていきます。
あるところに、そこそこ綺麗でそこそこ歌うのが得意なOLさんがいました。
ある日、飲み会の二次会で行ったカラオケに、
「音楽通」なるおじさまがおりまして、、、
「君、才能あるからプロになりなよー」
と言うではありませんか。
最初は「ホントかなー?」と思いながらも、
「今度、ここのお店で一曲歌ってみなよ」
と、言われるので、やってみることにしました。
とはいえ、あんまりアウェーな感じなのもキツいので、
会社の同期入社の仲間と、大学時代の仲間に声をかけて、
出演してみました。
実際に歌ってみると、まぁまぁ盛り上がりました。
とはいえ、お店はせいぜい30人くらいしか入りませんし、
自分の友達が全部で7人来ていたので、歌い終わったら、
久々に友達との飲み会です。
今度は、そのお店の店長が、
「君はいいねー、才能があるよ」
と言うではありませんか。
これだけ言われるということは、
もうちょっと本気でやったほうが良いんじゃないか?
と、
一緒にいた友達も、
「プロになるなら、今のうちにサインもらっとこうかなー」
とか湧いています。
それから数ヶ月。
彼女は、ボイストレーニングに通ったり、
プロが使用するような声の良くなるサプリメントを買ったりと、
プロみたいなことをするようになりました。
いつしか、OLでいることが負担になってきました。
考えた結果、OLを辞めて、歌一本でチャレンジしてみることにしました。
会社の上司も「一度きりの人生なんだから、がんばりなさい」と温かい言葉をくれました。
さて、彼女は会社を辞めて1ヶ月後、
いつしかのお店でデビューライブをやることにしました。
今度は、単独ライブです。
30人でいっぱいになるお店に、25人くらい彼女の友達や、
会社の先輩後輩が来ました。
あと、数名の「通」なおじさまがいて、お店は満員です。
数曲の歌の後は、
各テーブルを回って、乾杯を繰り返し、、、、、
けっこう飲んで酔っ払ってしまいました。
この手のお店に通っているおじさまには、
お褒めのコメントを頂きまして、
名刺も頂きました。
と、ここまでの流れというのが、お店のビジネスモデルなのですね。
どうやって成り立っているかというと、
デビューする新人歌手というのは、いくつかの役割があります。
まずは、お店のセールスマンです。
お店の席を埋めるために働きます。
また、追加オーダーで売上が増えるように、芸以外の接客も行います。
この後の話が悲しいオチになりがちなので、
デビューライブで話を終えましたが、
元々の知り合いだけでは、徐々に集客は落ちてきます。
そこで大事なのが、似たようなお店をウロウロしているお客様を
自分のお客にすることなのですが、
実は、
「このくらいのお店であれば、芸以外の接客もある」
ことを知っているおじさまたちだったりするのですね。
そういう人たちは、おそらくそう遠くないうちに
色んなことで困りそうな若い女性が出てくるのを待っているわけです。
ですから、お店にいったりするわけですね。
身も蓋も無い言い方をするならば、いわゆる恋活なのですね。
こういう人が一箇所に集まり、そこで水を売って儲けるという
水商売なわけです。
そのために、新人の発掘というのが常に行われておりまして、
「そこそこの」パフォーマーやアーティストさんが、
集客もやって芸+αでお客様の満足度を上げるというパターンになります。
お店を飲食業だと考えたら、
何を営業努力のポイントにすべきか?というのも違ってきそうなものですが、
新人の発掘に集中することで、それなりのビジネスが継続したりもするものです。
こうやってハコモノビジネスが成り立っている様子について、
詳しく教えて頂いたわけですが、
なかなか、うまいというか、まぁ、えげつないというか、
しかし、これはこれで仕組み化されているとも言えるなぁ、と
感心した次第です。
これは、もう少し抽象度を上げて考えてみると、
同じような構造のことが色々と起きているように思います。
役に立ったよ、という方、(役に立たなかったよ!という方も)
Facebookページにいいね!して頂けると嬉しいです
受付中イベント情報はこちら
まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。
会員登録は無料です。
明日は野中さんです。

【ハマる】時間をかけずに遊べるアプリ「ねこあつめ」


こんにちは、スタッフの大久保です。
今日は、時間をかけずに遊べるアプリ「ねこあつめ」をご紹介します。
http://hpmobile.jp/games/neko/
これは、アプリ内の庭にゴハンとグッズを置いて、しばらくするとネコが寄ってくるというアプリ。
グッズというのは、ボール・爪とぎ・コタツなどで、何を置くかで、集まってくるネコが変わります。
また、置くエサによっても、集まってくるネコが違い、ときどきレア猫が出てきます。
とてもよいのが、さきほども書いたとおり、「時間をかけずに遊べる」という点。
パズルゲームなどのアプリの場合は、たいていは時間が占有されてしまうもの。
それに比べて、このアプリは基本的にゴハンとグッズを置くだけで、あとは待てばいいだけなので、とても気軽に、隙間時間で遊べます。
ゴハンやグッズは、課金しなくても遊べるようになっていますが、課金することにより、早く良いグッズなどを買える仕組みとなっており、ゲームバランスが絶妙にできています。
アイテム課金で稼ぐアプリは数あれど、このようなアプリはあまり見たことがないため、紹介しました。ぜひ遊んでみてください。
面白かったよ、という方は、 Facebookページにいいね!もして頂けると嬉しいです
受付中イベント情報はこちら
まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。 会員登録は無料です。
明日は野村君です。お楽しみに!

あの佐賀の◯◯を3Dプリンターで作る!?

こんにちは、なかしーです
地元が佐賀県なので佐賀のニュースは色々と気になりますが、最近こんなの出ていました。
3Dプリンターで焼き物作りに成功 佐賀
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150326/k10010028751000.html
そういえばEasy企画でfabcafeに3Dプリンタを見学しに行ったこともありますが、プラスチックでかなりの高精度な造形が出来たり、チタンなど様々な金属も使えたりと、色々と面白い事になってます。
出身が佐賀という話をすると、結局佐賀には何が有るんだっけ?とよく尋ねられ、その度に
「有田焼?」「伊万里焼?」「唐津焼?」
と焼き物くらいしか挙げる物がなかったわけですが(まぁ最近は武雄市の図書館とかの取り組み系が増えてきたのですが。。)こういうハイテクなものが出てくると、歴史もあるし革新もあるという感じで、イケてる佐賀県!って気がしますね。
 
磁器といえば食器以外でも碍子なんかが有ると思うんですが、そういう方向性でも応用されるんですかねぇ。磁器は型で作るのが普通という事ならばそこそこのカタチのものはすでに作れるでしょうから、入れ子になったようなものとかで、新しい物性のものが出てくるとワクワクするなぁ。。
 
来年には使えるものにしたいとのことですので、佐賀の皆さんは期待しておきましょう。
 
ちなみに、陶器ではすでにイケてる人がいましたね。。。ここも。。磁器での取り組みはまた別次元なのでしょうね。頑張れ有田のみなさん!
(陶器と磁器の違いはこちら
 
 
 

ニュースの媒体でこんなに差がでる!?

こんにちは、スタッフの大岡です。
みなさんは日々の情報収集に何を使っていますか?
私は以下媒体を主に活用しています。
⁃    日経新聞
⁃    日経ビジネス
⁃    Smart News
⁃    グノシー
⁃    News Picks
⁃    Reuters
⁃    The Japan Times
⁃    クーリエ・ジャポン
これで十分かどうかは別として最近気になるのは
トップページに載せるNEWS内容の違いです。
3/27 1:30時点のSmart NewsとReutersを比較してみました。
❏SmartNews
⁃    国内関連 2本
⁃    政治関連 3本
⁃    国際関連 1本
⁃    ビジネス関連 1本
⁃    テクノロジー 1本
⁃    エンタメ 1本
計9本
❏REUTERS
⁃    経済関連 1本
⁃    国際関連 18本
⁃    ビジネス関連 1本
SmartNewsは比較的バランスよく並べている一方、
国際関連のNEWSは非常に限定的です。
一方のREUTERSはサウジアラビアのイエメンへの軍事介入、
Germanwingsの墜落事故関連のNEWSが多く占めています。
掲載するNEWSの違いは想定している読者の違いでしょうが、
世界で注目されているNEWSが何かという点ではREUTERSが力を発揮します。
自分にとってどんな情報が必要で、そのためにはどんなツールに
アクセスすれば良いのか、今一度考えてみても良いかもしれませんね。
 
役に立ったよという方(役に立たなかったよ!という方も)
Facebookページにいいね!して頂けると嬉しいです
受付中イベント情報はこちら
まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。
会員登録は無料です!
 
 

出戻り歓迎?!大手企業の新たな取り組み

皆様おはようございます!
スタッフの小林恵です。こばめぐと呼んで下さい(^^)
 
大学を卒業して、就職をして、そのまま同じ会社でずっと働き続ける…
という構図が、もうだいぶ前から崩れてきているわけですが、
様々な理由でキャリア変更をした為に、いわゆる王道コースを
外れた感に押しつぶされそうになっている方を見かけたりします。
 
そんな中、新たなチャレンジを後押しするきっかけとなりそうな情報をキャッチ☆
NTT西日本さんが再雇用制度を導入とのことで、注目されているようです。
産経新聞さんの記事
起業したり、ベンチャー企業へ転職した経験を活かして欲しいとのこと。
この試みが、社員の動きにどう影響するのか?注目したいところです。
 
最近、電車内で東京海上日動さんの広告フレーズが気になっていて、
NTT西日本さんのこの記事を読んだときに、ふと思い出しました。
「失敗をこわがる社会。何度でも挑戦できる社会。」
東京海上日動企業広告
 
我々ビジネスクリエーターズの会員の皆様と共に…
何度でも挑戦できる社会を目指したいですね♪
 
役に立ったよという方(役に立たなかったよ!という方も)
Facebookページにいいね!して頂けると嬉しいです
受付中イベント情報はこちら
まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。
会員登録は無料です!
明日は大岡さんです。

人と柔らかく接しながら力仕事を行なう高機能ロボット

おはようございます、BCスタッフの平田です。
理研から新しい介護ロボットが紹介されました。

人型ロボットって結局使い道がなく廃れるんじゃないかと思う反面、
どういう進化が起こるのか楽しみでもあり、
こういうロボットが喋れるようになって病院でも見られる日が来るといいですね。
ではでは。
役に立ったよ、という方、(役に立たなかったよ!という方も)
Facebookページにいいね!して頂けると嬉しいです
受付中イベント情報はこちら
まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。
会員登録は無料です。
明日はこばめぐです。

『さらば渋滞』スーパー◯ンもビックリ!空飛ぶ自動車参上!!

こんにちは。
松葉佐です!
知る人ぞ知る、話題の車こと
北欧のスロバキアにて開発が進められていた「AeroMobil」が公開されました!
この車の特徴は、何と言っても飛行機の様に空を飛ぶことです!

飛行距離は700kkmで東京~岡山までひとっ飛びできる距離です。
燃料は特殊な燃料ではなく、レギュラーガソリンで通常の走行のみならず、飛行もできます。
販売時期は2017年を目処に開発を進めているようです。
ネックとしては、離陸時の速度に130kと、離着陸の滑走路がを必要になります。
流石に一般公道は無理みたいですね…
また販売価格は未定ですが数千万円に及ぶとのこと。
ただフェラーリやマセラティの様な高級車では、空は飛べないので、個人的に同じ数千万円
をかけるのならば、AeroMobilの方が乗る楽しみが感じられそうですね♪
あと、普通自動車運転免許で飛行操縦もできるのかが最大の心配事気です(笑)
役に立ったよ、という方、(役に立たなかったよ!という方も)
Facebookページにいいね!して頂けると嬉しいです
受付中イベント情報はこちら
まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。
会員登録は無料です。
明日は平田さんです。
 

倒れてみて分かった植物型のビジネスにあるちょっとの差とは?

こんにちは。のむらです。
日々、色々なビジネスモデルを研究しているという性質上、
だいたい、一日に一個以上は、ビジネスモデルに関する話をしているような
気がします。
というわけで、今日も事例を取り上げてみます。
昨晩の話なのですが、生まれて初めて、目眩を起こして倒れました。
ちょくちょく立ち寄るバーで少し飲んでから、
帰ろうとして立ち上がったら、どうも様子がおかしい。
顔色が良くないのに気づいたマスターがカバンを持って見送ろうとしたら、
お店のドアのあたりで、倒れてしまいました。
で、倒れると、マスターが顔を覗きこんでいて、
「おい!大丈夫か!?」
と、私に話しかけています。
で、なんだか頭から冷や汗が噴き出しています。
それから、
ゆっくり呼吸をして、椅子に座って、水をもらって少し休みました。
こういう経験が無かったので、びっくりしましたが、
「たぶん、中学校の頃とかに朝礼で倒れるコってこんな感覚だったんだー」
と、妙な納得感がありましたが、、、
おそらく、原因は、脱水と酸欠と疲労かなーと。
そんなことを考えながら
休んでいると、マスターが、
「煙草5本くれよ」
と言ったりしながら(笑)
200円を渡しました。
しばらくして落ち着いて来たので、
常連さんにもお騒がせしたことを詫びつつ、
お店を出ました。
で、「ちょっと水でも飲んだほうが良いか」
と思ったら、うまい具合に小銭が手元にありまして、
自販機で水を買いました。
というのも、マスターが200円をくれたからですね。
こちらに気を遣わせないような気遣いというのに
後から気付くわけですが、
よくよく考えると、バーのような業態の場合、
リターゲティング広告のように、
お客様を追いかけるのはなかなか難しいです。
植物の如く、そこにあるわけでして、
そこに来て頂くことで商売になります。
昨晩立ち寄った場所も、バーの多いエリアでして、
他にも色々なお店があります。
それこそ、昨晩は、マスターに「このお店をどうしていきたいか?」
という話を聞いたところでして、
近くにお客さんのよく入るバーがあるのも知ってるわけですね。
そことの違いもご自身で分析していらっしゃいます。
人が立ち寄る場になって、全てが始まります。
そういう時には、新規で入りたくなるという気遣いもさることながら、
一度来た人がまた来たくなるような気遣いも大事ですね。
また、そういうことが、植物型のビジネスでは時間とともに効いてきます。
飲食店やアミューズメント施設となると、かなり植物型な業態ですが、
完全にそうではない、自分たちでお客様のところに赴けるビジネスだとしても、
小さな気遣いというのは、時間とともに効いてくることがけっこうありますね。
そして、そういう小さな気遣いを積み重ねることで、
結果を出したお話が、
今月のビジネスクリエーターズLiveだったりします。
是非、お見逃しなく!
役に立ったよ、という方、(役に立たなかったよ!という方も)
Facebookページにいいね!して頂けると嬉しいです
受付中イベント情報はこちら
まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。
会員登録は無料です。
明日は松葉佐くんです。

【便利】プログラミング言語SwiftをiPhoneで学習できる『Swifty』


こんにちは、スタッフの大久保です。
今日は、Swiftyというアプリをご紹介します。
背景として、2014年夏にAppleが「iOSとMacの開発ができる新しいプログラミング言語」としてSwiftという言語を発表しました。
このSwiftは、従来のObjective-Cよりもコード作成が容易であるという利点があります。
AppleもSwiftを普及させるために、無料のテキストをiBooks経由で配布していますが、やはり初心者には難しいもの。
それに対して、このSwiftyはiPhoneでイチからコーディングの勉強ができるため、初心者にもわかりやすい作りとなっています。
これからSwiftを勉強したいという方は、試しに利用されてみてはいかがでしょうか?
面白かったよ、という方は、 Facebookページにいいね!もして頂けると嬉しいです
受付中イベント情報はこちら
まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。 会員登録は無料です。
明日は野村君です。お楽しみに!

ImageJ

こんにちは、なかしーです。
もう何年も前に大学の卒研の時に、実験結果の画像をFFTにかけて定量評価を行う手法を取っていました。
多分ツールはImageJを使っていたんだと思います。
最近ふと、当時おもいついていたこのFFT画像の応用について思い出しました。中身は言えないんですが、これが当たったら嬉しいな。。
実現するには多々課題がありそうだから、やるにしてもちょっと開発が結構大変。。画像処理に詳しい人がスタッフ希望で入ってこないかな。。。(笑
 
 
では。