スタッフブログ

演奏会!って言ったってやっぱり演奏だけじゃない。。。

こんばんは。
立教ビジネスクリエーター塾スタッフの庄司です。
気づけばもう8月・・早いですね。
先日も宣伝させていただいたのですが、明後日4日は私が所属している「かもめ吹奏楽団」の定期演奏会。
定期演奏会といっても、やっぱり演奏の練習だけやっていればいいというわけではなくて、
何百人とお客さんを集めるからには色々な「準備」があります。
ステージマネージャーさんを筆頭に、
受付さん、司会さん、照明さん、スポットさん、録音さん、ビデオさん、託児係さん・・・
本当に多くスタフの方の助けがあってこそ成り立つものですよね。
私は『演出係』なので、まさに「どんな演奏会にするか」を考える係です。
これは面白いですよ?
うちの楽団の演奏会は第1部がクラシカルな曲を中心に「マジメ」な演奏、
2部はポップスを中心に「はっちゃけた?」演奏をします。
私は主に、この「はっちゃけ」部分担当なわけで、どうやったら吹奏楽になじみのないお客さんも楽しんでくれるかしら、と頭をひねっているわけです。
ちなみに、今年のテーマは『旅』。
各国・地域をイメージさせる曲を演奏しながら、世界中をまわりましょう?!という企画です。
ありがちといえばありがちな企画かもしれませんが、
今回なんとしても実現させたかったのか、
ハワイ訪問=ハワイアンソングの演奏=フラダンスとの共演 です。
実は約1年前から企んでました。
約1年前、あるイベントで演奏をしたとき、私たちの後がフラダンスの団体のステージだったんですよ。
そちらの団体もアマチュアの団体ではありますが、観客も一緒になって踊ったのが楽しくて楽しくて、これは絶対、吹奏楽とコラボレーションしたら楽しくなる!!と思っちゃったわけです。
そんなこんなで、演出係の権力を使って?!
団内に意見を出して団長や代表の了承をもらい、フラダンスの団体に出演交渉。
めでたく、明後日の演奏会では、コラボレーションが実現することとなりました!!!
アマチュアの吹奏楽団の演奏会で他団体(しかも音楽関係意外)でコラボレーションしてるのって結構珍しいんじゃないかしら?!と思って、個人的には楽しみで仕方ありません。
演出のコンセプトを考えた後は、それを「伝える」という作業がありますね。
まずは団員。
立ったり座ったり、楽器を上げたり下げたりのアクションをする箇所を考えてみんなに伝えます。
それから、照明・スポット。
舞台照明を何色にするのか、曲のイメージに合わせて照明の調整をお願いします。
ソリストがいる場合にはスポットライトがあたるよう、タイミングや位置の確認をします。
そして、毎年一番あたまを悩ませるのが司会原稿。
普段原稿なんて書きなれてない&私自身は法律屋さんなので、どうしても固い文章になってしまうんですよね。
今回の2部のテーマは「旅」。
司会者は、単なる司会者ではなくて「旅の案内人」にならなくちゃいけないんです。
聞いていてすんなり入ってくるようなきれいな日本語でお客さんに物語を伝える・・・・これが難しい!!
私の貧相な日本語能力をうらみます(苦笑)
というわけで、本番まであと少し!!演奏の方もがんばらなくちゃ。
次は友部くんです!!
RBCの会員登録は「コチラ」から♪

情報

こんにちはっ
学生スタッフの名倉です。。。
僕は先週から日経新聞でアルバイトを始めました!
やはり日経新聞で働くのだから情報が集中する部署がよかったんですが、
配属先は決められなかったのです、

なんと配属先は編集局の整理部という場所に配属されました!
この部署はなにが魅力かというと新聞の種類がそろっているということはもちろん、
ファックスで生の情報がバンバン送られてきたりして、
新鮮な情報が腐るほどある部署なのです!
しかも、整理部ということで他の部署にも頻繁に足を運ぶので、、、
もうメモ帳が手放せません!
もちろんインサイダーなどの理由でいい情報があったとしても人には話せません。
でもその情報をもとに世の中がどう動くのかの勉強になると思います。
これだけではただのバイト報告なので、僕が気づいた点をひとつ。
情報というのは時間が命ということです。
もちろん頭ではわかっていたのですが、
情報をどんどん削って、いらないものは捨てていく
こういった光景を見ていると、質よりも速さを意識している気がします。
もちろん質も大事ですが、この情報社会の世の中、
速い者でありたいです。
〇次は庄司さんです〇
こんな未熟な僕ですが、応援していただける方は
会員登録をお願いします☆

『他人の目線』

こんにちは。のむらです。
「自分らしさ」と「他人の目線や評価」というのが、
時として相反するものとして捉えられがちですが、
それについて考えさせられることがありました。
余談ですが、今から数年前(!?)
高校時代に、「倫理」という教科がありました。
その授業の中で、
「アイデンティティが確立した状態」をどう定義するか?
という話が出てきた記憶があります。
細かいことは忘れましたが、
「私はこうである。」という主観的な思いと
周囲からの「あなたはこうである。」という評価とが
一致している状態。
と教わった気がします。
さて、本題です。
歌手の河村隆一さんという方がいますが、
あの方のモノマネと言えば、
「裏返りまくる声」
が特徴的です。
ところが、面白いことに、
初期の河村さんは殆ど声が裏返っていません。
【動画?】
初期の様子
ある時期から、若干その特徴が出てきました。
そのあたりの特徴を拾って、モノマネをする人が
かなり特徴的に歌ったのは容易に想像がつきます。
【動画?】
?から3年後
で、さらに、比較的最近の歌い方を見ると、
「あれれ!?」と(笑)
むしろ、ご本人の方がモノマネバージョン寄りになっています。
【動画?】
比較的最近(小林明子さんのカバー)
で、好き嫌いとか良い悪いは置いておいて、
初期の歌い方と比較的最近の歌い方とを比べてみると、
明らかに「河村隆一さんらしさ」が強くなっていったと考えられます。
初期の歌い方だと、そんなに特徴的とは言えません。
これは、
■自分が他人にどう見られているか?
■自分が他人からどう評価されているか?
によって、
自分の方が変化していった結果なのではないでしょうか?
そう考えると、
「自分らしさ」を考える上で、
「自分が他人にどう映るか?」は
重要な問題だと思います。
ということで、
他人から貼られるレッテルも、蔑ろにはできません。
自分自身をどうプレゼンテーションし、他人の評価をどう受け入れるか、
よくよく考える価値のあるテーマだと思います。
?「価値創造型人財」と評価される第一歩は、RBCに登録することから?
明日は、名倉くんです。

To DoリストvsDid Doリスト

こんばんわ、吉村です。
この頃、職場でパラレルに進行する業務タスクを
振り与えられるようになりました。
今までは時間軸で進行するシングル・タスクが多かったのですが、
うちの会社はマトリクス組織なため、これからは色んな部署と
コミュニケーションを取り、横断的に仕事をしなければいけません。
そんな時に役に立つのが「DID DO リスト」です。
(先輩から教わりました・・・内緒ですよ?w)
え?「To Doリスト」じゃないかって?
いえいえ、これが違うんです!
何が違うって?
まず、「TO DO リスト」は
当日もしくは一週間の大まかな予定をタスクに振分け、
ビジュアル化により、どの業務を優先的に着手するかなどの
意思決定に用いられるツールです。
たとえば「?部署のAさんに?について連絡」や
「?に向けてのプレゼン資料作成」などをリスト化し、
これにより、今現在どのぐらいのワーク・ボリュームがあり、
何を先にやるかを決定することが出来ますね。
しかぁし!!ここに大きな落とし穴があります!!
さてなんでしょう?
実はTODOリストの挙げられている予定はあくまで予定であり、
その予定を実行した後の結果・・・
つまりDOした後のフィードバックがありません!!
先ほど例に挙げた
「?部署のAさんに?について連絡」について
         ↓
連絡した後、次はどのようなアクションを取るのか?
(Bさんに連絡?お客様と打ち合わせ?レビュー会議?・・・etc)
「?に向けてのプレゼン資料作成」について
         ↓
(進捗状況は?どのようなイシューが発生しているのか?自分で解決できるのか?・・・・etc)
などの情報が含まれていません。
これらの問題を解決するのが、「DID DO リスト」です。
つまり、実際やったことのリストです。
実際にやった事をリスト化することにより、
自分が抱えているタスクの進捗状況を確認することが出来、
次に何をDOしなければいけないのかもわかるわけです。
なにより、今日一日に達成したことを視覚化できるので、
充実感も味わえます☆
そして、達成したことが思ったより多かったか少なかったか
を一日の最後に知ることにより、
自分の仕事見積もり能力を養うことも出来ます。
(一種の仮説思考ですね)
一番BESTな方法は
TO DOリスト(予定)⇒DID DO リスト(反省)
⇒TO DOリスト(戦略・予定)⇒DID DO リスト・・・・
とPDCAサイクルではないですが、
自分のワークロードをコントロールすることが出来ます。
そして、パラレルで仕事をしている時にも、
このツールは大いにに力を発揮すると思います!
仕事終えた後、早く家についてリフレッシュする気持ちを
ほんの少し我慢して、試してみてはいかがでしょうか?
思わぬ生産性の向上が図れるかもしれません♪
(私自身が今実験中ですw)
仕事もガンガンこなす優秀なビジネス・クリエーターになりたい方は
まず、会員登録をお願いします。
次は野村さんです!お楽しみ!

Black Berry

先日、「ワイヤレスジャパン2007」という展示会に行ってきた。
その中で、ひときわ目立っていたのが、
ドコモブースで展示されていた「Black Berry」だった。
すでに欧米で普及しているものが
ついに日本上陸!となれば、自然と注目されるだろう。
ほかにも同じようなスマートフォンはいくつもあるだろうに、
Black Berryは何がそんなにスゴイのか担当者に聞いてみたところ、
「セキュリティとコストパフォーマンス」とのこと。
法人ユーザーにはたまらないのかもしれない。
ただ、こういうものを見るにつけ、
これを導入すれば、ビジネスの成果につながるように思うが、
単なるツールに過ぎないというのは過言だろうか?
結局は、ビジネススキルを磨かないと、
いくらユビキタスでいつでもどこでもメールが受信できたりしても
あまり意味をなさないのではないか。
PCでも何でも同じことが言える。
立教ビジネスクリエーター塾は
ビジネスマインドをはじめ、ビジネススキルを磨く場でありたい。
★Black Berryを使う前にビジネスマインド・スキルを学びたい方はコチラ
次は村上君です。
お楽しみに☆

コンシェルジュ?渋谷西武に想う?

こんにちは。満木です。
最近過去の仕事をふりかえる機会があり、
5年位前にちょっとお手伝いさせていただいた渋谷の西武百貨店の
お買い物コンシェルジュ、て今どうなってるんだろう?と思い出し検索してみました。
お買い物コンシェルジュというのは、お店の枠を越え、館内横断で
ニーズにあわせてオススメをしてくれるプロのショッピングアドバイザーさんのことです。
当時としては新しい面白い試みでどうなっていくんだろうと思っていましたが、
健在のようです。
HPを見ていてびっくりしたのが、ナントカコンシェルジュ、
ナントカアドバイザーの種類の多さです。
こんなにいっぱいいるんですねー。
わたしのコンプレックスの筆頭にオタク力の無さ、があります。
何かについて網羅的にそして情熱的に語れる、てすごいな、て憧れるんですが
なかなかそうなれる対象がなくてまだ探し中なんです。
そうそう。何か困ったり、探したいものがあったときってどうしますか?
わたしはたいがいの場合電話かメールをします。
美味しいお店のことならこの人、美容のことならこの人、というふうに
マイコンシェルジュをいっぱい抱えているので(もちろん無給。笑)
ネットや雑誌で調べることもありますが、信頼できる友人に聞いたほうが早いし確実ですからね。
ああ、わたしも何かのコンシェルジュになって頼られたい?。
求む。コンシェルジュのコンシェルジュ!
新しい情報や知識を求めている方はまず
会員登録をお願いします☆

On&Offという概念

こんばんは、樋口です。
先日、RBC第38回勉強会に参加して感じたこと。
起業していらっしゃる方は【オンオフ切換】という意識が希薄なようです。
会社勤めの人間にとっては以下のような感覚が一般的です。
 ?オン(ウィークデー) →仕事→いやなもの
 ?オフ(ウィークエンド) →遊び→楽しいもの
ところが起業・成功していらっしゃる方は、
?が楽しいものとして認識されているため、
寝ても覚めても仕事のことを考えてしまうようです。
新しい感覚でした。
悪く言えばメリハリがないということなのでしょうが、
ライフワークとして好きなことを徹底的にやる、
その先に夢があるってのは素晴らしいことではないでしょうか。
京セラの稲盛会長の発言にもありましたが、
会社人にとっても仕事が楽しいものになっちゃえばこっちのものだということですね。
仕事が負荷でなくなれば、
残り5日間分が楽しめることになります。
そのためには徹底した好奇心を持つこと、
アンテナを研ぎ澄ますことが必要ですねぇ。
————————————-
アンテナを研ぎ澄ます第一歩はRBCへの参加。
是非会員登録をお願いします。
————————————-
次は満木さん、お願いします。

WOMOW通信1 ガンダムとトランスフォーマー

こんにちは、友部です。
最近、WOM(クチコミ)マーケティングとかCRMとか
(2つにはつながりがあるんですよ)を学んでいます。 
最近話題になったネタ、これから話題になりそうなネタを
ぽろぽろ紹介したいと思います。
(いつになったら「マレーシア」は再開するのか<<<)
—–本日のテーマ———————–
/////////////////////ロボットが熱い!////
—————————————
最近ロボットが熱いです。
「ガンダム」と「トランスフォーマー」です。
機動戦士ガンダム 戦場の絆(アーケードゲーム)
最近のゲームセンターでは、これが流行っているそうです。
ガンダムのコックピットに座ったような気分でゲームができるという、
ガンダム好きには夢のようなゲームです。
私はまだ搭乗してません。やると絶対テンションあがります。
最大8人同時プレイのチーム戦が可能なんですが、
ハマル人はハマリすぎて、
土曜の夜にわざわざ集合して、プレイするチームもいるそうです。
最初は1人だったはずの人達が、プレイをしているうちに仲良くなり、
戦線を組むまでになるという、新しいコミュニティ形態ですね。
トランスフォーマー(transformer)
今度、映画が公開されるやつです。
オンラインゲームがあります。登録がやや面倒くさいですが。
<遊びかた ※説明、かなり長いです>
※リンクがうまく進まない方は、ブラウザをFireFoxにしたり、ポップアップブロックを一時解除してみてください。
不親切ですいません。
1)まず、レジストレーションでIDとPWを登録してください。
2)中央下のオレンジ色のボタン
「Register for Prizes」または「Play without Registering」ボタンを
選んでください。(前者はプレゼント抽選付きのレジストレーションです)
→抽選終わってるかも。
3)Eメールや必要な個人情報を入力しおわったら、レジストレーション完了
(自分で決めたIDとPWは覚えておいてくださいね。)
「2001年生まれ」とかにすると、こどもと判断され受け付けてもらえません。
4)TOPページに戻って、左下の登録ボックスからログインしてください。
5)ログインすると、次のページに入ります。
左上のトランスフォーマーが出ているボックスの
オレンジ色のボタン「CHANGE BOT」を押してください。
6)すると、このページに入れたと思います。
ここで、あなた自身のトランスフォーマーを選びます。
下に並んでいる、シボレー車種の中から好きな車を
マウスオーバーしてみてください。
その車がどんなトランスフォーマーに変身するのかが、
デモされます。
7) マウスオーバーとともに左に出てくるボックスが、
このトランスフォーマーの能力ゲージです。
最初はあまり強くないですが、経験値をつむとどんどん
このゲージがUPします。
自分の車種を選び終わったら、そのボックスの下の
「Select Bot」ボタンを押します。
8)これでやっとバトルの準備一歩手前です。
右上の「BATTLE INBOX」というボックスがありますよね。
そこの「Challenge Arena」というボタンを押します。
9)すると、このページに飛んだとおもいます。
ここからは対戦相手を選ぶ段階です。
ただし相手がオンラインではない場合、
かなり対戦まで待たされますので、
結果的には友人知人と一緒に登録したほうがいいです。
(そのときは、”ENTER FRIEND’S EMAIL ADDRESS” 
に友人のメルアドをいれて”submit”ボタンを押し、
レジストレーションを促しましょう)
10)このリストの中から好きな相手を選んで、左端にある「Challenge」ボタ
   ンを押します。これで対戦相手がきまります。
11)ここからが「技」の指示です。「Move1」から「Move5」まで順番に
「武器(Weapon)」と「攻撃する場所(Location)」を選んでいきます。
最後に「Send Challenge」ボタンを押すと、
自動でバトルがはじまります。
経験値をためて、どんどん強くして、
世界最強のトランスフォーマーを育ててみてください。
リアルトランスフォーマー?
そんなあなたも強者の社会人へトランスフォーム

からだスキャン!

こんばんは。
立教ビジネスクリエーター塾スタッフの庄司です。
夏が近づいてくると(というかも夏か?!)、どうも頭にちらつくのが
「ダイエット」 の文字。 
RBCのスタッフには「ダイエットしたことがないんです」という羨ましい人もいますが、
私は・・・今まで何度も「ダイエット」を決意し、くじけてきた人です(苦笑)
そんな私ですが・・・最近のおススメは、毎日の「からだスキャン」!!
私が使っているのは、体重だけではなく、体脂肪率、BMI、体年齢、内臓脂肪レベル、基礎代謝、
部位ごと(全体、腕、脚、体幹)の体脂肪率なんかもわかります。
年齢、身長などを事前に登録するので、平均と比べて自分がどうなのか、というのもわかって、
意外とおもしろいんです。(その分ショックも受けますが・・・)
飽きっぽい私ですが、この「からだスキャン!」は、今年1月から毎日続けて記録をつけています。
もちろん、毎日体重計にのるだけで急激に体重が減るわけではありませんが、
少なくとも”自分の現状”を毎日『意識』するので、急激に増えることもありません。
運動してダイエットは無理!と思っている人(→私か。。)には、第一歩としておススメです♪
次は友部くんです!
☆夏休み、あなたもビジネスクリエーターに生まれかわるチャンスです!まずは会員登録を☆

『誕生日』

こんにちは。のむらです。
私事も私事なんですが、今日は誕生日です。
有縁の方にお誕生日のメッセージを送る際には、
いつも決まって、「親孝行の勧め」をしています。
なぜか?
誕生日というのは、「自分が人間としてこの世に生まれた日」
という意味では喜ばしい日でもありますが、
母親にしてみれば、「最もお腹を痛めた日」に他なりません。
ですから、そういうことを考えたら、
「親孝行を心にかける日」
として、良いきっかけだと思います。
(あ、別に他の日は親不孝でも良いという話ではないですが)
思えば、私自身は「自分の好きなように生きる」
ということに関しては、かなり頑固でしたので、
母親のみならず、父親にも心配をかけたり苦労をかけたり、、、
と色々なことが思い返されます。
じゃあ、どんなかたちでご恩返しするか?
と考えると、何だか杓子定規的な答えが浮かんでも、
そういったものはすぐに消えてしまいます。
よく、キャリアを考えよう系の本などに出てくる、
「やりたいこと・できること・やるべきこと、の重なる点」
という話があります。
親孝行もそういう視点で考えてみると、自分らしい方法が
あるんじゃないかと思っています。
ただし、時間は無限ではありませんので、急ぎたいと思います。
ということで、私は「誕生日といったら親孝行」というメッセージを
送りますので、受け取った方は、初めて聞いたフリをしてください(笑)
明日は、名倉くんです。
☆あなたの「ビジネスクリエーターとしての誕生」は、RBCへの会員登録から始まります☆