スタッフブログ

強い店舗と場力(ばぢから)

こんにちは。小沢です。
日経インサイトの記事に「強い店舗の秘密を場力で解明」というのがありました。
ここでいう場力(ばぢから)は
・来店意向
・購入・利用意向
・時間消費プレミアム(そこで過ごす時間が特別か)
・他人推奨意向
の4つを総合したものです。
(調査対象者はその店舗に行ったことがある人も無い人も含めて26万人に調査。)
結果として場力上位3位には
・モスバーガー
・ザ・ダイソー
・スターバックスコーヒー
などの店舗がランキングしています。
いつも思うのですが、なんで日本人はスターバックスがあれほど好きなのでしょうかね。
非常に行列をしていても、どんどん人が並んでいく。
コーヒーひとつ買うのにあれほど並ぶ価値を全くもって見出せない私には不思議でたまりません。笑
が、このような場力ランキングにもしっかりとスタバの支持率はあらわれていますね。
ただし、その店舗に行ったことがある人だけにしぼって、場力ランキングをつけると、
・コストコ(全体では19位)
・IKEA(全体では5位)
・L'OCCITANE(全体では86位)
と順位も変わってきます。
このようなお店へ高評価をつける人々は、
売り場での商品の揃え方の楽しさや
店舗・施設での世界観が感じられるかどうか
などを重視しているようです。
たしかに、コストコもIKEAも行くとそこでしか味わえない世界観があったり、選ぶ楽しさがあったり、わくわくしますよね。
行ってみるとその場力にハマってリピートしたくなる店舗ということなのでしょう。
こういった店舗の店作りからは学べるものが多そうですね。
明日は大久保さんです。

アナタのビジネスタイプが登録不要&無料で診断できる:ビジネスクリエータータイプ

なかしーです
むかーしむかし、その昔、(というほど昔じゃないんですが)、弊社が立教ビジネスクリエーターだった時代にリリースされた、「ビジネスクリエータータイプ診断」というエクセルツールがありました。
時代は移りゆくもので、現在では何と、WEBだけで簡単に診断が出来てしまうようになっているのです!!
ま、イマドキ当たり前ですが(笑)
とはいえ、やっと我々もそれっぽいツールがリリース出来ていますので、是非お試しあれ!
ビジネスクリエーター診断
ビジネスクリエーターな人への限定情報が満載のメーリングリストへの登録は↓からどうぞ!
 

 
明日は小沢さんです
 

1個1000円のハンバーガー

こんにちは。
スタッフの阪倉です。
 
マクドナルドで1個1000円のハンバーガーが販売されています。
 
「クォーターパウンダージュエリー」と題された、クォーターパウンダー
(1/4ポンド、通常の約2.5倍のビーフパティ)を使った3つのハンバーガーで、
価格はなんと1000円(ポテトM、ドリンクMのセットなら1200円)!!
 
2013年7月6日(土曜日)、13日(土曜日)、20日(土曜日)に
それぞれ1種類ずつ、各30万個限定で販売するとのことです。
 
マックの限定戦略!というのは分かっていますが、
うまいキャンペーンですね
 
「これは客単価を上げる戦略でもメディア戦略でもない。
マクドナルドだからこそできることをお客様に体験していただくキャンペーン」と、
同社の原田泳幸会長兼社長兼CEOは話しています。
 
商品にメッセ―ジ性を着け、ブランドの評価を向上させるのはさすがです!
 
皆さんも食べた際にはぜひ感想を聞かせてください!!
 
新規会員登録は今すぐこちらから
明日は中島さんです。
Follow @rbc_staff

銭湯とマンゴーかき氷

こんばんは。八須です。
今日は元スタッフの村上さんと、会員の田村さんが主催のマンゴーかき氷を食べる会に行ってきました。
暑い中銭湯に入り、涼みつつかき氷を食べる…ぜいたくでした。
マンゴーかき氷は台湾でよく食べられているスイーツです。
村上さんは台湾が大好きで、胖胖旅行社というブログもやっています。
料理の紹介というのも素敵な国際交流ですね♪
おみやげに余ったマンゴーを一個もらったので、まだ食べられると思うとシアワセです(笑)
明日は阪倉さんです。

目指せ、彫刻

こんばんは、樋口です。
真夏日が続いていますね。
だるい・暑いと言っていても始まらないので、
思い切ってチャレンジをしてみることにしました。
私の会社では、7月から9月までは始業時間が前倒しになるということもあり、
仕事のやりかた、私生活の向き合いかた等をゼロベースで見直すことになっています。
ムダを省いたりムリをしないのはもちろんのこと、
時間の大切さや整理整頓といった要素を考え直しています。
仕事についてはもちろんのこと、よい機会なので
生活を彩る要素についても一斉に見直しをかけることにしました。
・・・ということで、こっそり目標を掲げて、
チャレンジしていることがあります。
彫刻のようなカラダを目指したトリートメントとトレーニング。
コツコツ積み上げて、成果を勝ち取りたいと思います。
そういえば2年前、この夏の期間に、
朝食を毎日Facebookにアップすることを思いつき、
1年前からは名言集をアップするようになったり、
メールマガジンを配信したりするようになりました。
夏は自分を変化させるよい機会。
そう考え直してリフレームしていきたいと思います。
いまの生活を更に変化させたいかた、
来週土曜日のご予定は空いていますか?
ビジネスクリエーターズLive、まだ残席あります!
詳細は、こちらからどうぞ!
ビジネスクリエーターズ会員登録は、こちらから。
明日は、八須さんです。

『企画系の会議をうまくやる方法(1/2)』

こんにちは。のむらです。
先日、いわゆる企画系の会議に出てみて、
この手の会議をうまくやるには
大きく2つのことが重要だと思いました。
それを書いておきたいと思います。
2つのことというのは、
1.基本動作編:情報収集
2.スキル編:アイディア発想
です。
そもそも、企画系の会議というのはどんなものかというと、
会議の時間を通して、より良いアイディアを出し、
そのアイディアを実行する方法を合意し、実行に繋げる、
という会議です。
どんな仕事でも、カタチにするためには、
それなりの時間と労力がかかるものです。
しかし、そもそものアイディアが良くなければ、
実行段階でどれだけ苦労しようが、
それによってもたらされる成果はあまり大きいとは言えません。
例えば、銀座4丁目の交差点のど真ん中に穴を掘るとなると、
それはとても苦労の多い作業です。
もし、作業のたいへんさだけを問題にするならば、
「オレ、超がんばってる」
みたいなアピールもできるかも知れませんが、
そのアイディアを実行されたところで、
多くの人にとってはそれは非常に迷惑な話です。
つまり、実行段階でどのくらいがんばるかということは、
それそのものに価値があるわけではなく、
それが、どんなアイディアを実現するためのがんばりなのか、
という方に、より重要な価値があるわけです。
ところが、往々にして、自分の仕事となった途端に、
自分の苦労そのものに価値があるように錯覚してしまいがちなので、
これは非常に注意が必要です。
さて、それでは、実行した場合の価値が大きくなるような、
優れたアイディアを生み出すような会議をするには何が必要でしょうか?
大前提として、優れたアイディア、より良いアイディアを出す必要があるわけです。
となると、アイディアがどのように生まれるのかを理解しなければなりません。
アイディアというと、閃きのように感じるかも知れませんが、
完全に何も無いところからアイディアが生まれることはありません。
アイディアはその要素として情報が必要です。
例えば、多くの人が天動説を信じている社会において、
地動説という仮説を立てるというのは、
非常に珍しいアイディアだったことでしょう。
ただ、地動説というアイディアが出るには、
「地球が動いている」と考えるわけですから、
「地球」という情報を持っていないと、
そもそもこのアイディアは出ないことになります。
地球というのがある、という情報が無いところに、
地動説というアイディアは出ないのです。
従って、アイディアを出す材料というのは、
自分の持っている情報
になるわけです。
もし、優れたアイディアを出そうと思ったら、
情報が必要であるということです。
ということで、企画系の会議までに、
どんな情報をどのように手に入れるのか?
という準備が必要です。
もちろん、会議を通して企画をより良いものにするのですから、
ひとりよがりの結論ありきで準備しては、
せっかく他の方がいる会議があまり有効に活用できません。
かといって、何も準備しないというのは、
アイディアの質を上げにくくなります。
情報そのものは、世界中に溢れているわけですから、
まずは、それらを集めてくる、という基本動作をすれば良いわけです。
これは、やるかやらないか、という話なので、
あまり能力には依存しません。
基本動作と言えるお話です。
例として、ビジネスクリエーターズLiveの企画で考えてみましょう。
ビジネスクリエーターズLiveは、
ビジネスクリエーターといえるゲストをお招きして、
皆さんで会いに行こう!という場を毎月つくっています。
ゲストの特徴をうまく引き出して、
集まった皆さんにとってより有意義な時間をつくりだすことが、
企画の良し悪しによって変わります。
では、その企画会議をするにあたって、どんな準備ができるか?
なるべく汎用的に挙げてみます。
■ゲストについて知る
まずは、ゲストについての情報を集めます。
方法は、
1.最近の情報を集める
→Twitterやブログ、facebookの投稿等、ご本人が書いているものがあれば、
 少なくとも直近3ヶ月分くらいは見ておきます。
→ニュース等を見ます。Googleでニュース記事を検索したり、
 ゲストの方の会社サイトにニュースの項があれば、それも見ておきます。
2.ゲストのパーソナリティに関する情報を集める
→Wikipediaや公式プロフィールを調べます
→書籍があれば、読みます。
 もし、数が多くて時間的に間に合わない場合は、
 その方が初めて書いたものを読みます。
■集まる皆さんについて知る
1.集まる皆さんの統計情報を確認する
→どういう方が多いのか、ビジネスクリエーターズの場合は、
 会員属性や、最近のビジネスクリエーターズLiveに参加された方との
 会話を思い出します。
 メール等で近況を聞いてみたりもします。
2.特定の方の要望を聞く
→たくさんの方にあたる必要はありませんが、
 ゲストの方と相性の良さそうな方3名くらいに、
 ゲストの方から何を聞きたいか?を直接質問してみます。
→また、答えが来ない場合もあるので、
 ゆるいもので良いので、こういう話をしてもらおうと思います、
 という叩き台を出すのも良い方法です。
と、ここまでの情報収集に関しては、
自分のスキルとは殆ど関係なく、やるかやらないか、
という部分です。
なので、まずはこの基本動作をしておくことが大切です。
次回、スキルに依存する部分の話をします。
まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。
会員登録は無料です。
明日は樋口くんです。

『ガンジス河でバタフライ』が面白かった件

こんにちは、スタッフの大久保です。
先日、ひょんなことから『ガンジス河でバタフライ』という本を知りました。
15万部も売れたベストセラーだそうで、長澤まさみ主演・宮藤官九郎演出で
テレビドラマ化までされたほど、有名なエッセイなのですが、
読んでみたら、とても面白くてハマりました。
著者のたかのてるこさんが
旅先でのいろいろな人と出会いやトラブルなどを
面白おかしく書いてあり、あらためて旅行っていいな、
と思いました。
特にインド旅行の箇所が面白く、本を通してでも、
日本で当たり前だと思っていたことが、
実は当たり前ではなかったことが分かります。
ということで、今年はどこか海外旅行に行くことを画策中です。
オススメの旅行先があれば教えてくださいね。
ビジネスクリエーターズへの会員登録はこちらから。
明日は野村君です。

美味しいお米の買い方

こんにちは。
食事はダシと塩と醤油と米が命の小沢です。
みなさん、お米ってどうやって買っていますかね。
米は日本人の主食ですから、少なくとも私は米は毎日食べるので、結構気になります。
昔は美味しいお米といえば、こしひかり、あきたこまち、ササニシキあたりがメジャーでした。
しかし、スーパーを見ていると、こしひかりやあきたこまちよりも、「ゆめぴりか」や「つや姫」なんぞの銘柄のほうが単価が高いんですよね。
さらにネットで検索してみると「森のくまさん」とかいう聞きなれない銘柄なんかもでてきており、米ブランドの様子も大きく変わってきています。
米にも肉のようにランクがありまして、日本穀物検定協会というところが毎年ランク付けをしています。
特Aというのが一番高いランクで、3年間分のランクが一覧になってでています。
これを見ると、栃木の「なすひかり」、奈良の「ヒノヒカリ」、福岡の「元気つくし」長崎の「にこまる」など、東北や新潟など北の方だけでなく、
米どころのイメージがない場所でも3年間特Aランク入りしているような米ブランドも発見できます。
(同じ銘柄でも産地によってランクは異なります)
これらの銘柄は東京のスーパーではあまり見かけないかもしれませんが、現在は、米と水はネットで買う方も多いです。
それゆえ、店頭に売っているか売っていないかのハンデもそれほど大きくはありません。
あとは、検索したときにいかにヒットさせるかですよね。
ネットで一覧をみてしまうと、つい価格の安いものが選ばれやすくなるので、
やはり特Aという美味しさのランクの認知と、銘柄の認知を深めることが重要になりそうですね。
ちなみに楽天で「米」と打ってみると、「米 10キロ 送料無料」というのが一番最初にでてきますから、結局このキーワードで買っちゃう人が多いですよね。
このキーワードで検索すると、「なすひかり」や「ヒノヒカリ」「元気つくし」「にこまる」などはなかなか検索結果一覧にはでてきません。
生産量がそもそも少ないというのもありますね。
ちょっと美味しいお米を買って通ぶりたい人はぜひ購入してみてはいかがでしょうか。
私は買ってやろうかと思ってます。笑
明日は大久保さんです。

「うわっ、、私のディスク、うるさすぎ・・?」 LINKSTATION RAID NASのHDD交換その後

画像出典元:ぱくたそ


 
「うわっ、、私のディスク、うるさすぎ・・?」
いやぁ、皆さん色々このシリーズ作ってるんですね。(笑)
先日の記事「あなたの大事なデータ、保存方法は大丈夫?LINKSTATION RAID NASのHDD交換」の続きです
 
我が家のLinkstation(この人↓)

のHDD交換の際に買った、赤キャビアですが、その後非常に快適です。とーーーってもしずかちゃん。
ほんとに動いてんのか?と疑いたくなるくらい。それまでデフォルトで入っていたSeagateのHDDはそこそこブーーンって音がしたり、たまにHDD自体が共振したような音が出たりすることがありましたが、まぁそんなもんだろ、と気にしていませんでした。
今は、耳をすませばブーンとかすかに聞こえる程度。それまでがうるさすぎたのに今更気が付きました。まぁ、2玉あるうちのたまたま1つがうるさくて、そいつが壊れたので静かなだけなのかもです。だって、一つはまだSeagateのHDDのままなので。
もうこれからは赤キャビア派となりそうです。(2TBなら3000円しか違わないので絶対お得。)
 
いずれにしても、まだ「大切なデータをパソコンだけに入れっぱなし」の人は
・Cloudサービスに暗号化して保管する
・冗長構成(Raid)の外付けハードディスクに保管する
・高いBluray/DVDに焼いて大切に保管する (但し、数年に1度は別Diskに焼き直し推奨)
のどれかあたりをやったほうがよいとおもいますよー。(消えてからでは「後悔役に(先にも)立たず」です。)
 
出来るビジネスパーソンとしてはデータの保管に気を使うのはあくまで当たり前の事だと思いますのでしっかりやっておきましょう。
 
ビジネスクリエーターズへの会員登録はこちらから。
 
明日は小沢さんです

本田選手いよいよミランへ!?

みなさん、こんにちは。
スタッフの阪倉です。
 
私はサッカー知識はほどほどなんですが、
本田選手は個人的に好きです。
 
大きなことを言うのも話題になりますが、
その実行力と行動力のすごさが好きです。
 
本田がミランに入ったら、長友ともダービーが楽しめますね。
イタリアには大学卒業旅行で行ったきりなので、もし移籍が実現すれば
ぜひ試合も観に行きたいです!
 
 
新規会員登録は今すぐこちらから
明日は中島さんです。
Follow @rbc_staff