スタッフブログ

『みんな泥棒だと思うと腹が立たない』

こんにちは。のむらです。
さて、今日はたまにやっているTumblrからの転載をします。
たまに、自分用に書いていたりします。
——
泥棒というと、言葉のイメージは良くないという方も多いでしょう。
でも、良い話にしようと思いますので、しばしお付き合い頂けると嬉しいです。
さて、泥棒とは何でしょうか?
ここでは、他人の持ち物を他人の許可無く自分の持ち物にすることを、泥棒の意味と捉えておきます。
ちなみに、仏教で言われる偸盗という「悪い行い」がありますが、上記のような私たちが普段イメージするいわゆる「盗み」というのもそうなんですが、
「分不相応なものを持つこと」も含まれるので、もう少し俯瞰的に「盗み」を教えられていたりもします。
生きていれば腹を立てることもあるでしょう。
いやいや、腹が立つどころか、腸が煮えくり返る、もう、全身が沸騰状態です、
なんていう時もあるかもしれません。
私もまだまだ人間が出来ていないもので、、、
もう1年も前の話ですが、10年くらい大事にしていた傘を
とあるパーティの控え室に置いておいたのに持っていかれたことは、
未だにネチネチ言いたいくらい腹を立てています。
控え室だけに、持っていった人は必ず同じ場にいたと思うと、
もう、筆舌に尽くしがたい思いがあったりします。
いや、たかが傘とはいえ、もの凄く自分にとっては掘り出し物というか、
持ち手の革の感触や、傘を広げた時の匂いまで、
本当に大好きだったので、それだけに執着が強いのです。
しかも、長年連れ添った傘ではありますが、
実は私は超がつくほどの晴れ男なので、件の傘は年に1度くらいしか
つかうことが無かったので、非常に状態も良かったわけです。
まぁ、これは本題ではないので、このくらいにしておきましょう。
さて、私たちが腹を立てる時というのは、
色々なケースがありますが、
上述のような、「自分のもの」と思っていたものを
無断で持っていかれると、腹が立つものです。
ただ、そもそも「自分のもの」は、どこから来たのでしょうか?
よくよく考えると、自分の手元にあって「自分のもの」と言っているものは、
この世界のどこかから、今たまたま自分の手元にやってきたものです。
もちろん、所有の概念を持ち出す時には、
経済原理や人間関係を根拠にする人もいるでしょう。
しかし、経済原理、つまり、お金でもって何かを買ってきたことによる所有の概念というのは、
お金の持つ信用によって成り立っています。
そもそも、お金の信用というのは自分自身のものではありません。
もちろん、それが労働の対価だとか、何かの価値を他人に提供した見返りだというと、
自分との等価交換だと思われるかも知れません。
これが広義での人間関係ということです。
自分の提供した価値の見返りとしてお金、もしくはものが手に入るというのは、半分くらいは自分の価値提供によるものですが、
あとの半分くらいはその価値を評価する他者が自分や自分の提供した価値を信じてくれたことによるものです。
なればこそ、「何であんなもんに金払うんだろう?」
とか、「何であんな人のことを信じてるんだろう?」
なんてことがあちこちで起こるわけです。
ですから、今、手元にある「自分のもの」というのも、完全に自分で手に入れたものではなくて、
自分では生み出していない何かがかなり含まれていたりします。
そのような構図が見えてくると、もう、
「これは自分のもの」なんて思った日には、
既に、泥棒なわけです。
しかし、いかんせん、私たちはそんな構図がいつも見えるほど賢くはできていなくて、
やれ、モノを盗られた
アイディアを盗まれた
手柄を横取りされた
儲けを減らされた
自分の好きな人の時間や心を他人に奪われた
自分の思ってた未来を違うものに変えられた
傘を盗まれた(まだ言うか。笑)
と、いちいち腹を立てたりするわけです。
これは、根本的には間違ってるわけですが、
ここで自責で考えましょう、という正論は、
極めて道徳的ではありますが、
何でそんなことを言われるのかというと、
そもそも、みんな自責で考えることができないからです。
ストイックな方はそこで自責、自責、というのも良いのですが、
私のような怠惰な人間の場合は、
まぁ、所詮、みんな泥棒だから
と、捉えて平静を保ったりするのです。
もし、腹を立てたりして、どうにもこうにもカラダが沸騰する、
頭がグツグツいう、という時には、
「みんな泥棒だから」
という魔法の言葉を自分に言い聞かせてみてはいかがでしょうか?
少しは落ち着くんじゃないかと思います。
短気は損気と言われますが、
しかし、どこからが気が短くてどこからが気が長いのか、というのはよくわかりませんので、
とりあえず落ち着けば良いと思います。
——
まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。
会員登録は無料です。
明日は樋口くんです。

言葉のチカラ

こんにちは、スタッフの大久保です。
今回、2013年4月ビジネスクリエーターズLive(旧:定例勉強会)を担当させて頂くのですが、
ご案内をする際に、いつもいろいろな広告コピーを参考にしています。
今回は特に以下の1冊を参考にしました。
『 物語のある広告』 

 
コピーライターになっておけばよかった、と思うくらい素敵な広告がたくさんあり、
良い広告がもっと世の中に生み出されればいいのにと切に願います。
商品やサービスの認知度を広めるだけでなく、価値観や生き方にまで影響を与えるような
素晴らしい広告があります。
その中でも、気に入ったのが、ANA60周年の広告。
今回の4月ビジネスクリエーターズLiveのご案内にも
最後にご紹介させて頂きました。

 
あなたがビジネスクリエーターとして飛び立つお手伝いを
私達はさせて頂きたいと考えております。
さしあたって、4月27日にビジネスクリエーターズLiveを開催します。
いま注目されているユーグレナ出雲社長をお呼びするので、よろしければご参加ください。
ご案内の詳細はこちらを御覧ください。
 
ビジネスクリエーターズへの会員登録はこちらから。
明日は野村君です。
 

高級ポッキー

こんにちは。小沢です。
グリコがだした「高級ポッキー」、バトンドールを先日食べました。
20本で481円。ポッキーと比べたら、まあお高いです。
大阪の阪急梅田本店と難波の高島屋でのみ販売されている限定ものです。
コンセプトは
「大切な人へのおもてなしの気持ち ウェルカム スティック」
だそうで、パッケージにも大変こだわっており、お値段的にもお土産にちょうどよい感じですね。
現在のところ大阪の2店舗限定という限定感もよいです。
せっかちな大阪人も行列して購入するようです。
ポッキーという名前では売っていませんが、ポッキーの高級版ということで慣れ親しんだお菓子のグレードアップ版ということで、世間的にも食いつきがいいと思います。
ただね、申し訳ないけど、味はたいしたことありません。ミルク味しか食べてませんが。
パッケージやネーミング、そしてこの限定感と期待の割りに、食べたらこれって明治のFranで十分じゃないの?って正直思いました。笑
ネタや大阪土産にはちょうどよいかもですね。
グリコさんだけに、まして大阪で発売するならもう少し味におっと言わせるものが欲しいですね。
気になる方は買ってみてください。
ビジネスクリエーターズへの無料会員登録はこちらから。
明日は大久保さんです。

iPhone->Picasa->PC->ブログ!

※写真は特に内容と関係有りません。小田急線代々木八幡駅です。
 
みなさんこんにちは、なかしまです
先日から立教ビジネスクリエーター塾は、ビジネスクリエーターズに社名変更し、サイトも新しくなりました。
このサイト変更で結構気を使っているのが、「写真」です。
イケてる写真があると、なんかイケてる感じがしますよね。ということで、そういう写真のストックがいるわけですよ。

それで、iPhoneで色々とった写真を使うためにPicasaWebAlbumあたりにUpしようとPictShareなるアプリを購入しました。
これが結構便利。Picasaの容量カウントにギリギリ入らない2048×2048ピクセルに修正して、任意のPicasaアルバムにババーっとUpしてくれます。
 
Picasaの本家アプリだと、写真単位でのUpとかサイズ指定とか出来ない。。これで出来ればそれですむのに。。
 
なので、
(1)iPhoneでパチパチとります
(2)iPhoneで画像加工します
(3)iPhoneから直接PicasaのアルバムにUpします
これをいつでも好きなときにやって撮り溜めします。そして、
(4)PicasaWebAlbumからPCに写真をおとします
(5)ブログにUpします
といった感じでやっています。
 
画像加工は、今のところPicsPlay Proあたりが便利とおもってますが、複数画像をペタペタする系だとちょっとなー、とか思ったりしています。
何か便利な写真加工アプリあったら教えて下さい!
 
明日は小沢さんです
 
 

浦和学院、選抜初優勝!

みなさん、こんにちは。
スタッフの阪倉です。
私は埼玉出身なのですが、今月は嬉しいことがありました。
第85回選抜高校野球大会で、埼玉代表 浦和学院が初優勝を飾ったのです!
浦和学院は4月3日、決勝で済美(愛媛)を
17―1で下し埼玉県勢45年ぶりの快挙を達成しました。
(埼玉県勢の優勝は第40回大会(1968年)の大宮工以来)
めでたい!!
浦和学院はどんな学校かというと・・・
■浦和学院データ
78年創立の私立共学校。86年、甲子園初出場となった第68回選手権大会で、
ベスト4まで勝ち進んだ。92年の第64回選抜大会でベスト4まで勝ち進んだが、
優勝した帝京(東東京)に敗れている。
OB:石井義人(巨人)、大竹寛(広島)、木塚敦志(元横浜)、清水崇行(元西武)
埼玉代表はこれまでなかなか勝てなかったのですが、
ようやくつかんだ栄冠。うれしいです。
埼玉の知名度もこれで上がりました!
夏も頑張ってほしいと思います。
応援しています!
新規会員登録は今すぐこちらから
明日は中島さんです。

同窓会で感じたこと

こんばんは。
ビジネスクリエーターズ、スタッフの堀川です。
今夜は大学時代のゼミ仲間で集まり、ぷち同窓会を
やってきました。
女性同士は1年に1回くらいは会っていたけれど
男性陣とは、ほぼ卒業以来はじめてなので
かれこれ7年ぶりの再会です。
すでに結婚して子どもが二人でき、郊外に持ち家を持ってる人、
学生時代から音楽の道を志して、バイトを続けながら週に3回
クラブで演奏している人、
独身で大企業でバリバリ働いている人、
それぞれ卒業してから今日までのストーリーがあり、笑いあり悩みもあり
2~3時間じゃあとても語りつくせないいい時間でした。
ただ、みんなの話を聞いていてひとつ言えるのは、それぞれ
まったく違う人生を歩んでいても、自分の意思で決めて
今その状況になっている人は、後悔の言葉が少ないということです。
逆に、なんとなく無難な選択をしている人、場などに流されてその状況にいる人は
大きな不満もなさそうだけど、なんとなく疲れた印象というか覇気が
ない人が多かったように思いました。
やっぱり常識とか周りの目とか誘惑とか、そういったものに
左右されすぎずに、自分の軸をもって行動していると
たとえ「一時は辛い選択」だったとしても
人生の最期に後悔することは少なくなるのかなーと
そんなことを感じたひと時でした。
ビジネスクリエーターズへの会員登録はこちらから。
明日は阪倉さんです。

○○だけど、何か質問ある?

こんばんは。八須です。
今日は面白いサイトのご紹介。
AMAの世界」では、有名人から無名な人までいろいろな人が
ネットで質問を受け付け、それに答えたインタビューの翻訳が掲載されています。
最近だと日本人のゲームミュージック作曲家も載っていますが、自分が読んで面白かったのは核実験をやっていた人、ヒトゲノム計画のリーダーだった人、服を脱ぎながらニュースを読むネットTVをやっている人(笑)です。
こういうインタビューの形式っていいですよね。自分もインタビューサイトの企画をしているのですが、「みんなからの質問」取り入れてみようかな?
BCへの会員登録はこちらから。
明日は堀川さんです。

「忙しい」の魔力

おはようございます、樋口です。
ビジネスクリエーターズとして初めての投稿となります。
引き続き、よろしくお願い致します。
ことばは現実化する、とはよく言ったものです。
忙しい、ということばは使わないようにしている。
ココロを亡くすと書いて・・・という金八先生的な解釈もあり、
常にココロにゆとりと遊び心を持ち続けたいというありかたの証明です。
学生時代なんかは忙しい忙しいと駆け回っている自分自身の姿に
陶酔しているような風体がありました。
これは、現場を大声で仕切っている監督のようなかたに
セルフイメージをフォーカスしていたことの結果だったと思います。
今思えば、それってカッコいいわけではないんですよね。
本当のプロは、完璧に想定をダンドリしてシミュレーションしていて、
仕組みや仕掛けを張り巡らせて事前準備を120%行い、
そしてそれでも発生する突発的事項に集中対応する。
そこにプラスαのサービス精神が加わっていく。
これぞ理想の姿、と思えるようになったのは、
多くの現場に足を運び、多くの人に話を聴いて、
多くを自分の皮膚感覚で感じ取ったからかもしれません。
まだまだ足りないので動き続けます。
このへんアンテナを立てておくと、
仕事の会議の準備も、日常業務も、
プライベートで出かけたイベント会場も、スポーツのライブも、
更にはお店も景色が変わってくるようになるのです。
自分なりの基準値、もっともっと上げていけるように
学びが止まることは永遠にないのだと悟るのでした。
だからこそ、今日もアンテナ5本くらいは常時立てていたいと思います。
ビジネスクリエーターズへの会員登録は、こちらから。
明日は、八須さんです。

『夢が叶うメカニズム』

こんにちは。のむらです。
新サイトになってから最初のブログ投稿です。
以前のサイトでは2つのシリーズがありました。
ビジネスクリエーターとして大切なことは全てサッカーから学んだ
RBCの話
その続きもさることながら、他のシリーズも何か考えてみたいと思っています。
今日は一発目のブログということもあって、言葉について考えてみます。
まず、先日のTEDxFukuokaでのヒミ*オカジマ氏のプレゼンテーションを紹介します。
素晴らしいプレゼンテーションなので、まだ見ていない方は、ぜひご覧ください。

言葉が先か?現象が先か?というお話なのですが、
私は、もうひとつの問いを考えてみたいと思います。
それは、
イメージが先か?言葉が先か?
という話です。
「言語化すれば夢が叶う」
ということは、あらゆる自己啓発書などでも言われていることですが、
これは、ちょっと裏返して考えてみると当たり前です。
というのが、夢というのが「ある程度以上に強く望んだ未来の状態」とすると、
言語化できない夢をそもそも夢として定義できないので、
言語化できない夢が叶うということがあり得ません。
ただ、そのような自己啓発書を読んで、夢が叶ったという人もいれば、
そうは言わない人もいます。
この違いは何でしょうか?
私たちは、言語化しなくても現実化させていることがあります。
例えば、最寄り駅まで歩いて、電車に乗って、目的の駅に到着する。
これは、とても広い意味での解釈ではありますが、
夢が現実化している状態です。
さらに言うと、
この例では、一般的な意味でのテキストで表せる言語ではなく、
イメージが先にできています。
他人から見えるところでの夢が叶うかどうかの違いは、
「言語化できているか」
なのですが、
その人の言語化のプロセスが、
言語化すれば夢が叶うと聞いた→じゃあ、言語化しよう→文字で書いてみる
だとしたら、それは、私たちが最寄り駅に辿り着くということですら実行している、
「イメージを描く」
というプロセスが抜けています。
ここに、言語化しているという外相では分からない違いがあるのではないでしょうか?
個人差があって、
未来のイメージを描くというのは、人によってはカンタンでは無いかも知れません。
未来というのは、現在とも過去とも違います。
現在までの記憶は確かにイメージを描く材料になりますが、
しかし、未来そのものではありません。
未来のイメージを描き、そして、それが他人を動かすことで実現できる場合には、
適切にそのイメージを言語化し、他人と夢を共有する必要があります。
そうなると、
どんな言葉を発しているか?の前に、
どんなイメージを思い描いているのか?
ということに、私たちの生き様というのは集約されることでしょう。
今、あなたはどんなイメージを思い描いていますか?
その思い描いているイメージを言語化するお手伝いは、
我々ならクレド作成講座や毎月のイベントで続けています。
あなたが思い描いている素敵な未来を言語化し、現実化するお手伝いをし続けるという誓いとともに、最初のブログの結びとしたいと思います。
まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。
会員登録は無料です。
明日は樋口くんです。

ドラゴンボール展

こんにちは、スタッフの大久保です。
先日、ドラゴンボール展に行ってきました。
 
ジャンプ連載当時の原画が展示されていて、
まさに原作者・鳥山明さんの当時の息遣いが聞こえてくるようでした。
 
孫悟空の声を担当している声優・野沢雅子さんと鳥山明さんの対談映像もあり、
ほとんどメディアに出ない鳥山明さんがドラゴンボールについて話をされているのは
とても新鮮でした。
※鳥山明さんの顔は映らないように撮影されていました。
 
会場に来ている人は男性が多いかとおもいきや、意外と女性が多く、
しかも私のようなリアルタイムでドラゴンボールの連載を読んでいたような人だけでなく、
子どもからお年寄りまで幅広い層の人が来ていました。
 
原画展は4月15日まで、日本橋高島屋にて開催していますので、ご興味のある方はぜひどうぞ!
 
ビジネスクリエーターズへの会員登録はこちらから。
明日は野村君です。
 
追伸
鳥山明さんのWikipediaを読んでいたら、多忙を極めたときのエピソードが書かれていましたので最後に紹介します。
「連載1年目は、睡眠は3日に1回、最高記録となる6日連続徹夜、ペン入れの記憶がない回があるなどと多忙を極めた。」
本当かどうかは分かりませんが、人間6日間も徹夜できるんですね・・・。