スタッフブログ

シグナル

こんにちは、樋口です。
最近食事の量がやたらに増えた気がしています。
1ヶ月に1度くらいラーメン二郎を食べたくなったり、
パスタだったら300グラムくらいを茹でてしまったり。
10歳くらい若返ったかのような体質の変化が顕れているかのようです。
加えて、カラダの組織も少しずつ変わりつつある気がしています。
体重が劇的に減っているわけではないけれども、
パワーは圧倒的に上昇しているし、脂肪も落ちつつある。
プロテインを飲んでいるわけだし理にはかなっているのです。
地道かつ計算して行っているトレーニングが
功を奏していることの証拠と信じておきましょう。
更に継続していきますよ!
今回はポジティブなサインでしたけれども、
ちょっとしたカラダやココロのシグナル。
自分だけではなく、他のひとに対しても繊細に嗅ぎ取る力、
そして嗅ぎ分けて判断基準・行動や気配りに繋げる力、
磨いていきたいと思っています。
誰も気づかないようなところにビジネスチャンスは転がっていますし、
アンテナをもっと広げて日々の生活を培っていきたいですね。
情報感度を上げるには、はRBCへの会員登録をどうぞ。
明日は八須さんです。

電通とFacebookが業務提携

やはり、インターネットの流れは早い。
電通とFacebookの業務提携が発表された。
・マス巨人電通の起死回生の一手、と読むこともできるし、
・Facebookのマネタイズ強化、と読むこともできるが、
「Googleが「Facebook」に負けた、と読むのが妥当ではないだろう。
電通はFacebookの公式広告販売パートナーとして、
?広告主向けにFacebookページのコンサルティング・制作を行う
?Facebookのプレミア広告枠の独占販売をする
?マス広告と連動したFacebook活用の新しいマーケティング展開を広告主に提供していく
そうだ。
??は、BtoBの企業として、広告主向けに頑張りますということだが、
?は、電通に特徴的な動き。
ただ、独占的にFaceBookの特定広告箇所の
購買と販売を行って意味がでるかは、まだ未知数だが、
今回の動きは、あることを物語る。
乱暴に言うと、
米国では、1年前に、Facebookのアクセス数がGoogleのアクセス数を超えている。
※詳しくは、ITメディアにて。
Googleという活動体に代表される検索時代は、
Facebookという活動体に代表されるソーシャル時代に、
シフトしていっている。
情報の供給量が、消費量をはるかに凌駕している時代、
Googleのアルゴリズム推奨よりも、あのひとのWEB上での意見のほうが、
情報ニーズにマッチしやすい。
電通の試み自体が、電通にとって成功するかは不明だが、
それは、「検索」が「ソーシャルフィルタリング」に凌駕されるつつあることを、物語る。
明日は樋口くんです。

『RBCのポジション・立ち位置』

こんにちは。のむらです。
今日は、いつものシリーズではありません。
また、RBCそのものシリーズです。
前回は、個人的な話をしました。
さて、今日はRBCのポジションについてお話してみたいと思います。
RBCは分類すれば「人材教育」の場になります。
が、いわゆる教育機関とは若干違います。
シンプルな違いは、国の予算が入っていないことです。
では、民間の教育サービスを行う企業なのか?というと、
会員の皆さま向けにおいては、それも違います。
※企業様向けの場合は、人材教育サービスを行う企業という位置づけになります。
会員の皆さまに向けては、
まず、会員の皆さまを、「サービス業におけるお客様」だとは捉えていません。
定例勉強会をはじめ、各種勉強会も、収益事業という考えではありません。
従って、過度の顧客満足度を追うことはなく、
「ビジネスクリエーターを輩出する」
という目的にとってプラスかどうか?
が、最も優先すべき判断軸です。
もし、会員の皆さまをお客様として捉えるとしたら、
満足度を上げることが第一になります。
そうなると、教育効果は第二です。
二択を迫られた場合、
判断軸が顧客満足度に変わるわけです。
もちろん、ビジネスとしてはその判断は正しいですから、
他のコミュニティで、顧客満足度を第一にされている企業さまの存在を
否定する必要はありません。
ただ、RBCとはポジションであり役割が違うのです。
RBCは「ビジネスクリエーターの輩出」が第一ですから、
安易に金銭的な補助を受けるわけにはいきません。
(外部から団体理念や活動方針への影響力が発生したら、本末転倒です)
必要以上に顧客志向になり、会員の方の変化を妨げてもいけません。
(現状のその人の満足を追求すると、変化に抗うことになる)
そのようなバランスから、現在のポジションになっています。
もちろん、最も楽な道かと言われると、
もしも「運営=ルーティンワークだ」くらいに思っている人からすると、
非効率な部分もあるでしょう。
しかし、そうやってそのうち「ただの人の集まり」になるのであれば、
最初から何もしないほうが良いのではないかと思います。
100年後にも残り続ける場にするには、筋肉質な土台が必要です。
筋肉質なビジネスパーソンを志向するあなたはRBCへの会員登録をどうぞ。
明日は友部くんです。

中国MBA

みなさんこんばんは、吉村です。
先日、中国MBAに関するセミナーに出席しました。
一般的にMBAにというとHBSやスタンフォード大学が有名かと思いますが、
最近ランキングにおいて、中国の「CEIBS」がTop20圏内に入る事ができました。
因みに日本のMBAには・・・・ランキング外です。(泣)
MBAは本当に必要かどうかは賛否両論かと思いますが、これからグローバルに向けて
勝負してみたい人には、最も有効な手段の一つだと思います。
その中で、今後成長が著しいであろう中国で1年間過ごし、
様々な知見を学ぶのも悪く無いと思います。
何よりも値段も安いので、
将来世界を相手に勝負してみたい人はぜひ検討しては如何でしょうか?
RBCにご興味のある方・勉強会に参加されたい方はまず会員登録をお願いします
※会員限定、毎月4回のメルマガを配信中。
明日は野村さんです。お楽しみ!

酒粕で作る美味しい甘酒

こんにちは、スタッフの村上です。
私ごとですが、最近甘酒にはまっています。
ご存じのとおり、甘酒は酒粕に水と砂糖を足して作る飲み物です。
今年に入るまで、バカにしていてあまり飲んだことがなかったのですが、
1月にある酒蔵で酒粕を買って飲み始めてから、
毎日のように飲んでいます。
この甘酒、作り方(水の量、砂糖の加減)や
ベースになる酒粕の種類(甘口・辛口、米の精米歩合)等によって、
飲むときに見せる顔がまったくちがってきます。
個人的には、吟醸酒の酒粕で、水を少なめにして(ドロドロした感じ)、
砂糖は控えめにして、華やかな香りを楽しみながら飲むのが好きです。
今日から3月とはいえ、昨日は雪が降るなど、まだまだ寒い日が続きます。
寒い夜は、甘酒でも飲んで、体を温めていただければと思います。
みなさん、おからだを大切に!保重??。
明日は吉村君です。
RBCの会員登録はこちらから

試してみたい花粉症対策

こんにちは、大久保です。
冬が過ぎ、春の訪れと共にやってくる「花粉」。
花粉症の人にとってはツラい季節ですよね。
特に今年は例年の倍以上の花粉が飛ぶと言われています。
メーカーもここぞとばかりに花粉症対策グッズを出していますが、
それをわざわざ買わなくても出来る花粉症対策方法をご紹介します。
それは、いつも食べているご飯に「玄米」を混ぜてみること。
精米された白米よりも、玄米の方が栄養があり、
免疫力を高める作用があるらしいです。
理想はすべて玄米にすることなのですが、
パサパサしていて慣れないという人は白米と玄米を混ぜてみてください。
即効性は無いものの、花粉症の症状がやわらぐようです。
※もちろん個人差はありますので、期待しすぎないように。
ビジネスのフィールドで活躍するためにも、体を大切にして頂きたいと思い、
今日は健康に関することを書いてみました。
RBCの勉強会への参加はまず会員登録から。
明日は村上君です。
お楽しみに!

欲しい人材を集める方法

こんにちは。小沢です。
昨日、第34回RBCアドバンスを無事終えてきました。
テーマは「大学の講義をプロデュースしよう」というものです。
そもそもこれを企画したきっかけは、優秀な社会人をいかに簡単に集め大学に送り込むか、を考えたことでした。
学生の多くは現場の最先端で働く社会人の声を考えを聞きたがっています。
しかし、学内にいる限り企業で働く社会人との接触はゼロに近い。
そこでRBCアドバンスの登場です。
まずRBCにいる会員さんは意識が高く優秀であり、むやみやたら世間一般で探すよりも、優秀な人材にたどり着きやすい。
また、RBCはその優秀な人材を2000人近くかかえており、皆様に一度に「大学の講義をプロデュースしませんか」の問いかけを発することができる。
そしてRBCアドバンスに参加された方は、その中でも大学教育に関心が非常に高い人々である。
さらに、RBCアドバンスの企画内で、優秀な人材がよってたかってグループディスカッションをしてくださり、さらに互いが刺激を受けパワーアップされる。
そしてようやく、一人一人に大学講義を企画してもらい、プレゼンしていただく。
さらにさらに、実際の授業までのブラッシュアップを経て、
講義日となる。
学生喜ぶ。私も喜ぶ。会員さんも喜ぶ・・・。
なんて素晴らしい方法なんでしょう。
この方法により今回は、7人もの優秀な講師とオリジナリティ溢れる面白い講義が手に入ることになりました。
みなさん。RBCアドバンスをどんどん有効活用してくださいね。
まずは会員登録からどうぞ。
明日は大久保さんです

始める力、その後。

こんにちは
なかしーです
今日は、先日の2月定例勉強会の参加者の一部の方が、講師からの宿題をやってきましょうという会を開催されていたので私も参加させて頂きました。
2月の勉強会のテーマが「始める力」だったので、早速そういうアクションを起こされたお話を聞けるというのは、担当者冥利につきます。
学んだ事は、着実に実践して一つづつ身に付けて行ける様になりたいです。
座学の学びと、フィールドワークでビジネススキルを図りたい人は、まずは会員登録からどうぞ!
明日は小沢さんです

ニュージーランド地震

こんにちは。
スタッフの阪倉です。
ニュージーランド南島のクライストチャーチ付近で
大規模地震が発生しました。
お昼時にメールの速報でこの事件を知ったのですが、
自然災害の恐ろしさを改めて知りました。
地元警察当局によると、25日現在死者が113人になったと発表しており
ニュージーランド政府は、200人以上が行方不明になっているとしています。
富山外国語専門学校生ら多数の日本人が閉じ込められたカンタベリーテレビ(CTV)ビルの
倒壊現場では、日本の国際緊急援助隊など、救助チームが夜通しの捜索活動を続けておりますが、
生存者の発見には至っていません。
外務省によると、同専門学校生10人ら日本人計27人の安否が不明となっているとのことです。
「いつ、何が起きるか分からない。
 だからこそ、今日できることをきちんとして懸命に生きよう。」
言葉では良く聞きますが、それを強く意識させられる事件です。
安否不明の方々が、無事ご家族のもとに帰られるよう
お祈りしております。
無料会員登録はこちらから
明日は中島さんです。

開業したての新青森駅へ行ってきました

こんにちは。スタッフ八須です。
先日村上さんがはやぶさ試乗会に参加された記事をアップしていますが
自分は先日新青森駅まではやてで行って、スキーをしてきました。
開業したての新青森駅ですが、まるで空港のようでした。
というのは、外観もそうなのですが、おみやげ売り場がたくさんあって
それだけで人が集まりそうな気がしたからです。
あおもり旬味館
帰る前、日曜日に寄ったのですが、店員さんも多く試食販売をしていたりして
活気があり、かなり混雑していました。青森もかなり広いですから、こうして
ひとつところにまとめて変えるおみやげ売り場があると、観光客にとっては
便利ですよね。
東京でもJRは駅ビルの開発や、駅構内の小売事業の育成に余念がないですが
人口の増加(=乗客数の増加)が見込めない分、こうした相乗効果を
発揮できる事業への多角化を志向しているのでしょう。
ものを売るには、素晴らしい商品よりも価格優位性よりも、まずはお客様に
アクセスできることが第一ですから(インテグレートでも似たようなことを言っています)、
駅という確実に人が集まるところを使えるJRは、今後さらに強力な小売企業に
なっていくのではないでしょうか。
わたしたちも、既に持っている資産を生かした多角化ができないか、
考えてみるといいかもしれませんね。来月はプレゼン大会がありますし!
世に問う前に、RBCでアドバイスをもらってはどうでしょうか?
勉強会への参加には、まず会員登録を。
明日は阪倉さんです。