スタッフブログ

日本発アプリ「LINE」が海外へ

こんにちは。
スタッフの阪倉です。
ベッキーのテレビCMで注目されたNHN Japanのメッセージアプリ「LINE」が絶好調のようです。
2011年6月のリリースから約8ヶ月で既にダウンロードは2000万を突破。
日本のみならずアジアや欧米にも広がっているのが特徴とのこと。
日本発のものが海外でも評価を受けるのは非常に嬉しいですね。
このアプリを開発したのがNHNという会社です。
新生NHN Japanは、NHN Japan、ライブドア、ネイバージャパンという3社が2012年1月に合併して
設立された会社で、ゲーム、ポータル、検索という主要なネットサービスを事業領域としています。
元々は韓国発祥で有力なインターネット企業であるNHNですので、外資系という見方もされますが、
実は各国が独立して経営されているのが特徴とのこと。
「LINE」も韓国発ではなく、合併前のネイバージャパンが企画、開発したアプリというのですから
日本発のアプリが海外でも認められているのです。
既に2000万ダウンロードを突破したことは最初に書いた通りですが、
驚くべきがその海外比率!!
当初から日本以外でのダウンロード比率が高く「ずっと6割程度が海外」だとのこと。
「良いものは世界中で認められる」ことを良いケースだと思います。
今後とも日本発のアプリが世界で人気を集めてほしいものです。
いよいよ明日から4月1日!!
気分一新で頑張っていきましょう!
無料会員登録はこちらから
明日は中島さんです。

来年度の抱負

こんにちは。スタッフ八須です。
今年度もあとわずか。今回は来年度の抱負についてです。
RBCも創設から7年、これまでは主に勉強会の開催をメインにやってきましたが
今年はそれ以外の分野でも会員のみなさんや社会に対して役に立てるよう
新しい事業を立ち上げていきたいと考えています。
「ビジネスクリエーターの輩出」というミッションから外れず、
お客さまに感謝されるサービスを提供していきたいと思います。
来年度も、一緒にRBCを盛り上げていきましょう!
明日は阪倉さんです。

実力差をバネにする

おはようございます、樋口です。
価値観を揺さぶられるような衝撃を受けると、
生まれ変わったように成長することができるようですね。
先日、ずーっとお会いしたいと思っていた敏腕編集者の講義をお聴きする。
高額なセミナーだったのですが、金額を遥かに上回る内容に愕然としました。
売れる仕組みがロジカルにハラオチしてきて、目からウロコが落ちっぱなし。
2時間30分の内容とは到底思えないほどの時流分析でした。。
人生のなかでも衝撃的なセミナーだったと自信を持って言えます。
とりあえず、アイデアの幅が狭すぎる。アイデアのトレーニングワークでは、
普段セルフイメージで鍛えたアイデア力を活かすことができたけれども、
まだまだ全然量も質も足りない。おだてられて喜んでる場合ではない、
このままでは敏腕プランナーなどなれるはずもありません。
アイデア体質の脳に切り替えて行かないと勝ち残れない。
エース編集者との圧倒的な発想の実力差。
「本当に本読んでるよね?」と言われてテングになり、、
井の中の蛙で満足していた自分に気づくことができました。
周りの友人や同僚からの評価があったとしても、
あくまでも世間一般での相対的な評価にすぎない。
当然、プロフェッショナルには全然及ばない。
継続的に参加して、アンテナの意識をもっと細かく高く持って、
人生を、そして世の中を豊かにするようなアイデアを出していきたい。
経験値に裏打ちされた引き出しも、観察眼も、情報量も、何もかもが足りない。
自分の現在地を知ることができただけでも大いなる収穫。
圧倒的な実力差を感じると共に、貴重な人脈を得ることができたのはひとつの大いなる財産。
あとは、ここからやるかやらないか。
ビジネスクリエーターとして成長するための場、
RBCへの会員登録は今すぐこちらから
明日は八須くんです。

『情報の流通スピードが上がることによる影響』

こんにちは。のむらです。
今日は、いつものシリーズではありません。
RBCの話シリーズでもありません。
20世紀の終わり頃に普及し始めたインターネットが、
21世紀では、電気や水道のようになりつつあります。
それによって何が変わるでしょうか?
情報の流通コストが大きく下がります。
結果として、
情報そのものが流通量が増えます
また、
情報が流通するスピードも上がります
そうなると、
「情報を持っていること」
の価値はだんだん少なくなっていきます。
例えば、
経営戦略やマーケティング知識というのが
20世紀であれば、かなり特権階級と言えたような面がありました。
が、今はあまりそれらの情報が足りなさすぎることがボトルネックになることは
そうそうありません。
勝負は「知っていること」から「やったこと」に変わっているのです。
また、
「均質的であること」
の価値もどんどん少なくなっていきます。
いわゆるジェネラリストです。
というのが、予定通りに事業が遂行される場合には、
ひと通りのことが平均的にできたほうが計算がしやすいのですが、
計画がどんどん変更されていくような事業が中心になってくると、
尖った部分のある人を組み合わせたほうが良いものが生まれやすいです。
情報の流通スピードが早いと、均質的なものの価値が落ちるスピードも早く、
ある程度尖った部分を持っておかないと、情報の流通スピードに、
事業の遂行がどんどん追い越されてしまいます。
あのAppleをして、最近のプレゼンテーションは、ユーザの期待を超えられなく
なってしまっています。
※個人的には、あの内緒にしておくマーケティング手法が既に時代遅れに
 なっていると思います。
 ジョブズ不在は関係ないです。単に、古いやり方に固執してるのが問題だと思います。
「古くなる」のが早いのです。
なので、「ちょっと違う」くらいは、もう、差別化のうちに入らないのです。
そうすると、私たちは、20世紀的な価値観で評価していた人材像というのを
疑うどころか否定しなければならない段階にきています。
世の中全体がそれに気づくのは、勝負がついた頃です。
大多数の人は、負けるまで、失敗するまで学習しません。
もしそこが少しでも意識できたとしたら、
あなたにはこの変化についていく資質があるのかも知れません。
そうでなければ、次の世代の活躍を指をくわえて眺めていれば良いと思います。
私自身、そうならないよう、常に先の先を見ながら行動し続けていきます。
ビジネスクリエーターとして成長するための場、
RBCへの会員登録は今すぐこちらから
明日は友部くんです。

エナジードリンク「burn」

こんばんは、スタッフの吉村です。
村上さん、8年間お疲れ様でした。
マッキンゼーマフィアならぬRBCマフィアとして、
新天地でのご活躍を期待しております!
さて、一部の人はご存知かと思いますが、
私は大のエナジードリンクフリークなんです!
朝にRedbullをチャージして、昼にもう一本、、夜にもう一本!!
深夜にさらに一本追加!っと一時期中毒になるぐらい飲んでました。。。
最近諸事情により、あまり飲まなくなりましたが・・・ここぞ!って時は
やっぱ飲んでしまいますね。
所でそんなRedbullに対抗して、
コカ・コーラ社から「burn」というエナジードリンクが発売されました。
まだ飲んだことないのですが、カフェイン含有量が表示されていて、
なんとなくRedbullより多そうな気がします。
味はベリー系らしいので、今度見かけたら試してみたいと思います。
試した事ある方いましたら、ぜひその感想を教えてください!
RBCにご興味のある方・勉強会に参加されたい方はまず会員登録をお願いします
※会員限定、毎月4回のメルマガを配信中。
明日は野村さんです。お楽しみ!

8年間ありがとうございました。

こんにちは、村上です。
はじめにご報告ですが、私は3月31日で立教ビジネスクリエーター塾の
スタッフを退任することになりました。
在任中は、会員の皆さん、スタッフの皆さんに大変お世話になりました。
本当にありがとうございました。
卒業してからの8年間、本当にあっという間でした。
そして、スタッフとして最後のプレゼン大会で、
今日優勝という評価をいただけたことは、とてもよい思い出になりました。
20120325-RIMG1045.JPG
これからは、今日のプレゼン大会のプロジェクトを
自分の仕事として進めていくと同時に、
大好きな人たちがいる台湾に移住することを視野に入れつつ、
今後私は自分の信条である旅を通じて人々を
幸せにするということを実現していきます。
スタッフは退任しますが、一般会員として
新しく開始する続けるクレド講座や、RBC Liteの盛り上げ役として、
今後もRBCにかかわっていきたいと思いますので、
引き続きどうぞよろしくお願いします。
では、またRBCや世界のビジネスシーンでお会いしましょう!!
明日は吉村君です。
RBCの会員登録はこちら

人が休んでいるときにこそ仕事する

こんばんは、スタッフの大久保です。
先日の情熱大陸で、『ソラニン』『おやすみプンプン』などを描いた
漫画家・浅野いにおさんが特集されていました。
その中でのひとコマがとても印象的でした。
クリスマスの日に仕事をしている浅野さんに
撮影者が「クリスマスの日なのに、仕事するんですか?」と質問したのに対して
「クリスマスだからこそ仕事をする。出し抜いている感がある」と答えられていました。
その他の場面でもよく見受けられたのですが、
雰囲気や身なり、作風からは想像できないくらいに
「ハングリー」で、とても刺激になりました。
どの世界も、人より秀でた成果を残している人は
すべからくこうなんでしょうね。
とても良い勉強になりました。
RBCの勉強会への参加はまず会員登録から。
明日は村上君です。
お楽しみに!

何事も本気で。

こんにちは、なかしまです。
今日は、とある方のお誕生日会のダンドリで打ち合わせをしております。
いらっしゃるメンバーは、皆様すごい方ばかりで、さすがにダンドリがすごい。
遊ぶ時も、真面目な時も、全部本気でハイパフォーマンス。
そういう方々と一緒に過ごせるだけで自分の知見が広がり、また次のレベルに行けそうな気がします。
ただ居るだけではなく、一人のメンバーとして貢献出来るようにがんばります。
RBCでもそういう場を作っていければ、と日々考えています。
皆さんで一緒に学んでいけたらいいな、、と思います。
RBCへの無料会員登録はこちらから
明日は小沢さんです。

『続けるクレド講座』 でお待ちしています!

こんにちは。
スタッフの阪倉です。
いよいよ4月からRBCの新講座が開始になります!!
その名も
「楽しみながら目標を設定し、着実に達成する、『続けるクレド講座』 」
です!
目標が定まらない人、
仕事での将来に悩んでいる人、
自分のやりたいことが分からない人、
そんな方々にぜひ受けて頂きたい講座です。
私も講師陣の一人として全力でみなさまをサポートします。
詳細はこちら

http://www.rikkyo.biz/news/item_3997.html
みなさまのお越しをお待ちしています!!
無料会員登録はこちらから。
明日は中島さんです。

就職活動と鏡

こんにちは、樋口です。
今年は、就職活動中の学生相手に模擬面接やOBOG訪問を
させていただく機会が、例年以上に多く感じています。
母校 立教大学の就職課が力を入れているという点もあるでしょうし、
昨今の経済状況のなか危機感をもつ学生が多いことの表れでしょう。
2013年新卒入社向けということで、今期は大学で模擬面接を
30人程に実施させていただきました。
先日プログラムの最終日に、話をさせていただく時間をもらったので、
以下の話をしました。
1) 予選落ちはしないでほしい。自分にできることは全てやりきってから面接に臨んでほしい。
2) 模擬面接で聴きたいことは「あなたはどんな人ですか?」に尽きる。
3) 長期的な夢と、中計を持つとなおよい。
4) OBOG訪問をもっと面接に活かしてほしい。特に3)の問題意識をもってOBOGに会ってほしい。
5) いま苦しかったら成長するチャンス。チャンスを大いに活かし、楽しんでほしい。
学生は自分たちを映し出す鏡。
向こうが真剣に挑んできてくれる以上、こちらも真剣に迎え撃つ。
自分の話も真剣にすることができるし、定期的に価値観の棚卸をすることができる。
模擬面接であったとしてもお互いに得るものの多いwin-winな関係を作ることで、
化学反応が起きてベネフィットが生まれる。
そんな連鎖を起こしていきたいと思ったのでした。
自分が成長することが、相手の成長に繋がる。
これって、「いいね」ですよね。笑
ビジネスクリエーターとして成長するための場、
RBCへの会員登録は今すぐこちらから
明日は八須さんです。