スタッフブログ

iPadイブイブ

こんいちは、なかしーです。
えぇ、そうです。いよいよです。お祭りです。
もちろん、参戦です(笑)
というのも、先日とある機会があり、
購入しようと思えばできたんですが、ちょっと躊躇してる間に、
” sorry, we have no stock ;-( ”
ということに。(笑)
自分でやっているセミナーで、散々
「チャンスの天使は前髪しかない」と言ってるはずなのに(笑)
そう、一瞬一瞬が真剣勝負で、即断即決、自己責任。
後悔は先に立ちませんからね。
ということで、まずは会員登録からどうぞ!
明日は大久保さんです

ワールドカップ

こんにちは。
スタッフの阪倉です。
昨日、日本 vs 韓国 戦が行われました。
結果は2対0で敗北。。
ワールドカップまであと20日を切り、
不安を残す結果となりました。
スポーツでは結果によって評価がガラリと変わることがあります。
良く負けた理由を解説者が説明していますが、
あくまで結果論から解説しているのであり、
同じ内容でも勝っていたら違う解説をしている可能性もあるのです。
結果が求められる世界は厳しいと思います。
しかし、逆に皆が期待しているからこそ結果も求められるのです。
いろいろ批判されることもあると思います。
でも、試合はやってみなければ分かりません。
日本に再びサッカー熱を!
ぜひ日本代表には頑張ってほしいと思います。
目指せベスト4!!
RBCへの会員登録はこちらから。
明日は大久保さんです。

生産性10倍UPの IT便利ツールその6 クラウドで自動バックアップ&同期「Dropbox」

こんにちは。スタッフ八須です。
あなたの生産性を10倍にするツール、シリーズ6回目です。
◆過去の記事
その1 クリップボード履歴「CLCL」
その2 複数行grep&置換「Devas」
その3 「AVG Anti-Virus Free Edition」
その4 印刷のムダをなくす「FinePrint」
その5 簡単PDF作成「PrimoPDF」
それではパソコンオタク歴13年の八須が使っている
作業効率を劇的に上げる便利なツールをご紹介します。
今日のツールは・・・
   クラウドで自動バックアップ&同期「Dropbox」
です。
パソコンが壊れて、保存していたデータが消えてしまったことはありませんか?
複数のパソコンを使っていて、データの同期が面倒だと思ったことはありませんか?
外出先で、置いてきたパソコンの中のファイルを見たくなったことはありませんか?
Dropboxを使えば、全部いっぺんに解決できます。
Dropboxをインストールし、バックアップするフォルダを指定すると、
そのフォルダの中身がインターネット上のスペース(いわゆるクラウド)に
バックアップされます。
ファイルを更新したり追加したりすると、自動的に新しいファイルが
バックアップされていきます。
別のパソコンと同期したいときには、同期先のパソコンにもDropboxを
インストールし、同じアカウントでログインするだけです。
全部自動で同期され、どちらのパソコンで更新しても、常に最新の
ファイルが同期されていきます。しかも更新履歴が残り、以前の
状態に戻すことも可能です。
もしiPhoneやAndroid端末を使っていれば、アプリを使って外出先でも
ファイルを確認することができます。パソコンを持って出なかったけれど
急遽必要になったときに助かりますね。
他にも、別のDropboxユーザーとフォルダを共有する機能や
写真を公開する機能など色々あるのですが
「バックアップ」「同期」だけで便利すぎるのでとりあえず使ってみてください。
ちなみに保存容量は無料で2GB、月9.9ドルで50GB。
無料でも十分な容量ですね。
サービス自体は英語なので、日本語の解説記事をリンクしておきます。
Dropbox徹底解剖 (Web担当者フォーラム記事)
勉強会のご参加には、RBCへの会員登録を。
明日は阪倉さんです。

ブーサン知ってますか?

こんにちは。満木です。
ブーサンを知っていますか?
プーさんではないです。ブーサンです。
高木とかつきません。ただのブーサンです。
ヒント。ブーとサンが合体したファッションアイテム。
わかりましたでしょうか???
ブーサンとは、
ブーツサンダルの略です。
ブーツのようなかたちで、
それでいてつま先がサンダルのようにあいている
履物です。
見た方が早いですね。
↓↓↓
ブーサン画像
街中でかなりよくみかけるので、
ああ、あれね。といったかんじではないでしょうか?
でも、意外に名前は知らなかったり。
この春大流行なんです。
「夏にブーツ?蒸れないの?」
など無粋なことをけっして聞かないよう、お気をつけください(笑)
さ、明日ははちすくんです。
RBC会員登録(無料)受付中。
まだの方は今すぐどうぞ!

タテ・ヨコ・ナナメ

おはようございます、樋口です。
RBCの運営サイドに立たせていただいて3年半。
様々な勉強会運営に携わるなかで、
スタッフの皆さんに影響されて始めたことがあります。
勉強会やセミナーに参加するときに心がけているのは、
「お呼びするかたの情報は必ず網羅しておく」
ということです。
具体的にはネットで情報を集めるのは当然として、
そのかたの著書は基本的に読み込みます。
アマゾンのお急ぎ便が活用されるわけですw
時間のあるときは、
そのかたの著書を読み込むだけでなく、
そのかたが活躍されているフィールドに関係する本を読みます。
会計士のかただったら会計の知識を勉強したり、
マーケターのかただったらマーケティング理論を勉強したり。
こうすることで勉強会の理解度が3倍くらい深まります。
テーマや講師に興味をもって参加されたかたとも
有意義な会話を展開することができるようになりますし、
是非お勧めしたい勉強法です。
大学の授業のときにこのスタンスがあれば。。。
と後悔してもあとのまつり。
反省があるならば活かしていまを楽しむのみ!
※自戒を込めて、大学の授業に登壇するときは、
 このポイントは伝えていきたいと思っています。
向上心をカタチに変えるヒントは、RBCの会員登録をどうぞ。
明日は、満木さんです。

WEBのwave:なんでもかんでも自分発信

友部です。
周りにいろんな流行があふれています。
特に「自分発信」。
mixi以来、自分を発信すること、が続いています。
twitter、facebook、mixi、
これらは、「自分発信メディア」として括ることが
可能だと思います。
自分発信における、技術やプラットフォームとしては
優れているものかもしれませんが、重要なのは
その中身、だといつも感じます。
いくら、たくさんの人に自分発信をしていても、
リアルの局面で他者に受け入れられる中身がなければ、
実もありません。人の中身の話です。
いまよりさらに、
中身をつけたい方はRBCへどうぞ。

『ビジネスクリエーターとして大切なことは全てサッカーから学んだ』-その43-

こんにちは。のむらです。
引き続き、このシリーズです。
全国のサッカー経験者の方、また、サッカー小僧のご家族、ご友人の方に、
サッカーに打ち込むことで、ビジネスパーソンとしても一流になるための素養
が身につく、というご理解を頂ければ幸いです。
↓過去の記事↓
その1
その2
その3
その4
その5
その6
その7
その8
その9
その10
その11
その12
その13
その14
その15
その16
その17
その18
その19
その20
その21
その22
その23
その24
その25
その26
その27
その28
その29
その30
その31
その32
その33
その34
その35
その36
その37
その38
その39
その40
その41
その42
↑過去の記事↑
■遊びながら■
高校時代、人数が多いという要因もありましたが、
トレーニングのメニューは殆どがゲーム形式でした。
というのも、ゲーム以外の細かいこと、個人的なスキルアップは、
わざわざ集まってやる理由がない、というのが、当たり前といえば当たり前なんですが、
かなり徹底されていました。
(じゃあ、個人作業の為に満員電車に乗って事務所に行くことは必要なのか??
という平凡な問いも出てくるところではありますが。。。汗)
ゲーム形式であれば、あらゆるルールがあります。
例えば、インターセプト(相手のパスをカットする)はダイレクトで処理しなければならない、
というものがありました。
(ボールに2タッチ以上したら、そこから相手の間接フリーキック)
こういうルールを課せられると、
守備をしながら攻撃に移った時のことを同時に考えていなければなりません。
他にも、フルコートのゲームをする時に、ピッチを縦に3等分して、
後ろ1/3はダイレクト、真ん中のエリアは2タッチ以下、前の1/3はタッチ数無制限
というのもありました。
こういうルールがあると、我々は、最大限に利用してナンボですから、笑
真ん中のエリアから前のエリアに2タッチ目で入ってしまうとか、
そういうことも瞬時に考えます。
(本質的には、各エリアにおけるリスクに関する意識を植付けるという意味があるのですが。。)
これらは、実際のゲームでは課せられないルールです。
ですから、遊びの要素ともいえます。
しかし、こういった遊びの要素を、
極めて重要なトレーニングの要素として取り入れます。
そうすることで、
いつも同じことでは飽きてしまうのが我々人間である、
という弱さの克服もできるわけです。
友人が運営している環境系NPO法人が「遊びながらエコ」という切り口で、
エコ活動といえども、楽しく取り組める活動をしています。
遊びの要素というのは、自分をうまくコントロールするのに、
とても有用だと思っています。
RBCでも、運営スタッフの間では、たまには、そういう試みも行っています。
さぁ、どういう結果がでるでしょうか??
結果は既に皆さんに見える状態なんですが、気がつくでしょうかね?
想像してみてください♪
肩肘張らずに成長するきっかけとして、RBCの会員登録から始まります。
明日は友部くんです。

アフター7に行くシチュエーション別グルメリスト6:MY HUMBLE HOUSE TOKYO

こんばんは、吉村です。
最近晴れてる日が続いたにもかかわらず、今日が雨とは・・・ちょっと残念ですね。
GWも終わり、これからは本格的に夏がやってきますね!
さて、今回ご紹介する店は・・・前からよく行ってる所で、雰囲気と料理は格別に良い!
ジャンルとして、創作シンガポール料理ですが、エスニックの要素が高いですね。
その名も・・・・
MY HUMBLE HOUSE TOKYO

場所は銀座近くにありますが、ちょっと見つけにく所なので、事前にチェックした方がよろしいかと思います。
ここでも名物はやはり「チキンライス」ですね☆
因みにお勧めのシチュエーションとして、
・デート!(最高の場所です)
因みにこの近くにスタンディング形式のシャンパンbarもありますが、それは後日にでも♪
RBCにご興味のある方・勉強会に参加されたい方はまず会員登録をお願いします
※会員限定、毎月4回のメルマガを配信中。
明日は野村さんです。お楽しみ!

FACE BOOKがすごいと思った週末

こんにちは。スタッフの村上です。
今週末は、台北でプロモーションをお手伝いと勉強をしていたのですが、
FACE BOOKのすごさを実感しました。
イベントの集客にFACE BOOKを使っていたのですが、
コミュニティの規模が1ヶ月ちょっとの間で
友達が友達を呼んで8000人弱、
2日間2回のイベントがあって、200人の会場に300人以上が入って、
それでも入りきらない人がいて、
謝って帰ってもらったという展開に、驚きを隠せませんでした。
よく、情報がほしい人に情報が伝わらない(伝えられない)ということって
あると思うのですが、
FACE BOOKのファンページはすごい力を持ってますね。
RBCの勉強会でも、いつかFACE BOOKをとりあげられたらと思うのですが、
会員の皆様の中で、FACE BOOKといえば、この人!とか、
この企業が先進事例だという事象がありましたら、
コメントででもぜひ教えていただければ幸いです。
RBCの会員登録はこちら
明日は吉村君です。

iPad × iPhone vol.02 (キーボード編)

こんにちは、大久保です。
さて、前回に続き、iPad × iPhoneについて書きます。
5月10日に予約がはじまり、3G版は3日で予約終了となったiPad。
予想以上の人気ですね。
今回のiPadの特徴の一つとして、
専用のキーボードが別売アクセサリーとして
販売されるということです。
(iPhoneには有りませんでした)
そこで、今回はiPadのキーボードについて書いてみます。
iPadのキーボードは主に3つあります。
順に説明します。
01.スクリーンキーボード
これはiPadのスクリーン上に出てくるキーボードです。
iPadは画面が9.7インチと大きく、
フルキーボードがそのまま画面に出てきて、
本物のキーボードさらながらに打つことができます。
iPadがiPadたりえていることは、ここにあります。
以下、アルファブロガー小飼弾さんのブログからの引用です。
「Appleが輝くのは何かを加えたときではなく、何かを取り去るとき。
 iPod+iTunesは音楽からCDを取り去った。
 iPhoneはタッチパッドからスタイラスを取り去った。
 そして iPad はネット端末からキーボードを取り去ろうとしている」
まさにその通りだと思います。
ただ、スクリーンキーボードのデメリットとして、
画面がスクリーンキーボードの分だけ
隠れてしまうことが挙げられます。
また、便利とはいえ、リアルのキーボードの方が打ちやすい。
そこで出てくるのが、先程ご紹介した専用のキーボードです。
02.Apple iPad Keyboard Dock (JIS)
これはiPad用のキーボードドックで、
リアルなキーボードとしての機能の他、
コネクタが後ろについているため、
そこから電源に接続したり、PCに接続することができます。
また、オーディオジャックもついているため、
そこからスピーカーにつなげることも可能です。
まさに至れり尽くせり。
ただ、妙に出っぱりがあり、
持ち運びには不便なのかなというのが、
個人的な感想です。
iPadの使用用途は人それぞれですが、
iPadもキーボードも常時持ち運びたい人には
あまり向いていないのかなと思います。
そこで、3つ目のキーボードが登場します。
03.Apple Wireless Keyboard (JIS)
これはワイヤレスキーボードです。
ご覧の通り、とても薄いため持ち運びにも便利です。
iPadとはBluetoothでつなげられます。
噂では、時期iPhoneは
Bluetoothでワイヤレスキーボードとつなげられるとかいう話も
チラホラ聞くので、iPadのキーボードをお探しで、
時期iPhone購入予定であれば
こちらを持っておいた方がいいのかなと思っています。
(あくまでも確定情報ではありません。念のため)
以上、いろいろと書きましたが、先程も書いた通り、
iPadの良さはリアルなキーボードを無くしたことなので、
リアルなキーボードを買ってiPadを持ち運ぶくらいなら
PCを持ち運べばいいじゃないかという意見は多々聞きます。
そこはあくまでも個人の選択・好き嫌いなのかもしれませんね。
では、また次回に続きます。
☆RBCの勉強会への参加はまず会員登録から☆
明日は村上君です。
お楽しみに!