スタッフブログ

映画レビュー『劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語』

こんにちは、スタッフの大久保です。
今回も映画レビュー(ネタバレなし)を書きます。
今日は『劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語』です。
【あらすじ】
宇宙から来た謎の生き物キュゥべえの力によって、どんな願いでも一つだけかなえる代わりに魔法少女となった鹿目まどかは、魔女と戦うほかの魔法少女たちの悲しい姿を見て、魔女が存在しない世界を願った。彼女の願いはかない世界は改変されたが、魔女の代わりに魔獣がはびこるようになり、魔法少女の暁美ほむらは戦闘の継続を胸に決める。その後、月日は流れ魔法少女の美樹さやか、巴マミ、佐倉杏子、ほむらは、ナイトメアと呼ばれる怪物退治に精を出していた。あるときほむらは、戦いをこなしていくうちに疑問を感じるようになる。
【オススメ度】
 90点(100点満点) ※あくまでも個人的な感想です。
【レビュー】
魔法少女まどかマギカは、もともと2011年にテレビの深夜枠で放送されていたアニメです。
キャラクターが萌え系なので、敬遠されがちなアニメですが、内容はとてもしっかりしています。
対象年齢が低いように見えて、実際に子供が見たら、あまりよい影響がないだろうと思われるほど、ダークな物語です。
劇場版としては、[前編] 始まりの物語、[後編] 永遠の物語が今まで放映されていましたが、これはアニメ版の総集編みたいなもので、今回の[新編]叛逆の物語がアニメ版にはないオリジナルの物語。そのため、公開前から注目されていました。
公開当日の午前0時に上映し、その後明け方までのプログラムがすべて満席となるほどの人気でした。
テレビで放送していたアニメが劇場版として映画で上映することはよくあることです。
すでに固定ファンがいるので制作サイドは興行的には安心して映画を作れるでしょうが、内容の良し悪しによってテレビ版アニメのファンを裏切ることにもなりかねない、とても危険な行為でも有ります。
さて、では今回の[新編]叛逆の物語はどうか。。。ネット上では意見が真っ2つに別れるほどの問題作です。
起承転結がしっかりしていて、良い終わり方をしているアニメ版をひっくり返すような内容。
その良し悪しは人によって感じ方は違うかもしれませんが、個人的には良い映画だったと思いました。
感動するとかではないのですが、あのアニメ版の劇場版をつくるとしたら、こういうような物語にするのが最適だったんだろうな、という意見です。
これ以上はネタバレになるので、直接映画を観ることをオススメします。とにかく見た目の萌え系を毛嫌いせずに観ると面白いと思います。
ビジネスクリエーターズへの会員登録はこちらから。
明日は野村君です。

ヱヴァンゲリヲンと日本刀展

こんにちは!
松葉佐です。
次回のLiveまでアニメ関連のネタでブログを引っ張ります(笑)
という訳で早速ですが、こんな催しものが予定されているのでご紹介致します。
11月23日から12月23日の期間、上野の森美術館(東京都台東区)で「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」が開催される。岡山会場を皮切りに、岡崎(愛知)、広島、札幌、福岡、大阪、関(岐阜)を巡回し、満を持しての東京上陸。新作3点が初披露となる。
伝統工芸の集合体である日本刀の職人達が、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」の世界からインスピレーションを受け、劇中に登場する武器を再現、またキャラクターからイメージした現代デザインの日本刀を製作。また、エヴァンゲリオンのアナザーストーリーの中で、「ビゼンオサフネ」と「マゴロクソード」という武器が登場するのを受け、実在した刀剣の「備前長船」と「関鍛冶(せきかじ)の孫六(まごろく)」をモチーフにしたものと解して、延べ50人以上の職人たちがそれらを製作・展示する。
「ねとらぼ引用」
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1310/30/news107.html
どこかの会場でイベントをするのは恒例だと思いますが、美術館で展示は珍しいですね!
明日は中島さんです。

『新しいことをやる、スタートアップを応援するとは?』

こんにちは。のむらです。
先日、某所でシリコンバレーの話を聞く機会がありました。
シリコンバレーは、世界のビジネスシーンの中で、
最も勢いのある場所だと思います。
色々と学ぶべきことが多かったので、全てを書くと膨大な量になりますが、
その中から少し、書いてみたいと思います。
まず、大きな視点で見た時に、
「新しいことにチャレンジすることを応援しよう」
ということを建前ではなくて、本格的に考えている人が多い、
という点があると思いました。
それは例えば、家庭の教育の違いです。
日本の多くの家庭では、子供が大企業に就職すると言えば喜ばれ、
大企業をやめてスタートアップをして、Facebookみたいな会社をつくる、
と言い出せば、反対したり、色々と説明を求めたり、、、ということがあるでしょう。
これは、肌感覚として、その通りだと思います。
一方で、向こうでは、既に成熟した大企業に就職すると言えば、
「それは普通の、平凡な人のやること」と見なされ、
「Facebookみたいな会社をつくるんだ」と言えば、
応援してもらえるという文化があるそうです。
この違いはとても大きいと思います。
よくよく考えれば、日本の、世界的に有名な大企業というのは、
殆どが、戦後間もない頃に出てきたベンチャー企業だったりします。
確かに、創業者の視点で見れば、大成功したベンチャー企業は、
日本にも色々あるわけですが、とはいえ、
近いところでは、ソフトバンクはスゴいですが、
世界的に知名度や影響力のあるようなベンチャー企業は、
あまり出てきていないと思います。
さて、古くに成功したベンチャー企業が大企業として君臨している日本ですが、
その構造が手放しで良いことかと言えば、
実際には、日本という経済圏で見れば、成長の鈍化であったり、
国際競争力の伸び悩みであったり、ということを課題だと思っている人は多いです。
それこそ、子供が大企業に就職することを喜んでいる親であっても、
その点については不満を抱えていたりして、
だいたいの矛先は政治の方に向かっていたりして、
今度の首相は何とかしてくれ!みたいなことを繰り返しています。
もちろん、ルールによって改善できることもあります。
例えば、シリコンバレーの例で優れていると思ったのは、
「大企業の調達の一定割合をスタートアップ企業から行うこと」
というルールがあるそうです。
そうなると、スタートアップ企業も、
大企業が調達するであろう商品やサービスを用意しておくと、
初期のキャッシュフローが比較的安定しやすいでしょう。
日本の場合、私も大企業にいたことがあるので分かりますが、
この逆のことをやっています。
取引実績が無い企業とは取引しない、だとか、そういうルールがあって、
スタートアップ企業が大企業と取引をすることはとても難しいです。
ただ、そもそも新たなチャレンジャーが増えて、
新陳代謝が起こるところに、
次世代に競争力のあるビジネスも生まれるわけです。
こういったルールづくりはひとつの補助輪でこそあれ、
重要なことは、新しい自転車に乗る人が現れることです。
ですから、ひとりひとりが、
そういうことを良しとすることで、
結果的に、経済圏全体の成長が促進されるのだということ自覚して、
当事者意識をもってスタートアップを応援することが大事だと思います。
少なくとも私たちは、
新しいチャレンジをする人を応援しますし、
そういう人を応援する人を増やしたいと思っています。
それぞれの立場で、新しいチャレンジを応援できるような、
そんな世の中へともっと進めていきたいです。
ちなみに、
テルアビブがシリコンバレーに次いでスタートアップ環境が良いと言われていますが、
テルアビブでは、様々な立場の人がスタートアップを応援しようということで、
かなり努力されているそうです。
政情や社会インフラを考えれば、東京のほうが遥かに安定していると思いますが、
それでも、成果を見ると、かなり差がついています。
まだまだできることがたくさんありますから、
一緒に行動を、発言を、意識を進化させていきましょう。
そういう仲間との出会いは、未来から逆算すると、
とても素敵なものだと思います。
ビジネスクリエーターズはそういう出会いの場でもあり続けていきたいです。
ちなみに、今月のビジネスクリエーターズLiveは、
シリコンバレーの貴重な話が聞ける機会ですので、
まずはこのチャンスを逃さないようにしてください。
まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。
会員登録は無料です。
明日は八須くんです。

映画レビュー『スティーブ・ジョブズ』

こんにちは、スタッフの大久保です。
今回も映画レビュー(ネタバレなし)を書きます。
今日は『スティーブ・ジョブズ』です。
【あらすじ】
誰からも天才と認められるも、周囲との衝突が絶えないスティーブ・ジョブズ(アシュトン・カッチャー)。既存の組織に所属するのに向いていないと悟った彼は、自分のような友人らと自宅ガレージをオフィスにしてアップルコンピュータ社を設立する。革新的な商品を次々と放ってはヒットさせ、たった4年で株式の上場に成功、IT界の寵児(ちょうじ)となるジョブズ。しかし、意見の相違がある社員は問答無用で解雇、創立時メンバーを冷遇するなど、独善的な言動を繰り返すように。その果てに、彼は自身の会社から追放されてしまう。(シネマトゥデイより引用)
【オススメ度】
 50点(100点満点) ※あくまでも個人的な感想です。
【レビュー】
「事実は小説よりも奇なり」という言葉がありますが、スティーブ・ジョブズの一生はまさにその言葉がぴったり。
アップル社を起業し、いくつかのヒット商品を出すが、社内の軋轢により、自分が作った会社から追い出され、数年後にカムバックして、アップル社を時価総額世界一になるまで復活させるという偉業を達成しています。
これだけ題材がそろっていれば、スティーブ・ジョブズの伝記的な映画を作る側としては作りやすかったのではないかと思いますが、題材が多すぎて散漫になってしまったかな、というのが鑑賞後の感想です。
「会社の起業時〜追い出された後の復活劇」だけを描くだけでも2時間かかるのに、「人間性(完璧主義・気難しい性格)」「恋愛」「ドラッグ」なども描いてしまったので、全体的に希薄になってしまったかな、と思いました。
マイナスの部分はあるのだろうけれど、もっと経営者としてのスティーブ・ジョブズを描いて欲しかったな〜というのが個人的な感想です。
ただ、アシュトン・カッチャーはじめ、俳優は実際の人物にそっくりで驚きましたので、そこは一つの見どころかもしれません。
なお、以前にご紹介した『スティーブ・ジョブズ1995 ~失われたインタビュー~』とセットで観ると、両者の比較ができて良いと思いますので、よろしければどうぞ。
ビジネスクリエーターズへの会員登録はこちらから。
明日は野村君です。

MY BOTTLE DRINK drop

こんにちは。小沢です。
セブンイレブンに行くと店頭に置いてある黄色いチラシと、初めて見る数々のポーション。
気になってみてみると、サーモスとサントリーが共同で開発したという専用魔法瓶と様々な味が楽しめるドロップポーションとあります。
このサーモスの専用ボトルにドロップポーションをセットして、熱湯または冷水をいれて色々な飲み物が楽しめます。
http://www.suntory.co.jp/softdrink/drop/
チラシの黄色もそうですが、ポーションが色鮮やかで12種類もあるので、なんだかお菓子の詰め合わせみたいでいいですね。
定番のコーヒー・紅茶はもちろん、ホットオレンジが飲めたり、「芳醇カシスコーヒー」「あまとろ梅」「焦がしキャラメルコーヒー」「太陽のアセロラ」など
そそられるネーミングのドロップポーションがたくさんです。
価格は1個90円。
専用ボトルにはお湯または水が280ml入りますので、量的には少々少ない気もします。
普通にペットボトル買うよりは安いですが、できればもう一声安くしてもらえるといいですねぇ。
専用ボトルの価格は1980円。白の取っ手の付いた持ちやすそうなボトルです。
保温効果が2時間続くので、しばらくは飲み頃が続くそうです。
ただ、現在白いボトルしかないのが残念ですね。やはり色味のバラエティは必須でしょう。
あとは、280mlは人によっては少ないと感じる方もいそうですね。大容量ボトルの発売も必要かと。
さて、現在関東の1都3県のセブンイレブンで先行発売しておりますが、今後どういうバリエーションと販路の広がりでどこまで顧客を取り込むのか、楽しみですね。
明日は大久保さんです。

止まらない進撃!

こんにちは!
松葉佐です。
最近あまロスという言葉を良く耳にしますが...
※「あまロス」とは‐NHK連続ドラマ『あまちゃん』を毎朝昼に観る楽しみが無くなってしまった時の喪失感の事で「あまちゃんロス症候群」の略称です。
私もなってしまいました。
それは.....進撃の巨人ロス!略して進撃ロスといったところでしょうか(笑)
さて「進撃の巨人とは」?と思った方に簡単にご紹介を兼ねてご説明します♪
別冊少年マガジン(講談社)にて2009年10月号から連載開始。
2013年4~9月にはテレビアニメも放送。
閉鎖的な世界を舞台に、圧倒的な力を持つ巨人とそれに抗う人間達の戦いを描く。
2011年には第35回講談社漫画賞の少年部門を受賞、現在単行本の累計発行部数は2300万部突破、TVアニメBlu-ray&DVD第1巻は10万本出荷、Linked Horizonが歌うOPテーマCDは30万枚出荷と、各方面から高い評価を受けている。
「Wikipedia、他引用」
とかなり人気の作品で、部数からみれば日本人の6人に1人はみている事になりますね!
ちなみにですが、進撃の名前の通り海外でも進撃の勢いはとまらないようです。
13年10月21日の17時現在の米アマゾンの売り上げランキング「Best Sellers in Manga Comics & Graphic Novels」を見ると、第1巻が1位、2巻が4位、3巻が6位。
米ニューヨークタイムスのウエブ版が発表したベストセラーランキングでは、13年10月6日~10月12日の一週間で「Manga」部門1位、2位を占め、ベストテンに「ATTACK ON TITAN」が5冊入っている。
「JCASTニュース引用」
また来年には映画で実写版を予定しており、まだまだ進撃の勢いは止まらないようです!
http://shingeki-seyo.com/
ちなにみ、一番くじというイベントも企画されております。
http://1kuji.bpnavi.jp/item/668/
12月予定ですが大人気だと思われるので、早くいかないと駆逐されるかもしれません(笑)
ビジネスクリエーターズへの会員登録はこちらから。
明日は中島さんです。

結婚生活のほんとのところ。

こんばんは。八須です。
今日はちょっとビジネスからは離れた話題。
結婚前に知っておきたかった7つの真実
自分も結婚して2年になりますが、特に同意するのは次の3つ。
4.ささいなことが気になる
本当にね、ささいなことの方が気になるんですよ。例えば洗濯物の干し方とか。
それが許せるかどうかはまた別なんですけど。不思議なものです。
まあ、「細かいことをうるさく言うな」と思うなら、それは間違いだと
言っておきましょう。細かいことを継続的に注意されるなら、それは
絶対に直した方がいいです。例えばご飯茶碗の持ち方とか。
5.2人とも変わらなければならない
変わらざるをえないというか、変わってしまうというか。
変わるところもあれば変わらないところもあるというか。
何が言いたいのか自分でもわかりませんが、これもその通りだと思います。
7.常に現在進行形
常に危機感と、感謝の気持ちを忘れずに。
ありがとうとごめんねは積極的に言いましょう。
なんかえらそうにアドバイスぽいことを書いてしまいましたが
みなさんの結婚生活が幸せなものであることを祈ります。
明日は松葉佐さんです。

『仕事のプロ意識について』

こんにちは。のむらです。
少しだけ、普段のお仕事の話です。
あるプロジェクトで、
一般社員の方が窓口になっているものがあるのですが、
少し、目線の違いを感じて、その改善をしています。
というのが、プロジェクトをしばらく続けていれば、
常に100点満点とはいかず、人間ですから、
ミスや勘違い等が発生することもあります。
そういう時に、
何をもって「結果オーライ」なのかというのが大事だと思います。
プロジェクトの目的を果たせるのであれば、
結果オーライだと思うのですが、
しかしながら、そうでないところで結果オーライにしようとされると、
けっこう厄介です。
例えば、
事業をつくって収益化する、というのを目指している中で、
何かしらのミスが発生した場合、
事業がちゃんとできて収益が出れば結果的にはオッケーなわけですから、
そこに向けたリカバリをすべきでしょう。
にも関わらず、
自分がミスをしたことに対する叱責を回避するために
言い訳を考える、みたいな対応をされると、非常に残念です。
仕事をする時には、
何が目的なのか?
というところはよくよく意識しておかないと、
目先のどうでも良いことを気にし過ぎてしまうかも知れません。
目的から考えて、「何が重要な問題なのか」ということを
常に頭に置いて行動することが大事だと思います。
まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。
会員登録は無料です。
明日は八須くんです。

映画レビュー『藁の楯』

こんにちは、スタッフの大久保です。
今回も映画レビュー(ネタバレなし)を書きます。
今日は『藁の楯(わらのたて)』です。
【あらすじ】
少女が惨殺される事件が起き、殺人事件の懲役を終えたばかりの清丸(藤原竜也)が指名手配される。清丸を殺せば10億円の謝礼を支払うという新聞広告が出され、身の危険を感じた清丸は福岡県警に自ら出頭。清丸の命が狙われるという状況下、警視庁警備部のSP銘苅(大沢たかお)と白岩(松嶋菜々子)は凶悪犯を移送することになる。(シネマトゥデイより引用)
【オススメ度】
 65点(100点満点) ※あくまでも個人的な感想です。
【レビュー】
漫画『ビーバップハイスクール』の著者きうちかずひろ(木内一裕)原作の同名小説の映画化。
「この男を殺して下さい。名前・清丸国秀。お礼として10億円お支払いします。」という広告が新聞に掲載されたことにより、10億円目当てに殺人犯を殺そうとする者が続出。
友達・赤の他人である一般市民・警察官までが殺人犯の清丸の命を狙う。
誰が味方で誰が敵か分からないスリルがあり、とても面白かったです。
アクションシーンも高速道路でトラック一台爆破させたり、新幹線内でのアクションを取り入れたりして、日本離れしていました。
(新幹線は日本では許可が降りなかったので、台湾の新幹線を使ったんだとか)
ただ、10億円目当てにそこまでするのかな?という箇所が多々あったところが残念なところ。
とはいえ、大沢たかお・松嶋菜々子・藤原竜也ら豪華キャストによる演技も迫真に迫るものがあり、全体的には良い映画でした。
ビジネスクリエーターズへの会員登録はこちらから。
明日は野村君です。

3連休穴場旅の見つけ方②

こんにちは。小沢です。
さて、前回に電車旅のススメを書きました。
というわけで、実際に普通運賃のみで日光に行ってきました。
本来は中禅寺湖やら戦場ヶ原やら奥日光温泉やらがひしめく方面に行きたかったのですが、
そちら方面に行くバスが本来なら日光駅から45分でいけるところが3時間かかると!
目的地に行くまでに片道3時間で往復6時間・・・
バス停にも信じられないくらいの行列、行列、行列・・・
日帰りの私にはそんな悠長にバスに乗っている暇はございません。
というわけで、さっそく東武鉄道のHPにアクセス。
日光からいける他によさげなところはないかを検索。
すると、同じく日光からバスで25分ほどの霧降高原なるものを発見。
聞いたこともない霧降牧場なんかもあるそうで。
高原・・・牧場・・・なんだかよさそう、ということでこちらにコースチェンジしました。
バス停に行くと、中禅寺湖方面のバスと違い、恐ろしく人がいない。笑
バスも一切の混雑もなくスムーズに目的地に到着。
同じ日光といえども、こんなにも違うものかと思いますねぇ。
霧降高原は散策できるコースがあり、そちらをぐるりと歩けるようです。
また、バスで大笹牧場に行けば、酪農体験やらグルメやらも楽しめるようです。
と、いうおすすめ通りのコースを楽しむというのもひとつの手ですが、
私はHPに掲載されていたハイキングマップを頼りに、聞いたことも見たこともない霧降牧場なるものを目指して歩き出しました。
途中険しい道もあるので、気軽に散策したい方にはお勧めしませんが、
結果として牧場独り占めできます。
観光牧場ではないため、ベンチとテーブルがぽつねんとあるだけですが、
人がほぼいないので、芝生に寝そべりながら、広大な牧場と、そこから見える雄大な山々を独占できます。
今まで生きてきた中でこんな体験なかなかないですねぇ。
かなり穴場です。
ご興味ある方は、しっかりとハイキングの準備をした上で行くのをお勧めします。
そろそろ寒くなってきたので、この3連休は温泉のほうに行って、ここは5月くらいのほうがよさそうですね。笑
明日は大久保さんです。