スタッフブログ

MySQLのカラム定義を変更する

こんにちは、なかしーです。
今日もWEB関連です。DBのお話ですね。
元々Nullableでなかったカラムを途中でNullableにしたくなりました。管理画面からSQL叩いて直接変更するという手もあるんですが、折角Laravel使っているのでMigrationでやる方法で行きたいと思います。
今回もStackOverflowです。
http://stackoverflow.com/questions/24419999/laravel-migration-change-and-make-column-nullable/24425013#24425013
ここの中の、UpとDownで2行ずつあるところを参考にして以下のような感じで実装しました。

        const CHGFIELD = 'fieldname';
        const ORGTYPE = 'VARCHAR(256)';
        /**
         * Run the migrations.
         *
         * @return void
         */
        public function up()
        {
                DB::statement('ALTER TABLE `table` MODIFY `'. self::CHGFIELD .'` '. self::ORGTYPE .' NULL;');
                DB::statement('UPDATE `table` SET `'. self::CHGFIELD .'` = null WHERE `'. self::CHGFIELD .'` = "0";');
        }
        /**
         * Reverse the migrations.
         *
         * @return void
         */
        public function down()
        {
                DB::statement('UPDATE `table` SET `'. self::CHGFIELD .'` = "0" WHERE `'. self::CHGFIELD .'` = NULL;');
                DB::statement('ALTER TABLE `table` MODIFY `'. self::CHGFIELD .'` '. self::ORGTYPE .' NOT NULL;');
        }

こんな感じです。fieldnameとvarchar部分は今回変更するカラムの内容で、tableは対象テーブル名として下さい。
 
 
役に立ったよ、という方、(役に立たなかったよ!という方も)
Facebookページにいいね!して頂けると嬉しいです
受付中イベント情報はこちら
まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。
会員登録は無料です。
明日は大久保さんです。
友だち追加数

SNS、それぞれの持つ役割について。

こんにちは!新米スタッフこさかです。
投稿第3弾、
今日は、SNSに関するお話をさらりとお送りします。
クライアントの依頼で、
シーズンに合わせた「賑やかし」用のディスプレイを制作することがあります。
ハロウィン向け、クリスマス向け、正月向け、お花見向け、等々…
「賑やかし」目的なので、
「このディスプレイのおかげで店舗の売上が○倍になった!」
といった効果測定は行なう事が出来ませんが、
そのディスプレイをフックとして、どれだけSNSの投稿があったか?
という情報は、調べてシェアするようにしています。
2、3年前は、もっぱらtwitterの投稿がメインであったのに対し、
最近制作した案件では、圧倒的にInstagramの投稿が多くなりました。
Instagramは画像投稿が必須なので、親和性が高いのでしょう。
WEBプロモーション媒体の種類は様々あり、
それぞれの媒体が異なる役割を担っているのは、もう当たり前の話ですが、
最近は「SNS」として括られる媒体の役割も、
細かく分けられる様になってきているようです。
大手SNSを比較した際の特徴や、それぞれの活用法を簡潔に分かりやすくまとめている記事があったので、シェアさせていただきますね。
「複数ソーシャルメディア統合運用」が必要とされる歴史と背景
例えばSNS連動キャンペーンを行なうとして、
クライアントから、
「どのSNSがイイの?」とざっくり聞かれる時があるかもしれません。
それぞれの特徴をおさえておくこと、とっても大切ですね!
明日はなかしーさんです。
役に立ったよ、という方、(役に立たなかったよ!という方も)
Facebookページにいいね!して頂けると嬉しいです。
まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。
会員登録は無料です。

BC Liveのお知らせ

敏腕コンサルの戦略的集客術!リピート増のコツ(2015/10/31)
▼集客に困っている
▼リピート顧客を増やしたいが、具体的な方法がわからない
▼売上アップの手段として、手元にある顧客名簿が活かせていない
▼効果的なアンケート調査の方法が知りたい
こんな悩みをお持ちのアナタは、ぜひ10月Liveへ!
講師の秋山氏が実際に行ってきた取り組みから、
アナタの商品やサービスが、リピートして選ばれ続けるための
ヒントがたくさん見つかる2時間です。
お申し込みはコチラから

あなたも憧れのプリンセスに☆ドレス女子会

皆様こんにちは! スタッフの小林恵です。
こばめぐと呼んで下さい(^^)
女性の皆様、ドレスを着て非日常を味わう…
そんな体験を夢見たことはありませんか?
結婚式をしたい理由のひとつに、ウエディングドレスを着たい!
というのも含まれていることでしょう。
もし、結婚式でそれが叶ったとしても、そのドレスたちはそれきり…
人生の中で、もう着ることはないかな~と思いますよね。
そんなあなたに朗報です☆☆
華やかに着飾って、思わず笑顔がこぼれた感覚をもう一度…
或いは、これから迎えるであろう結婚式へ想いを馳せたい…
はたまた、プリンセスのようにドレスが私服のように着られたら…
そんな女の子の憧れ体験ができてしまうプログラムがあります!
アンジェブリッサ
つくばにある結婚式場にて、平日の日中、
ドレスアップをして、ティータイムを楽しめます♪
第1回目は夏休み企画として。
第2回目はハロウィン企画として。
この第2回目の企画に、私参加してまいりました♪
私は、演奏のお仕事をしているので、ドレスは着慣れてはいますが、
披露宴用のような派手なものはなかなか着ないので…
それを着るだけで、もうテンションがかなり上がりました!
参加者の皆様も全員素敵なドレスをお召しになって、ティータイムを楽しむ。
そんな光景を眺めるだけでも、とても幸せで楽しいひとときでした。

♡ハロウィン企画♡
ドレスアップアフタヌーンティー開催
第2回目の今回も特別に♡カラードレス♡をいっぱいご用意!
アンジェブリッサが提案する午後のひととき。
ドレスとケーキと紅茶で非日常をお楽しみください。
前回は夏休みということもあり中学生のお子さんも数名参加されましたが、
今回は大人の雰囲気で!年齢は関係ありません!
お友達を誘ってドレス女子会楽しんでください!
※詳しくはアンジェブリッサフェイスブックをご覧ください。
日程:2015年10月21日(水)
時間:14:30スタート(13:30~順次お仕度開始)
会費:4,000円(税別)
内容:アフタヌーンティー(紅茶:花水木)
レンタルドレス
※ヘアーセットはこちらでお手伝い致します
※メイクはご自身でしていらして下さい
会場:アンジェブリッサ(つくば市東新井38-9)
予約:TEL029-853-7700
♡衣裳協力:桂由美ブライダルハウスつくば♡

場所は、つくばなので、ちょっと遠いな~と感じるかもしれませんが、
そこはつくばエクスプレスのすごさを実感してください!
秋葉原から約一時間ほどで着いてしまうので、驚きです!
交通費をプラスしたとしても、この企画、かなりお得ではないでしょうか?
待望の第3回目は…
11月26日(木)に早めのクリスマス企画として開催予定とのこと!
第2回ご参加の皆様は、口をそろえて「年休消化とはこういうときのためにある!」と
おっしゃられていたので、気になる方はぜひご参加検討してみては?
とっても楽しく華やかで幸せな気持ちになれますよ(^^)
ではまた♪
明日は小坂さんです(^^)
役に立ったよ、という方、(役に立たなかったよ!という方も)
Facebookページにいいね!して頂けると嬉しいです。
まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。
会員登録は無料です。

BC Liveのお知らせ

敏腕コンサルの戦略的集客術!リピート増のコツ(2015/10/31)
▼集客に困っている
▼リピート顧客を増やしたいが、具体的な方法がわからない
▼売上アップの手段として、手元にある顧客名簿が活かせていない
▼効果的なアンケート調査の方法が知りたい
こんな悩みをお持ちのアナタは、ぜひ10月Liveへ!
講師の秋山氏が実際に行ってきた取り組みから、
アナタの商品やサービスが、リピートして選ばれ続けるための
ヒントがたくさん見つかる2時間です。
お申し込みはコチラ
◆◆スタッフ募集中◆◆
ビジネスクリエーターズでは、
一緒に活動するスタッフを募集中です。
今よりもちょっと成長のスピードを上げたい方は、
ぜひ一緒に活動しましょう♪
友だち追加数

本屋は好きですか?

 
こんにちは、スタッフのすずきです。
 
突然ですが、皆さんは「本屋」は好きでしょうか?
「本」が好きですか?
ではありません。
「本屋」は好きですか?
 
電子書籍の波は止めようがないと思いますが、本屋好きな私にとっては
少し悲しいことです。
 
波に飲まれず、どうにか生き残ってほしいと思います。
そんな頑張っている本屋を今日は少し紹介します。
 
福岡市スタートアップカフェ
前回の記事で紹介した福岡市のスタートアップカフェ。
本屋の中に、起業相談のスペースを設置することで、その場で欲しい本を
買ってもらうこともできるし、サブの収入も入っているのではないでしょうか?
 
代官山 蔦屋書店
本屋と言えば、ここを外すことはできないでしょう。
最近では多くの蔦屋書店の店舗がスタバと隣接していますが、
そうすることで、書店をサードプレイス化させることができています。
また、代官山では書店を中心にコミュニティを形成することで、
他の書店やネット販売ではできない、人や本の新しい出会いを提供しています。
コミュニティを形成することで、ファンを育て、またリピートしてもらう循環が
できています。
 
泊まれる本屋
最近の流行りですね。お泊まりシリーズ。
水族館やIKEAなど、次々と色々なところに泊まれるようになりますね。笑
今度はどこにお泊まりできるようになるのでしょう。
本屋に泊まれるというのも、本好きや本屋好きにとっては至福の時になりそうですね。
 
3つほど具体的な紹介をしましたが、
そのほかにも、本屋さんが各々のテーマで選書をし、他では手に入りにくいものを
提供しているお店もあります。
 
ただただ、本を売るだけでは勝てるビジネスになりません。
それぞれ、どんな付加価値をつけるのか。
 
そこでしか買えない、本屋と作者とのコラボ本を出したり。
電子書籍リーダーをサンプルと陳列し、実本はネットで買ってもらったり。(在庫のない本屋が面白いのかというと疑問ですが。。。)
 
ぜひ、どうにかして生き残って欲しいものです。
 

役に立ったよ、という方、(役に立たなかったよ!という方も)
Facebookページにいいね!して頂けると嬉しいです
受付中イベント情報はこちら
まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。
会員登録は無料です。
友だち追加数
 
 

金融は民間の手に渡るのか

IT大好きNocchiです。
最近、あちこちでSquareを見かけるようになりました。
わたしはSquare社員のお友達からもらったのですが
普通はどうやって手に入れるのだろう…?笑
ホットトピックス、
paypalに代表される、金融機関以外が提供する金融サービス。
総称、Fintech。
リクルートのAirレジ(POSシステム)、
クラウド会計システムFreee(昨日訪ねてきました)、
アカウントアグリーゲーションでのマネー管理MoneyForward、
経理アウトソーシングMerrybiz…
MoneytreeによるIBM Bluemixとの協業も発表されました。
一番の注目は、Bitcoinとレンディングシステムでしょう。
クレジットスコアリングシステムを開発できたらノーベル賞、なんて都市伝説もありましたが
実際にクラウドファンディング型として、maneo等が台頭してきています。
デフォルト率を、既存の法人営業によるスコアリング体制と
比較競争していくことになるのでしょう。
まぁ、このあたりは機械学習が非常に進化してしまえば同じなのですが
ハイスペック端末の費用はランニングコスト含め非常に高いため
製品化しても市場へ出回るまではそれなりの時間がかかりそうですね。
話題のワード「P2P」については、Fintechにご興味ある方はぜひチェックを。
金の卵であるがゆえに、サイバー攻撃の標的となるであろうリスクもあり
このインダストリーは、セキュリティ面でマイナンバー制度並みの注目度の高さです。
とはいえ、セキュリティは大手もスモールも同じテンション。
金融はもはや、金融機関だけのものではなくなってきているのかもしれない、ですね。
今後はホワイトハッカーの需要が爆速で増えていくでしょうが
悪意あるハッカーとの見極めを、雇用時点でさてどう行うのかは
なかなか難しい話だろうな…と思っています。
Fintech動向注視には、定番のThe bridgeと、
これまたFintechのZUU onlineがオススメ。
明日は鈴木君です。
 

役に立ったよ、という方、(役に立たなかったよ!という方も)
Facebookページにいいね!して頂けると嬉しいです
受付中イベント情報はこちら
まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。
会員登録は無料です。
友だち追加数
 
 

理系バー、Incubator(インキュベータ)から考える、アイディアの価値

こんにちは。のむらです。
以前からちょくちょく立ち寄っていたのですが、
このところ、メディアでの紹介もあり、
ずいぶんと人気になったお店があります。
Incubatorというサイエンスバーです。
以前、大先輩と行ったことのないお店(ちょっとお洒落な居酒屋といったところでしょうか)
に招待されて、飲んでいた時に、
「ここのお店の売りはなんですか?」
と、その大先輩が店員さんに聞きました。
そうしたら、
「野菜も肉も魚も、どれでもおいしいです」
という答えが返ってきました。
翌日、その大先輩から電話がありまして、
「ああいう店はいかん」
というお話をされていました。
理由を聞くと、
「何のためにそこに行ったのか、という印象がボケてしまう」
とのことでした。
確かに、お店に行く時には、
行く側からすると、「なぜその店に行くのか?」
があるほうが、良いと思います。
ある店にいる、ということは、
同じ時間に別の店にはいられない、ということですから。
仮に、誰かと行くとした時に、
「なぜこの店を選んだのか?」
が、
「なんとなく」
では、ちょっと失礼な気もします。
誰かを接待等する時に、
金額帯、というのもひとつの表現ではありますが、
金額だけで気持ちを表現するとなると、キリが無いです。
どこかと比較すれば、今、自分の予約できる一番高額なお店だって、
ずいぶんと安いお店かも知れません。
しかし、
●●を味わうには■■
とか、
□□が特徴の○○
というお店であれば、
印象的でもあるでしょうし、
話のきっかけにもなります。
その点で、
Incubatorさんは、特徴が明確なのが良いと思います。
一応は、ワインバーということなんですが、
空間は研究室の如く、
ビーカーや試験官、シャーレ等がちゃんと食器としてつかわれています。
炙りはもちろん、アルコールランプです。
ワインバーとなると、
ワインそのものの話もあるのですが、、、少し角度を変えて、
ワイングラスの洗浄において、実験器具と同じように洗浄がされている、
(つまり、グラスに不純物が残らない)
というのは、個性的な特徴のひとつでしょう。
店内では良い白衣があって、白衣を試着することもできます。
おそらく、あまりにも多くの声を聞き過ぎると、
個性的なお店に仕上げるのが難しくなるでしょう。
アイディアを他人に披露した時に、
その反応は様々でしょう。
時に、他人の反応やアドバイスを捨てる(もっと言えば、お客さんを捨てる)
ということによって、維持できる特徴というのもあると思います。
アイディアというのは、
特徴が維持できてようやく、第一歩なのかも知れません。
役に立ったよ、という方、(役に立たなかったよ!という方も)
Facebookページにいいね!して頂けると嬉しいです
受付中イベント情報はこちら
まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。
会員登録は無料です。
明日は野中さんです。
友だち追加数

【こんなの欲しかった!】傘をシェアできるシステム『Umbracity』


こんにちは、スタッフの大久保です。
「天気予報では晴れだったのに、出先で雨が降ってきた」
そんなことはありませんか?
折りたたみ傘も持ち合わせが無い場合、あなたならどうしますか?
私がよくするのは、近くのコンビニでビニール傘を買うこと。
でも、それを繰り返すと、家にビニール傘がたまるんですよね…。
「傘を共有できるようなシステムがあればいいのに」と思っていたら、
こんなサービスを見つけました。
傘を共有するシステム『Umbracity』
Umbracityは傘を街全体で共有するシステムで、登録無料で利用できます。
借りてから48時間以内に返せば無料。
ただし、返さなかった場合には1日あたり2ドル、
最高20ドルが事前に登録したクレジットカードに請求されます。
良い課金システムですよね。
現在はまだカナダでテスト運用中とのことですが、
今後日本で広まることを期待しています。
面白かったよ、という方は、 Facebookページにいいね!もして頂けると嬉しいです
次回の勉強会は2015年10月31日開催予定です。
 ▼現状を打破するために必要なマーケティング手法がわからない
 ▼手元にある顧客名簿からどう仕事に繋げたらよいかわからない
 ▼イベントのたびに、集客に困っている
 ▼データ分析といっても、具体的に何をしたら良いかわからない
このようなお悩みをお持ちであれば、ご参加されてみてはいかがでしょうか?
勉強会の詳細・お申し込みは以下のリンクからお願いします。
絶対に黒字化するイベントの裏側を大公開!実例から見るマーケティング手法とデータ分析
まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。 会員登録は無料です。
明日は野村君です。お楽しみに!
友だち追加

bootstrapだけで丸ボタンを作る

こんにちは、なかしーです。
今日もWEB関連です。今日はHTMLですね。
Bootstrapで丸いボタンを作りたいな-と思いました。HopelistのHope一覧でログインした時とかにオーナーとかエントリー済みとか表示する際に使ってます。
これを作る際に参考にさせてもらったサイトが以下です。
http://bootsnipp.com/snippets/featured/circle-button
実装時には、微妙にピクセル単位で見え方は調整はしましたが、大体同じですね。
 
役に立ったよ、という方、(役に立たなかったよ!という方も)
Facebookページにいいね!して頂けると嬉しいです
受付中イベント情報はこちら
まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。
会員登録は無料です。
明日は大久保さんです。
友だち追加数

過去の失敗から考える、商店街回遊型イベントの「肝」

こんにちは。新米スタッフのこさかです。
2回目の投稿となります!よろしくお願いいたします。
今日は、「商店街回遊型イベント」についてお話ししたいと思います。
私は美味しい食べ物に目がなく、
週末は気になっていたお店や、その時々に行われる飲食イベントに行くことが多いのですが、
先週末も例に漏れず、「下北沢カレーフェスティバル」という商店街回遊型のイベントに行ってきました。
こちらのイベントは名前の通り、カレーを食べるイベントです。
下北沢にある沢山の飲食店が、様々なアレンジを加えたカレーをそれぞれのお店で提供、
参加者はイベント専用の下北沢マップを見ながら思い思いの店に足を運ぶ…という流れです。
(ちなみにこちらのイベントは18日まで行われていますので、
 興味のある方は是非行ってみてくださいね!)
商店街回遊型のイベントは、街コンなんかでも取り入れられてますよね。
中には法人だけでなく、学生団体が運営されているイベントもあります。
以前の仕事で、ショッピングモールの大広場を貸し切り、
関東圏内で出店者を募って飲食イベントを行なった事があります。
その時のイベントは色々と読みが甘く、かなり苦い経験をしたのですが…。
ショッピングモールなどの場所を利用して行なう「出張イベント」的なものと、
先に挙げた「商店街回遊型イベント」。
自分の苦い経験もふまえ、
取り組みやすさとしては断然「商店街回遊型イベント」だと思っています。
(主に自分のために、)そのポイントを整理してみました。
1)「場所代」がかからない
ショッピングモールなどのスペースをレンタルする出張イベントの場合、
主催者はスペース料金を負担しなければなりません。
商店街回遊型イベントは多くの場合、ここの負担がゼロです。
(ただしスペースを借りて行なう場合、
ショッピングモールの持つ集客力を味方につけることができるので、
エリアによっては商店街回遊型イベントよりも出張イベントのほうが、
大きくイベント参加者を増やす事が出来ます。)
2)出店者がメリットを感じやすい
これは主に交渉時のポイントかなーと思っていますが、
出張イベントの場合、何度も参加しているイベントでない限り、
「お客さんが何人集まるかわからないし、
原料や機材の輸送費、人件費などがかさむので、収益を見込みにくい」
といった懸念が、出店者にとってイベントへの出店をためらう理由となりやすいです。
しかし商店街回遊型イベントであれば、
「勝手知ったる自分の店を利用でき、かつ余計な費用負担をすることなく、イベントに出店できる」
という訳です。
3)消防署、保健所チェックのハードルが低い
個人的にはこの部分が商店街回遊型イベントのキーポイントだと思っています。
出張イベントの場合、消防法、食品衛生法に違反していないかの確認として、
消防署・保健所の現場チェックが入ります。
規定の通路幅を確保できているか、
電源コード・給水ホースなどを、お客さんが怪我をしないようなルート・設置方法で設置しているか、
出店者が利用する洗い場は規定の個数以上設けられているか、などなど…
ちなみに以前の仕事は、
当初使用予定だった出店者ブース用の設営機材が、保健所の指示により使用不可となり、
代わりに数百万円のコンテナ(仮設住宅にも利用されるアレです)を使わねばならなくなり、
それが赤字を招く大きな原因となりました…
商店街回遊型イベントであれば、
こうした部分の多くは出店者側で既にクリアされているため、
実施までのハードルがぐっと下がります。
もちろん、広範囲からお客さんが来るようなエリアで、
かつ飲食店が集まっている商店街でないと集客に苦戦するので、
継続的に実施するのは難しいのですが・・・。
「何かイベントやってみたい!」という方は、一度検討されてみてはいかがでしょうか。
飲食のイベントを実施予定の方、消防法と食品衛生法にはご注意を・・・!
(なんだか自戒を込めた締めくくりとなってしまいました)
明日はなかしーさんです。
役に立ったよ、という方、(役に立たなかったよ!という方も)
Facebookページにいいね!して頂けると嬉しいです。
まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。
会員登録は無料です。

BC Liveのお知らせ

敏腕コンサルの戦略的集客術!リピート増のコツ(2015/10/31)
▼集客に困っている
▼リピート顧客を増やしたいが、具体的な方法がわからない
▼売上アップの手段として、手元にある顧客名簿が活かせていない
▼効果的なアンケート調査の方法が知りたい
こんな悩みをお持ちのアナタは、ぜひ10月Liveへ!
講師の秋山氏が実際に行ってきた取り組みから、
アナタの商品やサービスが、リピートして選ばれ続けるための
ヒントがたくさん見つかる2時間です。
お申し込みはコチラからどうぞ!
◆◆スタッフ募集中◆◆
ビジネスクリエーターズでは、
一緒に活動するスタッフを募集中です。
今よりも成長のスピードを上げたい、という想いを持つ方、
一歩踏み出してみてください!
友だち追加数

本屋とスタートアップ

 
こんにちは、スタッフのすずきです。
今日はスタートアップと行政との関わりについて考えたいと思います。
 
<ビジネス形態>
ビジネスの形には色々とあると思いますが、代表的なのが、
「BtoC」や「BtoB」だと思います。
スタートアップ企業が、いきなり「BtoC」や「BtoB」ビジネスというのは
実はかなり難しいものだと思います。今まで積み重ねた実績とそれによる信頼が
あってこそ、ビジネスが成立するからです。
信頼のないスタートアップ企業にとって、最初は創業メンバーの知り合いから仕事をもらうことで
実績を積み重ねて、信頼を獲得する必要があります。
 
<信頼の獲得>
では、その信頼を獲得するための最初のツテのない会社はどうすれば良いのでしょうか?
いきなり、営業として自らを、または自らのプロダクトを買ってもらうしかないのでしょうか?
 
その解決策の一つが「BtoG」なのではないかと思います。
行政と仕事をすることで、ツテのある会社との取引とは比べ物にならない
圧倒的な信頼と実績を勝ち取ることができると思います。
今、注目話題になっている「地方創生」と
スタートアップは密接な関係にあると行政も考えているのでしょう。
 
<創業の手助け>
福岡市ではこんな取り組みもされています。
 
企業の立ち上げの段階から行政が関わっていくことで、起業後の生存率も高まり、
スタートアップが大きくなることで、雇用を生み出すことにもつながっていくと思います。
 
こういった取り組みは福岡市だけでなく、鎌倉市横須賀市なども独自の取り組みを始めています。
 
<最初の一歩>
 
起業してすぐの人や起業しようとしている人に積極的に関わっていこうというトレンドは
間違いなく存在しているので、皆さんの地元でも探してみてはいかがでしょうか?
何かヒントになることを得られたり、もしかしたら最初のお客様になって
くれることもあるかもしれません。
 
 
役に立ったよ、という方、(役に立たなかったよ!という方も)
Facebookページにいいね!して頂けると嬉しいです
受付中イベント情報はこちら
まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。
会員登録は無料です。
 
友だち追加数