スタッフブログ

「ビジネスホテルをミシュラン星付きにした女性社長が語る改革の秘訣!

みなさん、こんにちは。
スタッフの阪倉です。
今月は私が勉強会を担当します!
題して



「ビジネスホテルをミシュラン星付きにした女性社長が語る改革の秘訣! 」
http://businesscreators.jp/event/1671.html
です!
■6月の勉強会「Live」は?
「ビジネスホテルをミシュラン星付きにした女性社長が語る改革の秘訣! 」
と題して「庭のホテル東京」 代表取締役 木下彩さんをお招きします。
<木下 彩氏 プロフィール>
1982年(昭和57年) 上智大学外国語学部英語学科 卒業
有名ホテルに勤務後、結婚。
グループホテルである静岡グランドホテル中島屋勤務等を経て、
1994年(平成6年)  株式会社東京グリーンホテル(現 株式会社UHM)に取締役として入社、
翌年には代表取締役に就任。
2009年(平成21年) 5月に庭のホテル 東京を新築オープンし、
2011年(平成23年) 4月より同ホテル総支配人を兼務
木下さんは家業のホテル経営をお継ぎになり、
ビジネスホテルをミシュラン星付きにした素晴らしい方です!
今回はその改革の秘訣をお聞きします。
■水道橋・三崎町にミシュラン星付きホテルがあるのをご存知ですか?
東京駅から電車で7分。
水道橋、三崎町に実はミシュラン星付きの
素晴らしいホテルがあります。
目の前を通るだけで、そのたたずまいに息を
のんでしまう緑あふれるエントランス。
黒を基調とし、木や石の自然を感じられるロビー。
広々とした部屋には大きな障子窓があり、
程よい光が気持ちを癒してくれます。
海外の利用者からも絶大な人気を誇る
隠れた名ホテル、それが「庭のホテル」です
「庭のホテル 東京」
http://www.hotelniwa.jp/
 
実は知る人ぞ知る、素晴らしいホテルです。
私も個人的に利用しており、大好きなホテルです。
ぜひ「Live」へのご参加お待ちしております!!
↓お申込みはこちら↓
http://businesscreators.jp/event/1671.html
 
新規会員登録は今すぐこちらから
明日は中島さんです。

 

世界遺産に登録確実となった富士山、入山料は1,000円?

こんにちは。八須です。
今日は富士山のお話。
富士山入山料、今夏から試行へ…1000円程度
先日、世界遺産登録が確実となった富士山ですが、今年の夏から入山料1,000円を徴収することになったそうです。むしろ今まで無料だったんだ…とちょっとびっくりしましたが、今でさえ夏休みの時期などは明け方に大渋滞が起こるらしい(日の出を見るため)ので、世界遺産になったらますますすごい混雑になってしまうのでは…と思いました。いよいよとなったら入山制限とか、予約制とかになるかもしれませんね。
と言っている自分は富士山には五合目(車で行けるところ)までしか行ったことがありませんが…(笑)
明日は阪倉さんです。

応援の現場から

こんばんは、樋口です。
国民的イベントとまで言われるのは大袈裟かもしれませんが、
動員7万人以上の年間恒例イベントといえばそう表記してもおかしくはない。
先週土曜日はAKB48の第5回選抜総選挙でした。
私は外出した帰りにジムに立ち寄って上半身に加圧トレーニングをして、
ランニングマシンで走り込んでいるときにテレビで観ました。
結果は意外といえば意外だったのかもしれませんが、
速報値から比べると、サプライズ&大抜擢という要素は
そこまでなかったのかもしれません。
篠田麻里子の卒業発表と宮澤佐江のSNH一本宣言くらいか。
私は3年連続で投票をさせていただきました。
シングル「さよならクロール」を3枚購入したのは、
「応援」というものを科学するためです。
決して、AKBヲタだからではありません。MIXもできません。
3枚のCD&DVDは、会社の同僚と後輩と元上司にプレゼントしました。
同封されたブロマイド写真は回収しましたが。
(同僚が暫く返却を渋ってましたw)
投票券のうち1票は、別の同僚Fに貸したところ、勝手に投票されました。
貸した私が悪いのですが、許せません(投票先は、板野友美)。
1票は浪速の歌姫、山本彩@NMB48に。さや姉です。
そして1票は当然、指原莉乃@HKT48に投じました。
大分は大騒ぎになるかなw
そんな当事者意識をもってマスコミで流れるニュースを感じ取れるのは、
実に有意義なことだと思っている。
当然、バカにされる筋合いは、ない。
身銭を切っての社会現象分析、涙ぐましい(言い過ぎか・・・)
そういえば、1996年、沖縄アクターズスクールから
私たちと同世代のSPEEDが鮮烈デビューを果たしたとき。
当時のおじさんたちは「全員顔が同じに見える」と言っていて、
若い人たちから大バッシングを受けていました。
あれから17年。
我々の世代がAKB48に対して
当時のおじさんたちと同じことを言っているのを聴いて、
気持ちは常に若くありたいと思わされるのでした。
流行っているものは自分なりに味わって咀嚼してから、
客観的に分析できるようになりたいと思うのでした。
当然、主観的にも楽しませていただきますが。
ビジネスクリエーターズへの会員登録は、こちらから。
明日は、八須さんです。

『新しいモノをつくる価値-Lab』

こんにちは。のむらです。
ビジネスクリエーターズには、色々なプロジェクトがありますが、
ビジネスクリエーターズLabというものがあります。
そもそも、ビジネスクリエーターズのコアとなる価値は何か?
というと
「ビジネスクリエーター」
です。
ビジネスクリエーターとは、
「世界のビジネスシーンにおいて、人に今まで味わったことの無い感動を与える人財」
であり、ビジネスを通して新しい感動を生み出す人のことです。
こういう人が増える世の中は良い世の中であって、
こういう人が減るような世の中は良くない世の中である、
というのが根本的な考え方です。
全ての活動は、そこから派生しているものです。
ですから、何かのご縁でビジネスクリエーターズを知り、
会員登録をされたり、各種イベントに参加されたり、
ビジネスクリエーターズのことをご友人や知人にお知らせ頂いたり、
という皆さんの行動も、全てはここに繋がっています。
その中で、Labという活動は、
ビジネスクリエーターとは何か?
を探求し、より詳しく説明することですし、
一方で、
ビジネスクリエーターとしてより成長するには、
何が必要か?を探ることでもあります。
このひとつの成果は、
ビジネスクリエーター診断
です。
ビジネスクリエーターという概念も、
我々のオリジナルの概念ですし、
ビジネスクリエーター診断では、
ビジネスクリエーターのタイプを4つに分けて説明し、
あなたがどのタイプであるかを判定することができます。
現状は、Web上で結果を返すようなところまでできていませんが、
Web上で判定結果を返せるようにしたいと準備をしています。
これは、全く新しいモノをつくっているわけでして、
まだまだ広まっているとは言い難いですが、
本当に新しいモノというのは、こういう風にしか生まれないでしょう。
何だかよくわからない、分かってもらえない。
人間は、分かるものを信じる傾向がありますから、
分からないものは信じられない。
信じられないものは、価値がないように思える。
本当に新しいものというのは、
それが発明であれ発見したことであれ、
人々に信じられ、支持されるには時間がかかります。
例えば、地動説が正しいとしても、
それまで天動説を信じてきた人がそれを受け入れるには、
時間がかかったように。
ただ、上述の通りで、
ビジネスクリエーターが増える世の中は良い世の中である、
という出発点が間違っていないのであれば、
それを探求することは、仮に分かる人がまだ少なくとも、
進む方向としては良い方向なはずです。
ですから、こうして、なかなか思ったとおりのスピード感には
まだまだなっていないながらも、少しずつ研究を続けています。
一生は短いです。
もし、過去に生み出された概念や価値をなぞるだけの人生ならば、
新しいものは何も生み出すことがないでしょう。
しかも、それは皮肉にも最も多くの人にとって安心感があると思われている生き方です。
しかしながら、
今でこそ、一定以上の支持を集め、価値があると言われ、憧れられるようなモノも、
それらが世の中に出てきた時には、おおよそ、価値のあるものとは思われていなかったものです。
それでも、新しいモノを生み出す人が、いつの時代も少しはいるもので、
おそらく、新しいモノを生み出す人にとっては、
他の大勢の人が見えていない未来が確信を持って見えていたことでしょう。
ビジネスクリエーターが増える世の中、
明るくて面白くて豊かな未来。
そういう未来が見える方、そういう未来を見て行動する方と、
一緒に研究を進められたら、その過程も素晴らしいものであると思っています。
ぜひ、既存の価値を食い潰すだけでなく、
未来の価値をつくりましょう。
まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。
会員登録は無料です。
明日は樋口くんです。

東北の元気

こんにちは、スタッフの大久保です。
先日、仙台に出張に行きました。
そこで、とても驚いたのが街に活気があったこと。
3.11の震災の影響は少なかったにせよ、
1年前くらいに行ったときに比べると
東京の新宿や池袋などよりも人が多く、活気がありました。

それでも、現地の方と話をさせていただくと、
家族や親族が震災に遭った方があり、
やはりそれぞれ悲しみを乗り越えた上での明るさのようにも思いました。

次はぜひプライベートで行ってみたいと思います。
ビジネスクリエーターズへの会員登録はこちらから。
明日は野村君です。

ダンドリ力のレベルアップLive行きませんか?!6/27(木)紀伊国屋新宿本店

こんにちは、なかしーです。
プライベートでよく可愛がって頂いている先輩経営者の吉山勇樹さんの著書「ダンドリ仕事術」が11万部超えということで、紀伊国屋での講演会に行ってきます!
実は、なんとこの日は私の誕生日!さすがのダンドリリスト、手が込んでます。(って違うか。。)
普段はB2Bでの研修でしか話さない方ですので、中々貴重なチャンス。興味有る方は一緒に行きましょう!
 
6/27(木)@紀伊国屋書店新宿本店
開場 18:30
開演 19:00 (~20:30)
8階イベントスペースにて
入場料 500円(入場時にお支払)
ご予約・お問い合わせ先:紀伊國屋書店新宿本店3階 03-3354-5703(直通)

梅雨なのに

みなさん、こんにちは。
スタッフの阪倉です。
 
梅雨に入りましたが、雨がなかなか降らないですね。
個人的には晴れていてうれしいのですが、
梅雨入りしたにも関わらず不思議な感じです。
 
早く夏になりますように!!
 
新規会員登録は今すぐこちらから
明日は中島さんです。
Follow @rbc_staff

一次情報に当たること

こんばんは。八須です。
今日は良いまとめを見つけたので共有します。
無料で利用できるデータベース&レファレンスサービスまとめ
「うそはうそであると見抜ける人でないと(掲示板を使うのは)難しい」とは2ちゃんねるを作ったひろゆきさんの言葉ですが、インターネットで大量の情報が流通するようになったいま、その真偽を確かめるのはもはや利用者自身の責任になってきています。個人メディアよりもマスメディアの方が信ぴょう性が高いのはもちろんですが、マスメディアが扱わない情報や、ユニークな視点を提供している個人メディアがあるのも事実。自分自身で真偽を見極められれば、そういった情報や視点も得られるわけですから、一次情報にあたることも時には必要なのではないでしょうか。
自分が特におすすめなのは、統計情報を見てみること。よく人口や出生率、失業率などがニュースになりますが、その変遷をみてみると、短いニュースではわからないことが見えてくるものです。せっかく国や自治体が税金を使って作っているものですし、なんとなくでも一度見てみてはいかがでしょうか。
明日は阪倉さんです。

憧れるひと

こんばんは、樋口です。
同じ志を持っている人たちの話を聴くと、自分の気付きになる。
まるで将来のライバルになるかのような、
そしてベンチマークすべき憧れになるかのような。
私の場合、こんなひとたちに極端に反応するようだ。
・自分よりもストイックに克己心を発揮している人
・自分がなりたい・ありたいと思っていた姿を体現している人
・他人以上に自分に厳しく周りを鼓舞している人
そんな人が知り合い係数2にいるということに気付くだけて、
そしてすぐに知り合えそうな気がするだけで、
ワクワクが止まらなくなってくる。
そして、そんな自分のアンテナを察知してくれて、
ぴったりの人を紹介してくれる触媒のような人がいる。
強引なセールスとは異なり、損得勘定抜きで。
これも、私にカスタマイズされた
ひとつの応援なのかもしれない。
そんな貴重な出会いの化学反応を起こせるような自分でありたいと改めて思うのでした。

ビジネスクリエーターズ
への会員登録は、こちらから。
明日は、八須さんです。

『Independence-独立の準備やノウハウを扱う理由』

こんにちは。のむらです。
ビジネスクリエーターズには、色々なプロジェクトがありますが、
旧RBCインテグレートである、
Independenceというプロジェクトは、
ひとつ、特徴的なものです。
これは、独立を考えている方のための6ヶ月間のプログラムです。
1ヶ月毎に講座があり、その間は講座の内容をベースに、
様々なことを日々実践して頂く期間です。
主に、会社勤めの方が独立することを想定しています。
※既に独立している方がもっとうまくいくために活用した事例もあります。
正直なところ、
独立するなら、あれこれ考えていないで、
とっととやれば良い、
という意見もあるかも知れません。
というのが、独立したところで、できる失敗なんかは、
そんなに大きくないです。
イメージだけで語られると、
独立して多額の借金を背負って、、、
みたいな話をする方もいるかも知れませんが、
そもそも、多くの人がいきなり独立したところで、
そんなにたくさんのお金を借りることはできません。
いや、いきなり多額の借金ができるなんて思っている方は、
既にだいぶ特別な方でしょうし、
そもそも、資金調達をするタイプの起業家のやっていることを
あまりにもバカにしすぎです。
なので、今すぐ独立した場合、
ほとんどの人は、言い方はさておき、
単なるフリーターになるに過ぎません。
なので、考えられる最悪のシナリオというのは、
だいたい「普通のフリーターになる」くらいの認識が、
正確なところかと思います。
さて、とはいえ、
自分の親友が、今、サラリーマンだったとして、
とりあえず会社やめて、来月からフリーターにになりたい、
と言い出したら、何を伝えるでしょうか?
自分の親友ですから、
未来は今よりも良くなってほしい。
それはまず、素直な感覚です。
となると、現状維持よりも独立して良い状態になれるように、
という前提で、出来る限りの支援をすることでしょう。
もちろん、私自身がやるわけではなく、
あくまで本人がうまくいくには、本人が実践しなければなりません。
ですから、そういう制約はあるものの、
できる限りのことはするでしょう。
いつも、受講生には、こういう気持ちで接しています。
ですから、いじめる必要は無いのですが、
時に、シビアと感じることもお伝えすることがあります。
ただ、シビアと感じるとしたら、その方が、
まだうまくいくレベルに達していない為に、
シビアと感じるだけかも知れません。
Independenceというプログラムは、
会社員をやめて独立し、1年くらいで
一定以上の成果を出された方を分析してつくられています。
特に、会社員時代にどのような準備をしていたか?
ということが振り返られています。
なので、受講して頂いた上で、
やっぱり独立しない、という人がいても、
それも選択肢だと思います。
確かに、全ての人に独立の適性があるかというと、
そうとも思いません。
ただ、知りもしないで、試してもみないで、
勝手に選択肢から外しているとしたら、
それはもったいないことですし、
人によってはけっこう窮屈なことです。
一生会社員でいることを想像した時に、
少しでも鬱々たる思いが交じるとしたら、
少しは他の選択肢を考える必要もあるでしょう。
一生という人生は、ひとりひとりに与えられた時間です。
その時間をどうつかうか、というのが、
生き方を決めることです。
もし、既存の仕組みの中で働き、
鬱々たる思いを抱えて生きていくとしたら、
それはけっこう不幸なことだと思います。
ビジネスクリエーターズの会員さんは、平均すると30歳くらいかと思います。
この世代にとって、
経済がゼロリセットされて、激しい人口増の時代の価値観やルールが、
平均寿命まで続くとは、到底予測出来ません。
むしろ、そういうルールや価値観が通用しなくなる時を
目の当たりにしなければならない世代でもあります。
ということで、リアルに独立のことを知り、
それに向けて準備することは、
私からすると、かなり真っ当なリスクヘッジでもあると思います。
もし、そのように考え、準備する方にとっては、
最高の機会になるでしょう。
少なくとも私は、親友を幸せにする気持ちで、
このプログラムを提供しています。
まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。
会員登録は無料です。
明日は樋口くんです。