スタッフブログ

歴史に学ぶビジネス:上杉謙信01

こんにちは、大久保です。
『歴史に学ぶビジネス』シリーズを続けさせて頂きます。
今回から上杉謙信にスポットを当てます。
『上杉家家訓十六ヶ条:宝在心』
一、心に物なき時は心広く体泰なり
一、心に我儘なき時は愛敬失わず
一、心に欲なき時は義理を行う
一、心に私なき時は疑うことなし
一、心に驕りなき時は人を教う
一、心に誤りなき時は人を畏れず
一、心に邪見なき時は人を育つる
一、心に貪りなき時は人に諂うことなし
一、心に怒りなき時は言葉和らかなり
一、心に堪忍ある時は事を調う
一、心に曇りなき時は心静かなり
一、心に勇みある時は悔やむことなし
一、心賤しからざる時は願い好まず
一、心に孝行ある時は忠節厚し
一、心に自慢なき時は人の善を知り
一、心に迷いなき時は人を咎めず
謙信が残したと言われる、有名な上杉家家訓。
「どう戦うか」や「どう内政を行うか」などの手法よりも
「心」を重んじています。
当たり前といえば当たり前なのですが、
その当たり前になかなか気づかなかったりします。
RBCの勉強会でも、年度はじめの4月?6月、
まずは「マインド=心のありよう・考え方」をテーマとしています。
見えないところだからこそ、
意識して変えていかなければならない。
来月12月?2月の勉強会はスキルがテーマですが、
逆に見えるところ(=スキル)から変えていくところによって
見えないこころ(=マインド)が変わるきっかけに
お互いさせて頂きたいと思います。
☆RBCの勉強会への参加はまず会員登録から☆
ちなみに家訓ではないですが、
RBCにもスタッフの行動指針があります。
【RBCスタッフ行動指針】
 ◆まず与える。何か出来ないかを常に考えよう。
 ◆即断即決、即実行。何もしなくても、命は確実に縮まるのだ。
 ◆途中で投げ出さない。やめた時に失敗確定となる。
 ◆最初に背伸びする。目標を下げると、器は急激に小さくなる。
 ◆昨日の自分を振り返る。現状維持は後退である。
 ◆声を出して人を巻き込む。一人で出来ることは限られる。
こちらもとても大事なことばかり。
そういえば、私の今年のテーマは「まず与える」でした。
(昨年のRBC望年会で発表していましたね…)
さて、明日は村上君です。
お楽しみに!

拾う神あり

こんばんは。
スタッフの阪倉です。
今日はうれしいことがありました。
朝急いでおり、電車に飛び乗ったは良かったものの・・・
ない!!
筆箱とメモ帳が鞄の中にないことに気がつきました。
私は文房具を集めるのが好きで、普段使用するものも
自分の好きな文房具を使ってます。
そのため、筆箱をなくすというのは私にとって一大事なのです。
あきらめて仕事帰り自転車置き場に戻ると・・・
なんと自転車置き場の台の上に筆箱とメモが!
誰かが拾っておいてくれたようです。
親切な方もいるのですね。嬉しかったです。
最近めっきり寒くなりましたが、あたたかい気持ちになれました。
自分ももらったあたたかさを誰かに渡したいですね。
RBCへの会員登録はこちらから。
明日は大久保さんです。

Twitterとキャズム越え

こんにちは。スタッフ八須です。
最近Twitterが注目を集めており、テレビや新聞でも
頻繁に取り上げられていますね。
自分は2年以上前にアカウントを作って少しだけ
使い、その後放置していたのを最近またやり始めました。
(よかったらフォローしてください⇒
この頃のはやり方を見て、「これがキャズムを越えたと
いうことなんだな」と実感しています。
ちなみにこの感慨は二度目で、ひとつめはSNSに対してでした。
大学の時にSNSを作るITベンチャーでインターンをしていて
mixiやGREEにも登録し、「これからはSNSの時代だ!」という
社長の言葉に「ホンマかいな」と思っていたのが、それから
数年後に大流行し、その会社も飛躍的に業績を伸ばしたんですね。
もしかしたら勉強会や読書会といった、自発的な学びも
今まさにキャズムを越えようとしているのかもしれません。
あなたも積極的に学んでみませんか?
RBCへの会員登録はこちらから。
明日は阪倉さんです。

アイスやマカロンが携帯だの鏡だのにのっかったら

こんにちは。満木です。
みなさんはアイスクリームやマカロンやチョコレートで
箱や鏡、携帯を飾りつけようと思ったことはありますか?
「はぁーーーっ?」
て思われた方が50%・・・あるいは60%くらいでしょうか。
知っている人は知っている、
知らない人は知らない、
「スィーツデコ」
というクラフトがあるのです。
「アイスクリームやマカロンやチョコレートやビスケットを
携帯とかピルケースとか鏡に載っけるクラフト」です。
言葉でいってもピンときませんよね?(笑)
百聞は一見に如かず。
写真をご覧ください!
↓↓↓
↓↓↓
↓↓↓
↓↓↓
↓↓↓
↓↓↓
null
これは先週わたしが教室でレッスンを受けて3時間くらいで作ったものです。
本物ではなく、すべて粘土やシリコンで作ったものです。
パーツをひとつひとつ型で抜いたり手でこねてつくって
ピルケースの上にデコりました。
おいしそうでしょう?
村上くんにこれなら対抗できるかも?!
しかし、誰がこんなアートかんがえたんでしょうかねー?
3,4年前に一部のセレクトショップでマカロンを模したアクセサリー類が
ちょぴっとおかれるようになったのが目にするようになった始まりなのですが
今ではネットとかでかなり売られています。
デコスィーツのブランドとかもありますしね。
はじめた人に会ってみたいものです。
ご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひご紹介をお願いします!
ついでにもう一品わたしの作品をご紹介!(まだへたっぴですが・・手鏡にデコりました)
null
まだまだ未開拓の世界があると思うとわくわくします♪
RBCが未開の地という方、今すぐご登録を!
※11月の勉強会は定員に達したためお申込受付を終了させていただきました。
さ、明日ははちすくんです♪

生産性

こんばんは、樋口です。
職場の後輩と話をしていて感じたこと。
同じ仕事をしていても、
生産性を感じられるひとと感じられないひとに分かれます。
組織のなかでそういったパターンはしばしば見受けられます。
根本的な原因は何なのでしょう?
ひとつのキーワードとして考えられるのは、
□「作業に深い意味や背景を見出しているか」ということ。
例えばデータの入力作業。
・バランスシートのなかでどんな位置づけを持っているのか
・大きな組織のなかでどのような役割を果たしているのか
・通常時と比較してどのような数字なのか
・自分の4階層上の人間は数字をどう観ているか
・経営判断にどう活かせるデータか
・気持ちよく効率よくデータを入力することができるか
考えようによってはいくらでも遣り甲斐は溢れ出ます。
重要なのはそれを見つける「センス」や経験。
大局的に物事を観られるかどうかによって、
細かな作業が大きな仕事に繋がっていく。
こういったことを職場で教えられる社員でありたい。
ちなみに立教ビジネスクリエーター塾の場合、
全ての作業に深い意味があります。
なんたって全員決済権者ですからw
経営者マインドの養成にはまず、RBCへの会員登録をどうぞ。
明日は満木さんです。

『ビジネスクリエーターとして大切なことは全てサッカーから学んだ』?その27?

こんにちは。のむらです。
引き続き、このシリーズです。
全国のサッカー経験者の方、また、サッカー小僧のご家族、ご友人の方に、
サッカーに打ち込むことで、ビジネスパーソンとしても一流になるための素養
が身につく、というご理解を頂ければ幸いです。
↓過去の記事↓
その1
その2
その3
その4
その5
その6
その7
その8
その9
その10
その11
その12
その13
その14
その15
その16
その17
その18
その19
その20
その21
その22
その23
その24
その25
その26
↑過去の記事↑
■制約がイノベーションを生み出す■
私が15?17歳の時にお世話になった、あるコーチは、
教科書的ではない、極めて実践的な技術指導をされる方でした。
サッカーの技術において最も大切なものは何か?
と言われれば、私は、
「ボールを止める技術」
と答えるかも知れません。
「ボールを蹴る技術」
というのは、サッカーがサッカーたる技術ですが、
それと同じくらい、時には、それ以上に重要なことが、
「ボールを止める技術」
ではないかと思います。
(何だか、自動車の教習所みたいな話ですが。。。)
これらは、車の両輪の如しで、
どんなに素晴らしいキックが出来る選手でも、
ボールを自分のキックできる位置にコントロールできなければ、
蹴ることはできません。
もちろん、逆も然りで、
素晴らしいボールコントロールの技術があって、
常に良い場所にボールを置くことができても、
キックのほうが覚束なければ、せっかくのボールコントロールが台無しです。
例えば、教科書的には「トラップ」と呼ばれる技術があります。
これは、飛んできたボールを、次にプレイしやすい場所にコントロールすることです。
(思えば、今では某J2のクラブのGMを務める、小学校時代のクラブの恩師も、
初めての練習で教えたことは「トラップ」でした。)
そして、よくありがちなトラップに使う場所といったら、
胸、腿の前面、足首から下の各所が代表的で、
あとは、頭なんかも一般的にトレーニングにつかわれます。
また、足元にボールを落としたいとなれば、
上記リンクにもある通り、「クッションコントロール」が主な考え方です。
(カーテンにボールを当てるイメージでしょうか、、、ボールの勢いを殺すわけです)
教科書的なトレーニングに見る、「クッションコントロール」の最たる例は、
胸でのトラップではないかと思います。
件のリンクにもあるとおり、浮いた球を、カラダを反らせることで、勢いを殺すわけです。
少年サッカーなんかでは、投げられたボールをこのようにコントロールするトレーニングをしていたりもします。
ただし、、、
それがどこまで実践的なトレーニングかというと、多少、疑問が残ります。
というのも、サッカーの世界は年々、スピード化が進んでおりまして、
そもそも、そんなに悠長にトラップしている時間もスペースもないことが多いです。
そんな現状を踏まえて、件のコーチは、こんなことを教えました。
・ボールを胸の中心ではなく、大胸筋の厚い部分に当てる
・当たる瞬間に大胸筋に繋がっているほうの腕を軽く上げる
これは、腕を上げるという動作で、大胸筋が緩むという動きを利用して
ボールの勢いを殺すという発想です。
これなら、より短い時間で、より省スペースで、さらには、
相手に背中を押さえられていても大丈夫です。
目的は、「ボールの勢いを殺す」ということなのですが、
それを、制限のある環境では、「もっと別の方法でできないか?」
と考えると、新しい、より良い方法が生み出されるものです。
これは、ビジネスにおいても全くその通りです。
大体、無駄なお金を与えると、プロジェクトだけではなく、
そこにいる人が育たなかったりします。
色々な制限や制約によって、私たちはビジネスクリエーターとして成長できるのです。
ぜひ、このコーチの生き様をビジネスクリエーターとして、見習いたいです。
(次回も、このコーチに関連する話をします。続けて読んで頂いている方は、8日後にお会いしましょう♪)
成長の第一歩として、RBCへの会員登録をどうぞ。
明日は友部くんです。

仕事の息抜きシリーズ1 R25世代に送る土曜日の夕方みんな見ていた懐かしい動画

こんばんは。村上です。
ここのところ、このブログのキーワードのひとつに「R25」という言葉が
たくさん出てきていたので、今日は会員さんの中心であるR25世代の方々に、
「あ?、懐かしい」とハッピーになってもらえそうな動画をいくつかご用意しました。
題して、「R25世代に送る土曜日の夕方、みんな見ていた」動画たち。
RBCの会員さんは、日々忙しく前向きに努力されている方ばかりですが、
たまには息抜きもどうでしょうか?
(そんな私は、息抜きと食事ばかりという噂ですが・笑)
まずは、フジテレビ18:30?「幽遊白書」。
クラスの女子は「飛影派」か「蔵馬派」かで論争を繰り広げていましたね?。

エンディングは何種類かありましたが、このエンディングが個人的には好きでした。

歌われていた高橋ひろさんは、すでにお亡くなりになったそうで、
なんだかとても切ないです。
続いて、テレビ朝日19:00?「セーラームーン」。

セーラームーンで日本を知り、
セーラームーンで日本語を学んでペラペラになったという台湾人の友達がいます。
世界中で人生を変えた人もいるんですねぇ。

その友人が「神」と称える変身シーンでした。
ちょっと刺激的(?)なシーンなので、いまだったら問題にする人もいそうですね。
最後に、テレビ朝日19:30?「スラムダンク」。
このアニメの影響で全国でバスケ部員が増えました。

OPに登場する江ノ電もこのタイプの旧型車両はほとんど現存しないです。懐かしい…。
(マニアックにみると、特徴からおそらく300形の中でも301Fか306Fだと思うのですが…)
エンディングの「あなただけ見つめてる」は、
個人的に生まれて初めて買ったCDでした…。

テレビサイズではカットされていますが、
原曲の間奏の英語(?)のセリフの部分がちょっと卑猥に聞こえるということで、
男子の間で話題になったりしませんでしたか?
(ここではあえてどんなないようか書きませんが。)
と、いうわけでちょっと懐かしい動画をお届けしました。
あしたは、吉村君です。
<注意>
この動画は、あくまで「息抜き」のために集めたものです。
本気で見ると時間はすぐにたってしまうので、本気にならないようご注意ください。
*今日は台湾鉄道の旅はお休みです。また次回に?。
RBCの会員登録はこちらからどうぞ!

歴史に学ぶビジネス:武田信玄?

こんにちは、大久保です。
今回も『歴史に学ぶビジネス』シリーズを続けさせて頂きます。
「敵に塩を送る」
意味は、ライバルが苦しんでいるときに
温かい手をさしのべることを言います。
これは信玄というよりも
上杉謙信のエピソードですが、有名なので紹介します。
   ◇     ◇     ◇
信濃を次第に制圧していく信玄と、
北上を阻止しようとする謙信。
一方、信玄は東海地方へも進出を始めました。
これにおそれた今川と北条が連携し、
信玄の領地内への塩の輸送を全面禁止してしまいました。
塩は人間が生きていくのに必要不可欠なもの。
信玄の領地は海に面していないため、その大事な塩をつくることができず、
輸送に頼っていただけに、これは大きな痛手となりました。
今川・北条の卑怯な行為に対して、激怒したのが
ライバルである謙信。
なんと敵であるにもかかわらず、
信玄に対して大量の塩を送りました。
   ◇     ◇     ◇
敵とはいえ、ライバルがいるからこそ、
お互い切磋琢磨できる。
また、勝負するときは正々堂々と勝負する。
いまにも通ずる心の持ちようは、
学ぶべきことが多いですね。
☆RBCの勉強会への参加はまず会員登録から☆
以上、大久保でした。
明日は村上君です。
お楽しみに!

R25

こんにちは。
スタッフの阪倉です。
今月は私がお呼びした講師の方が勉強会に来てくださいます。
気になる11月の勉強会の内容は・・・・
その名も『R25式マーケティング術』!!
リクルート株式会社の藤井大輔さんをお招きして
マーケティングの極意、R25がどのようにできたのかをお話頂きます。
みなさんも『R25』をお読みになったことがあると思います。
フリーペーパーとして今や絶大な人気を集める本誌の創刊にかかわり、編集長も務めた藤井さん。
今回、お話を聞けるのは非常に貴重な機会ですので、ぜひ奮ってご参加ください!
席に限りがございますので、お申込みは早めにどうぞ!
→ ◇お申込み◇
また藤井さんの著書をお読みになると
より勉強会内容が理解して頂けるかと思います。
『R25のつくりかた』 / 日本経済新聞出版社
それでは、当日お会いできるのを楽しみにしております!

R25にちょこっと載りました

こんにちは。スタッフ八須です。
自分が主催している東京ビジネス読書会が、今週のR25に載っているようです。
大久保さんに教えてもらって知りました。
R25のサイトにも載っています。
「読書会」が密かなブーム!人気のカギは“出会い”だった!?
(一番下の、東京ビジネス読書会というのがそれです)
少なくともうちの会では、男女の出会いは期待しない方がいいと思いますが(笑)
面白い仕事をしている人との出会いは期待できますよ!
よろしければぜひ。
東京ビジネス読書会(mixiコミュ)
R25に関する見逃せない情報が、RBCへの会員登録でもうすぐ届きます。
明日は阪倉さんです。