スタッフブログ

【悪魔の囁き】『それは時間に余裕が出来たらやるよ』

こんにちは、中島です。
当たり前だけどすぐ忘れちゃうから、自分に繰り返し言い聞かせたい大事なこと。
ビジネスパーソンにとって、
「なんでこんな忙しいんだろ。」
「色々とやりたいことあると思うけど。」
「もうちょっといいやり方で仕事進めたい。」
という様なフレーズが頭に浮かぶことは
しばしばあると思います。
(というか、かなり頻繁に発生しています。汗)
その時に、
「じゃぁ、いつからそれに前向きに取り組もうか?」
という問いを立てた時に、
頭の中に瞬時に現れる悪魔がいます。
その悪魔は私達の耳元で、
『時間に余裕が出来たらネ・・』
と、そっと囁きます。
この悪魔の囁き、かなり強敵。
この囁きがなぜ強敵かというと、
一度それを耳にすると、私達の頭の中に、
「そうそう、わりと近々空いた時間が出来て、(それに)着手出来そうな気がする♪
という幻想を、リアルに、瞬時に描いてくるからです。
でも、過去を振り返ってみると、時間が出来て着手出来た事は無かった。汗
悪魔の囁きによって、ついつい
「よし、もうちょっと余裕ができたら絶対やろう」
と発言させられてしまっても、ついぞそのチャンスは来ない。
いや、もしかしたら、
「本当はそんな時は来ないのを分かっている」
のかも知れません。
でも大丈夫です。
先日その悪魔の囁きに対抗できる、
悪魔祓いグッズ(言葉)を仕入れました。
「Now or Never」

「とりあえず、やってから考えよ」
の2つ。
Now(今)か、Never(一生来ない)か?今やらないと、もうそのチャンスは二度と来ない。
そして、仮に話が大きくなりそうでも、さきっちょ☆だけでもいいから着手する。
とにかく、どんな小さな事でもいいから、何か一歩進めてみる。
そうしないことには、
「なんでこんな忙しいんだろ。」
「色々とやりたいことあると思うけど。」
「もうちょっといいやり方で仕事進めたい。」
このセリフを一生吐き続ける事になるのかも知れない。
そう思って行動したいと考えています。
当たり前だけどすぐ忘れちゃうから、自分に繰り返し言い聞かせたい大事なこと、でした。
——-
RBC継続クレド講座では、こういう悪魔の囁きの退治(笑)もやっています。
(客観的にみると、こういう事ってすぐにわかりますからね(笑)。
 「自分とは何か。」
 「どう在りたいのか。」
 「どういう事で人に喜びを与えたいのか。」
これらの問いをお持ちで、まだ Never の側にいらっしゃる方は、
楽しみながら目標を設定し、着実に達成する、『続けるクレド講座』
に参加されると良いかも知れません。
 「なんか新しいビジネスを作りたい」
 「自分ならもっと面白い世の中にできるのに」
 「このビジネスのネタを花開かせたい!」
これらの想いをお持ちで、まだ Never の側にいらっしゃる方は、
ひと晩でビジネスをつくってみる会「ビジネスクリエーターナイト」
に参加されると良いかも知れませんね。
一度の人生、一緒にEnjoyしていきましょう!

RBCへの会員登録は今すぐこちらから
明日は小沢さんです。

世界で最も生活費がかかる都市は?

こんにちは!
スタッフの阪倉です。
知る人ぞ知る、メルマガ編集長でもあります。
突然ですが、クイズです!!
世界で最も生活費がかかる都市はどこでしょうか?
正解は・・・
東京です!
外国人駐在員にとって最も生活費がかかる都市の1位に、東京が返り咲きました。
(組織・人事コンサルティング会社マーサー(Mercer)調査結果)
 2位は前年1位だったアンゴラの首都ルアンダ(Luanda)。
 3位は大阪で、ロシアのモスクワ(Moscow)が4位、
 スイスのジュネーブ(Geneva)が5位と続く。
一方、ユーロ危機でユーロの対ドルレートが下落したため、
欧州の都市は軒並み順位を下げたそうです
 たとえば、
 仏パリ(Paris) →37位
 伊ローマ    →42位
アテネ(Athens) →77位
最も生活費が安い都市はパキスタンの港湾都市カラチ(Karachi)とのこと。
東京、やはり物価が高いのですね。
有意義に、必要なものにお金を掛けたいですね!
無料会員登録はこちらから
明日は中島さんです。

レンタルサーバ大手ファーストサーバ社で大規模障害、データ復旧不可能に

こんばんは、八須です。
この件、本当にヤバイです。
大規模障害のファーストサーバ、「データ復旧は不可能」
実は今月29日に開催するビジネスクリエーターナイトの会場であるロフトさんの
HPもファーストサーバで、データが消えた影響で一時閲覧不可になりました。
現在は見られるようになっていますが、まだWeb予約はできないままです。
自分はWEB業界の人間ですので、周囲から悲鳴も聞こえてきます。
正直自分も使っていておかしくないサービスでしたので、運が良かったとしか言えない…。
バックアップの大切さを再認識しました。
もちろんコストと天秤にかける必要はありますが、なんであれ「いざというとき」の
備えを考えておくことは大事ですね。
明日は阪倉さんです。

愛の反対は

おはようございます、樋口です。
最近、「愛の反対は無関心」という言葉を痛感します。
大きい会社にいるとついつい忘れがちな経営者アタマ。
細分化され過ぎて全体最適しづらい行為。
重要なのは、考えて、そして行動をして、周りを動かすこと。
タテワリで仕事を捉えていて、他の人のプロジェクトに
フォーカスが当たっていなかったことに気づくのでした。
スタッフとして5年超、
立教ビジネスクリエーター塾の運営に携わっていると、
ひとりひとりが経営者でなければならないという視野が
否応なしにも身近に感じることができます。
手を挙げて行動しないこと自体が過ちになる。
スタッフが、まず動くというスタンスでいるからこそ、
放置する・傍観する・当事者にならないという点だけで悪。
それだけの感覚でいられると経営者アタマは徹底的に鍛えられる。
周囲からお節介と言われようが、興味を持ちすぎだと言われようが、
何を言われようが周囲のことに関心を持つようにしよう。
ハラを括るとしよう。そして、そこに基準値を持っていこう。
そんなことを改めて思ったのでした。
日々気づきですね。
RBCの勉強会への参加はまず会員登録から。
明日は八須さんです。

『どこを見て考えるか?』

こんにちは。のむらです。
今日は、いつものシリーズではありません。
RBCの話シリーズでもありません。
Facebookは偉大なサービスだと思います。
そして、どのあたりがスゴイかと言うと、その特徴として、
日々、新しい機能が追加されていることです。
いつの間にか変わっていることはもう、枚挙に暇がないです。
また、その中には、他のサービスには無かった機能というのが、
細かいことなんですが、色々とあります。
良い変更もあれば、ハッキリ言ってダメダメな変更もあります。笑
少なくとも、SNSとカテゴライズされる他のサービスとは、
少し違っているものがあったりします。
もちろん、Facebookの成功要因というと、そんなに単純では無いですし、
誰の目線で語るかによって、いくつものストーリーになります。
その中で最近思うことが、
「人間関係をインターネット上に乗せること」
という目線です。
SNSと言われるサービスのいくつかは、
そこそこの規模になったものもあります。
しかし、何か、圧倒的なナンバーワンとしては足りない。
あまり語られることは無いのですが、
「SNSをつくっていた」
というのが、それらのサービスが勝ち切れなかった理由だと思います。
何を言ってるんだ?
と言われそうな話ですが、
「人間関係をインターネット上に乗せる」という思想と
「SNSをつくる」という思想は、
ハッキリ言って全く違います。
見ているところが、世界なのか?SNSなのか?
というのは大きな違いです。
他の仕事でもそうです。
「アプリをつくっています」
こんなスタートアップが一番になることは無いでしょう。
既存のカテゴリーの中で考えている以上は、
他の人がやらなかったチャレンジなどあり得ないのです。
自分の仕事は、自分のプロダクトは、
果たしてどこを見て取り組んでいるだろうか?
ということを、
勝ち切れないサービスを見ていて思いました。

RBCへの会員登録は今すぐこちらから
明日は樋口くんです。

マイケルサンデル教授再び!

こんばんは、スタッフの吉村です。
梅雨に時期はいやですね。早く終わってほしいものです。
さて、今週の土曜日午後2時から3時までの間、
NHKでマイケルサンデル教授による、【5千人の白熱教室 】が放送されます!
既に先週に前半部分が放送されましたが、後半部分は
「原発の再稼働、電気料金の値上げ、震災のガレキの受け入れ」など、
私達にとって最も議論しなければならないことを討議します。
じつは私もこの場所にいました。(抽選で当たりました)
詳細は詳しく言えませんが、前半以上に白熱してます(笑)
もしカットされてなければ、
ある女性高校性の発言や値上げに関するディスカッションはかなり見物です。
時間ある方はぜひ一度ご覧になって、当日の臨場感を味わってみてください。
因みに、この白熱教室のサブタイトルは「民主主義の逆襲」です。
何が逆襲なのか?この問いに自分なりの解を出してみてください。
明日は野村さんです。お楽しみ!

一人deカラオケ

こんにちは、RBCスタッフの大久保です。
最近、一人カラオケが流行っていると聞きますが、
それにあやかって?こんな商品が出たと知り、
とても驚きました。
お家でカラオケ練習が出来ちゃう一人用カラオケ。「一人deカラオケ」
ヘッドホンで音楽を聞きながら、
防音マイクで歌うことにより、
自宅にいながらカラオケの練習ができるそうです。
以下のセールスレターが秀逸で、
思わず買っちゃいそうになりましたw
「カラオケに行きたいけど、
 一人で行くのは恥ずかしい。
 大きな声で歌いたいけど、
 家ではご近所迷惑…?
 でも、大丈夫です!!」
いろいろな商品を考えるものですね。
あまり知られないけれど、
ひそかなブームになるんじゃないかと思いました。
来週のビジネスクリエーターナイトでも
面白いビジネスを考えたいですね。
RBCの勉強会への参加はまず会員登録から。
明日は吉村君です。
お楽しみに!

女性にも売れるビジネス書とは?

こんにちは。小沢です。
先日、ある出版会社がビジネス書を作るということで、そのデータサンプルとしてグループインタビューに参加しました。
前半は、ビジネス書で扱うテーマについてあれこれ話をしていたのですが、
途中からどういうビジネス書なら買いたいと思うか、というテーマに移っていきました。
ビジネス書も売り上げを伸ばすには、やはり女性の取り込みが重要のようです。
今現在は女性向けの本以外は、ビジネス書というと男性のほうが購買割合が多いのですが、
なんとか女性にも売り上げを伸ばしたいようです。
となると、やはり女性にも手にとってもらえる工夫が大切だと思います。
当日もテーブルの上には様々なビジネス書が並んでいたのですが、どうも手に取りたくならないものが多く。笑
読めば役に立つのだろうけど、タイトルがひどすぎるというわけではないのだろうけど、
何しろカバーがいけてないですね。
どれも殺風景なものが多く、本屋にならんでいたらさらっと見て雑誌コーナーにいってしまいそうです。笑
本屋の店頭には数多くの書籍が並んでいます。
そういう状況の中ですから、何かしら惹かれるものが欲しいです。
たとえ目がいってタイトルをみても、よほどそのテーマに関心がない限り、立ち読みで終わってしまい買うまではいたらないでしょう。
逆に目のいくものはビジュアルで惹かれるものです。
たとえば、R25のような明るい色使いをしていたり、文字のフォントが可愛らしいものだったり、楽しげなイラストがあったり。
本の場合、中身勝負かもしれませんが、まずは目について、手に取ってもらわなければ意味がありません。
ビジネス書だからってかたけりゃいいってものではないんです。
あくまでこれはそのインタビューにいた女性たちの見解ですが、
女性にとっては、それを買っている自分が素敵だと思わせる本、それを本棚に置いていても恥ずかしくない本、もう少し言うなら本棚においていて楽しくなる本を作ってほしい、というものがありました。
タイトルや中身も手法を細かに書いてあるだけではなく、同じテーマでも「私らしさ」とか「幸せ」などの女性の関心が高いキ要素を散りばめたほうがいいのではと思います。
女性にこの本はサラリーマンのための本ではなく「私のための本」だと思わせる工夫がまずは必要でしょう。
かといって男性が敬遠してしまう本では、本末転倒です。
男女共に売れる本には何が必要なんでしょうねぇ。
RBCへの無料会員登録はこちらから
明日は大久保さんです。

夢は宣言すると叶わない?叶う?【ブログのみ先行案内有】

みなさんこんにちは 
クレド講師の中島です。
※今日は最下部にブログのみ先行(?)案内があります!
さて、つい昨日の6/17(日)、RBC継続クレド講座の4-6月度の最終クレド会を開催いたしました。
3ヶ月間終えて、自分の軸がはっきりしてきた人、新しい事にチャレンジし出した人、皆さんそれぞれに得るものがあったという感想を共有頂きました。
その中で、一つ興味深い議論がありました。
よく自己啓発本などで、「夢は宣言すると叶う」という話がありますが、「宣言しない方が叶う」という話も有るという事で、じゃぁどっちがいいんだろうか。という議論になりました。
どちらがいいかという点については、夢の種類(人を巻き込むかどうか)や、個人のスタイルによって違いがあるとは思いますので、人それぞれと言うことになるのではという話になったと理解していますが、
ただ、どちらにしても大事な事は、

「考えている夢が詳細なレベルで言語化されているか?」

という事なのだという意見に、非常に共感しました。
人に言うにしても、言わないにしても、自分が考えている事がモヤモヤした状態なのか、あるいは細部にわたってはっきり見えているか、言語化されているか、そこに自分がいるかの如く感じれるのか。
そのレベル如何で、叶い易いかどうかが変わってくるというのは、確かにそうなのかも知れません。
【まだ言語化をしてみたことが無い】 という人は、
『続けるクレド講座』 2012年7-9月度お申し込み 先行受付中!
参考:『続けるクレド講座』 2012年4-6月度クラス募集
※すでに7-9月度、予約を頂いてます!枠が少なく前回募集締め切りもあっという間でしたのでお早めに!
【どういった見せ方=ブランディングを行うかを勉強したい】という人は、
第98回定例勉強会 『セルフブランディングHACKS』
【とにかく形=ビジネスにしたい】 という人は、
ひと晩でビジネスをつくってみる会「ビジネスクリエーターナイト」
が、それぞれオススメですのでぜひ参加してみてください。
では。

RBCへの会員登録は今すぐこちらから
明日は小沢さんです。

6月23日(土) 定例勉強会のご案内

こんにちは!
スタッフの阪倉です。
今週土曜日はいよいよ6月勉強会が開催されます。
まだ残席が若干ございますので
ぜひお申込みください!

http://www.rikkyo.biz/news/item_4164.html
【勉強会詳細】
日時 :6月23日(土) 10:30-13:00
テーマ:『20代のあなたが知っておくべき黄金ルール』
講師 :大塚 寿氏
【大塚 寿氏プロフィール】
1962年、群馬県生まれ。
株式会社リクルートを経て、ヤマメの養殖で留学資金を作り渡米、
アメリカ国際経営大学院(サンダーバード校)MBAを取得。
現在、オーダーメイド型企業研修および法人営業コンサルティングを
展開するエマメイコーポレーション代表取締役。
また、株式会社宣伝会議の提案営業力養成講座の講師としても活躍中。
<著書>
「20代のうちに知っておきたい100の黄金ルール」
「30代を後悔しない50のリスト」
「40代を後悔しない50のリスト」
「職場活性化の『すごい!』手法」
「リクルート流」「リクルート式」
「オーラの営業シリーズ」   など多数
大塚さんは20代・30代・40代のビジネスパーソンに
関する本を書かれ、各年代がやるべきことをリスト化しています。
ベストセラーも出され、20代から40代の人たちから
非常に支持されている方です。
ぜひあなたに大塚さんと会ってほしい! のです。
必ず大塚さんのパワーをもらえるはずです!
詳細・お申込みはこちらから!
http://www.rikkyo.biz/news/item_4164.html
無料会員登録はこちらから
明日は中島さんです。