スタッフブログ

2009年ヒット商品番付から

こんにちは。スタッフ八須です。
ちょっと前の話になりますが、日経MJのヒット商品番付が出ましたね。
今年の横綱はエコカーと激安ジーンズ、大関はキリンフリーとLEDでした。
自分も注目しているツイッターは、小結に入っています。
「節約」がキーになっている商品が多く、今年を象徴しているようです。
規格外野菜、下取り、ファストファッション、いろはす、粉もんと
デフレを感じさせますね。
昨年も横綱はユニクロ・H&Mとセブンプレミアム・トップバリュでした。
多分来年もこの傾向は続くのでしょうね・・・。
デフレの中でもビジネスを継続していくには、いかに差別化するかと
いうところにかかっているのでしょう。ただそれは商品の差別化だけ
ではなく、たとえばアフターサービスであったり、流通であったり
地域であったりと、色々なやり方があるでしょう。
おそらくそういう「色々なやり方」を発想できるためにはある程度の
知識を貯めることが必要だと思います。
異業種で成功している人の体験を聞きたいなら、RBCへの会員登録を。
明日は阪倉さんです。

2009年の目標達成ができるのはあと半月

こんにちは。満木です。
週末熱を出して寝込みました。
2006年・2007年・2008年と3年連続で
年始か年末にぽっくりと倒れて入院しているので
2009年の目標の一番は「入院しないこと」です。
あと半月で目標達成・・・と思っていたところに熱を出したので
ひやっとしました。
今年もあと少しで終わっちゃうんですよねぇ。
年初に立てた目標をチェックしてみてはいかがでしょう?
RBCの会員登録をまだしてなかった!という方はいますぐどうぞ。
明日ははちすくんです。お楽しみに♪

経営社員

おはようございます、樋口です。
実はいまバカンス中でして、今日は9連休の2日目。
平日と変わらない充実した日々を過ごすことができています♪
「ワークシェアリング」という単語がよく聞かれます。
人員削減・コストカット等、ネガティブに解釈されがちなこの単語。
ただし掘り下げてみると、根底にあるのは、経営社員の育成ということだと思います。
自らの担当の業務を深めすぎてタコツボ化させるのではなく、
全ての社員が経営の視点に立って、
「もしも自分が社長だったらどのような判断を下すか」ということを
考えて、実行するだけの話でしょう。
しかしながら目先の繁忙な業務に捉われすぎていると、
ついつい上の階層でものごとを考えることを忘れがちです。
結果として短絡的な行動を繰り返して、
成長の機会損失に繋がってしまったりもします。
経営の発想・大局的思考・会計的思考・数字の捉えかた・・・
忘れがちな要素は意外と身近なところにあるものです。
結果として業務部門では、オシムさんがおっしゃるような
ポリバレントな人間(製造業でいうところの多能工)を育成する必要があります。
思考を凝り固まらせることなく、経営の発想を忘れずに、
常に目の前のことに取り組んでいきたいものです。
さて、立教ビジネスクリエーター塾では、
「自律したビジネススキームを描ける人財」の育成に注力して、
勉強会のラインナップを形成しています。
ビジネスクリエーターとして成長するためのヒントは、
繰り返し勉強会に参加して、良質のビジネスモデルとビジネスパーソンに触れることで
養うことができるでしょう。
そんな意志にご賛同いただけるかたは、RBCへの会員登録をどうぞ。
明日は満木さんです。

『ビジネスクリエーターとして大切なことは全てサッカーから学んだ』?その30?

こんにちは。のむらです。
引き続き、このシリーズです。
全国のサッカー経験者の方、また、サッカー小僧のご家族、ご友人の方に、
サッカーに打ち込むことで、ビジネスパーソンとしても一流になるための素養
が身につく、というご理解を頂ければ幸いです。
↓過去の記事↓
その1
その2
その3
その4
その5
その6
その7
その8
その9
その10
その11
その12
その13
その14
その15
その16
その17
その18
その19
その20
その21
その22
その23
その24
その25
その26
その27
その28
その29
↑過去の記事↑
■出来ないことが出来るようになる体験■
サッカーは、失敗のスポーツと言われることもありますが、
足でボールを扱うという性質上、手でボールを扱う球技に
比べると、どうしても精度は出にくくなります。
また、日常生活において、手で何かを扱う機会に比べて、
足で何かを扱う機会は極めて少ないです。
例えば、、、
今、多くの方はPCのディスプレイかケータイのディスプレイ越しに
このブログを読んで頂いていると思いますが、
PCのキーボードやケータイのボタンを足で押せと言われたら、
かなりたいへんなのではないかと思います。
多くの人にとって、足で何かを扱うということは、
言うなれば、偏差値15(!!)からの東大受験にようなものなのです(笑)
サッカー経験の無い方が、
サッカーをしている子供が器用にリフティングなんかをやっているのを
見ると、とても感心するかも知れません。
(そりゃそうです。未経験の方にいきなりリフティングをさせても、
そうそうできるものではありません)
それが、ある程度のトレーニングにより、どんどん出来るようになります。
どんな子供でも、生まれた時から自由自在にボールが扱えたわけでは無いのですが。。。
よく、小学生なんかがリフティングの回数を競ったり、
何かしらのボールをつかったテクニック(小技)が出来るとか、
そういうことに熱中したりします。
サッカー経験者だと言うと、未経験の方からは
「リフティングって何回くらいできるんですか??」
みたいな質問をされることがありますが、、、
一定以上の経験があると、もはや、回数という問題ではなく、
「体力と集中力が続く限り」
という回答になります。
とはいえ、私の場合、小さい頃はそんなにリフティングを
していなかったと思います。
(リフティングがサッカーにおいて絶対に必要な技術か?と
問われると、リフティングが出来ない世界トップクラスの選手も
いるので、難しいところではありますが。。。)
なので、小技的なものも、そんなにたくさんは出来なかったです。
ある時期までは、リフティングはどちらかと言えば苦手なものだと思っていました。
ところが、高校に行くと、テクニックに秀でた選手が多かったこともあり、一通りのことができるのが当たり前でした。
ということで、あれこれチャレンジすることになりましたが、
まぁ、何だかんだで一通りのことができるようになりました。
これは、周囲にいくらでも良質のサンプルがいる、というのも大きかったと思います。
入学直前の合宿では、テニスボールで60回リフティングをしないと
夕食が食べられない、、なんて話がありましたが、やってみると、まぁ、できるものです。
空き時間に、空き缶でリフティングをしていたりもしました。
さらに、1年生のある時期には、
ヘディングで200回リフティングができないと、練習に参加できない、、
なんていうキャンペーンもありました(笑)
その時は、蛍光ピンクの鮮やかなビブスが配られました。
そして、ビブスには「OUT」の文字が(笑)
で、出来た人からそのビブスを返却して練習に参加できる、、というものでした。
(出来ない人は蛍光ピンクの「OUTビブス」を着て、ひたすら頭でリフティングをしている、というかなり笑える光景でした)
これはちょっと時間がかかりましたが、何だかんだで1週間くらいでできました。
(途中、コーチが確認している時に、190回で落としてしまった日がありましたが、さすがにあの時は悔しくて泣けました。。。。。笑)
これらの体験が、どの程度ゲームに生かされたかは分かりませんが、、、
「今は出来ないことでもやれば出来る」というのをカラダで覚えたのは良いことでした。
高校を卒業してから、大学に行こうと思って勉強をしてみた時も、この感覚が生きていたと思います。
高校時代は全く勉強をしていませんでしたし、そもそも授業がまともに行われないような学校だったので、頭の中は中学生のままでした。
それでも「やって出来ないことはないだろう」と思えたのは、サッカーの力でした。
文学部にいて、経済や社会のことを殆ど知らずに就活の時期を迎えても、全く焦りはありませんでした。
もちろん、社会人になってもそれは同じでした。
ピッチでの経験が、ゼロからでも前進できる自信になっています。
ビジネスクリエーターとしての前進は、RBCへの会員登録から。
明日は友部くんです。

台湾鉄道の旅8(地下鉄+バスで行く温泉無料入浴の旅・その3)

こんにちは、スタッフの村上です。
今回も前回前々回に引き続き、温泉の旅の続きです。
前回お風呂には入っちゃったわけですが、
実は、ここに来たもう一つの目的があるのです。
それは、烏来名物の「台車」に乗ること。
温泉の商店街を抜けていくと、「台車→」のような看板が見えてきます。
別に台車といっても、お店で使っている台車の置き場があるわけではなく、
ここでいう「台車」とは、ちょっとしたトロッコ列車のことなんです。
乗り場は、バス乗り場から商店街を抜けて、
橋を渡ったところにある階段を上がっていくとあります。
片道は50元(約150円)で、約10分の乗車になります。
これがその「台車」です。
null
(ちなみに後方の「鳴」の看板は、「警笛鳴らせ」の意味。わかりやすい!)
このかわいいトロッコ列車は、もともと日本統治時代に山奥の木材を伐採し、
ふもとに運ぶために使われていたようですが、
戦後観光輸送用に復活したのだそうです。
終点の駅で降りると、目の前には烏来瀑布(滝)があります。
20091205-P1070142.jpg
さらにその先ロープウェーに乗り換えると、原住民の遊園地があるようですが、
私は時間がなかったので行きませんでした。
列車の乗り心地は、お世辞にも良いとは言えないですが、
小さいモーターがうなりをあげて、ゴトンゴトンとお尻に響く感じは、
なんだか「あぁ、動いているなぁ」といとおしい実感がわいてくる乗り物です。
皆さんも機会があったら、ぜひ乗ってみてください!!
明日は、吉村君です。
RBCの会員登録はこちらからどうぞ!

歴史に学ぶビジネス:上杉謙信03

こんにちは、大久保です。
『歴史に学ぶビジネス』シリーズを続けさせて頂きます。
今回は上杉謙信の第三回目です。
   常に我が身に置き換えて聴く
                   (上杉謙信)

戦に強い上杉謙信。
その強さの秘訣を尋ねられた謙信は
『平家物語を読んで源義経から学んだ』とのこと。
「ほとんどの人は『昔、そんなことがあったのか』という思いで
 聴いているから、まったく自分の役に立たないのだ。
 私は、義経が戦う場面では、自分ならどうするか、常に我が身に
 置き換えて聴いているから、学ぶことが多い」
ビジネスでいえば、インプットをする際に、
同じ本を読み・同じセミナー・勉強会に参加していても、
それを糧に大きく進歩する人と、そうでない人がいます。
いかに自分のことと置き換えて読み、話を聞くか。
そして謙信がそれを実戦に役立てたように
いかに実行にうつすか。
当たり前のことですが、
実際に結果を出している歴史上の偉人もそうしていたことを思えば、
より一層心がけねば、と思いました。
☆RBCの勉強会への参加はまず会員登録から☆
明日は村上君です。
お楽しみに!

初めましてのご挨拶+iPhoneアプリのご紹介

こんにちは、12月1日よりRBCスタッフとして新しく入りました
なかしまこういちろうと申します。
よく、なかしーと呼ばれていますので、勉強会でお会いした際は、
なかしー、とお声かけいただければ、幸いです!
さて、記念すべき第一回のブログは、最近買ったiPhoneの話を
ちょっとしたいとおもいます。
私がiPhoneを買った目的は
・クラウドコンピューティングを使いこなしたい
・Twitterをもっと活用してみたい(続きはRBC Advance講座で。。)
・出先でWEBブラウザを簡単に使いたい
というところが大きいです。(ただ、ガジェット大好きなだけという話も、、☆)
なので、正直iPhoneでもアンドロイド携帯どちらでも良かったんですが、
使えるアプリ数がまだiPhone勢が多いということで、決めてみました。
そして、『iPhone情報整理術』という本を買って、そこに載っていた
情報をさくさく試して、試行錯誤中です!
今現在で、個人的にとってもお勧めなアプリを紹介します。
■EverNote(無料):
 テキスト、写真、音声をメモするツール。
 歩きながら音声メモをしたり、電車で思いついたことをメモしたり、
 良いなと思ったデザインや風景などを写真でメモしたり。
 それらメモを、WEBを通じてブラウザや、PC用ソフトと共有できる、
 アイデア豊富なビジネスクリエーターにピッタリ!
■PhotoShop(無料):
 いわずと知れた写真編集アプリ。さくさく動くのに、なんとタダ。
 iPhoneだけで、ある程度かっちょいい画像がさくさく作れちゃいます。
 ビジネスクリエーター的には、なぜ、高いソフトオンパレードの
 アドビシステムズが、無料のアプリを出すのかを考えるのもまた
 一つの楽しみ方ではないでしょうか?
■Echofon(無料):
 RBC Advance Twitter講座で必須?(笑)
 Twitterが楽しくなるのは、iPhoneを使ってからという私の先輩の
 言葉のとおり、Twitterを楽しむために使えるアプリ。
 他にもTwitBirdなど色々ありますが、とりあえず。
■Camera Plus(無料):
 撮影の際に音が出ない、カメラアプリ。
 ズーム(という名のリアルタイムトリミング)ができるのもGood.
 セミナーの資料などを撮影するときなど、空気を読みたい場合に
 何気に便利なカメラアプリ。
 (音を出さないだけなら、一応別な方法もありますが、、)
■Skype(無料):
 PCのSkypeでチャットしながら、iPhoneで話す、という離れ技も
 できてしまう、定番IP電話(?)アプリ。
■SleepCycle(有料):
 寝返りの振動をiPhoneのセンサーで検知して、レム睡眠・Nonレム睡眠を
 把握して起こしてくれるツール。
 つまり、寝起きがすっきりになる、素敵なアプリ。
 マジ素敵です! 2009/12/06時点で115円のようです。お得すぎる!!!
このブログを読んでいるiPhoneユーザーでこれらのソフトを入れていない人は
とりあえず、全部入れてみても損はしないと思いますよー!
『あなたのビジネスを加速する』こと間違いなしですね。
iPhoneも使いこなしつつ、さらに加速したい人は、RBC会員登録を!
次は大久保さんです!お楽しみに!

ルパンに盗まれたい?

スタッフの阪倉です。
突然ですが、あなたがルパンに盗んでほしいものありますか?
「ルパン」のあのタイプライター音が聞ける。。
しかも自分の好きな言葉で。
本日、たまたま発見しました。
すごい小さいことですが、夢がひとつ叶った気がしました。
日本テレビやバンダイナムコゲームスなどが協賛する
「LUPIN STEAL JAPAN PROJECT」の一環とのこと。
小さいときに見たテレビアニメは記憶に残りますね。
RBCへの登録はこちらから
明日は初登場、中島さんです!

今日はRBC望年会でした

こんにちは。スタッフ八須です。
今日はRBC望年会でした。
普段の勉強会・ランチ会ではお酒が入ることは
ありませんが、望年会ではちゃんとお酒も出ます。
とは言ってもRBCなので、会の最中に名刺交換が
頻繁に行われていたりして、結構マジメですね(笑)
人と人との結びつきは、時に個人の学びよりずっと大きな
価値を生み出します。来年は会員相互の結びつきを
深めるようなことにも力を入れていきたいですね。
色々な価値を生み出すチャンスに、RBCへの会員登録をどうぞ。
明日は阪倉さんです。

ガンコ芋初のメディア露出?!高知で見つけた世界一

こんにちは。満木です。
先日高知市に行ってきました。
市街地をアーケードでおおっていたり、
低木がうえられていたり、市電が走っていたりと、
故郷鹿児島と似ていて、初めて来たとは思えない
なんだか懐かしいような気持ちになりました。
さまざまな出会いや発見があったのですが、そのひとつをご紹介。
「ガンコ芋」ってご存知ですか?
これは高知に住んでいる方でもまだ知らない人がほとんどかと思います。
日本特有の自然薯と中国雲南省高知の山芋を自然交配して作られた山芋です。
サトイモととても似た見た目・食感・味で
高血圧や糖尿病、胃潰瘍、疲労回復、滋養強壮の効果があります。
キャッチフレーズは「栄養抜群!!粘質度世界一」。
来年1月から本格的に展開されるそうですが、
今は実験的に1店舗だけ、それもいつもおいているわけではありません。
(福島に種イモがあるので福島にはもしかしたら・・あるかも?)
わたしもたまたま帰りの空港行きリムジンバスにのるまでの時間つぶしで
販売店の前を通りかかって発見しました。
試食したらおいしくって、いただいたのを家でも煮てみました。
null
ほんとうは煮る前のすがたを掲載できればよかったのですが・・・
煮ちゃいました^^;
ネットで検索してみたのですが、ぜんぜんひっかかってこないんですよねー。
もしやメディア初露出?!
ネットの中にすべて情報があるようなつもりになってしまいがちですが、
足を運ばなければない出会いがあるということを再認識します。
寒いと家にこもりがちですが、表に出るべし!ですね。
ガンコ芋が気になる!という方はコチラにお問い合わせください。
有限会社農友園 088-832-9333
購入できる店舗は
「はりまや市場」 高知県高知市はりまや橋1-4-22 です。
さ、明日ははちすくんです。お楽しみに!
新しい出会いをお探しの方は今すぐご登録を!