スタッフブログ

『良いことはそのうちある』

こんにちは。のむらです。
今日は、いつものシリーズではありません。
RBCの話シリーズでもありません。
久々にTumblrからの転載です。
ひょんなことから、たいそう鬱々として思い悩み、また、
他人を傷つけて生きている人がいます。
他人を傷つける人にとっては、
他人を傷つける快感を求めているわけですから、
「他人のことを想像しろ」というのも無駄だと思います。
そりゃそうです。傷つけようと思ってるわけですから。
よく分かっていて相手が傷つくことをしているわけです。
これは、同調を求める性というのが人にはありますから、
本当は誰もがやってしまいかねないです。
一体感への欲求そのものは、正の感情でも負の感情でも関係なく、
例えば、イベントや野外ライブに集まって楽しみたいというのも、
他人の足を引っ張りたいというのも、メカニズムそのものは同じでしょう。
そうすると、対処法はある程度シンプルになると思います。
もし、自分の負の感情が強いと思ったら、
自分への影響力が強く、正の感情の多い場に行くのが良いでしょう。
もちろん、そういう場は自分の成長に応じて少なくなってくるので、
ある程度は色んなカードを引きながら探してみる必要が出てきます。
とはいえ、カードを引き続けていれば、そのうちそういう場もあるでしょう。
重要なことは、カードを引き続けることです。
カードを引くのをやめてしまうと、負の感情が増幅したり、
他人にそういう影響力を行使してしまったりします。
となると、次の問題は、
なぜカードを引くのをやめてしまうか?
ということです。
カードを引くというのは、つまり、他人と会うとか、
人のいる場に行ってみる、新しいことに挑戦するということなのですが、
そこに投じたエネルギーなりそこで出した能力なり善意なり、
そういうものが報われた感じがしないと、
カードを引くことをやめてしまいがちです。
そこで、自分自身がカードを引くことに対する期待値を
あえて下げてしまうのが有効だと思います。
昔、ある方から教わったことですが、、、
会った人全員に、できる限りの投資をしたとしても、
それを本当に返してくる人は1%しかいない。
しかし、その1%の人がもたらすリターンというのは、
残り99%の人が束になってもかなわないような、
大きなものである、と。
そのような期待値を意識すると、
何か返ってこなくても、それは、その人に
その力が無いだけの話であって、
悪意があるわけでもないし、
陥れられたわけでもない、と。
ただひたすらにカードを引き続ければ良いのです。
引いてみてダメなら次を引けば良い。
良いことはそのうちあるのです。
カードを引き続けていれば。
RBCへの会員登録は今すぐこちらから
明日は樋口くんです。

今月をもってRBCを卒業します

こんばんは、スタッフの吉村です。
さて、突然ですが・・・今月をもってRBCを卒業することになりました。
理由は色々ありますが、
端的に言いますと、
自分が目指す所とRBCが目指す所に乖離が生じたためですね。
別にこれは悪いことではなく、
RBCで運営スタッフとして関わっていなければ、
こういう考えもなかったと思いますので、前向きに捉えてます。
運営期間中に色々な勉強会の企画やメルマガの創業などを経験出来た事は、
本当に良かったです。
そして、皆様が居たからこそ、ここまで成長したかと思います。
最後になりますが・・・自分が大好きな詩「アップル宣言」を載せて、
終わりの挨拶とさせて頂きます。
今までありがとうございました!またどこかでお会いしましょう!
「アップル宣言」
クレージーな人達がいる。
はみだし者、反逆者。
トラブルメーカー。
四角い穴に、打ち込まれた丸い杭。
物事をまるで違うところから眺めている人々。
彼らは規則が好きじゃない。
現状を維持するなんて気にもかけない。
称賛してもいい、
異議をとなえるものいい。
発言を引用してもいい
信用しなくたっていい。
美化しようと中傷しようとかまわない。
だが、彼らを無視することだけはできない。
なぜなら彼らは物事を変えるからだ。
彼らは発明する。想像する。癒す。
冒険する。創りだす。インスパイアしてくれる。
彼らが人類を前に進めるのだ。
たしかにクレイジーにはちがいない。
そうでなければ、他のいったい誰が、
無地のキャンパスに
芸術作品を見ることができるだろう?
いったい誰が沈黙の中に座って
まだ作られていない音楽を聞けるだろう。
あるいは赤い惑星をじっと見つめて
車輪に乗った実験室を見ることができるのか?
私たちはそんな種類の人々のために道具を作っている。
クレイジーとした見られない人々だが私たちには天才が見える。
自分は世界を変えることができる、と考えるほど
十分にクレイジーな人たちが、
ほんとうに世界を変えるのだ。

東京スカイツリー 名前の由来

こんにちは、スタッフの大久保です。
最近、あることがきっかけで「名前をつける」ということについて
アンテナがたっているのですが、そんな折に池袋のジュンク堂書店に立ち寄ったところ、
面白い本を見つけました。

東京スカイツリーの命名を決めた際のプロジェクトメンバーである
中央大学商学部の教授 飯田朝子さんが書いた本。
音・表記・意味などのさまざまな要素から成り立つ「名前」について、
身近な例を通しながら紹介されています。
有名な話かもしれないが、以下の候補から一番得票数の多かった
東京スカイツリーが選ばれたが、へたしたら「東京EDOタワー」だったのだと思うと
不思議な感じが…。
 ・東京スカイツリー(32,699票)
 ・東京EDOタワー(31,185票)
 ・ライジングタワー(15,539票)
 ・みらいタワー(13,915票)
 ・ゆめみやぐら(9,942票)
 ・ライジングイーストタワー(6,426票)
面白かったのは、命名を決める際に何十カ国もの言語からチェックして
変な意味がないかどうか、ということをしていたこと。
例えば、葛飾北斎の富嶽三十六景にちなんだ「富嶽タワー」という候補もあったが、
「嶽」という漢字が台湾では牢獄を想像させ、マイナスのイメージがあったから
候補から外したとのこと。
また、「ゆめみやぐら」という候補も「ぐら」という響きが
「グラ」っと揺れることを想像させる、と記述されており、
東日本大震災の影響がこういう命名にまで影響するのだと思いました。
たかが名前、されど名前。
生活していると、まわりにたくさんの名前がありますが、
なぜそう命名されたのか、どんな意味があるのか、
音として聞いた場合にどのようなイメージが浮かぶか。
そういう観点で見てみると面白いかもしれませんね。
RBCの勉強会への参加はまず会員登録から。
明日は吉村君です。
お楽しみに!

本編よりも楽しみなCM

こんにちは。小沢です。
今は昔よりもずいぶんとCMの視聴率が減ってきましたが、
そんな中、本編よりも面白いと評判!?のCMがありました。
「日産ドラマinドラマ」です。
「高校入試」という湊かなえさんのドラマの中で、日産NOTEのCMがあるのですが、それがバカリズムが主演のドラマ仕立てになっています。
http://www.nissan.co.jp/EVENT/DODORA/index.html
ただのドラマではなく、ドラマの中でバカリズムが大喜利を披露。
それを見ていると、ついぷっと吹いてしまいます。
もちろん、日産NOTEのプロモーションもドラマの中に含まれるので、本編のドラマからそのままノンストップでドラマinドラマを見て、日産CMを見て、本編に戻るという流れができています。
飽きさせずに、むしろ本編とは違う楽しみを味合わせてくれるCMはいいですね。
またこのドラマinドラマが「高校入試」というドラマ限定なのも重要。
このドラマを見ないと、バカリズムの大喜利も見られないという仕組みです。
本編もCMも楽しめる60分というのは視聴者側からすると充実した60分になりますし、
ドラマ制作者側にとっても日産側にとっても良い相乗効果がありますね。
こういう本当に楽しめるCMなら大歓迎です。
今後、面白CMが増えることを期待しましょう。
RBCへの無料会員登録はこちらから
明日は大久保さんです。

最近のスマホ・タブレットの選び方

こんにちは。
昨日のスタッフブログ
「タブレットが熱すぎる!」
でも阪倉が触れていますように、ここ最近タブレットが非常に盛り上がっています。
iPad、iPad mini、Nexus 7、Kindle Fire HD、Galaxy Tab、Xperia tablet、、、
と、色々と出てはいますが、どれを選べば良いんでしょうか。
iPadが出た初日から使っている者として、まだタブレットを持っていなくて何にしようか悩んでいる人へのアドバイスとしては、、、
■機械の性能そのものは、もはや十分に良くなってきていますので、普通のブラウジングや動画などで困ることは殆ど無いでしょう。
■今のところの違いは、ブランドがAppleか、Googleか、Amazonか(Windowsは未知数ですね)ですが、それも実際に使い出してみると些細な事な気はしています。
iTunesで買った音楽が大量にある人でもない限りiOS(iPad)にこだわる必要は無いと思いますし、Amazonの本がiPadで見れないかという訳でも無いのです。
アプリの数で言えばAppleがまだ圧倒的に多いですが、正直使えないアプリも山ほどあるので、数が多い=良いって話でも無いと思います。
■何でも買うときは、あーだこーだ言いますが、実際使い始めるとあんまりそのときのあーだこーだを振り返り「やっぱり良かったわ、これ」って思うことってそうそう無くないですか?(住めば都)
■第一、価格も安いし、どうせ2年経てば次のが欲しくなるし、その頃には世の中が変わるので使い物にならなく可能性が高いです。
ということで結論としては、
・とりあえずお店に行って、
・Kか、Nか、Gかiのどれかで、なんか気持よく使えそうな気分になったのを即決で買う。(3万あれば足ります。ストレージも小さくても別にそんなに困りません)
・そして、ボロボロになるまで使い倒す。(悩むより使おう!)
絶対使い始める世界観が変わるんです。(パソコンともスマホとも違うんですよね。これが。。)
とにかく何でも良いから早く買っちゃいましょう(笑
どれも十分に買いな時代ですよ!
家でYoutube専用機と化している初代iPadが遅いので、iPadMiniが欲しいなかしーでした。
RBCへの会員登録は今すぐこちらから
明日は小沢さんです。

タブレットが熱すぎる!

こんにちは!
スタッフの阪倉です。
タブレットがいま、熱いです!!
まずは言わずとしれた「iPad」。
きれいな画面はさすがですよね。
私もいまだ買おうか迷っており、欲しいです。
まもなく「iPad mini」なるものも発売予定の
噂がありますね。
そして、「Kindle Fire」!
米アマゾン・ドット・コムが2011年9月に発売した
7型の画面を搭載したタブレット端末です。
日本販売早くしてほしいものです。
最後に私がいま最も気になっているのが・・・
米グーグルの「Nexus 7」です。
日本でも9月25日から販売されているそうですが
販売開始以降も品切れが続いているそうで。。
iPadに次ぐ人気で、猛追するNexus 7。
現物見たいです。
どこまで待つのか、何を買うのか?、
迷いますね!
楽しい迷いです!!
無料会員登録はこちらから
明日は中島さんです。

スタッフ合宿

こんばんは。RBCスタッフの堀川です。
ちょっと古いネタですが、20日?21日は新宿某ホテルにてRBCのスタッフ合宿でした。
15時から18時は、初の試みでスタッフ合宿に会員の方も参加してのRBCLiteを行い、
18時以降はスタッフのみで、現在の課題や今後の展望などをスタッフ同士で議論し合いました。
私は今年の8月にスタッフになったばかりだったので、はじめての合宿参加だったのですが
皆が現状の課題を事前にPickUpして発表し、時に意見がぶつかり激しく議論し合う場面もあり・・・
RBCの掲げている「ビジネスクリエーターを輩出する」といいう目的の為に
各自が率直に様々な意見を出し合う『場』が、私にはとても新鮮に感じられました。
通常の会社の会議では、上下関係がはっきり決まっているので、このような「本音の議論」は到底生まれない・・・
そう思い、このような『場』にいられたことをとても嬉しく思いました。
そんなRBCでは、新たな風を取りいれるべく、さらにスタッフを増員いたします!
RBCの勉強会に参加したことがあり、一緒に成長したい方は是非ご連絡下さい(^.^)/~~~
まずは会員登録から。
その他ご意見・ご質問等に「スタッフ希望」と書いて下さいね!
もちろん会員登録だけでもOKです☆
ではでは、明日のブログ担当は阪倉さんです!

昭和史の教訓

こんにちは。八須です。
半藤一利『昭和史 上・下』を読みました。
上巻が大正の終わりから終戦まで、下巻が終戦から沖縄返還あたりまでを描いています。
上巻では特に、日中戦争から太平洋戦争についてを、軍・政府上層部の細かい動きを
中心に書いてあるのですが、もうこれを読むといかに負けるべくして負けたか、ということが
よくわかります。それこそ読みながら「なんでそれをやる!?」とツッコミたくなるほどです。
大きくまとめれば、まず世界情勢というか、各国が何を考えているのかということを
よく見ずに、自分たちに都合のいい方向にだけ考えていたんですね。たとえば
日ソ不可侵条約を結んだ時には、これでもうソ連と戦うことは絶対にないだろうとか
強硬策に出れば本気でアメリカが攻めてくることはないだろうとか、いわゆる
「希望的観測」だけで動いていたようなのです。
それから、強い信念を持った人がいなかった。なんとなく「みんなこういう雰囲気だから」
というので流されていってしまった。例えば海軍ははじめ、米英と戦うのには
反対だったのですが(絶対勝てませんと言っていた)、陸軍がどんどん動いて
戦うのが既定路線みたいになったら、意外なほどあっさりと容認してしまうんですね。
あとは「気合でなんとかする」という考え方。ものすごい戦死者を出したことで有名な
ノモンハン事件ですが、その総括である報告書を読むと、装備で負けていたということは
当然書いてあるのですが、その解決策として「もっと気合入れろ」というようなことが
書いてあるという。今で言えばまさにブラックというやつですよね。
という感じで、上巻は「どうやって負けたのか」ということがひたすら書いてあるのですが
下巻についてはまた今度。
RBCへの会員登録はこちらから。
明日は堀川さんです。

緩急も必要です

こんばんは、樋口です。
本日、スタッフ合宿を終えてきました。
実は、通常のサイクルから睡眠時間帯を調整したので、
ちょいとコンディションのチューニングが必要です。
私は朝早起きだと思われていますが、
時々、10時間ほど寝ることがあります。
非常に珍しいパターンです。
平日は22時?23時就寝→3時30分起床というサイクルにしていると、
月曜日?金曜日はもつのですが、時々カラダにガタがきます。
どうしても休日をバッファーにする必要があるようです。
睡眠時間の貯金をつくっておくようなイメージでしょうか。
つまりカラダは睡眠時間を欲しているということなのでしょう。
ぐっと休む日や家事をする日を創ることにしたいと思います。
緩急つけておいたほうが、成長はしやすくなるのです。
ビジネスも体力も同様なのかもしれませんね。
ちなみに、体力面については、日々トレーニングをやっているせいか、
基礎代謝があがってきた感覚があります。
この自覚症状はよいサイクルのキッカケ。
燃費のよい効率的なボディを目指す。
好きなだけ食べても太らない肉体を創るために、
腹筋とプロテイン摂取は日々積み上げておきたいと思います。
これまたサボるとすぐに戻ってしまうという点、
ビジネスと同様な気がしています・・・。
RBCへの無料会員登録はこちらから
明日は八須さんです。

『合宿の目的』

こんにちは。のむらです。
今日は、いつものシリーズではありません。
RBCの話シリーズでもありません。
年に一度、スタッフ合宿をやっています。
目的は、スタッフのトレーニングと、RBCの未来について考える、
という2つがあります。
今年は、RBC Liteとして、
一部ですが会員の方ともご一緒するという試みです。
このような企画も、希望があればまたやっても良いんじゃないかと思っています。
RBCへの会員登録は今すぐこちらから
明日は樋口くんです。