スタッフブログ

ハゲタカ

みなさんこんばんは、吉村です。
もうすぐ、個人的に今年最も期待してる映画が公開されます!!
タイトル通り【ハゲタカ】です!
このタイトルから連想する物・・・・魑魅魍魎・私利私欲っと様々あるかと思いますが、
この社会に今一番足りない物が描かれています。
作品内容は本家に任せるとして(笑)
私が最もお勧めする事は・・・
やはり理解し易いとは言い難い金融の世界をリアルかつダイナミックに演出している所です。
もちろん、所々誇張してる部分もありますが、この映画をきっかけに「ファイナンス」という
分野に少しでも興味を持ってもらえたら、嬉しいです!!
公開まであと3日!!
RBCにご興味のある方・勉強会に参加されたい方はまず会員登録をお願いします
※会員限定、毎月4回のメルマガを配信中。
明日は野村さんです。お楽しみ!

殺很大

こんばんは。スタッフの村上です。
ちょっとした気分転換に、問題です。
この物騒なタイトル、台湾でよく使われているのですが、
意味はどういう意味でしょうか?
1.殺人鬼
2.出血大サービス
3.かわいい子供
4.一生消えない傷
正解は、「赤字覚悟の出欠大サービス」のような意味なんだそうです。
バーゲンセールなどでよく使われています。
「とても多くを殺す」とも見えなくもないので、
現地の旅行博で見たときは、ぎょっとしましたが…。
ところかわれば表現もさまざまですね。
明日は吉村君です。
RBCの会員登録はこちらからどうぞ

RBCのミッション?6月定例勉強会に関する秘話??

こんにちは、大久保です。
今月6月20日に6月定例勉強会がありますが、
いつも私が定例勉強会を主催するときに気をつけていることや
今回の勉強会を開催するに至った経緯をブログにて公開します。
「世界のビジネスシーンにおいて、
  人に今まで味わったことの無い感動を与える人財を輩出する」

 これがRBCのミッションですが、
 自分がPMとなって定例勉強会を主催するときは
 常にこのミッションを果たせるかどうかに気をつけます。
 ミッションに合った勉強会でなければ
 RBCとしては、やっても意味がないからです。
■その次に考えるのが、
 マインド・知識・スキルの中のどの時期の勉強会か。
 RBCは年度の中でテーマが決まっています。
 1学期(4?6月)  ビジネスマインドを向上させる
 2学期(7?11月)  知識を習得する
 3学期(12?2月)  スキルを磨く
 上記の通り、
 6月定例勉強会はビジネスマインドを向上させるのが目的なので
 そのテーマにあう勉強会を考えます。
■最後が、勉強会の内容と講師選び。
 この2つは密接不離なので、同じタイミングで考えます。
 私の考えとして、
 「RBCは講師と会員の『仲介役』である」
 というものがあります。
 私を含めて会員が普段なかなか会えないような
 経営者やビジネスパーソンを
 RBCというハコを介してお会いできるようにすることで
 会員の方にも講師の方にもメリットがあるのではないかと思っています。
 
 私自身、今まで何回も勉強会を担当させていただきましたが、
 岩瀬大輔さんや鶴岡秀子さんなど、
 今までメディアなどで見聞きする程度の遠い存在で、
 大久保という一個人では到底お会いできないような方と
 接することができたのは、RBCというハコのおかげだったと思います。
 その仲介役としての考え方を持ちながら、
 じゃあRBCの会員はどういう方の話を聞きたいのだろうと
 想像しながら、講師を探します。
■講師探しは
 インターネットで探すこともあれば、
 本の著者などから探すこともあります。
 本の著者から探す場合は、
 基本的にお呼びしたい講師の方の本はすべて購入します。
 たとえば、『夢をかなえるゾウ』で有名な水野敬也さんをお呼びしたいと思ったら、
 水野敬也さんの本はすべて購入して、熟読します。
 
 タリーズコーヒージャパンの松田公太さんをお呼びしたいと思ったときも
 すべて本を購入し、読み漁りました。
 それくらいしないと、講演を依頼する際に失礼にあたるからです。
 またそうすることで、講演依頼をする際にも「熱意」が伝わり、
 講演を引き受けてくださることがあるからです。
■今回6月定例勉強会でお呼びした『戦わない経営』の浜口隆則さんの本も
 講演依頼をする前にすべて熟読しました。
 『戦わない経営』
 『仕事は味方』
 『「心の翼」の見つけ方』
 『だれかに話したくなる小さな会社』
 これらの浜口さんの本は、どれも発見があり、
 人生の大半を占める「仕事」に対する姿勢や考え方が
 改まるような気づきばかりでした。
■さて、
 経営者でお忙しい浜口さんは講演活動は頻繁にはされていないので、
 特別なきっかけでもない限り、
 浜口さんの講演がRBCで実現するということはありません。
 
 今回、6月定例勉強会に浜口さんをお呼びできたのは
 以前RBCのメルマガでも紹介したRBC会員でもある
 ソングレターアーティストの安達充さん
 浜口さんをご紹介して頂いたからです。
■こうやって一つ一つ積み上げていくようにして
 6月定例勉強会が開催させて頂きます。
 すでにお申し込みを多数いただいておりますが、
 まだお申し込みでない方は、
 コチラをご確認いただきお申し込みください。
■いつも勉強会を終えて思うことは
 「この話を聞けなかったのはもったいない」ということです。
 RBC会員の中で参加されない方がいるというのは
 正しく勉強会の価値をお伝えできていない私の責任ですが、
 ご都合のよい方はご参加いただければと思います。
 まだ会員登録をされていない方はコチラから登録してから
 勉強会をお申し込みください。
 最後までお読みくださり、ありがとうございました。
 明日は村上君です。
 お楽しみに!

身近ビジネス? 「猫カフェ」

新スタッフの阪倉です。
気合入れて頑張りますので、これから宜しくお願いします。
はじめてのブログ担当ですが、身近ビジネスと題して
我々が普段触れ合っているビジネスについて考えてみたいと思います。
第1回目は猫カフェ。
先日、猫カフェに初めて行ってきました。
個人的に新しいとこに行くのが非常に好きなため、前々から行ってみたかったのですが
なかなかチャンスがなく、今回初訪問となりました。インターネットで調べてみると、
都内にかなりたくさんあることが判明。その中から港区にある猫カフェに行くことにしました。
地図を参考にし場所を探していると、とあるマンションの5階にあるようで道路に看板が出ていました。
イメージとしてはネットカフェのようなスペースかと思っていたのですが、ここはマンションの
一室がお店となっておりました。
ちょっと入りにくいとは思いましたが・・いざ、店内へ。
中はマンションの1室となっており、10畳くらいの広さ。中にスタッフさんが2名と猫が8匹ほどいました。
料金は想像していたよりも安く、1時間/\1,500でワンドリンク付とのこと。ソファーが置いてあり、猫を
自由にさわったりできるようです。
室内では自由行動でお菓子を食べても良し、ソファーに座っても良し、写真(フラッシュなし)を撮っても
良いとのことで、久し振りに見る猫と楽しい時間を過ごしました。
<ビジネス的考察>
ところで、このビジネスはいったいどうなってるのか考えてみると・・
・コスト
ペット代(有名な血統のネコが多い)、エサ代、猫ケア代、人件費
・収入
客利用費
・客層
カップル、家族(特に子供)
となるかと思います。だいたい平均1時間?2時間くらいいるのが通常のようなので
あまり利益率は高くないのではないかと思います。では、なぜ猫カフェが誕生したのか?
私の考えるに下記のニーズに応えたからかと思います。
?猫=癒しのイメージが定着し、癒しを求める人が増えている。猫鍋の画像が流行ったことも。
?都会では集合住宅が多く、猫が飼えない人が多い。でも猫と触れ合いたい人が潜在的に多い。
感想としては、ビジネスとしては継続力がカギかと思います。
マスコミでも一時取り上げられ、興味を持ってる人は多いと思うのでいかにリピート客を増やし、
口コミを増やすかにかかってくるのではないかと思います。利益率は高くないと思いますが、
個人として始めるには始めやすい形態かと感じました。しかし、現在のままではブームが去った
あとが心配だと思うので、何か新しい広がりが必要かもしれません。
読んで頂き、ありがとうございました。
「土曜日の過ごし方が変わる!」RBCへの会員登録はこちらから。
明日は大久保さんです。

人脈作りの王道とは その2

こんばんは。八須です。
前回に引き続き、人脈の作り方についてです。
前回は、異業種交流会に行ったからといって、
すぐに人脈はできない、という話でした。
でも逆を言えば、時間をかけ、真っ当なことをしていれば
誰でも人脈を築いていくことは可能だと。
人脈作り・・・というか、人と仲良くなるためには
3つの基本的な方法があります。
まず1つめは、良い印象を与えること。感謝されるようなことをすること。
当然ながら、自分に酷いことをする人と仲良くなりたがる人はいません。
難しいことかもしれませんが、常に「自分はこの人に何ができるだろうか」
ということを考えながら接するということです。
何が喜ばれるかわからなかったら、相手に聞いてもいいんじゃないでしょうか。
少なくとも、役に立ちたいと思っていることは伝わりますから。
2つめは、接触回数を重ね、接触時間を増やすこと。
心理学で言うところの単純接触効果ですね。人は、会った回数が
多ければ多いほど、その人に対し好印象を抱くようになります。
ただ、元々悪印象を持っていると、何度会っても悪印象のまま、
ということもあるらしいので、最初に良い印象を与えるのが
重要になるわけです。
3つめは、相手と同じ言語を話すこと。
日本語とか英語とか、そういうことではありません。
いわゆる業界用語を使ったり、趣味の話題についていくなどして、
「仲間意識」を持ってもらうということです。
その為には、事前に相手について調べられるだけ調べておく必要があります。
それが不可能なら、まずは相手にしゃべらせる。この人は何に興味が
あって、どんな言葉を話すのかということをまず把握する。
自分のことばかり話して相手の話を聞こうとしない人は
よほど面白いネタを持っているのでもない限り仲良くなってはもらえないでしょう。
以上、人脈作りの方法3つを挙げました。
ところでこれを簡単に、一度にできる方法があります。
前回にも書きましたが、継続的に行われる勉強会に参加することです。
会の内容が前向きで、意欲的なものであれば、そこに参加している人は
そういう良い性格の人だと思われる(1)でしょうし、
継続的に行われているので参加し続けるだけで接触回数を増やせ(2)、
勉強会で聞いたことについて話し合うことは、まさに同じ言語を使うこと(3)です。
というわけで、人脈作りの場にも使えるRBCへの会員登録はこちらから。
明日は新メンバーの阪倉さんです。

接待・会食が多い人は蕎麦がよいかと

こんにちは。満木です。
ここしばらく蕎麦にはまっています。
きっかけは「江戸ソバリエ」の知人に
蕎麦打ちの会にお誘いいただいたことでした。
「江戸ソバリエ」とは・・・
江戸ソバリエ認定事業実行委員会が認定する
江戸蕎麦の通人を表す民間の資格です。
詳しくはコチラ→「江戸ソバリエHP」
もともと鹿児島育ちで、鹿児島は蕎麦文化ではなくうどん文化
※関東では「そば屋」にうどんもあることが多いけど、
  関西では「うどん屋」にそばもあります。
  鹿児島では基本「うどん屋」なのです。
なことに加えて母が関西人で、
「年越しそば」ならぬ「年越しうどん」を食べていたくらいで、
あまり蕎麦を食べる習慣も興味もなかったのです。
それが手打ちのできたてのお蕎麦をふるまっていただいたら
あまりにおいしくて、これまでの蕎麦のイメージがころっと変わったのです。
さっぱりとして、さわやかな香りがして・・・胃もたれもないかんじ。
以来、夜に食事をするときリクエストが可能なときは
お蕎麦をリクエストしています。
イタリアンもフレンチも大好きなのですが、
ワインをいっぱい飲むことになりますし、
ついついデザートまでガッツリ食べてしまい、
お腹いっぱいでふぅふぅ言いつつほろ酔いで深夜に帰ることになり、
なんとなく翌朝しんどいことがちょいちょいおきてしまうのです。
お蕎麦だと、食べているときはいっぱでもすぐこなれてしまいますし、
わたしだけかもしれませんが日本酒のほうがワインよりも残らないんです。
食事時間もフレンチほどかからないので、
ほどよい時間に帰ることができます。
なので、夜に会食の多い人はお蕎麦にすることをオススメします!
おそば屋さんはのんびりした雰囲気でいい距離感のことが多いですし、
コースで食べてもフレンチとかよりだんぜん安いです。
また、「ソバリエ」ができるくらい、奥が深い世界なので
ウンチク好きな男性ははまると思います。
趣味も兼ねてそば屋巡りをするという楽しみもできますし、
接待・会食にそば屋を使ってみてはいかがでしょう?
しかしおいしいお蕎麦を知ってしまったので、ふつーのお蕎麦だと
ちょっと満足できないようになってしまいました。
お酒でもなんでもそうですが、いいものを知ってはじめて
そうじゃないものもわかるのですよね。
こと食に関しては年々幸せレベルが上がっていって大変です。
ビジネスもまずいいものを知る!ということで、
6月の勉強会に申込みがまだの方はお急ぎください。
さ、明日ははちすくんです。お楽しみに♪

皮膚感覚マーケティング

おはようございます、樋口です。
早朝は気持ちいいですね。
朝は早起きしてメールチェックと返信をして、
まだ混み合っていない電車で通勤するのが好きです。
このリズム感がカラダに定着してきました。
先週土曜日、両国国技館に出かけてきました。
夏場所の14日目。熱戦大一番が繰り広げられました。
まさに10年ぶりの観戦です。
枡席で鍛え抜かれた力比べを楽しみながら、
美味しい焼き鳥を堪能しました。
冷めても美味しい焼き鳥ってのはなかなかないですよね。
十両から観させていただきましたが、
同郷と思われるかたの応援合戦や土俵際での大逆転など、
全くもって飽きさせない試合展開はスリリングでした。
スポーツでも音楽でもライブが一番ですね。
皮膚感覚で味わうことのできる臨場感は、
テレビやインターネット、新聞などのメディアの
第三者のフィルターのかからないありのままの姿を
味わうことができる唯一の場です。
今回は両横綱が敗退するという波乱の展開。
「土がつく」という感覚をリアルに味わうことができました。
常に皮膚感覚で一流の人間や情報と接することが、
一流に自分を磨きあげるひとつのキーワードなのかもしれません。
RBCとして、またビジネスパーソンとして
今後気をつけていきたいポイントです。
ライブで講演を聴きたいかた、
お気軽/お手頃なRBCへの会員登録をどうぞ。
明日は、満木さんです。

続々・ストレングスファインダーその2:さぁ才能に目覚めよう(勝間和代さん推薦)

こんにちは 友部です。
久しぶりにストレングスファインダーの話です。
前回はこちら
部のメンバー全員にストレングスファインダーを配布し、
「自分の強みが分かるから、みんなで、これをやろう」
と声をかけました。
声がけ(=提案)においては、マネージャー以上にはオーソライズを
とれていたのですが、その他の総勢20名ぐらいの中の、数名から、
反対に近い疑問の声が挙がりました。
聴くと、
「何故やらなければいけないのか、わからない」
「自分を分類されたくない」
「そんなことをしなくても、(自分がどういう人かを)、分かってほしい」
「知りたくない」
とのことでした。
そのときの私の心象は、
【自分だけ、先行してしまい、みんなを巻きこめていなかった】という感情と、
【自分の強みがわかれば、それを活かして活躍したり、
 強みをさらに伸ばそう、と思えるのに】という感情の、
両方が同居していました。
メンバーの疑問に対して、それに「何故?」を3回繰り返して、、
それぞれの答に応じる術も、つもりもない私は、
「皆必須」から、「希望者はぜひ」に、と形態を変えて、
場を終えました。
その上で、疑問を挙げてくれたメンバーの意見を訊きたいと思い、
ヒアリング用のアレンジをすることにしたのです。
続きは、また。

『ビジネスクリエーターとして大切なことは全てサッカーから学んだ』?その8?

こんにちは。のむらです。
引き続き、このシリーズです。
全国のサッカー経験者の方、また、サッカー小僧のご家族、ご友人の方に、
サッカーに打ち込むことで、ビジネスパーソンとしても一流になるための素養
が身につく、というご理解を頂ければ幸いです。
↓過去の記事↓
その1
その2
その3
その4
その5
その6
その7
↑過去の記事↑
■カンタンなことにこそ、個人差があらわれる■
前回に続き、ボールに近い(笑)お話です。
サッカー経験者であれば分かる感覚だと思いますが、
その選手にどの程度のスキルがあるか?
を知るには、
・ボールを止める
・ボールを蹴る
という、たった2つの単純な動作を見れば十分です。
リフティングの難しい技や、華麗なフェイントをやってもらう必要はありません。
その人のところに飛んできたボールを止める動作と
止めたボールを蹴り返してくる様子(と、飛んでくるボール)
で良いのです。
※正確に言うと、「止める」ではなく、次のプレイをしやすく「トラップする」
 ということなのですが、サッカー経験者では無い方には馴染みがないと
 思いますので、便宜上、「止める」と表現します。
特に、ボールを止めるという動作は一朝一夕では到底埋まらないほどの
個人差があったりします。
フリーキックは別として、ゲームの中では、動いているボールを
蹴ることになります。
トップスピードの中でもボールを自在にコントロールできるか否か?
の達成度によって、その選手が活躍できるゲームスピードが決まるわけです。
そして、良い指導者ほど、ボールを蹴る技術以上に、止める技術にうるさいです。
ただ、パッと見では、ボールを止める技術というのは、地味です。
多くの場合において、
ボールをどう止めたか?
よりも、
ボールを止めた後にどう蹴ったか?
のほうが注目されてしまうからです。
その意味で、蹴る技術についていえばズバ抜けていないにも関わらず、
現役中に1000ゴール以上決めたロマーリオはボールを止める技術が
素晴らしかったと思います。
↓↓参考:ロマーリオの動画

こちらを見て頂くと分かると思いますが、ボールを止めることがとてもカンタンに
見えてしまいます。
しかし、大抵はあんな風にカンタンにはコントロールできません。
少し前に、三浦KAZU選手がブログでルーニーのことを評していましたが、
「サッカーってあんなにカンタンだったっけ?」と思ってしまうのがルーニーの
プレイとのことでした。
メディア的には、C.ロナウドばっかりでしたが、
いやいや、やってるほうからすると、ルーニーのほうが真似できないんだと、
そういう目線なわけです。
もちろん、C.ロナウドも世界でもトップクラスの選手ですから、
どちらが優れた選手かということを考え始めると、軽く一晩くらいは
喧々諤々と議論できる気がしますが、
C.ロナウドの派手なプレイに比べると、ルーニーのプレイは地味です。
しかし、平凡でカンタンで地味に見えてしまうプレイにこそ、
大きな個人差がある、ということでしょう。
それは、ビジネスにおいても然りです。
メールを書く、電話をする、といった小さな行動にこそ、
大きな個人差が表れていたりします。
優れたビジネスパーソンは、ほぼ無意識にこなしてしまうことであっても、
そうでないビジネスパーソンとの違いを分析すると、それこそ、1日がかりの
研修になってしまうでしょう。
私は、セールスライティング講座をしたりもしますが、
セールスライティングの個人差というのは、ほんとうに小さな違いの積み重ねですが、
成果(反応率)で見ると、まるで次元が違ってきます。
汎用的で無意識的な行動にこそ、個人差が出てしまうということを
サッカーを通して体感しましたので、それは、ビジネスにおける何気ないシーンでも、
その事象を意識領域で考え、分析するようになりました。
サッカーの地味な面から個人差を考えて頂くと、
小さなシーンからも膨大な思考と分析を行えるようになると思います。
ビジネスクリエーターとしてのボールコントロールを上達させるには、
RBCへの会員登録をどうぞ。
明日は友部くんです。

ちょっとお願いしたい事がありますが・・・

みなさんこんばんは、吉村です。もうすぐ今年が切り返し地点に入りますね。
海外のサイトでちょっと面白いサイトを見つけましたので、ご紹介します。
その名も・・・「Do Stuff For Money」です。
どういうサイトかというと、ちょっとした仕事を誰かに頼むサイトです(笑)
もちろん、それだけでは面白くないのですが・・・
このサイトには、その頼んだ仕事に少しのお駄賃をつけることができます。
「これお願いできる?ご飯おごるからさ!」みたいな感じで、Web上で気軽に頼めますね!
日本にもこういうサービスが早く現れてこないかな?とひそかに期待してます♪
RBCにご興味のある方・勉強会に参加されたい方はまず会員登録をお願いします
※会員限定、毎月4回のメルマガを配信中。
明日は野村さんです。お楽しみ!