スタッフブログ

『換金性とはフィクションである』

こんにちは。のむらです。
今日は、いつものシリーズではありません。
RBCの話シリーズでもありません。
さて、2012年が過ぎ、2013年がやってきました。
私たちは、いつも、古いものが過ぎ去り、
新しいものが次々と向かってくる、
そんな中で生きています。
それを歓迎すれば、変化を楽しむ日々となり、
それを嫌悪すれば、変化に抗う日々となります。
時の流れを歓迎し、嫌悪し、
それが人毎に違っていて、私たちの生活する
社会、すなわち、人の集まりが表情を変えています。
願わくば、変化を楽しみながら過ごせれば、
それに越したことはありません。
有縁の方も含めて、そのように過ごすために何ができるのか?
日々、追求するテーマです。
ひとつ、そのためには、共有すべきことがあると思いまして、
それは、技術は新しく生まれ、情報、価値観は新しく塗り替えられる、
ということです。
私たちの未来予測や道徳観念や正義感というのは、
往々にして、それらのことを忘れた上に立てられています。
今の自分の価値観をベースに、
既存の技術の組み合わせでもって、
それがあたかも「正しい未来」であるかの如く。
しかし、それは常に間違った未来であって、
現実化する未来には、
新しい情報や技術、価値観といったものが含まれています。
さて、振り返ればそのように変化してきた私たちの社会ですが、
商売人としては、「換金性」という概念も、変化の過程で生まれた
私たちの生活における考え方です。
先日、家の近くの駅前の道を歩いていました。
そうすると、チェーンのお蕎麦屋さんがありまして、
その横を通った時に、
「例えば、ここで券売機に数百円のお金を入れる。
 そうして出てくるお蕎麦の価値の源泉(会計的な意味でなく、日本語的な意味で)とはつまり何か?」
ということを考えてみました。
数百円というお金は「店内で蕎麦を食べることができる」
というモノ+サービスを得るために投じます。
では、蕎麦がどのタイミングで価値を持つのか?店舗がどのタイミングで価値を持つのか?
また、割り箸は?どんぶりは?紙ナプキンは?等、
あらゆるモノが価値を持つタイミングというのがあるはずで、
仮に、蕎麦だけに注目してみます。
蕎麦は製麺されたタイミングで価値があるのか?
しかし、製麺されるには、蕎麦粉が必要で、
蕎麦粉になるには、実の加工があります。
実の加工をするには、実の収穫が必要で、
そのためには、実の栽培が必要で、、、、、
と、ずっと遡ることができます。
ただ、遡ることは永遠にいけそうなのですが、
そもそも、それを辿って行くと、
「人間が存在している」とか「世界が存在している」
みたいなところに行き着くわけでして、
蕎麦屋で券売機にお金を入れるという行為の換金性は、
人間が存在している、世界が存在している、
というところとこの理屈だと繋がっていることになります。
が、
人間が存在していることに関する換金可能な価値であったり、
世界が存在していることに関する換金可能な価値であったり、
というのは、人間そのものや、世界そのものが正確に観測されたことで、
初めて正確に試算することが可能になります。
そういうことを考えた時に、
人類の社会というのは、今もなお、
人間のことをもっと正確に知ろう、
世界のことをもっと正確に知ろう、
ということを繰り返しているわけでして、
じゃあ、この蕎麦が260円である根拠は?
と考えると、これはとても曖昧な結論だと分かるわけです。
すなわち、本来、まだ正確に試算できないものを、
試算しました、として取引をしているわけですから、
もう、これはそのプロセス全体がフィクションなわけです。
ということに気づいて、
換金性というのはつまるところ、フィクション。
だから、換金性という共通言語で動いている
「商売」というのも、フィクションだと。
フィクションであると分かると、
ずいぶんと面白くなってきて、笑いたくなってしまいました。
商売というのは、よくある構図では、
作り手と受け手がいて、それらを繋ぐ様々なプロセスなわけですが、
根本的には全てがフィクションなんですが、
どちらも笑えればオッケー!ということです。
商売というのは、笑倍だと。
お互いが笑える仕組みのフィクションなんでしょう。
今年はどれだけの笑いが増えるか?笑顔が見られるか?
どのように想像しますか?
RBCへの会員登録は今すぐこちらから
明日は樋口くんです。

ボク、元日、ヒマでした。

こんにちは、スタッフの大久保です。
前回に続き、気になった広告を紹介します。
20121231-リサイズ.jpg
『ボク、元日、ヒマでした。』という短いコピー。
今まで1月1日を休業していたのかは分かりませんが、
2013年は元日から営業することを逆説的に伝えています。
「宣伝する気があるのか?」と思うほど、
売る気のかけらも感じられない広告ですが、
かえって惹き込まれる。
「売ります!」だと逃げたくなるし、
かといって「売りません」ともいえないし、
そこが宣伝することの難しさなのですが、
そういった意味でこの広告のスタンスというのは
とても勉強になりますね。
さてさて、年末となりましたが、
今年もお世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いします。
RBCへの会員登録は今すぐこちらから
明日は野村君です。

世界の経営学者はいま何を考えているのか

こんにちは。小沢です。
今、この本を読んでいます。
「世界の経営学者はいま何を考えているのか――知られざるビジネスの知のフロンティア」入山 章栄
内容はタイトルのとおり最先端で頑張っている学者たちが何を研究しているかを簡単に紹介したものです。
私もアカデミックの領域で仕事をしています。
学会にいくととても面白いなぁと思う研究がたくさん発表されていて、それをビジネスの現場の方が知らないのはとてももったいないと思います。
少しでもそういう内容を知ってもらえたらということで、以前RBCの定例勉強会でサービス・マーケティング研究をされている同志社大学ビジネススクールの戸谷圭子先生をお呼びしたことがあります。
ビジネス本には書いていない最先端のアカデミックな知識に触れられたということで、参加者の皆さんからも大好評でした。
この本はそれを経営学の分野で実現した本です。
教科書にするほど理論が整っていない最先端の経営学の分野で、ビジネスに役立つ様々な研究が難しい部分は省いて紹介されているので、おすすめです。
ご興味ある方はどうぞ。
RBCへの無料会員登録はこちらから
明日は大久保さんです。

T.M.Revolutionのライブ【上映】に幾ら払いますか?

皆さんこんにちは。
実はプチいちごちゃんファンのなかしーです。(いちごちゃん:西川さんの自称のあだなです。)
つい先日、毎年恒例TMR女人禁制ライブの、サテライト会場(というのか?)のバルト9に鑑賞に行って来ました。
(まぁ男なんだから会場に行けよという噂もありますが、予定の関係上そうなりまして。)
このライブですが、全日本プロレス×TMR×男祭りという、汗臭すぎて死にそうな内容になってまして、横浜の本会場はスタッフ含め全員男だけ。
その他に、全国海外含め八十数箇所の映画館で3時間遅れくらいでライブの模様が上映されるという形式。
プロレス×ライブと、そして映画館での上映という未体験ゾーン満載のイベントでしたが、結論からいうと、ものすごい良かったと思っています。
コンテンツの作りこみも、プロレスの面白さ&西川さんのキャラが非常にマッチした内容で楽しかったです。相当笑いました。吉本新喜劇を見るのと似たような感覚ですかね。
そして、映画館での上映というのも中々良かったです。
大画面&大音量&大騒動というのは個人でやるには限界ありますから、好きな人だけでキャーキャーいって楽しめるOfficialな場を共有出来るというのは、ひとつの価値なんだな、、と思いました。
今回のような、ミュージシャンのライブを映画館でほぼ同時配信という取り組みは、ニコニコ生放送のハイエンド版のような感覚で今後もっと普及してくる気がしました。(既に普及してるのかもですが。)
結局、ライブ(コンサート)も、アリーナ席以外だとミュージシャン本人の顔はスクリーンでしか見えないくらい小さいですしね。やってることはそうそう変わらんのかな、と。
ただ今回のケースだと、双方向でのやり取りが無いので、
「アリーナ席ぃぃぃ!お前らもっと声出せんだろー!」「うぉぉぉぉーー!!」
みたいな掛け合いが無いのがちょっと残念です。
(初音ミクの3Dライブってこういう辺り、どうやったんだろう。。。気になる。。)
そんなライブ【上映】というスタイル、今回は3800円位でしたが、みなさんなら幾らまでなら払いますか?
この値段感覚は、今後のコンテンツビジネスでの一つのキーになると思いますので気になります。
では。
RBCへの会員登録は今すぐこちらから
明日は小沢さんです。

仕事納めですね

こんにちは。
スタッフの阪倉です。
今日12月28日は仕事が最終日の人が多いのではないでしょうか。
毎年、「今日が今年の仕事最終日」という実感がないのですが
会社の周りの人たちに挨拶をすることでだんだん実感が湧いてきます。
楽しかったこと
やる気になったこと
つらいこと
くるしいこと
それらが今年もたくさんありました。
でもやはり仕事は楽しいですね。
会員のみなさま、今年も大変お世話になりました。
良いお年をお過ごしください。
無料会員登録はこちらから
明日は中島さんです。

忘年会対策

こんにちは。RBCスタッフの堀川です。
もうすっかり年の瀬ですね。
今週は忘年会など、お酒を飲む機会が多かったのではないでしょうか。
さて、飲み会が続くと体も疲れるし、二日酔いも辛いという事で
お酒の前に、ウコンなどのドリンクを飲まれる方もいるでしょう。
最近私の周りで評判がいいのは、ヘパ○ーゼというドリンク剤です。
正式名称を『肝臓水解物配合薬』というのですが、
肝臓水解物とは、新鮮な哺乳動物の肝臓に酵素を加えて加水分解を行い、
アミノ酸やペプチドの形にしたものだとか。
作用としては肝臓の血流量が増加し、肝臓細胞の再生が促進されるということで
これを飲み会の前に飲むと、悪酔い・二日酔いをかなり防げます!
ただし、酒豪の友人は、これを飲むと酔いづらくなるため
「いくらでも飲める!」
と、普段の2倍も3倍も飲み、ヘロヘロになってたという例もありますけど(笑)
個人的には、シジミのみそ汁が一番効くような気がしますけどね。
RBC勉強会への参加は、まずは会員登録から。
明日は阪倉さんです。

今年も終わり

こんにちは。八須です。
今年ももうすぐ終わりですね。
この1年を振り返ってみると、個人的には結婚式を挙げたことや
二度の海外旅行、お客さんの沖縄移転に伴う出張の増加などが
目立った出来事だったかなと思います。
ただ、日常的なところではあまり変化のない1年でした。
来年はもっと変化を追求していきたいですね。
RBCも、よりよい方向へどんどん変えていければと思います。
新しい事業、新しい勉強会、そして新しいコミュニティへ。
来年もRBCをよろしくお願いいたします。
RBCへの会員登録はこちらから。
明日は堀川さんです。

厨房にみるCSの真髄

クリスマスおめでとうございます。樋口です。
先日、知人のイタリアンレストランのお手伝いをさせていただきました。
私のなかでは「修行」と定義づけています。
仕込みとランチのお手伝い。
なぜかクリスマスのコスチュームを纏ってのお仕事になったのですが、
変なテンションで楽しく充実した時間を過ごすことができました。
・ 前回に比べて習熟度が上がっているのを体感できたこと、
・ 新しいことを覚える喜びを覚えられたこと、
・ 食材についての勉強が更に深まったこと、
・ 普段仕事で問題意識を持っていることが活かせたこと、
・ まだまだプロ意識や学び気付きが足りないということ、
そして何よりも一番学びが大きいのが、
「CSをダイレクトに学べる」ということです。
お客様の声をダイレクトに聴き、感じ、顧みる。
普段仕事をしているとなかなか繊細に掴み取れない部分を
直接味わうことができるのが喜びです。
一方で、飲食の世界では、お客様に対して失礼があると、
それは売上&利益の直接の損失に繋がります。
魂込めないと直接伝わる。人に迷惑がかかる。
そんな真剣勝負の現場だからこそ学べることが多いのでしょう。
ここで学んだことを普段の生活や仕事の随所に活かす。
それこそ本質と思って明日からの行動に進化を与えたいと思います。
RBCへの会員登録は今すぐこちらから
明日は八須さんです。

『価格競争になりにくい4つの価値とは?(5/5)』

こんにちは。のむらです。
今日は、いつものシリーズではありません。
RBCの話シリーズでもありません。
前回に引き続き
価格競争になりにくい4つの価値とは?
について書いてみたいと思います。
1.アーティスティックな体験に対する価値
2.一体感を味わう価値
3.影響力が見える化されて自己肯定感を刺激される価値
4.パラダイムを理解した気持ち良さに対する価値
と、前回は3.について書いたので、今回は4.についてです。
さて、これはまだまだこれからの部分だと思っています。
そもそも、パラダイムを理解した気持ち良さとは何か?というと、
数学の問題の考え方が理解できた時の気持ち良さのようなものです。
さて、果たして人はこんなものにお金を払うのでしょうか?
いわゆる雑学的な本を読むというのが比較的よく見る事例でしょう。
ただ、パラダイムを理解する、というには少し仰々しいです。
が、、、
近年の日本で言うならば、なかなか良い事例が出てきていて、
例えば、思想書が売られていたりします。
それが、まぁそれなりに話題になったりと。
思想書の実用性
なんてことを考え始めると長い議論が始まりそうですが、
じゃあ、国政に影響を与えるような人が思想書を読み漁るのか?
といえば、むしろ、その逆で、著者のフォロワーというか、
思想そのものを生み出すよりは、
それを理解したいという欲求が前提となって事業になります。
もう少し形態を変えると、例えば、
オタキングexなんかも事例として良い事例だと思います。
人は、パラダイムを理解する気持ち良さに十分にお金を払う資質を持っています。
しかし、これはまだまだあまり可視化されていないというか、
論じられたり指摘されたりしていなので、
できればナイショにしておきたかったところでもあります。笑
なので、他にも色々事例はあるんですが、それについては、
この場ではナイショにしておきます。
が、信じられないくらい、というか、私からしたら「払いすぎだろ」と、
突っ込みたくなるようなお金を払ってる例もあります。
この視点でぜひ世の中を観察してみてください。
さて、これまで5回に分けてこの話を続けてきましたが、
未来予測をする時に、ほぼ確実な2択を組合せると、
未来はけっこう必然に見えます。
例えば、
情報の流通量は増えるか?減るか?
とか、
情報の流通速度は早くなるか?遅くなるか?
とか、
そういうことはほぼ確実な予測ができます。
今、目の前にある価値の本質は何か?というのを見つめつつ、
ほぼ確実な未来予測を組合せると、世の中は思った通りの変化になります。
その中で自分が何を狙うのか?何をするのか?というのは、
未来予測とはまた別の話ですが、
一気に難しい問いを立てるから、怪しげな予言とかを一生懸命暗記したりするわけで、
簡単な二択を組み合わせれば、難しいことは何もありません。
実は、最も難しいことは、
そういう難しい考え方のために思考を放棄している状態を変えることかも知れませんが。
RBCへの会員登録は今すぐこちらから
明日は樋口くんです。

光は影もつくる。

こんにちは、スタッフの大久保です。
最近、広告に凝っているので、
今日も目に止まった広告を紹介します。
iichiko
地下鉄の乗り換えのときに見つけた広告。
見えにくいですが、これは麦焼酎「いいちこ」の広告です。
「光は影もつくる。」
商品の説明でもなく、何を意味しているかも分からない。
だからこそ…
だからこそ、この広告に接する者に想像させる。
シンプル・イズ・ベストとはいいますが、
そぎ落としてはいけないものまで
そぎ落としてしまったような広告です。
広告に「iichiko」という文字、もしくは
小さく載っている「いいちこ」の瓶がなければ、
何の広告か全くわかりません(笑)。
いいちこのサイトを調べてみたら、
このようなポスター広告がたくさんありました。
「いいちこ」の美味しさよりも
「いいちこ」のあり方そのものを伝えるような
そんな広告が並んでいます。
陳腐な言葉で言えば、「ブランドづくり」なのでしょうが、
うまく商品の世界観を作り出せていることが分かります。
この広告をつくったプランナーに会って
「なぜこのような広告にしたのか?」ということを聞きたい。
そう思わせる力のある広告でした。
RBCへの会員登録は今すぐこちらから
明日は野村君です。