スタッフブログ

料理の創造性

こんばんは、吉村です。
最近BSチャンネルの258chの番組を録画して、後日見てますが、、、
トップシェフっという番組がすごく面白いです。
内容は至ってシンプルで、隔週に与えられた課題に挑戦し、
選考に漏れた方が一人ずつ脱落する方式です、
毎回与えられた課題に対して、創造的な手法で取り込む姿を見ると
普段のビジネスでも色々見習う部分もあります。
限られた時間の中で、どう工夫するかなど色々勉強になりますね。
興味あれば、ぜひ見てみてください。
明日は野村さんです。お楽しみ!

「アナログ」と「デジタル」の使い分け

こんにちは、RBCスタッフの大久保です。
個人的な趣味の一つに「整理整頓」があるのですが、
整理整頓の際に心がけていることが
「可能な限り何もない状態にすること」です。
モノが無ければ、散らかることが無いからです。
そのため、モノが無い状態にするために
「モノが発生しないようにする」
「発生したモノは極力捨てる」ようにしています。
「モノが発生しないようにする」というのは、
たとえばレンタルで済むものはレンタルで済ませる、ということです。
CDやマンガは最近レンタルで済ませています。
また、「発生したモノは極力捨てる」というのは、
たとえば紙の資料や本などは、スキャナーでデジタル化して、
どんどん捨てるようにしています。
そうすると「何をデジタル化するべきか、
何をアナログで残すか」を考えるようになります。
結局、アナログで残すものとしては
「ToDoを整理するための付箋」と「自分の思いを書き残すメモ」が残りました。
「ToDoを整理するための付箋」は
物理的にあることで、「まだ残っている」感があるため、
やるべきことを確実にやるのに役だっています。
また、デジタル化を進めていっても、
「思いを書き残す」という行為だけは手書きにこだわりたいと思っています。
(そのようなときにはモンブランのペンを使うようにしています)
整理整頓については、まだまだ研究の余地ありなので、
今度勉強会などでお会いしたときには、
あなたの整理整頓術をお聞かせ頂ければと思います。
RBCの勉強会への参加はまず会員登録から。
明日は吉村君です。
お楽しみに!

「愛」と日本人

こんにちは。小沢です。
昨日、とある場所で「愛」に関する本を2冊紹介してもらいました。
ひとつは日本人の著者が書いた複雑で様々な形の愛を取り扱ったもの。
もうひとつは、アメリカ人の著者が書いた愛について書いたもの。
どちらも愛がその本の中での重要な役割になっているのですが、
日本人の著者が書いた本の中の愛は、愛する対象も形も様々で色々な感情が混ざり愛を表現しています。
一方、アメリカ人の著者が書いた本の中では、愛する対象=家族、友人と非常に単純で、もっともそれが著者にとって重要であると言い切っています。
この2冊を単純比較することは無茶ぶりかもしれませんが、知り合いの方がこんなことを言っていました。
日本人に「愛」という概念ができたのは明治のころ。
西洋から「Love」というものが「輸入」されてできました。
日本における「愛」の歴史はたかだか100年程度。
だから、愛の定義もわかっていないし、実際に腹にも落ちていないし、様々な解釈がなされるし、様々な使われ方をすると。
日本では、「愛している」という言葉自体、「愛」なのか「恋」なのか、はたまただたの「欲」なのかわからない状態でとらえられていたりもします。
いや、そもそも「愛している」ってあまり言いませんね。笑
結婚も昔は家と家をつなぐものという契約の意味あいが強く、
愛を貫き通そうとすると、家族から総すかんを食らったり、こそこそと駆け落ちしなければならなかったり。
制度的に「愛」が抑圧されている文化だったのですね。
そりゃ「愛」という概念が日本に定着しにくいわけです。
しかし、現代になり、純粋に「愛」を語り、貫くこともやりやすい時代になりました。
それでも、やはり結婚と(恋)愛は別物、ということもありますが、
まあこれは結婚に「愛」以外のものを、親や家ではなく、本人自身が多く求めるからですね。笑
さてみなさんは、パートナーに「愛」と何を求めますか?
RBCへの無料会員登録はこちらから
明日は大久保さんです。

【プロの知恵袋】のど飴よりもXX

【プロの知恵袋】のど飴よりもXX
みなさん
なかしーです。
今年の年初でしょうか、珍しく風邪を引いたような感じで体調が悪くなりました。
その時の医者とのやり取りです。
医者の知恵袋:【のど飴よりは、ガム。】
——————
医者:「風邪だね。薬はどうする?」
中島:「出来ればあんまり薬は飲みたくないんです。」
医者:「そうだよねー、医者のあたしが言うのもなんだけど、薬なんて飲まないからねー。もうここ十数年風邪なんて引いてないさ。ガッハッハ。」
中島:「すごいですね、何か秘訣は有るんですか?」
医者:「あたしは外に出るときは必ずガムを噛んでて、喉についた菌は唾液で胃に流し込んじゃうんだよ。
中島:「へー!なるほど。のど飴とかじゃないんですね。」
医者:「あんなのなんか喉乾くだけで意味ない意味ない。あ、ガムはね、大きい方がいいよ。小さいの複数とか。あたしはノータイムだね。最近は駅の売店とかにしか売ってないから、有る駅見つけたら買い込んでるよ。ガッハッハ」
中島:「へー!じゃぁ、帰り買って帰りますよ。」
医者:「じゃぁ薬は出さないでおくよ(笑)」
中島:「はい(笑)」
——————
ということで、のど痛いな・・・。と思ったときは、ガム噛んで自分の唾液を喉に流し続けてケアするという手も有るようです。ご参考まで。
医者の知恵袋:【のど飴よりは、ガム。】
体調管理はビジネスの基本中の基本です。自分にあった管理方を持っておけるといいですね。

RBCへの会員登録は今すぐこちらから
明日は小沢さんです。

ここまで来た自販機! なんとメガネが!

こんにちは!
スタッフの阪倉です。
知る人ぞ知る、メルマガ編集長でもあります。
ここまで自販機がきました! なんとメガネが売られるようです!
JINSを運営するジェイアイエヌは7月2日、ショッピングセンターでメガネの自動販売機の設置を開始するとのこと。
パソコン用メガネJINS PC専用の次世代自動型新店舗JINS Self Shop(ジンズセルフショップ)を
ららぽーとTOKYO BAY(千葉県船橋市)、イオンモール名取(宮城県名取市)の2か所に設置するもの。
今後も、自動販売機を増設する予定だそうです。
以前、バナナの自販機をご紹介しましたが、
とうとうここまで!という感じですね。
自分が自販機で何まで買うかという境界線があいまいになってきた
気がします(笑)
無料会員登録はこちらから
明日は中島さんです。

RBCの模範会員・・・

こんばんは、樋口です。
6月29日?7月1日に向けてフル稼働で動きました。
意外と体力がもったのは、トレーニングでしっかり体力をつけていたからだと思います。
・ 6月29日(金)
上司の赴任前最終日イベント
→ 土井英司さんの出版戦略勉強会
→ 懇親会
→ RBC Lite勉強会第3回「ビジネスクリエーターナイト
ここでオールします。
・ 6月30日(土)
行きつけイタリアン「オステリアサンテ」にてランチをしつつビジネス談義
→ 立教大学のOBOG訪問会にゲストとして参加して4回講演
→ そのまま懇親会
→ 昨年の就職活動支援プログラム受講生からの謝恩会
→ その二次会@バー
・ 7月1日(日)
朝は食材の買い出し
→ 200人バーベキュー@野川公園をフル回転で満喫。
(マグロやチョウザメの解体ショーや、海老の踊り食い、流しそうめん、鬼ごっこまでw)
実は、イベントごとは、RBCを起点とした活動がほとんどなのです。
RBCの勉強会で知り合った方々から誘われたイベント、
RBCの定例勉強会講師でいらしたかたから紹介されたかたのイベント、
RBCの活動そのもの・・・。
人の繋がりを促進させることのできる場だと痛感しました。
同時に、私たちスタッフが会員として先駆者であることが、
会員や、今後会員になる方々にとっての道標となり、
周りのひとの人生が活性化する秘訣なのだと確信しました。
だからこそ、前に進もうと思っています。
RBCの勉強会への参加はまず会員登録から。
明日は八須さんです♪

『ビジネス裏話』

こんにちは。のむらです。
今日は、いつものシリーズではありません。
RBCの話シリーズでもありません。
このブログは、ビジネスクリエーターナイトのステージ上で書いています。
ビジネス系夜活であり、
コードが書けない人を巻き込んだハッカソン的なイベントであり、
というこのイベントですが、
語ればたくさんの狙いがあります。
ただ、あまり聞いたことがないので、
パイオニアとして、この分野をガンガン開拓してきたいと思います。
まずは、一堂に会することで生まれる、絶妙な熱気というのを大事にしたいです。
もうひとつ、これが最大の価値だと思いますが、
「いくらお金を出しても手に入らない話や経験」
というのを大事にしたいです。
来月は、まさにそういう感じの企画をしているのですが、
今月も、公開しちゃダメな裏話や本音トークを引き出したいと思います。
今からワクワクしています。
※もうすぐ開場というタイミングです。
さて、どうなることやら、楽しみにしています♪
ステージ上

RBCへの会員登録は今すぐこちらから
明日は樋口くんです。

世界で一番雨が多い場所は?

こんにちは、スタッフの吉村です。
もうすぐ梅雨が終わりますね。早く終わって欲しいです。
さて、梅雨ネタで一つトピックをご紹介しますが、
世界で最も雨が多い場所はどこでしょうか?
香港?タイ?バンクーバー?日本
正解はオーストラリアのマッコーリー島です。
なんと年間307日が雨です。
一般的にオセアニアは晴れが多いイメージだったので、
知った時は驚きました。
この島に晴れ男や晴れ女を集結させたら、
ちょっとは雨の日が減るかな(笑)
明日は野村さんです。お楽しみ!

阿佐ヶ谷ロフト

こんにちは、スタッフの大久保です。
ビジネスクリエーターナイトまで、残りあと数日となりました。
阿佐ヶ谷ロフトは私の自宅の近くにあるため、
ロフトでイベントがあるたびにお店の前に
たくさんの人が集まっているのを見かけましたが、
RBC主催でイベントをやる日がくるとは思ってもいませんでした。
20120628-120601_194859.jpg
RBCとして、新しい試みということもあり、
今からとてもワクワクしています。
深夜の時間での開催となりますが、
一緒に楽しみましょう。
ビジネスクリエーターナイトの詳細はこちら
RBCの勉強会への参加はまず会員登録から。
明日は吉村君です。
お楽しみに!

女子テコ

こんにちは。小沢です。
先日、お店で「女子テコ」なるものを見かけました。
ええそうです。
女子+ステテコです。
ワコールなどいくつかの会社から女子用ステテコが発売されています。
和柄、ドット柄など女性がお洒落に気軽に着られるものがラインナップされています。
メンズではユニクロが広く展開していてお洒落ステテコは男性にはメジャーなのでしょうか。
ステテコというと、私はバカボンのパパのイメージが強いのですが(笑)、いやいやなかなか良いもののようです。
ステテコをとことん研究するsteteco.comによると、
「ステテコは着物や袴の下にはく肌着として生まれ、
和装から洋装中心の生活になってからはズボン下や湯上がり着として、
日本人の日常に密着」
「汗による不快なベタツキ感を解消してくれるだけでなく、
大切なスーツも汗から守ってくれる。そして家ではそのままくつろぎ着へと…」
ということです。
(ちなみに、ここのホームページは可愛らしくてよいですね。steteco.com)
部屋着だけでなくものによってはちょっとした外着使いとして可能で、もはや通気性のよいパンツですね。
長さが膝したまでというのが、女性には頑張らなくてよい感(笑)があるそうで良いみたいです。
ゆるく、楽ちんでかつ可愛い。
ステテコという昔ながらのネーミングを応用しつつも、オヤジくささを払拭するデザインとバリエーション。
そして男女とも着れるので、今をときめくゆるゆるカップルのおうちデートなんかにぴったりではないでしょうか!笑
せっかくなので私もとりあえず挑戦してみます。笑
RBCへの無料会員登録はこちらから
明日は大久保さんです。