スタッフブログ

読んでると差が出るそうです

先日、某友人のブログで知ったのですが、
東急電鉄の売店で、
ビジネス書の売れ筋を取り扱う
「ヨンデルとサガーデル文庫」というのが
できたそうです。
ニュース参照
確かに、駅の売店って雑誌とかは多いですが、
ビジネス書とかなかったですもんね。
本当に差が出るかどうかは、
読んでる本人次第な気もしますが、
東急線沿線の皆様、ぜひお試しください。
ワンカップとツマミが似合う常磐線沿線在住の
村上でした。
RBCの会員登録はこちら
明日は吉村君です

大企業のメリット

僕は比較的、大企業に勤めているが、
ベンチャーで働いている人の話を聞くと
その違いにとても驚く。
ベンチャーは、
組織というものがなく、
仕事はひとりひとりの裁量に任せられている。
だから俗に言う「根回し」などは必要なく、
管理者を通さなくても担当者通しで
ものごとを決定できる。
その反面、あまりにも混沌としすぎていて、
勤務管理などは無いに等しいそうだ。
それ比べて大企業は
ガチガチの組織で成り立っている。
何をするにしても上司の決裁が必要だし、
質問ひとつでも組織を通して行わないといけない。
窮屈きわまりないが、
組織がしっかりしているからこそ、
連絡やトップの命令が伝わるのがスピーディーだったりする。
大企業の中に所属しているとデメリットばかりが目につくが、
比較してみて良い点がわかる。
こういった経験が今後役に立つのだ。
目的意識を持ちながら、常にアンテナを高くしていれば
当たり前に接しているものから
多くの学びを得ることができることに感謝したい。
社外の人とのコミュニケーションもできる
RBCの勉強会に参加を希望される方はまず会員登録からお願いします。
以上、大久保でした。
明日は村上君です。
おたのしみに!!

終戦記念日にすいとん

こんにちは。満木です。
8月15日は言わずと知れた終戦記念日です。
学校に通っていたころだと戦争について考える授業が催されたりしますが
社会人になってからは忙しい一日のひとつになってしまいがちで、
夜家に帰ってきてテレビのニュースで気づいたりなんてことも多々あります(恥)
終戦記念日の過ごし方って、
?半旗を掲げる(家庭ではあまり見ませんが・・)
?正午に黙とうを捧げる
くらいで、お月見のように団子を食べるとか
特に何をするっていうことはないですよね。
満木家では、終戦記念日は戦時中をしのんですいとんを食べるのが習わしです。
すいとんそのものをもはや知らない人もいるかもしれませんね。
小麦粉を練って、キャベツや大根などといっしょに出汁で煮込んだものです。
昔からあるものですが、戦時中にお米などが不足していたため食べられていました。
戦時中と違って具材が豊富かつ母の腕がいいせいかしのべないくらいおいしかったですが。。
今年の終戦記念日は、一日社内をはしりまわって、夜は飲みに出ていたので
終わる直前に気がつきました。
というのも、別の意味での終戦記念日だったのです。
5年間勤めた会社を退職しました。
週明けからまたすぐに戦地を移して開戦なのであまり終戦!というかんじでもないですが、
意味深い日となりました。
さ、明日は大久保くんです。お楽しみに!
★今週末はアドバンスです。
  まだの方は今すぐお申込みを♪

【勉強会告知】12名限定「ディベート入門」(8/23)

こんにちは、樋口です。
繰り返しになりますが、来週土曜日のRBCアドバンスでは
講師を務めさせていただきます。
「ディベート入門」と題し、
クリティカルシンキングの勉強を行います。
世界を股にかけて活躍するビジネスパーソンになりたいと幼い頃から強く思い、
大学で英語ディベートを始めました。
英語でのディベートのトレーニングはなかなかやりがいのある作業でした。
論理的に考える癖を身に付けるだけではなく、
全国大会で入賞したり、
第57回日米学生会議に参加したりと、
国際舞台で活躍することができました。
結果としてグローバル展開する企業の
ロジスティクス部門に奉職し、
輸出入の仕事に携わることができています。
そんな夢を適えてくれたディベートを皆さんとしてみたいと思います。
少しでも皆様のヒントになればと思います。
RBCでば勉強会の講師も募集しております。
会員登録をまずどうぞ。
明日は、満木さんです。

『決断する』

こんにちは。のむらです。
以前、起業家に必要な資質を『スライディング』から
考察してみました。
これは、経営における守備の部分です。
一方で、攻撃にあたるのはどんな要素か??
というのを考えてみました。
ひとつだけ挙げるとしたら、タイトルの通りですが、
「決断する」
ということじゃないかと思います。
人生は決断の連続だといわれます。
それは、ホントにその通りで、私たちが送っている全ての時間は、
自身の決断の通り、それ以上でもそれ以下でもありません。
先日のオリンピック、日本VSナイジェリアは、そういうことをかなり考えさせられました。
ナイジェリアの2得点は、いずれも素晴らしいゴールでした。
詳しい話は別のところで既にしているので端折りますが、
ナイジェリアの選手が、「ここ」というシーンで一気にスピードを上げて、
前がかりになりました。
その姿を見ていて、ビジネスも同じだと思いました。
大抵の場合において、あれこれと細かいことを考えていたら、
そのうちに時間が経って、チャンスと思っていた状況が、
全然チャンスではなくなってしまうことが多いです。
ビジネスを立ち上げる、というレベルの話に限らず、
小さな作業だって同じだと思います。
こうした方が良いかな?
なんてことをあれこれ考えてみても、正直なところ、
ファーストインプレッションとは大差がなかったりします。
そりゃそうです、同じ人がやることなら、短期間で急激にアウトプットなんか変わりません。
ですから、決断に必要な時間というのは、本当のところは、一瞬なのだと思います。
また、今度は日本の選手を見ていて思ったことなのですが、
自分でシュートを打たないシーンが目立ちました。
正直なところ、あと何本か打てばもう1点くらい取れたような気がします。
ただ、自分で打つ前に味方を探してしまっていました。
これではまた、時間がかかってしまって、相手の守備が堅くなってしまいます。
起業家についても同じことが言えます。
というか、これは起業家としては最重要ポイントだと思うのですが、
「自分で決める」
ということです。
ビジネスを立ち上げて牽引する、
企業のリーダーとなる、
ということから逆算すると、「自分で決められない」という人は、
起業家になってはいけないのだと思います。
どんな決断にももちろん、リスクが伴いますが、
それを受け入れずに起業家になるのは、それは不可能な話です。
また、これは能力やスキルとはほぼ全く関係がないので、
チームメンバーとして優秀だとか、そういうこととも関係ありません。
人生に対するスタンスなのだと思います。
なので、あくまで個人的な見解まかせにはなりますが、
私は、「自身の決断に関するお伺い」は厳禁だと思っています。
(逆に、そういうお伺いが来ても、私なら困るというか呆れてしまいます。。。)
ぜひ、「ここ」というシーンでは前がかりでいたいものです。
前がかりになれる第一歩として、
RBCへの会員登録をどうぞ。
明日は友部くんです。

オリンピック・トーチ

みなさんこんばんは、吉村です。夏休み如何お過ごしでしょうか?
キャンプ・海外旅行・遊園地・海など日ごろの疲れを吹っ飛ばすほど、エンジョイしたいですね!
私は・・・聞かないでください(泣)来週にまた島流し・・・
さて、今全世界で注目しているスポーツ大会と言えば・・・もちろんオリンピック!
1986年の第1回アテネ大会から始まり、今大会で29回を数えますが、
毎回の象徴となるものが多々ありますが・・・
一番印象的なものはやはり【オリンピック・トーチ】ではないでしょうか。
その時代の潮流やメッセージをデザイン反映し、世界中の人々に強いインパクトを与えてるかと思います。
(※北京オリンピック・トーチには「Cloud of Promise(誓いの雲)」という意味が込められているそうです。)
そんな歴代の【オリンピック・トーチ】って興味ありませんか?
はい、ここにあります!(ニューヨーク・タイムズ!さすが!)
こうやって見ると・・・本当に多種多様なデザインがありますね。
頑丈で強固そうな昔の形からモダンでスタイリッシュな現在の形に至るまでの変遷が、
一同に見られます!圧巻です!
みなさんはどれが一番好きですか?これこそ一番はどれですか?
私は2000年シドニー大会のオリンピック・トーチが一番お気に入りですね☆
次のオリンピックでは一体どのようなデザインになるのでしょうか?楽しみです。
(※2010年バンクーバーオリンピック/2012年ロンドンオリンピック)
RBCにご興味のある方・勉強会に参加されたい方はまず会員登録をお願いします
※会員限定、毎月4回のメルマガを配信中。
明日は野村さんです。お楽しみ!

頑張れ!うまい棒!!

みなさん、「うまい棒」はご存知ですよね?
あの10円のなんとも頼りないけど、
小学校の遠足には誰でも持って行ったであろう、
あの駄菓子です。
子供のころからの習性とは恐ろしいもので、
うちは割りと買い食いすると怒られていたので、
こっそり買い食いして食べたあの味が忘れられずに、
今でもコンビニやスーパーで見かけると、
こそっとうまい棒だけ2、3本買ったりします。
この年になってコンビニでうまい棒だけに
20円を払うのはなんとも恐縮なのですが、
それ以上にうまい棒を買って食べられることがうれしいのです。
そんなうまい棒に、異変が起きました!
なんと、かなり細く、小さくスケールダウンしてしまったのです。
<写真1>
20080812-Image128.jpg
<写真2>
20080812-Image129.jpg
この写真からはなかなか私の主張を
ご理解いただくのは難しいと思いますが、
とにかく小さくなった!
お手にとっていただければ私の主張を
ご理解いただけるものと思います。
食糧危機がこんなところにまでせまっているなんて!!
それでも、物心ついたときから10円のうまい棒。
10円にこだわるその姿勢はすごいと思います。
いろいろとご苦労は耐えないかと思いますが、
ぜひ今後も頑張ってほしいものです。
頑張れうまい棒!!
以上、好きなフレーバーはとんかつソース(少数派)の村上でした。
明日は吉村君です。
RBCの会員登録はこちら

あたたかい

ここ最近、東京は連日の猛暑だ。
5分10分、外を歩くだけで汗が噴き出してくる。
それでも私はオフィスワークなので、
昼間はクーラーのきいたビルの中にいるのがほとんどだ。
営業の人はさぞかし大変に違いない。
…と思いきや、以下のようなことが先日あった。
某有名情報誌の会社で今年新卒で入った友人がいるのだが、
その人はその会社の新入社員の中で営業がトップだという。
聞いてみると、
営業なのでクールビズでノータイにするわけにはいかず、
ネクタイをしめて、おまけにジャケットも着る。
さらに訪問件数を増やすために、
移動中は走っているとのこと。
「暑くないのか?」と聞いたら
「あたたかい」という。
お客様と会って話すのが好きで好きでたまらなく、
「暑い」と思えば暑くなるが、
「あたたかい」と思えばあたたかくなるのだという。
こういうように思える人だからこそトップになれるのだろう
と感心した。
トップになるには
トップになるような思考体系・言語体系を身につけているのだろう。
☆そのような思考体系・言語体系を身につけるのに最適な
  RBCの勉強会に参加するにはまず会員登録を☆
以上、大久保でした。
明日は村上君です。
お楽しみに!!

ひとり合宿でお尻が・・・

こんにちは。満木です。
転職することが決まり、新しい仕事の知識を集中的にたたきこもうと
じみーにひとり合宿をしました。
と言ってもこの時期ホテルも高いしいっぱいだし・・・ということで、
一日六本木ヒルズのライブラリーカフェにこもってみました。
分厚い辞典やらレポート用紙やらをもちこんで勉強している人が多く、
勉強に集中できる雰囲気です。
学生時代も塾だとか図書館だとかでたいがい誰かといっしょに勉強してましたし、
家にいると洗濯とか掃除とか都合のいいおさぼりの口実がいっぱいみつかってしまい
集中できないのです。ナサケナイですが。。
昼からこもっていたのですが徐々に夕闇になり、東京タワーの明かりがつき
レインボーブリッジが煌めいて・・・どこからか軽くいびきなんかも聞こえてきて。。
かなーり快適ですね。
8時間くらいほぼノンストップで勉強して、すっかり疲れて眠くなってしまいました。
仕事だともっと長時間していることもあるのに、不思議なものです。
けど、わたしよりも前からきていたのにまだ勉強している人がけっこういて、
感心してしまいました。
いやあ、負けてられないですね。
しかし今朝起きたらおしりが痛いです。
久々にずーーーーーっと堅い椅子に座っていたので、尾てい骨におしりの肉が
圧迫されてしまったようで・・・
思えば高校くらいまで、蒙古斑ではないのですが、お尻にあざがありました。
そう、わたしのお尻の肉は薄いのです。。。
大学以降は堅い椅子に座ることも、長時間座りっぱなしということもなくなり
消えたのですが・・・
勉強か・・・お尻か・・・悩ましい・・・。
さ、明日は大久保くんです。お楽しみに♪
★勉強したものをどうアウトプットするか?それが大切ですね。
  今月のアドバンスはディベート入門です。
  お申込みがまだの方はお早めに!

プレゼンテーション

こんにちは、樋口です。
大学になって急に行う機会が増えると言われている
プレゼンテーション。
様々なビジネス書や雑誌でも特集が組まれていますね。
日本の教育でも小学校くらいから、
・物事に対して自分の意見を持つこと
・自分の意見を論理的に伝えること
この二つの訓練は是非行うべきです。
プレゼンテーションには二種類あるといわれています。
?準備して行うもの
?突然「無茶振り」されるもの
?も?も場数を踏めばできるようになるものかもしれませんが、
?が大きく自分を成長させてくれるものです。
資料を棒読みするわけでもなく、
ギリギリの緊張感のなかで、
自分の皮膚感覚で周囲を巻き込んで、
楽しいプレゼンテーションを行いたいといつも思っています。
プレゼンテーションを発展させるにはやはり場数。
場数を活かす機会はなかなかないものですが・・・
続きは8/23のRBCアドバンスでお話させてください。
明日は、満木さんです。