スタッフブログ

学園祭に行ってきたのであります。

こんにちは。
スタッフの阪倉です。
先日、立教大学の学園祭に行ってきました。
その名も 
「St.Paul’s Festival」
略してSPF!
私は立教大学の卒業生ですが、
当時在校生だったときは、学園祭のあまりの盛り上がらなさに
がっかりした思い出がありました。
というのも基本は参加ではなく、学校が「休み」とだけしているので
一部の文化部しか出店していなかったのです。
ところが・・・・
今年の学園祭は  人、人、人!!
あまりの盛況にしばし、驚き。。。
うれしい変化でした。
今年はタレントの小倉優子さんや、お笑いの方々も来られ、
賑やかな学園祭になっていました。
卒業からもうだいぶ経ったんだな と思いつつ、
華やかな学園祭をしていたわが校に少し嬉しくなった一日でした。
新たな発見がある!!
RBCへの会員登録はこちらから
明日は中島さんです。

来月の定例は「チームビルディング」です!

こんにちは。スタッフ八須です。
今月の定例は20日(土)ですが、来月の内容が決まりましたので
早めにお知らせします。
というのも来月は12/4(土)の開催なのであまり間がないんですね。
申し込み自体は今月の定例が終わったら、すぐに受け付けを
はじめる予定ですが、ぜひ12/4の予定を空けておいてください!
さて、「チームビルディング」とはなんなのか、ご存知ですか?
今回講師をしていただく、長尾彰氏(している株式会社代表取締役)は
次のように定義しています。
「メンバー相互により良い関係を築きながら、共通の目標を達成できる集団をつくる」
今の時代、個人でできることは限られていますよね。
大抵のことは何人かが一緒になり、チームを組んでやっていきます。
たとえば自分の古巣、システム開発の業界では、プロジェクトごとに
チームを作り、終わったら解散してまた別のチームに、というように
たくさんのチームを渡り歩くのが普通です。
そうやってチームで仕事をしていく中では、色々な問題が出てきます。
メンバー間のコミュニケーションが足りないとか、ひとりひとりが
自分の仕事しかしないために全体を見るとちぐはぐになっているとか
そもそもメンバーの性格などを理解しておらず、見当違いのことを
担当させていて非効率だったとか。
チームならではの悩みというのは、多いものです。
そして、RBCの会員たるあなたは、これから(あるいはもうすでに)
リーダーとして活躍していく人です。だからこそ、
「いかにして強いチームを作っていくか」
という、チームビルディングの手法を知っておくべきではないでしょうか。
しかも今回の勉強会はこれまでにない、からだを動かしてゲームを
しながら学んでいく、体験型の「アドベンチャーラーニング」という
手法を使ったものです。
今まであまり知らなかった、他の会員さんとも仲良くなれるチャンスです。
お楽しみに!
定例の参加の前に、RBCへの会員登録をしてくださいね。
明日は阪倉さんです。

APEC警備費用90億円に驚く

こんにちは。満木です。
先週仕事で横浜に行ったときに、道端で北海道警察の制服をみかけて
???と思っていたら、APECの警備の応援部隊だったんですね。
しかしニュースで「APEC警備費用90億円」をみたときは、
ケタを間違ってるかと思いました。
ビルや、死角になりそうなところの多い街なのでかかりそうではあるけど…
でも、90億円?
事業仕分けで職を失った人や事業縮小のあおりを受けた人たちからしたら
うらめしい数字ですね。
一方で横浜市内への経済効果は最大で637億円という計算もあります。
金は天下のまわりもの。
どこかにあればどこかのがなくなって・・・
使うべきところには使うべきだし、
喜ぶ人がいれば悔しい人がいるのは仕方ないことだけど、
どこにどう流すか=国のかたちを明確に示してもらいたいですね。
じゃないと、金額の大きさにばかりに目がいってしまいます。
90億円のあとに参加費3,000円と聞くと小銭のようですね。
RBC次回定例勉強会は11月20日です。
明日ははちすくんです。お楽しみに!

特徴をつける

おはようございます、樋口です。
仕事をしていると、「得意分野を持て」という言葉をよく聞きます。
些細なことでもよいと思います。
・パソコンの起動スピードを30パーセントアップできます
・網奉行なら私に任せてください。
・英語の翻訳のスピードならば私にお任せください。
その人にしかできないことで、
希少価値が高いものであればあるほど、
ビジネスチャンスは巡ってくるでしょう。
一方で、「そんな得意な才能なんてないよ・・・」というかた、
心配には及びません。
ちょっとした工夫を加えてあげるだけで、
しかもタダで価値を出すことはできるようになります。
例えば、早起き。
朝は必ず4時に起きて朝食をとって、始発で出社して、
誰よりも早く会社で仕事を始めれば、
それだけでも特徴になります。
※少し早起きをする、という努力が必要になりますが。
また、メールの返信のスピード。
携帯電話であれば、相手が携帯をしまう前に返信するくらいの
スピードでメールを返してあげる。
即断即決のトレーニングにもなりますし、
何よりも気持ちのよいリズム感でコミュニケーションが進んでいきます。
※面倒くさがらずに返信する忍耐力が必要かもしれません。
このように、ちょっとした努力を積み重ねてあげることで、
特徴づけは簡単にすることができます。
しかも、教科書に書いてあるようなことを
【愚直に、思いを込めて繰り返す】ことが
成功への最短ルートでもあり、正規のルートではないでしょうか。
そんなことを、クレドを考えながら思いました。
全て、勉強になります♪
ビジネスセンスを磨くには、RBCへの会員登録をどうぞ。
明日は満木さんです。

意見の選眼

友部です。
最近、
仕事の局面において、意見が流通するときに、
(意見を発するとき、意見を受け取るとき)
幾つかの事に注意している。
声を出すと、それが文節になり、誰かの耳に届く。
「意見」というと、平易なようだが、
メールも、書き込みも、ツイートも、会議の発言も、クレームも、その範疇である。
人の個性はそれぞれだけれど、
他人に、意見をたくさん出す人もいれば、意見をあまり出さない人もいる。
他人からの、意見をたくさん聞く人もいれば、意見をあまり聞かない人もいる。
ともすれば、
他人に、意見をたくさん出す人こと、
他人からの、意見をたくさん聞く人ことが、良しとされるが、
最近の私は、必ずそうとも思わない。
自責を避けて、他人の批判を繰り返す人より、
自責を感じるからこそ、他人批判をまずしない人、
クレームを受けたら、それを早速応答すること自体を、仕事と思う人、
クレームを受けても、自身の自信に立脚して動じない人、
それぞれの後者の様子が、魅力的だ。
なんでも言えばよい、なんでも聴けばよい、のではなく、
意見の客観性や妥当性を自己認識した上で、
それを行うことを心がけるようにしたい。
多くの人との意見の受渡しは、RBCへの会員登録から。
明日は樋口くんです。

『大学の学園祭から考える』

こんにちは。のむらです。
今日はいつものシリーズではありません。
先日、用があってとある大学の学園祭に行く機会がありました。
※立教大学ではありません。
学園祭と言えば、大まかには、
1.各種展示やプレゼンテーション
2.飲食店
3.ミスコンやコンサートなどのイベント
が主流です。
昼食を取らずにキャンパスに行ったので、
空き時間に何か食べようかと思ったのですが、
・客引き要員の学生
・売り場及び調理スペース
は飽和状態でしたが、
・食事するスペース
が全然ありませんでした。
にもかかわらず、学生さんはともかくセールスをがんばるわけです。
少なくとも、「どの焼きそばが一番おいしいのか?」
なんてことを知り得ない私にとっては、
学生が一生懸命売り込みにくることよりも、
座って食事ができるスペースを案内されたほうが、購買する理由があるわけです。
※ちなみに、、、価格と品目を見て、大体の原価と回転数を計算して、
 売上げと粗利を計算しながら歩いてました。(職業病なんですかね。。。)
そうして歩きながら、
食事スペースを売ってみてはどうだろうか?
なんてことを考えたわけです。
学園祭で斬新なアイディアといえば、「ハンズ」というアイディアがありましたが、、、
↓元ネタ

最初のアイディアは、、、
食事スペースの確保及び作成をしたら、
あとはコンシェルジュ(と、あえて言ってみる)を配置。
やるべきことは、焼きそばだのチョコバナナのセールスではありません。
1.座って食事が出来るスペースへの誘導。
2.オーダーを受けて、他店から商品を仕入れてくる
 ※ここは、ケータイをつかえば良い。
そして、連携先店舗と事前に価格に関する取り決めをして
メニューを作成しておけば、学園祭内での総合商社が完成します。
(メニュー自体に利益が乗っかってるか、連携先からマージンをもらうかは、ご相談)
在庫リスクを抱えず、顧客に押売り営業をしなくて良いので、
無駄なセールスをするリスクが減ります。
(天候等によるニーズ変化のリスクも低下)
さすがに、食事スペースそのものに課金をするのは、
ちょっと難しいかも知れませんが、、、
製品ピラミッドを形成すれば、少しは利益が生まれるかも知れません。
例えば、スタンダードなスペースは入場無料の商社モデルで利益を得る。
※入場無料だが1人1オーダー以上。
一角に、ディスプレイがあって、学園祭の様子がダダ漏れ放送されているところは、
入場料がかかる、とか。
これは、iPhoneとUstで十分じゃないかと。。
※どの辺を映すかを指示したりも出来る。
あとは、さすがに風俗店のような商売はアウトだと思いますが、
人をつかったサービスなら色々考えられるかも知れません。
学園祭というのは、ビジネス的にはいくつかのメリットが標準であって、
⇒家賃がかからない
⇒そのエリアへの潜在顧客流入にかかる広告宣伝費を負担しなくて良い
なんてことが言えるでしょう。
後者については、学校の立地/知名度/気象条件による損得はありますが。。
こういうことを考える学生が出てきたら面白いなぁ、
と思ったのですが、ただ、こういうことを考えられる学生は、
そもそも既に自分で事業をやっているので、学園祭で商売はしてないんではないか、、、
という気もしました。。。汗
が、、、
就活で、「比較的給与水準の高い総合商社に行きたい」という学生がいて、
大学側も、そういう企業に入った学生を若干、宣伝材料につかっていることを考えれば、
そういうことを考えられる学生を増やすように誘導したほうが、
全ての人にとって良いんじゃなかと思います。
学校法人配下の行事だから、儲けちゃいかん!みたいな話があろうことも若干想像はつきますが、
ハッキリ言って、儲けを抜きにビジネスパーソンとしての基礎を学ぼうというのは、
教育効果の観点から、殆ど意味が無いと思います。要が抜けてます。
私学で言えば、ある女子高なんかは、学園祭用に生徒だけで会社を登記したりしてます。
高校生でさえ、これくらいのことをやっている今日なんですから、
大学生がこのくらいのことを出来ないとは到底思えません。
そのあたりは、関係者の方に考えて頂きたいと感じた出来事でした。
そして、、、
結局、昼食は抜いて、所用が済んだ夕方に、大学の外の「なか卯」で新発売の和風牛丼を食べたのでありました。。。笑
優れた起業家への一歩は、RBCへの会員登録から。
明日は友部くんです。

ハゲタカ

みなさんこんばんは、吉村です。
みなさん「ハゲタカ」ってドラマはご存知ですか?
昨年映画化されるぐらい有名なドラマんですが、放映当時はだれも知らないぐらいマイナー
なドラマでした。(NHKだったからのせいもあるかもしれませんが・・・)
因みに有名なフレーズは・・・・「この腐った日本を買い叩く×3」です。
ハゲタカファンなら必ずピンと来るフレーズです♪
実は私、今現在IT業界で仕事してますが・・・もともとは金融専門で、よく外資系バンカーや
IBDの人たちと普通に意見交換できちゃいます。※むしろITよりくわしいかも
(※医療関係も同じくらい詳しいですが・・・これを知ってる人は意外と少ない。)
ちょっと話それましたが、つい最近その「ハゲタカ」の監修者の講演会に行ってきました。
テーマは「ハゲタカ裏話」だったので、普段聞けないような話も色々聞く事が出来ましたが、
一番印象的に残ってるコメントは・・・「かつてのGSやMSなどのIB系は今回のリーマンショック
を引き起こすような最先端金融技術をむしろ嫌っていた。なぜ彼らは禁断の果実をかじってしまったの
だろうか」です。
これには賛否両論ありますが・・・
個人的に人と人のエゴによって引き起こされたのではないかと思っています。
ただ誤解してほしくない事がひとつあって、金融は経済活動の潤滑油であり無形かもしれませんが、
世の中にとって非常に重要な役割を果たしています。
なので、断片的な情報で金融という世界から遠ざけないでください。
また難しい事だと勝手に決め付けて拒絶しないでください。
金融は奥が深くかつ大事な教養の一つなので、ぜひ色々興味もって接してくれたならうれしいです。
少しでも興味がわいた方はドラマでも良いので、「ハゲタカ」と「ビッグマネー」のドラマを
ぜひ一度見てください。きっと世界が変わるでしょう☆
機会あれば、みんなで一緒に金融というトピックで会話しましょう!!
余談ですが・・・来年の定例勉強会には「ハゲタカ」の監修者(森生明氏)に講演してほしいため、
現在交渉中が、皆さん期待してくださいね!
RBCにご興味のある方・勉強会に参加されたい方はまず会員登録をお願いします
※会員限定、毎月4回のメルマガを配信中。
明日は野村さんです。お楽しみ!

羽田空港国際線ターミナル情報

こんにちは。
先日、羽田空港の新国際線ターミナルが開業になり、
マスコミ等でも大きな話題になりました。
たまたま2日に国際線ターミナルを利用する機会があったので、
ちょっとばかりレポートしたいと思います。
20101102-3F.jpg
私は浜松町からモノレールだったのですが、
モノレールで着くと、本当にすぐにカウンターです。
香港の空港も電車で来るとすぐカウンターでしたが、これは便利ですね。
20101102-edo1.jpg
20101102-edo2.jpg
これはメディアでも取り上げられていたビル4Fの江戸小路です。
金沢や京都の歴史的町並みに入ったような雰囲気で、とても雰囲気があってよかったです。
ただ、お店の数や種類、取り扱いの品数は成田に軍配が上がる感じです。
でも、羽田のお店はどれも個性的というか、
エッジが効いているというか、そんな印象を受けました。
20101102-pop1.jpg
20101102-pop2.jpg
こちらは5FのTOKYO POP TOWNです。
ここで一番気に入ったのが、スタディハウスの日本のお土産ガチャガチャ。
小銭が余った外国人に買ってもらうのに最適だと思います。
20101102-torii.jpg
ちなみに、わたしがやってみたところ、
宮島が出ました。
プラネタリウムカフェにも行きたかったのですが、
時間がなく、今回は断念しました。
20101102-syukkoku1.jpg
20101102-syukkoku2.jpg
3Fにもどって、こちらは出国手続き後の光景です。
全体的に左側がJAL系、右側がANA系になっています。
免税店は、中央に大型の店舗が一つ、
左右に一つずつ大型店があり、あとは高級ブランドの店舗になります。
出国後の4Fには、ラウンジとフードコートがあります。
中央のラウンジは、ゴールドカードを持っていると利用できるようです。
20101102-ana1.jpg
20101102-ana2.jpg
こちらは、ANAのラウンジです。
例によって、おそばがありましたが、
ダイエット中のため、食べませんでした。
と、いいつつフルーツカクテルとかを食べてしまいましたが…。
全体的にはまだできたばかりということで、とてもきれいで新しく、快適なターミナルでした。
ただし、規模は成田の第1ターミナルの南ウィングくらいの規模で、
非常にこじんまりとしていました。
先程も言った通り、お店の規模や取り扱い点数は成田ほど多くありませんが、
個性的で面白いお店が多かったです。
以上、現場から村上がお伝えいたしました。
明日は吉村君です。
RBCの会員登録はこちらからどうぞ

行動の細分化

こんにちは、大久保です。
数年前、オラクルひと・しくみ研究所の小阪裕司さんから
マーケティングについてお話を伺う機会がありました。
そのときにお聞きしたのは、人の行動を細分化して、
その上でDM作成等のアプローチをするということでした。
たとえば、「目の前のコップに入っている水を飲む」という行動を例にあげます。
以前の私は以下のような細分化でした。
 コップを持つ
 →口元にコップを持ってくる
 →水を飲む
 →コップを置く
しかし、小阪裕司さんの細分化のレベルはもっと細かいものでした。
「コップを持つ」という一つの行動だけでも
  コップを見る
  右手(左手)をコップの高さまで上げる
  手を広げる
    ・
    ・
    ・
というように、どんどん細分化します。
(実際はこれより更に細かくします)
この細分化の考え方を知ってから、マーケティングはもちろん、
仕事・日常生活のあらゆるところで応用できるので
自然と習慣化され身につきました。
例えば、集合場所の説明。
駅での集合あれば、どの改札なのか。
建物であれば、何階のどの部屋なのか。
その他、失敗やミスがあった際に
どの部分を改善すべきなのか、など。
細かく考えることで相手と自分の理解に相違がないようにできます。
意外と知られていないのかなと思って
共有してみました。
RBCの勉強会への参加はまず会員登録から。
明日のブログは村上君です。
お楽しみに♪

人と接するときの姿勢

こんにちは。
今月からスタッフブログに参加した小沢です。
よろしくお願いします。
さて先日、前回のRBCアドバンスでも講師に来ていただいたシーズアンドグロース株式会社代表取締役の河本さんが開催されている就職活動支援講座に参加してきました。
勉強会のテーマは『自己分析』。
2時間ほどの内容でペアを組んでするワークショップありグループディスカッションあり。
関東一円の様々な大学の学生さんが参加していました。
私は意欲的にディスカッションする学生さん達を外から眺めていたのですが
大勢いるなかで自然と人に良い印象を与える学生さんがちらほらいることに気付きました。
そういう学生さん達を観察していると、
・まず姿勢が良い
・人の目を見て話す
・話を聞くとき適度に相槌をうつ
・表情は柔らかい/または笑顔
・声が大きいわけではないのに通る
といった特徴が見えてきます。
日本人は姿勢が悪いので有名ですが、姿勢がいいだけでこんなにも良い印象を与えるんですね。
こういう好印象を与える人は、当然ながら顧客にも取引先にも仕事仲間にも良い印象を与えるのでしょう。
就職活動に限らず、人と接するときの姿勢って大事だなと改めて思いました。
綺麗な姿勢を保つには腹筋・背筋を鍛えるところからですね。
腹筋が強くなればお腹から声をだせるので、声も凛と通るでしょう。
というわけで、今晩からさっそく腹筋・背筋強化しようと思います!
ビジネスマンの筋力を鍛えたい方はRBC会員登録へ。
明日は大久保さんです。