スタッフブログ

桶狭間の戦い

こんにちは、なかしーです。
先日、ある会社の社長と取締役と、仕事の
打ち合わせで丸の内で会食させて頂きました。
(ご馳走様でした!マルゲリータ美味しかったですね!)
その時の話なのですが・・・・
私の家のトイレには、本を必ず1冊は置いているんですが、
先日まで
「戦史ドキュメント 桶狭間の戦い (学研M文庫)」
http://www.amazon.co.jp/dp/4059010014
がそのトイレ用の一冊でした。
たまたま教養強化の為に読んでいたこの本が
この会食で大当たりしたのです。
色々なお話を伺っている中で、戦国時代の話になり、
その流れで桶狭間の戦いの話になりました。
あの戦いは信長の情報力と斬新な戦術で、
勝つべくして勝った戦いである。
という旨の話題なのですが、お二人の詳しさこの上なし。
今まで1年以上お付き合いさせて頂いているのですが、
これまで見たことが無い勢いで語られるのです。
打ち合わせの前日にトイレで読んでいた部分が、
義元との合戦当日朝4時?8時のあたり。
まさに、この話で大盛り上がりしたのです。
一夜漬け、ではありませんが、たまたま読んでいた所が
完璧にヒットするとは思いもよらず大喜びですよ。はい。
教養というのは一朝一夕で身につくものでは無い。
長い目でコツコツ準備して行こう!と考えていたら、
まさかこんなすぐにドンピシャとは。。
自己啓発本も大好きなのですが、改めて教養についても
日々強化していきたいな、と強く思ったワンシーンでした。
私達と一緒に日々自分を強化して行きたいと思ったあなたは
まずは会員登録からどうぞ!
明日は大久保さんです

秋の卒業式

こんにちは。
スタッフの阪倉です。
卒業式といえば、3月!!
というイメージが日本では定着しておりますが、
今年東京大学では、9月末に秋季学位記授与式・卒業式を実施したとのことです。
9月に修了する留学生の人数が増加してきたことを受けての対応
とホームページには書かれていました。
非常に良い試みだと思います。
世界的には秋に卒業式をするのは珍しくなく、
グローバル化を目指すのであれば当然だと思います。
あと不思議なのですが、日本の会社はなぜ
4月に新卒を大量採用するのでしょうか。。
今後、さまざまな才能ある人材を採用するには
門戸は開かれていた方が優秀な人を採用できます。
日本の教育・就職事情が変わるきっかけになることを
願っています。
RBCへの無料会員登録はこちらから
明日は中島さんです。

撮った写真をPDFにして共有・メールできるiPhoneアプリ「CamScanner Free」

こんばんは。スタッフ八須です。
とうとうiPhone3Gから4に機種変更をしまして
新しいアプリを色々試しているのですが、とても便利な
仕事に役立つアプリを見つけたのでご紹介します。
iPhoneや携帯のカメラで、ホワイトボードを撮影して
保存したことのある人は多いと思いますが、
CamScanner Freeはそれをより使いやすくしたものです。
例えばホワイトボードの表と裏を両方撮影し、
見やすいように画像処理を施した上で
ひとつのPDFとして保存、メールするといったことができます。
メール以外にもDropboxやEvernote、Googleドライブといった
クラウドサービスを使って共有することも可能です。
しかも「Free」とついていることからもわかるように、なんと無料!
会議や打ち合わせのメモを保存するのにとても便利なので
ぜひ使ってみてください。
詳細は下記から。
iPhoneをカメラスキャナ化してPDFファイルを作ることができる「CamScanner」
iPhoneユーザも多いBCへの登録はこちら
明日は阪倉さんです。

新・上流社会

こんにちは。満木です。
2002年に日本に初めてLOHASを紹介した大和田順子さん
お話しを聞く機会に恵まれました。
もはや知らない人はいないと思いますが、
LOHASとはLifestyles of Health and Sustainabilityのことです。
ここらへんの詳しいことはEcoBrand東さんに語っていただくとして、
ぴんときたキーワードがあったのでご紹介。
「新・上流社会」
森林や農山村など、川の上流や源流域にあって
自然資源や農山村資源が豊かで、貨幣基準に依存しない互酬経済の
社会のことを「新・上流社会」と名付けているそうです。
キャッチーですね?↑↑↑
そして、他にもいろいろ応用できなさそうな言葉ですね。
「情報の新・上流社会」とか、とか。
概念をぴたっと表現している言葉に出会うとうれしくなります。
ビジネス知識の新・上流社会に入りたい方は、今すぐ会員登録を!
今週土曜日はRBCアドバンスです。
さ、明日ははちすくんです。お楽しみに。

マイクレド公開します

おはようございます。
立教ビジネスクリエーター塾スタッフのひぐちです。
先日のスタッフ研修で、私もクレドをつくりました。
mission statement。
対外的に宣言することで自分が成長できると信じて、
ここに発信させていただきます。
<クレド>
◆私は、「快」を追求します。
◆私は、いつでも最善を尽くし、一流であり続けます。
◆私は、魅力ある人財であり続けます。
◆私は、人に生きる希望と喜びを与え続けます。
◆私は、インプット・アウトプット・スループットの量・質・スピードを上げます。
◆私は、内面から自分を磨き続けます。
◆私は、日々進化します。
<具体的に行動に落とし込みました>
◆1日1回、意識的に情報をインプット・アウトプットします。
◆1日1回、筋トレ&ストレッチをします。
◆1日1回、笑い・笑わせます。
最初にクレドをつくったのは、2009年の1月。
4回に渡って見直しを繰り返していくなかで、
上記の形になりました。
行動指針は、簡単なことかもしれませんが、
更に深いところに落とし込んでいきます。
更に更に成長をし続けるためにも。
成長し続けるための一助になります。
RBCへの会員登録をどうぞ。
明日は満木さんです。

宣言してみる

友部です。
他のRBCスタッフも、合宿の話を展開しておりますね。
一泊二日の合宿で、二日目の朝に、
下期に向けての取り組みを、個人個人で簡単に述べました。
私は、勉強会を通じてのインプットも重要ですが、
アクション/アウトプットに軸を移していきたいと思っています。
やってみる、やっていく、のであれば、
時や場所や媒体を選ばず、
自分の脳を、自分で洗脳占脳していく必要がありますね。
自分で自分を鼓舞しないと。
なので、このブログでも書かせていただいております。
現在、私は教育事業に関心をもっています。
RBCも、
意欲のある社会人のかたがたに向けて、
先達のマインド・経験・スキルの刺激を提供するという、
構図があり、教育事業といえますが、
世の中の別のニーズにも、着目したい、そう思っています。
なので、自分が関心を寄せる芽を、
深耕進行させていくのが、下期の私の取り組みです。
同じく、進んでいこうという方はこちら

『RBC合宿』

こんにちは。のむらです。
※今日は、いつものシリーズではありません。
RBCでは、年度の真ん中くらいのタイミングで合宿をしています。
先ほど、合宿から戻りました。
かなり睡眠不足なのですが、、、
この睡眠不足の意義は何か?
ということをちょっと書いておきたいと思います。
立教ビジネスクリエーター塾は、
 「世界のビジネスシーンにおいて、人に今まで味わったことの無い感動を与える人財」
 の輩出を目的とし、活動を続けています。
そして、
「100年後にも学びの場として機能していること」
を私は常に心がけています。
このような目的で活動し続けて7年目ですが、
広告を打つこともなく、人から人へと思いが伝わり、
現在では1800名以上の方が会員として集っています。
集まられている方は皆さん、RBCの理念に共感した方々でありますから、
同志という関係です。
今、たまたま私は代表という立場にあって、
運営スタッフも、今はたまたまそういう立場にありますが、
その関係は上下関係のようなものではありません。
ただ、上下関係が無いとは言いつつも、
拡がり続ける輪の中心にいるわけではありますから、
私たち運営スタッフは、常に成長し続け、
会員の皆さまにとって、ロールモデルであることが理想です。
各人の個性がありますから、活動フィールド等は異なりますが、
それでいて、「ビジネスクリエーターとしての香りのする人」
という点では一致しているべきです。
ですから、ビジネスクリエーターとして、
⇒より高いビジネスマインドを持ち
⇒知識を有機的に活用し
⇒持てるスキルを価値ある表現方法で発揮する
ということは、いくら突き詰めても、やりすぎということはありません。
ということで毎年、何かしらのトレーニングメニューに取り組むのですが、
トレーニング内容は、日々の皆さんの状況を見ながら、
「もう少し高めたら良い能力」かつ「優先度が高いもの」を抽象化し、
それらの能力に対して負荷のかかるものを作成しています。
世界にひとつだけの研修です。
今年は、メインのグループワークが1本。
個人ワークが2本ありました。
内容を知りたい方は、スタッフになるのが一番良いという気もしますが、、、
興味があれば、お問合せフォームからお問合せください。
さて、トレーニングではなく、
日々の課題への取組みがどうなるでしょうか?
これからが本番です。
何かの拍子に、トレーニングを通して気づいたことや知ったことがフラッシュバックすれば、
今回のトレーニングに取り組んだ甲斐があったというものです。
100年後にも続く、RBCへの会員登録をどうぞ。
明日は友部くんです。

RBC合宿なう。

みなさんこんばんは、吉村です。
ただいま都内某所で・・・RBC恒例の合宿の真っ最中です。
年の一度だけ普段お互いなかなか会えないスタッフたちが、
ホテルの一室に集まって、
笑いあり涙あり感動ありのトレーニングを面白おかしく実施してます。
毎年夜遅くまで盛り上げてすぎて・・・睡眠不足になりますが、
それほど有意義な合宿なのです。
ちなみに今は「笑わせよう」をトレーニング中♪
この合宿から一体なにが起きるでしょうか!?
20101016-photo.jpg
RBCにご興味のある方・勉強会に参加されたい方はまず会員登録をお願いします
※会員限定、毎月4回のメルマガを配信中。
明日は野村さんです。お楽しみ!

空を見上げてみると…

こんにちは。スタッフの村上です。
先日、台湾の花蓮という街に住んでいる友達(女性)から、
こんな写真が送られてきました。
null
ご覧の通りハート形の雲です。
見てほしい写真があるからシェアするねという内容に、
深い意味があるのかと思って聞いてみましたが、
残念ながら、深い意味は全くないそうですorz
でも、なんかいい事がありそうな気がします。
皆さんの疲れた目をちょっとでも癒すことができたなら幸いです。
<明日16日は定例勉強会です。皆さんのお越しをお待ちしております>
明日は吉村君です。
RBCの会員登録はこちらからどうぞ!

「やさしさ」と「厳しさ」

こんにちは、大久保です。
最近、気をつけていることがあります。
それは「やさしさ」と「厳しさ」を使い分けることです。
とかく、嫌われたくないいっぱいの自分なので、
「やさしさ」ばかりのコミュニケーションをしてしまうのですが、
「厳しさ」も時には必要と思いなおし、必要に応じて使っています。
といっても、感情にまかせて怒るのではなく、
論理的に、事実に基づいて、言うべきことを言います。
例えば、RBCの役員会を例に取ると、
「役員会がある」という情報だけ流して
参加したい人は参加してね、とすれば、お互い摩擦はおきません。
しかし、きちんと「出欠の確認」をとり、
誰が参加するのか、誰が参加しないのかをはっきりさせる。
参加しない人にとっては、後ろめたい気持ちが出るかと思いますが、
やはり0か1か、白黒はっきりつけないことには
役員会を始めようにも、いまいるメンバーで全員そろっているのか分かりません。
仲良しサークルであれば、なぁなぁで済ませてもいいのですが、
やはり「会社」として活動しているからには、それなりの責任が伴います。
自分は完璧ではないので、まずは自分を律する必要がありますが、
お互いに自立(自律)した人と一緒にいたい、と思うのは私だけではないでしょう。
そういえば、北川悠仁と岩沢厚治のフォークデュオ「ゆず」は
デビュー前にこう約束したそうです。
『2人合わせて「1」のチカラを出すのではなく、
 1人が1のチカラを発揮できるようにして、
 2人がいることで「2」のチカラを出せるようにしよう』
そういう背景を知れば、
彼らが音楽で成功したのもうなづけます。
立教ビジネスクリエーター塾を通して
1人1人自律したビジネスクリエーターが輩出されることを念じて、
今後も一つ一つ種をまいていきます。
RBCの勉強会への参加はまず会員登録から。
明日のブログは村上君です。
お楽しみに♪