スタッフブログ

月島もんじゃ人気

こんにちは 友部です。
本日は、月島にてもんじゃ焼きを食べてきた。
月島駅の7番出口をでると、そのままもんじゃストリートに入ることができる。
道の左右とその周辺に、もんじゃ屋が我が拡がりを見せ、
おそらくは、50店舗以上が、様々に軒を連ねている。
3連休の中日なので、相当の混雑も覚悟していたが、
、雪降りの気配と、雨の冷たさがあってか、
思っていた以上に、人数は限られていた。
もんじゃにありつくための道程なので、
あてもないまま冷やかす人々はおらず、
皆、思った店の暖簾をくくっていく。
店内滞在型が目的なので、長らく歩いている人はいないのだが、
よくみると、店々の賑わいに差がある事に気づく。
寒空の中、店前のベンチで待たれている店もある一方で、
店内に一組しか、お客がいない店もある。
誤解を恐れず申せば、調理による味の差を出しづらい料理なので、
店の人気の差は、別の要因による。
それは値段と接客。
夏の海の店の如く、客を観光客扱いをして、
1000円以上の商品が多い店は人気がないし、
回転率を意識するあまり、注文を急かさせたり、
鉄板の片付けが早い店は、嫌がられる。
注文後に、店のスタッフが鉄板上の調理をする店が
あるが、客に聴かずに、それを行う店がある。
親切なようだが、客に自分でもんじゃを焼かせない店は、
本末転倒も甚だしい。
月島もんじゃ地帯の人気の中に、
店ごとの人気の差を見た土曜日だった。
あすは樋口くんです。

『息の長いRBC的マーケティング発想』

こんにちは。のむらです。
今日は、いつものシリーズではありません。
また、RBCそのものシリーズです。
前回は、定例勉強会の話をしました。
今日は、RBCのマーケティングにおける考え方を書いてみます。
さて、そもそも、「マーケティング」とは何か?
様々な説や解釈があるこの問いですが、
私の定義は
「自分(自社)の目の前にお客様(ユーザ)の行列をつくるための活動」
です。
RBCでは、どのような考え方をしているのでしょうか?
最近は、「Webマーケティングのコンサルタント」なる人が、
Twitterでガンガン人をフォローしまくったり、
Facebookでガンガンリクエストを送りまくったり、、ということがあります。
で、そういう人が来ると、「まだこんなことやってるんだ。。。」と、
感じている次第です。
いわゆる押し売りマーケティングというか、
「今すぐここに並んでください」
と、拡声器を持って叫び、走り回っている街宣車のようです。
このような手法の効能は何か?というと、
→比較的短期間でたくさんの人にリーチする
ということにあります。
と書くと、「それは良いこと」だと思う人もいると思いますが、
私が考えるRBCのマーケティングからすると、それは、悪だと思います。
それはなぜか?というと、RBCは、
→無理やり人を集めるべきではない
→100年後にも自然に人が集まる場であるべき
というところに立っています。
短期間で人を集めるようなマーケティングは、実は、
「市場からの評価が早く出る」
という特徴があります。
市場というのは、その人が商圏にし得る範囲のことですが、
仮に、Twitterユーザを市場とした場合、
どんどんフォローしまくっていくと、短期間のうちに、
「市場内のリーチ率」
が上がっていきます。
「リーチ率が上がるのは良いことだ」
という常識に縛られている人が多いところだとは思いますが、
息の長いビジネスをやろうと思えば、これが害悪以外の何ものでも無いと思います。
どういうことか?
市場内リーチ率を急激にアップさせると、
自分や自社を認知する人の割合が一気に増えます。
認知されると同時に、
「良い(自分に関係ある)」「悪い(自分に関係ない)」
というジャッジが認知した側で起こります。
マーケティング上のメッセージがこうしてジャッジされてしまうことで、
「良い」という人が増えるのは良いのですが、
同時に、「悪い」という人も大量生産してしまいます。
大抵、マーケティングデータとしてこの「悪い」側の人のことを実績値と
することは殆どありません。
しかし、リーチ率が上がって「悪い」という認知をしている人が
市場内で増えていくと、結果的には「市場が無くなる」ということに繋がります。
そうなるくらいなら、「良い」「悪い」以前に、「知らない」という状態で
いてもらったほうが良いのです。
私も、セールスライティングの分野では、おそらく、
そこらへんのコンサルタントが束になってもかなわないような実績を出しましたが、
(反応率24%を超えたことがあります。運もあったと思うので、殆どの人は一生かかっても出せない実績だと思います。。)
それでも、「悪い」という認知を既にしてしまっている人を「良い」という認知に変えるのは、そうとう困難だと思います。
これはちょうど、焼畑農業を一気にやって、「もう土地が無い」となってしまうが如しです。
どんな組織でも、「やらないよりはやったほうがマシだ」
という意見には流される傾向があります。
結果的に、火に油を注ぐことになっても、やります。
RBCは間もなく会員数が2000人になりますが、
やはり、焼畑マーケティングをする気はありませんし、
そうならないようにバランスを取るのが私の仕事だと思っています。
実際、強烈なメッセージで動く人が集まると、コミュニティとしても、
微妙な感じになっていくことが想像できます。
ボソボソとつぶやくようなマーケティングを長期的に続けることによって、
RBCを
「適切なタイミングで」
「知るべき人に知って頂き」
「来るべき人に来て頂く」
ということを続けていきたいと思います。
と、巷の○○コンサルタントを敵に回しそうな話ではありますが、
でも、もし真面目に長期に渡って何かをやろうとすれば、
すごく大事な発想だと思うので、あえて書かせて頂きました。
逆に言うと、勉強会ブーム等に乗っかって3年前くらいから、
色んなコミュニティが立ち上がっているものの、
「何か、集まる人がビミョー」
「いつの間にか、新規の人の入りが減ってきた」
「というか、ちょっとしたら潰れた」
となってしまうのは、この点を真面目に考えるべきではないかと思うのです。
とはいえ、コミュニティの主催者が焼畑農業をやって、
「人が集まっているのを利用して自分だけ有名になろう」
みたいな考えであれば、それはそれで、別に咎めるつもりもありませんが。。。
(ただ、そういう価値観の人とは私なら全然仲良くしたいと思いません。)
ということで、時機が来た方??だけRBCへの会員登録をどうぞ。
明日は友部くんです。

SHOT NOTE

みなさんこんばんは、吉村です。
もうすぐバレンタインですね!2年前に逆チョコという言葉が流行りましたが・・
今年はどんな言葉は流行りますかな。
さて、業務効率化のツールとして、「SHOT NOTE」というノートを買いました。
既に知っている方もいるかと思いますが、一見ただのノートにしか見えませんが、
これがなんとiphoneと組み合わせると・・・即デジタルデータに変換することができます。
ありそうでなかったこのツールによって、
「何かをメモってそしてすぐにEvernoteで保存する」という作業をシームレスに行うことができ、
業務の生産性がかなり上がりました。
もし興味ある方が居ましたら、ぜひ一度体験してみてください!
RBCにご興味のある方・勉強会に参加されたい方はまず会員登録をお願いします
※会員限定、毎月4回のメルマガを配信中。
明日は野村さんです。お楽しみ!

タイ・バンコク近郊メークロン線路市場の有りえない光景

こんにちは。スタッフの村上です。
私事ですが、先週末タイへ行ってきました。
鉄ちゃんの私としては、現地の鉄道に乗りたいところ。
そこで、参加したのがこちらのオプションツアーです。
線路の上に市場があるなんて、日本じゃありえない光景ですが、
本当かどうか、確かめてきました。
まず、1回目に電車接近という放送で線路の上に荷物を出している人がかたづけを始めます。
2回目の放送で列車が姿を現します。
こちらは2回目の放送直後から、駅の入線風景です。

メークロン駅は、終点で折り返しをするので、
またもとの線路を戻っていくのですが、
駅の折り返し時間中はみんなまた線路に商売道具を並べます。
そして、出発時間が近づくと、同じ要領でみんな片づけて、
列車が出発します。

こちらは列車の最後方からの展望。
列車が通り過ぎるとすぐにお店を出していることが分かると思います。
最後に列車の窓から見た光景を。

いやー、タイの市場の商売根性には脱帽です…。
我々も負けていられないですね。頑張りましょう!
バンコクに行く機会があれば、ぜひ訪れてみてください。
明日は吉村君です。
RBCの会員登録はこちらから

iPhoneとandroid

こんばんは、大久保です。
今まで、iPhoneと普通の携帯電話(通称ガラケー)を持っていたのですが、
ほぼ無料で乗り換えることが出来たので
普通の携帯電話をandroidのスマートフォンにしてみました。
androidは初期の頃は動作がモッサリしていたのですが、
最近はiPhoneの操作感に近づいてきていて、
あまり違和感なく使うことが出来ます。
画面もiPhoneはアプリが整然と並んでいるのに対して、
androidはアプリが並ぶ画面とは別にデスクトップ画面があり、
Twitterやmixiでの投稿がすぐに確認できたりするので
とても便利でした。
androidを持ってみた一番の目的は
androidマーケットがどうなっているかを見たかったのですが、
やはり?アプリが乱立していました。
規制が厳しくiPhoneのApp storeから削除されていたアプリも
androidにはあったりして、いろいろな発見がありました。
今後のスマートフォン市場の動向がとても楽しみですね。
RBCの勉強会への参加はまず会員登録から。
明日は村上君です。
お楽しみに!

コミュニティ主催者のあり方

今年から自分で勉強会を主催するにあたり、他の勉強会などにお邪魔して、会の進行方法や雰囲気などを勉強させていただく機会を増やしています。
様々な会に出ると、居心地の良いリピートをしたくなる会とそうでない会があります。
会の内容や進行方法、常連と初参加者の割合、男女の割合など様々な要因はあるのですが、
大きく影響するのは、主催者の参加者に対するあり方だと感じます。
20名以下の小さな会であれば、主催者がその会の質や雰囲気に影響を与えます。
それ以上になると、主催者だけでなくスタッフも含めた人々がその会の質や雰囲気に影響を与えます。
すべての参加者に心配りをする主催者や、スパルタで進行する主催者、ほぼ放置して特に何もしない主催者など様々です。
どんなタイプの主催者であれ、リピートしたくなる会というのは、やはりその主催者が魅力的であり、その魅力を参加者にきっちり伝えられているところかなと思います。
そして、そのような会のメンバーは会の進行にも協力的であり、会が盛り上がる傾向にあります。
結果、満足度とリピート率が高くなるのでしょう。
場と内容を用意するのは主催者ですが、
それを良いものにしていくのは主催者だけでなく参加者すべてです。
参加者をその気にさせるのが、主催者側の役割かもしれません。
RBCもひとつのコミュニティです。
スタッフとしてどのようにあるべきか、もう少し考えてみようと思います。
RBC会員登録はこちらから。
明日は大久保さんです。

自動販売機ネタ 第4弾

みなさんこんにちは
なかしーです
またまた自動販売機ネタいきます。
電子マネーが使える自動販売機って最近増えてますよね。
そのタイプの自動販売機には、必ずFOMAのアンテナがついてます。
大体、商品が並んでいるところの左上側とかに、黒いやつがついてます。
これは、ICカードの決済に通信が必要だから、だと思うんですが、、
気になるのは、決済タイミングで通信するのか、それともあとでまとめて通信するのかという点です。
というのは、例えば、クレジットカード系のICカードの場合は、そのクレジットカードが止められていても、後通信ならば、使えちゃったりするわけですよね。。多分。
それって困る気がします。
決済の際の通信だとすると、結構高速で処理が必要だなぁ、、と。
ずっと何か繋がっているのかしら。
どうなっているんでしょう。
誰か詳しい人いたら、是非教えてください!
RBC会員登録もどうぞ!
明日は小沢さんです

自動販売機、とうとうここまで!?

こんにちは。
スタッフの阪倉です。
中島さんが自動販売機のお話だったので、
負けずに自動販売機のお話を。
東京都千代田区にある地下鉄霞ケ関駅の構内に
カット生鮮リンゴの自動販売機が登場したそうです。
とうとうリンゴまで!?
びっくりです。
 
東京メトロ(東京・台東)、青果物専門商社のエム・ヴイ・エム商事(神戸市)
などが設置したそうです。
読んだ記事では
「会社員や皇居周辺を走るマラソンランナーなどの需要を見込んでとのこと」
との記載が。
うーん。。
私も皇居ランナーの一人ですが、リンゴはちょっと難しいかなと
個人的には思っています。
走る前、走った後にリンゴを食べるイメージはあまりないから
だと思いますが。
今後、どうなるのか注目したいですね。
この自動販売機を見かけた方はぜひ様子を教えてください!
新しい世界が広がる!RBCへの無料会員登録はこちらから
明日は中島さんです。

人間の未来

こんばんは、スタッフ八須です。
先日、竹田青嗣の著作を読みあさっていると書きましたが
またもう1冊『人間の未来 ?ヘーゲル哲学と現代資本主義』という本を読みました。
で、その直前に伊藤計劃の『虐殺器官』を読んでいたのですが
この2冊の間にとてもリンクしているものを感じたんですね。
『虐殺器官』は近未来SFですが、非常に今日的な問題意識でもって書かれています。
『人間の未来』は現代の資本主義(と、民主主義)の理念的起源から解き起こし
閉塞感のある現代と未来に、思想はどのような方法で希望を見出していけるかと
いうことを論じた本です。
最終的に『虐殺器官』は、いわゆるポストモダンの思想が行き着いた
方法で終わるのですが、その問題意識という点では、『人間の未来』と
共通するところが多々あるように感じました。
『人間の未来』では、真理を人間が知ることは不可能であり、
ひとつの理想が万人に共有されることはないことを知った上で
ひとびとの集まる公共的な空間で普遍的な価値を作りだそうとする
「方法」「行動」「姿勢」こそが重要なのだと説いています。
自分としては『これからの正義の話をしよう』よりもずっと面白かったので
ぜひ読んでいただきたいです。
ビジネスの未来を考えるヒントに、RBCへの会員登録を。
明日は阪倉さんです。

同郷の誇り

おはようございます。樋口です。
サッカーアジア杯、盛り上がりを見せましたね。
逆境を跳ね返して勝ち続ける日本代表の姿に感動を覚えたかたも
多いのではないでしょうか。
「世界一のサイドバックになる」というセルフイメージを持ち続けて、
実現に大きな一歩を踏み出した長友選手や、
鬼神のようにゴール前に君臨した川島選手。
数え始めればキリがありません。
決勝のオーストラリア戦でゴールを決めた李選手、
実は私は同じ幼稚園&サッカークラブ出身です。
私は暁星小学校を受験したかったため、サッカーテスト用に
鍛錬をする必要があったのです。
(前田遼一選手は、暁星中学・高校出身ですね)
直接面識があるとか、携帯の番号を知っている、というわけではないのですが、
実家の焼き肉屋さん(2010年末に閉店。。)には何度もお邪魔しましたし、
同郷、西東京市出身として誇りに思っています。
自分と少しでも接点のあるひとが世界のフィールドで活躍する姿、
みていて感動もひとしおです。
大げさかもしれませんが、私も負けていられませんね。
RBCというものもひとつの舞台なのかもしれません。
RBCを通じて、多くのひとが価値を産み出すこと。
そして触発されるように連鎖的に価値が産まれていくこと。
私たちスタッフの望みであり、私たちもパイオニアであるべきと
改めて感じさせられます。
ビジネス成功には、RBCへの会員登録を。
明日は八須さんです。