スタッフブログ

ビジネスクリエーターとしての、クラウド

みなさん、こんにちは、なかしーです。
もはや、クラウドという言葉は押しも押されぬバズワードとなっていますが、ビジネスクリエーターの皆様はどういう利用をされていますか?
クラウドというイメージですが、
『ちょっと向こう側にものすごいリソースがあって、それを柔軟に利用できる事』
というのが私なりのイメージです。
ドラゴンボール風に言うと、
『元気玉が常につくってあって、そのうち必要な部分だけ持ってこれる』
という事になるのかもしれません。
クラウドコンピューティングという視点においては、別に技術そのものとしては、そんなに超ハイテクというのは無いとおもっていて、ただすごいのは、「ものすごいリソース(≒元気玉)」を、世界中の人でシェアしているという所な気がします。(PCを数十万?数百万台つなげてあって、その並列処理する部分はとっても凄い。)
ドラゴンボールにおいては、悟空が一人で延々と(アニメでは数週間にわたって)世界のみんなから元気をちょっとずつ分けてもらい、それをフリーザにぶつける分けですが、現代では、既にネットの向こう側に元気玉は用意されているんですよ。
それで、フリーザが現れたらお金さえ払えば壮大な元気玉が何発もだせるし、平常時は安く(あるいは無料)で、ちまちま小さな元気玉が打ち続けられる。
スキーム・ロジックと、それを運用するリソースの両方が無ければビジネスは動かないと思うんですが、クラウドというのはこのリソース(特にマンパワー・CPUパワー)をOnDemandで変更(スケール)する事が出来るんです。
皆さんがよーくご存知の超有名WEBサービスなんかも当初はAmazon EC2というクラウドをつかっていたようで、一人の天才がロジックさえ組み上げれば、それを世界中の人に使ってもらう為に必要なりソースは従量課金でサクサク増やせる。。
うーん。。マンダム。
エンジニア・クリエーターのみなさん、今更かもですが、そういう意味でクラウド利用出来てますか?
ビジネスロジックを勉強する為にも、まずRBCへの無料会員登録から
明日は小沢さんです。

どこ行く?それなら7月2日(土)の定例勉強会へ!

こんにちは。
スタッフの阪倉です。
7月勉強会を担当させて頂きます。
今回は株式会社株式会社アンテレクト 代表取締役社長の
藤井孝一さんにお越し頂きます!
藤井さんは
「週末起業の第一人者」であり、
数多くのサラリーマンを起業家に育て上げ、
今なお多くの支持を受けて続けている
そんなすごい方です。
「いつかは起業したいけれど、会社が忙しくて行動できない」
「会社を辞めて起業したいけれど、失敗が恐ろしくて踏み出せない」
あなたもそう思っていませんか。
会社を辞めるとどうなるでしょうか。
当然、その日から収入がなくなります。
「起業する」と「会社を辞める」はイコールではありません。
会社に勤めたままでも、多くのことをすることができます。
「なかなか一歩が踏み出せない」
そんなあなたにぜひ、今回の勉強会に参加してほしいと思います。
藤井さん自身もかつて「週末起業」で経営コンサルタントをし、
二年後に独立した経験をお持ちです。
その極意を教わりましょう!!
今回の勉強会は40名の少人数制となっておりますので、
このチャンスを逃さず、お早めに申し込みください!
『勉強会で藤井さんと握手!』
無料会員登録はこちらから
明日は中島さんです。

強みを活かす・ケーススタディ

こんばんは。八須です。
最近、結婚式場巡りをしています。
それぞれの式場にカラーがあり、戦略があるのが面白いです。
式場には大きく分けて3つ、専業の結婚式場・ホテル・レストランがあります。
専業の結婚式場は、ひたすら結婚式をやっているだけのところです。
(ロビーでコーヒーが飲めたり、ご飯を食べられたりするところもありますが)
設備(チャペル・神殿・披露宴会場・控え室・更衣室など)的には
ひとそろい揃っている上に、きれいな庭があるなどの
式場としてのウリがあるのが普通です。
池袋立教近くのリビエラはここに入りますね。
次にホテルで式を挙げる人も多いです。
ホテルの本業はもちろんホテルなのですが、その充実した設備を活かして
ブライダル事業もやっているところが多くあります。
専業の結婚式場よりもさらに設備がよく、広い控え室や高層階の披露宴会場などが
あったりしますし、アクセスの良さでも優っているところもありますね。
特典としてスイートに宿泊できたり、ブライダルエステがついてきたりもします。
逆に、本業ではない分、細かいところでは専業式場に負けたりします。
最後にレストラン。当然ながら一番のウリは料理でしょう。
それぞれのお店の自慢の料理を出してくれます。
ただし設備は貧弱で、挙式はちょっと離れた教会で挙げて
披露宴だけレストランでやるとか、控え室などの部屋が狭いといったところが
ほとんどです。大きなビルの高層階にあるレストランなどだと
その階のロビーを使って挙式をしたりします。
設備が整っていない分、持ち込み料をなくすなどして費用を
安く抑えられるところもあります。
それぞれの施設がそれぞれの強みを活かして同じ事業を
やっているというのは、差別化ポイントが明確に見えて面白いです。
自社に置き換えて考えてみるのもいいですね。
明日は阪倉さんです。

人を惹きつける話

こんばんは、樋口です。
「この人の話を聴きたい!」と思わされる人間。
立教ビジネスクリエーター塾の活動のなかで数々の講演者・起業家と触れ合ったり、
ディベート活動やJASCを通じてで日本最高峰と呼ばれる人脈と知り合えたりと、
周りの方々には人一倍恵まれています。
先日、工場の生産革新に携わるコンサルタントから話を聞きました。
難しいことを誰にでもわかる単語で解きほぐしながら、
現場に落とし込んで実行していく。
マインドセット・プランニング・チームビルディング・アップグレード・・・
ビジネスの教科書やセミナーで学ぶことを圧縮して、自らが携わる領域において
実行するカタチを体感することができました。
これこそ目からウロコ、と電流が走りました。
他で学んできたことと実務がリンクする瞬間。
普段持っていた問題意識が一気に方程式で解決した瞬間。
この財産は貴重です。
自分自身の業務に落とし込みつつ、
魅力のある話をすることができるように、
日々能力を磨いていきたいと思うのでした。
定例勉強会等で講師のかたの話からも学ぶものが多いですね。
まずは7月2日の藤井孝一さんのお話、楽しみにしています♪
RBCの会員登録はこちらから
明日は八須さんです。

夏至と25階ビル

友部です。
夏ですね。
日本の季節のどれもにも、すばらしさがありますが、
この時期の色味も、よさがあります。
本日は、某クライアントのビルに所在をおいて、業務をしておりました。
勤務部屋が25階にあり、東京をちょうどよい高さで鳥瞰することができます。
それはやはり、10階でも、35階でもなく、25階の風景ならではの眺めなのでしょう。
そして、今は夏至の頃。
日の落ちゆく間際の長さを感じます。
この間合いは、夏至の独特で、私はすきです。
25階の風情と明かりの傾きに見る東京の景色が、仕事の中でも、いとあはれに感じられました。
ともすれば、業務に没頭しがちな中だからこそ、
鮮度ある視点をもっていたいと思います。
RBCの会員登録はこちらから
明日は樋口くんです。

『RBCラボ』

こんにちは。のむらです。
今日は、いつものシリーズではありません。
RBCの話シリーズです。
前回、「ビジネスクリエーターに関する研究」をRBCのやることとしてご紹介しました。
それについて、研究自体は、既存の勉強会とはまた違った方向性というか深さがあって、
会員の皆さんに開かれた場であっても良いと思います。
というか、スタッフだけではとても人手が足りないようなテーマだということにも気づきました。。。汗
そこで、思いついたらすぐ実行ということで、
RBCラボをつくって公式に研究員を募集することにしました。
RBCにある様々な勉強会をさらに俯瞰的に理解するのには最高の研究テーマです。
また、自分で言うのもなんですが、そんなに単純な思考をするタイプでも無いので、
もちろん、次のことも考えています。
(それを全部説明した上で研究員を募集すると、セコい人が来るのも分かるので、
気づく人にしか気づかないような説明に留めています。笑)
先のことを考えるのにベースとなるのは、プロフィットモデルでいえば、
利益増殖モデルです。
このモデルを小資本のプレイヤーがやるケースというのはなかなか珍しい気がするので、
そういう面白さがあるのがRBCラボです。
ぜひ、エントリーを!
RBCの会員登録はこちらから
明日は友部くんです。

出来るキーボード使いの見分け方

みなさんこんにちは、吉村です。
速く梅雨が晴れないかな・・・このジメジメ感から速く解放されたいです。
普段仕事で大抵PCなどを使ってるかと思いますが
、異常にタイプが速い人とか居ませんか?
今所属しているチームの人たちは
みんなその部類に入っていて・・・みんなやたらと速いです。
特にエクセルとパワーポイントに関しては、
マジックを見ているような感覚に陥るぐらい速く、あっという間に作業が終わります。
そんな人たちとなりたいと思い、
色々技(?)を盗み中ですが・・・・(笑)
ひとつ共通点を見つけました。
因みにデスクトップではあまり見かけた事ないので、適応しないのかもしれませんが、
それは・・・・
矢印キーを【親指】で扱います。
本来ならば、人差し指や中指を使うかと思いますが、あえて親指を使う利点はなんでしょうか?
それは中指や薬指でエンターキーを押すためだと推測できます。
少しでもストロークを短くしたいかもしれませんが、
キーボート操作が速い人ほどその傾向はあるように感じます。
早速実践中ですが、みなさんの周りは如何ですか?
きっとそのような方居るはずです!そしてその人は間違いなくキーボードが速いはずです!
RBCにご興味のある方・勉強会に参加されたい方はまず会員登録をお願いします
※会員限定、毎月4回のメルマガを配信中。
明日は野村さんです。お楽しみ!

台湾の人と会食するときの注意

こんにちは、スタッフの村上です。
突然ですが、問題です。
台湾で「牛角」といったら、なんでしょう?
1.焼肉(上カルビ)
2.クロワッサン
3.シーザーサラダ
4.バニラソフトクリーム
答えは、












2のクロワッサンです。
クロワッサンのパンの形が牛の角ににているので、
牛角(にょうじゃお)というのだそうです。
クロワッサンは問題ありませんが、
もし、台湾の方と会食する機会があって、こちらがお迎えするということであれば、
事前に牛肉が食べられるか、確認をした方が無難です。
台湾では、牛を農耕に使っていたこともあって、
家族の一員と考えている人も多く、家族を食べるのは忍びないということで、
牛肉を食べない人がときどきいます。
また、学生さんなんかは、牛が学問の神様だからということで、
テストの願掛けのために牛肉を絶つという人も結構多いようです。
日本に比べて、ベジタリアンの方も多いので、
その辺について確認しておくのも大切ですよ。
それでは…
祝你聚餐愉快!!
明日は、吉村君(チームC)です。
RBCの会員登録はこちら

富士急ハイランド新アトラクション『高飛車』

こんばんは、大久保です。
個人的に遊園地の絶叫マシンが大好きなのですが、
絶叫マシンで有名な富士急ハイランド
新しいアトラクションが来月オープンします。
その名も『高飛車』。
最大落下角度121度ということで、
すでにわけが分からない状態になっているのですが、
ギネス世界新記録申請をしているとのこと。
フジヤマ・ええじゃないか・ドドンパなどは全て制覇しているので、
新しいアトラクションの『高飛車』も乗りに行きたいと画策中。
『高飛車』の詳細はこちらからご覧頂けます。
RBCの勉強会への参加はまず会員登録から。
明日は村上君です。
お楽しみに!

ペプシ新商品のSTP

こんにちは。小沢です。
ペプシがまた新商品出しますね。
「ペプシ エナジーコーラ」
http://www.suntory.co.jp/news/2011/11088.html
この商品の特色は
「 おいしく飲みながら“エナジーチャージ”」
「コーラでありながら栄養ドリンクのような味わい」
「ローヤルゼリーエキス・カフェイン・アルギニン・高麗人参エキス・ガラナエキスを配合」
「日本オリジナルのコーラ飲料」
で価格は 250ml缶143円とやや割高です。
ということを見ていると、
今回は缶飲料でいつもの限定のキワモノ味(失礼?)のペットボトル飲料とは異なるのでしょうか。
これを題材に、学生にペプシエナジーコーラのSTPについて考えてもらいました。
もちろんペプシはすでにSTPを行った上で商品が完成されているのでしょうが、
自分がこの商品を売るなら、
どういう切り口でセグメンテーション(S)して、
どのセグメントをターゲット(T)にして、
そして他社商品とどう差別化してポジショニング(P)するのかを考えみました。
学生に考えてもらったところ、
コーラ好きの部活学生、
クラブで徹夜で踊り狂う若者、
栄養ドリンク代わりに飲むビジネスマン、
元気を出したい年輩の方、
ローヤルゼリーなどエキスに飛びつくアラサー女性
など様々なターゲット像がでてきました。
さて、実際、ペプシが設定したターゲットは誰なのでしょうか。
今後のプロモーションなどが楽しみです。
無料会員登録はこちらから
明日は大久保さんです。