スタッフブログ

『ビジネスアイディアが当たる確率は?』

こんにちは。のむらです。
RBCでは、年度末にプレゼン大会を行っています。
プレゼン大会では、ビジネスプランの発表を行います。
優勝すると、チャンピオンベルトを手にすることができますので、
あなたもベルト奪取に向けて、ぜひがんばってください。
そこで、私は新規ビジネス立ち上げのコンサルティングを
生業にしていることもありますので、年度末に向け、
ビジネス企画についての
カンタンなチェックポイントを書いてみたいと思います。
本番まであと11回私の回があるので、以下のトピックで行きたいと思います。
1.ビジネスアイディアが当たる確率は?
2.BtoC信仰が生み出すリスクとは?
3.あなたがそのビジネスをやる必然性がありますか?
4.儲かりますか?
5.お客様にタダで来てもらいますか?(1)
6.お客様にタダで来てもらいますか?(2)
7.オチは?
8.やりますか?
9.ビジネスの本質を端的に言い表せますか?
10.キャッシュフローはどうなっていますか?
11.楽ですか?
それでは、さっそく、1回目です。
■ビジネスアイディアが当たる確率は?
いきなり結論から言いますが、、、
ビジネスアイディアが当たる確率は、
3/1000の確率
と言われています。
■1つも出さなかったらどうなりますか?
この数字を見て、
じゃあ、出してもしょうがないじゃないかと思うか、
じゃあ、まずは333個考えてみるかと思うか、
ここがビジネスクリエーターであり続けるかどうかの
大きな差じゃないかと思います。
3/1000だと分かればこそ、
ビジネスクリエーターであり続けることができるでしょう。
なぜなら、当てるには最低333のアイディアが必要となれば、
常にアイディアを出し続けるほかありません。
逆に1/1だと思っていれば、結果が出ない案件があるたびに、
いちいち凹まなければいけません。
最終的にうまくいくには、
まずは3/1000であることを理解して、
継続的にアイディアを生み続けることが大事だと思います。
そうすれば、1個当たった時のビジネスがライフサイクルを
終えた場合も、既に次の手を打ってあることでしょう。
詳しくは別項で触れますが、永続するビジネスは、
殆どありません。
まずは、333個、アイディアを出してみましょう。
と聞いて、
「確かにそうだな」
と思っただけで終わるのか、
「1日10個」
といった具合に目標を設定し、ノートを用意するのか?
あなたへの挑戦状です。
挑戦するには、RBCへの会員登録をどうぞ。
明日は友部くんです。

Angel&Satan

みなさんこんばんは、吉村です。
新年明けまして、おめでとうございます!今年もどうぞよろしくお願いします!
長かった正月休みも終り、2009年がやって来ましたね☆
昨年が色々悪いニュースが多かったですが、今年「Change!」して欲しいですね!
休日や隙間時間などを利用して、様々なビジネス本を読まれてる方も多いかと思いますが、
たまには気分転換をかねて、違う分野を読んでみるのも良いかもしれません♪
古典やファンタジー、漫画、写真集・・・etc
いつもと違う分野を読む事により、脳に刺激を与え、新しいヒラメキが出やすいみたいです。
今私が熱心に読んでいる本は・・
「ダヴィンチ・コード」を書いたダン・ブラウンの著作
【天使と悪魔】
です。
既に「ダヴィンチ・コード」を読まれた方はご存知かもしれませんが、一回読み始めると・・・
「24」並に中毒性があります。爆
続きが知りたくて、どうしょうもなくなります。。。
内容も非常に濃くて、物理学から芸術へ、宗教から秘密結社へなど、ダン・ブラウンワールドへ
引き込まれます!
ちょうどGWあたりに日本で映画も公開されるみたいなので、ご興味ある方は是非!
http://angel-demon.jp/
RBCにご興味のある方・勉強会に参加されたい方はまず会員登録をお願いします
※会員限定、毎月4回のメルマガを配信中。
明日は野村さんです。お楽しみ!

鎌倉無心庵

今回はお店の雰囲気がとてもよいスイーツのお店を紹介させてください。
今日のお店は、鎌倉の「無心庵」です。
20090105-P1040284.jpg
お店の中に入ると、そこはまさに和の空間。
20090105-P1040287.jpg
お庭の小さな和風庭園の赤い傘が美しいです。
20090105-P1040286.jpg
でも、美しい庭園を見るより、
甘いものを食べるほうが僕は好きですけどね?。ハハハ。
20090105-P1040294.jpg
クリームあんみつは800円です。
ちょっと高いけど、こんな雰囲気の中で食べるあんみつは最高です。
お店を出ると、こんな注意書きが…。
20090105-P1040295.jpg
???電車???
実はお店の門を出ると、そこは電車の線路なのでした。
20090105-P1040283.jpg
お店は江ノ電で鎌倉から一駅、和田塚駅の目の前です。
写真のとおり、江ノ電の線路からお店に入ります。
営業は10時?17時、水曜と木曜が定休です。
鎌倉に行く機会があれば、ぜひ訪れてみてください。
明日は吉村君です。
RBCの会員登録はこちら
今月の勉強会のご参加はこちら

ビジネスにおける「カン」

いつだか白州次郎が流行った頃があったが、
どんな人か知らなかったので、年末年始に本を読んでみた。

いくつもの功績があり、政治の手腕はもちろんのこと、
驚いたことが、ビジネス感覚がとても鋭いこと。
何事にも「カン」が冴えており、
これからは貿易の商機があると思えば、
すぐに実行し、利益を出す。
会社を立ち上げることは
現代でこそ珍しくはないが、
当時すでに友人と共に会社を立ち上げていたりしている。
本によれば、
日本の高度経済成長の立役者の一人とも書いてあるので、
いかにビジネス感覚が鋭い人だったかが分かる。
その生き方に憧れる人が多いというのも分かる気がした。
こういう本からも学べることは
たくさんあるのだと改めて思わされた一冊だった。
☆RBCの勉強会への参加はまず会員登録から☆
以上、大久保でした。
明日は村上君です。
お楽しみに!

スピルオーバー

こんにちは、樋口です。
「筋トレをするとお金持ちになる」
という仮説があります。
小さな努力を続けて得られた達成感が他の要素に波及して、
よい結果が広がっていく、というものです。
継続によって目に見える形になる筋トレは、
確かに格好の材料でしょう。
RBCにとっては、勉強会を5年近く毎月続けてきたことが、
ひとつの達成感でもあります。
(ラインナップを拡充しつつ、まだまだ続きますよ♪)
RBCの定例役員会や勉強会では、
思いの持つ力についても言及がされています。
強い信念を持ちつづけることによって、
行動指針・判断基準に新しいベクトルが加わります。
「お金持ちになりたい」と日々強く願えば、
行動のひとつひとつのゴールが明確になり、
少しずつ変化することができます。
RBCが成長するよう、日々願い続けます。
思いを持って、継続して何かを続けること。
今年意識していたいポイントです。
RBCへの会員登録はこちら
明日は、大久保さんです。

今年の目標

こんにちは、樋口です。
今年もどうぞよろしくお願い致します。
2008年は本厄ということもあり、
ツイていないことが沢山ありました。
「陽のささなかった日は下へ下へと根を伸ばせ」
読書、雑誌、ネット、メルマガ、勉強会、会話・・・
インプットにインプットを重ねることにより、
情報源の下地を作ることができたと感じています。
これも全て、RBCの活動を通じて覚えることができた感覚です。
インプットした情報を、
・ビジネスパーソンとしての自分自身のスキルアップ
・ビジネスパーソンへの情報提供
など、ビジネスマインドの向上に結び付けて考える癖をつけることができました。
2009年は次のステップに進みたいと思います。
具体的なアウトプットにこだわり、
成果を出すことを意識しながら行動していきます。
2009年もRBCと共に皆さんと成長していきたいと思っております。
何卒よろしくお願い致します。
RBCへの会員登録はこちら
明日も私が担当します。

京都の瀬にて、東京の実を認識。

あけまして、おめでとうございます。
友部です。
年末年始、感ずることがあったので、
複数回に分けて書いてみます。
年末は、京都ですごしていました。
知人を訪ねて、彼の住まいに転がり込み、
未訪で心残りであった寺社を、巡ってきました。
四条河原町の鴨川を挟んだ向かいにあたる
祇園四条の南端に彼のアパートがあり、
そこを拠点に、徒歩と自転車で、
京都の繁華街を回るなどしました。
凡そ寺社仏閣と呼ばれる類は17時に閉まり、
観光客は繁華街などでの夕食へと向かいます。
現地の方々も同様で、18時に自宅を離れ、
19時頃に四条河原町あたりで待ち合わせて、
どこかしら暖簾をくぐります。
京都には四条という賑やかな場所があり、
その喧騒は、比較的同心円に広がっているようです。
22才までの若者が多い地域、働く人が多い地域、
外からのおじ様たちの多い地域、
それぞれ色はあるものの、
同心円に対する外周群という意味では同様で、
各地域は、歩こうと思ってあるけない距離ではありません。
みな、それぞれの地域への訪問を重ね、
その地域の流行の源泉などを、嗜みとして抑えたりします。
行動派の皆様などは、既知であることも多いようで、
行き交いがてら、「おおっ」「きゃぁー」などと、
良く振り返っていました。
おおよそ ある時間に、
自分に向いた地域で、起点と源泉を行き交い、
既知の仲間と肩を並べて歩くのを楽しむ街、
そんな印象を持ちました。

『ライバル』

こんにちは。のむらです。
今年もよろしくお願い致します。
年が変わっても、RBCの活動ビジョンは変わりません。
ビジネスクリエーター輩出に邁進するのみです。
大久保さんの記事と微妙に被りますが、
最近は、ライバルについて考えていました。
あなたのライバルは?
そう聞かれた時に、皆さんはどう答えますか?
私なら、分野は微妙に異なりますが、
○○社(知りたい方は、ランチ会でお尋ねください♪)
だと答えます。
(最低でもここと同じくらいのものは得たいという意味で)
ライバルというのは、自分を映す鏡です。
ライバルと比べて、何が違うのかを見ることで、
自分の強みが明らかになり、また、
やるべきことも明らかになります。
ですから、ライバルの設定によって、
ライバルをどう設定するかによって、
その人の未来は半分くらいは決まります。
ライバルを見て、
ライバルがどこまでやるのか?
じゃあ、自分はどこまでやるのか?
そういう目線で自分の行動を決定していくことで、
ライバルが真にライバルになり得ます。
皆さんのライバルは?
ライバルが何をどのくらいやっているかを
ちゃんと見ていますか?
そして、あなたの日々の行動はライバルに勝てる内容ですか?
ぜひ、このような目線でRBCを飛躍させていきましょう。
今年もRBCをよろしくお願い致します。
素敵なライバルを探すには、RBCへの会員登録をどうぞ。
明日は友部くんです。

よりによって

この時期に熱を出して、死んでいました。
幸い新型インフルエンザなどではなさそうですが、
よりによって、何で年末のこの時期に…。
幸い大きな予定もないので、
部屋で寝ているので、仕事等にも影響がないし、
いい時期に体調を崩したといえば
そうかもしれませんが・・・。
皆さんもインフルエンザやカゼに
気をつけて新年を迎えてください。
今年一年ありがとうございました。
来年もRBCともどもどうぞよろしくお願いいたします。
RBCの会員登録はこちら
明日は吉村君です。

「成功している人」より「一緒に伸びていく人」とつきあう

こんにちは、大久保です。
年末に読み返した本に
共感することが書いてあったので紹介させて頂きます。

この本の中で、著者は
「成功している人」より「一緒に伸びていく人」とつきあう

ことを勧めています。
というのは、
数多くの成功者のに見受けられることは、
「幼い頃からの知り合いで大成した優秀な人物を友人、知人にもっている」
ことらしいです。
なぜそうなるのかというと、
「彼らは大成する前から志を持っていて、お互い励ましあったり、
 同期の活躍に刺激されたりすることで、一緒に階段を上っていく」
からなのではないかとのこと。
とかく、成功している人・有名な人に近づきがちになりますが、
「一緒に伸びていく人」を大事にすることによって
一つずつステージがあがっていくのでしょうね。
そういった意味で、立教ビジネスクリエーター塾は
「一緒に伸びていく人」の集まりの場でありたいですね。
☆立教ビジネスクリエーター塾の勉強会・懇親会に参加するには
  まず会員登録から☆
明日は村上君です。
お楽しみに!