スタッフブログ

歴史に学ぶビジネス:武田信玄?

こんにちは、大久保です。
今回も『歴史に学ぶビジネス』シリーズを続けさせて頂きます。
「善陣は戦わず。善陣は死なず。いまだ備え定まらざるところを撃ち、
  少衆なりといえども、備え厚きは思慮すべきなり」

弘冶三年(1557年)、川中島の戦いの第三次合戦の際に、
攻めてくる上杉謙信の裏をつき、小谷城を落としたときに
武田信玄が言ったといわれている言葉。
このとき武田信玄がとった戦法は
本来ならば一つだけの本陣を7つも8つもつくり、
相手の戦力を拡散させた上で、
敵が手薄となった城を攻めました。
(参考図書:武田信玄 林の巻 (文春文庫)
さきほどの信玄の言葉を自分なりに現代語訳すると
「善い陣は戦わない、だから善い陣は負けない。
 まだ敵の備えが充分でないところを攻め、
 兵が少なくても、備えが充分な相手に攻めるのは
 よくよく気をつけなければならない」
「戦わずして勝つ」孫子の兵法を彷彿とさせられます。
RBCでも2009年6月定例勉強会では
ビジネスバンクの浜口さんから
戦わないで勝つためのポジショニングについて
教えて頂きましたが、そういうことを踏まえながら歴史を学ぶと、
すべからくビジネスとリンクするなぁと思いました。
今後も有意義な勉強会を開催したいと思います。
☆RBCの勉強会への参加はまず会員登録から☆
以上、大久保でした。
明日は村上君です。
お楽しみに!

ビッグ

「バーガーキング」が、超巨大サイズのバーガー「Windows7 WHOPPER(ウィンドウズ セブン ワッパー)」(1450円)を本日から10/28(水)までの期間限定で発売するそうです。
気になるその新バーガーは・・・
“Windows7”の“7”にちなんで、約113gのビーフパティを7枚も使用した贅沢なものとのこと。
食べれるのか??
口が開かなそう。。
最近ハンバーガー業界が続々と新商品を開発してますね。
ビック版、こだわり版。などなど。
ぜひこのハンバーガーを食べた人がいれば教えてください!!
私も食べてみたいです。全部食べきる自身があまりないですが。。
食べてもらう人に新たな刺激を与えてますね。
新たな刺激、RBCへの登録はこちらから。
明日は大久保さんです。

二つの再建と変化への対応

こんにちは。スタッフ八須です。
民主党が政権を取ってから、JALの再建がどのような形で
行われるのかについて色々と話題になっていますね。
企業でも人間関係でも、再建するというのはおそらく一から
作り上げるのよりも難しい部分があるでしょう。
それまでの「慣習」や「常識」、「雰囲気」を変えるのは並大抵の
ことではありません。
と思ったのは最近、少しこじれた人間関係を修復する
必要に駆られたからなのですが。
それまで当然としてきたけれど、本当は良くなかったことを
正すというのはなかなか難しいものですね。以前は正しかったけれど
状況が変わって正しくなくなってしまったということもあります。
「経営は変化対応業」とは木村会長の言葉ですが
生きているということそれ自体が、変化に対応し続けること
なのではないかと感じました。
外部の力を借りずとも変化に気づく能力を失わないためには
外部に目を向け続けることが必要なのではないでしょうか。
様々な視点を見ることができるRBCへの会員登録はこちらから。
明日は阪倉さんです。

ハイボールにあうおつまみ

こんにちは。満木です。
今年はハイボールが流行ってますが、
ぴったりなおつまみをひとつ。
それは、おイモ、です。
仕事先でふかしイモをいただいたのでむしゃむしゃ食べていたら、
これはウイスキーにあう!とびびっときたのでさっそく実験。
ほのかな塩気と濃厚な甘さがぴったり!
最初ロックでいただいていたのですが、のどがつまって
グラスがほいほいあいてしまうので、ハイボールに変更。
ええ?!と思うかもしれませんが、ぜひ試してみてください。
チョコレートやレーズンバターでウイスキーをいただく人なら
はまることうけあいです。(友部君どお?)
ええええええ?!と思った人ほど、試してみてください。
日々小さくても自分の殻を壊し続けることが大きな変革への道のり、です。
無料会員登録がまだの方は今すぐどうぞ!
明日ははちすくんです。お楽しみに♪

ビジネスパーソン横町

こんばんは、樋口です。
先日、新橋で飲んできました。
(今週金曜日も新橋と銀座の間で飲み会がありますw)
新橋は「サラリーマンの街」と言われています。
この響き、あまりよくないですよね。
焼き鳥と生ビールand/orホッピー片手に、
会社の愚痴を言い合うようなニュアンスがどこかにある。
では、一方で、<ビジネスパーソンの街>はどこなのでしょうか??
RBCでもご講演をいただいた、佐藤義典氏のアイデアである、
時間軸・手軽軸・商品軸のセグメンテーションでいくと、
 ・時間軸:早朝
 ・手軽軸:駅から適度に近い立地
 ・商品軸:健康的なパワーモーニングと美味しい珈琲
となるのでしょうか。
対極軸を大っぴらにしてしまうとよくなさそうなので、
会員制バーでも作ってしまうのも手かもしれませんね。
夜は起業家たちが集うコミュニティの場として、
朝は朝食機能をつけてみるとかも面白いかもしれません。
スペースの有効活用のようなニュアンスです。
挽きたての豆の香りの漂う店内に、
ベーコンの焼ける音。
立体的な映像ができあがってきます。
こうして発想が徐々に広がっていきます。。
新橋、という単語からここまで妄想は広がりました。
これからはもっと増幅させていきたいですし、
具体的なビジネスプランに落とし込む力が必要そうです。
アイデアを増幅させて、
アイデアを形にするには、
RBCへの会員登録から。
明日は満木さんです。楽しみです。

『ビジネスクリエーターとして大切なことは全てサッカーから学んだ』?その24?

こんにちは。のむらです。
引き続き、このシリーズです。
全国のサッカー経験者の方、また、サッカー小僧のご家族、ご友人の方に、
サッカーに打ち込むことで、ビジネスパーソンとしても一流になるための素養
が身につく、というご理解を頂ければ幸いです。
↓過去の記事↓
その1
その2
その3
その4
その5
その6
その7
その8
その9
その10
その11
その12
その13
その14
その15
その16
その17
その18
その19
その20
その21
その22
その23
↑過去の記事↑
■条件を利用する■
サッカーというスポーツは屋外で行われるのが一般的です。
(一部、例外もありますが)
従って、様々な条件下でプレイすることがあります。
ピッチが土なのか、人工芝なのか、天然芝なのか、、
土なら、固いのか、砂が多いのか、
天然芝なら、深さはどうか、とか、芝の大きさや
ピッチレベルでの禿げ具合は、、、
(スタンドから見ると緑でも、実際にはハゲハゲ、、なんてこともあります)
他にも、デコボコしていたり、、
地面の種類だけでも色々な条件がありますが、
更に、気象条件があります。
暑いのか、寒いのか、
ムシムシしているのか、カラッとしているのか、
風はあるか、風向きはどうなっているか、
雨が降っているか、太陽が出ているか、雪が降っているか、
既にやんでいるが積もっているとか、
水溜りがあるとか、少し滑りやすいとか、
このように、どのゲームでも、色々と条件が変わってきますので、
まずは目の前の条件を受け入れなければなりません。
「風が強いから思い通りのプレイが出来ませんでした」
ということもあるでしょう。
しかし、そんなことは相手チームにしてもお互い様ですから、
思い通りにプレイできないのであれば、
思い通りにプレイできないなりに勝つ方法を考えるのが、サッカーです。
単純ではありますが、例えば、強い追い風の時。
そういう時は、前へのボールが風を受けて伸びるわけですから、
ミドルレンジからでもシュートを積極的に打ってみるという手があります。
また、ボールを浮かせてしまうと、風の影響を受けやすいので、
味方にパスを出すときには、極力浮かさないとか。
一方で、強い向かい風の時はどうでしょう?
追い風のチームのミドルシュートをガンガン受けていてはたいへんです。
となると、ミドルレンジでは、シュートを打たせないことを重視します。
逆に、ディフェンスラインの裏に出てくる縦パスは、追い風ゆえに人が追いつけません。
(よく、追い風だからと縦にボールを蹴ってしまう人がいますが、これは非効率です。)
ですから、ディフェンスラインの裏に縦のボールを蹴らせれば、意外と楽に守れます。
(攻撃する時には、縦へのボールにブレーキがかかるわけですから、向かい風の時こ
そ、縦へのボールが有効だったりもします)
しかも、条件は試合の中でも変わります。
前半と後半で、エンドが変わるということもありますが、
風向きが変わることだってあります。
小学校の頃、台風の中での試合で、前半は豪雨と向かい風で、
ハーフタイムに晴れてしまったこともあります(笑)
そんな時に、「雨降れ」「風吹け」と騒いでいても、仕方がありません。
結局のところ、条件を受け入れ、早くその条件を利用する者が試合を有利に運ぶのです。
ピクシーことストイコビッチ氏がJリーグでプレイしていた頃の映像として
よく出てくる映像がありますが、カウンターの際に、40メートルくらい、
リフティングで進んだことがあります。

このプレイは観衆を大いに沸かせ、人々の記憶に残るプレイでしたが、
最も大事なことは、ピッチコンディションが酷かったということです。
(これが、サビチェビッチ氏だったら、どういう選択をしたのかも見たいところですが)
参考:サビチェビッチ氏の映像
(ドリブルの時、ボールを置く位置がかなり後ろなのが特徴的です)

このように、条件に合わせて、最適な判断をしていくことが求められるサッカーは、
ビジネスにおいても、大事なことを教えています。
というのも、条件の無いビジネスというのは、既にビジネスではありませんし、
条件が微妙に変わることというのは、ザラです。
契約条件でさえも変更になることはありますし、
市場の動きが変わることはもちろん、ミクロにみれば、小さなコミュニケーションの間にも
条件は変わり続けます。
その中で最適解を模索し続けるという思考をサッカー少年達は鍛錬されているわけです。
変わり続ける世界を生き抜くヒントはRBCへの会員登録から。
明日は友部くんです。

台湾鉄道の旅3(九份編)

こんにちは、スタッフの村上です。
今日も前回前々回に引き続き、台湾の鉄道の旅をお送りします。
(と、いっても今日は鉄道が出てきませんが・笑)
今日は、バスに乗り、台北近郊の九份(じょうふぇん)へ行きたいと思います。
九份へは、前回ご紹介した瑞芳駅からバスに乗って、
20分くらいのところにある山間の町です。
余談ですが、台湾のバスは、なかなか面白いです。
運転手さんがいきなり「トイレ」といって、どっかに消えたり、
バス停留所の「次は???」というLED画面が、
一年中「現在修理中」だったり、ドアを開けたまま走りだしたり、
突っ込みたくなるところが山ほどあります。
九份までは、台北の忠孝復興駅からは、高速バスも頻繁に出ていますので、
バスの旅をしてみたい方は、ぜひ乗ってみてください。
台北からのバスの時刻表は、こちらからどうぞ。
(台北からは金瓜石行きに乗ってください。
 帰りのバスの時刻は、金瓜石発車+10分程度になります。)
九份では、「舊道(じょうだお)」というバス停で降ります。
運転手さんも心得ていて、大体
「到了九份老街~~(だおらじょうふぇんらおじえ・九份の街に着きましたよ?)」
とかいって、教えてくれます。
バス停の前には、展望台があり、
瑞芳の駅からあがってきた坂道や、海を見渡すことができます。
景色は、↓な感じです。なかなか絶景です。
null
景色を堪能したら、ぶらぶらと散策を始めましょう。
セブンイレブンのわきが街の入り口です。
20091013-P1060284.jpg
九份は、もともと、9軒の家があって、いつもふもとの町に買い出しに行くときに、
9軒分の物資を調達したことから、九份(中国語で九つ分の意味)という地名が付いたそうな。
第二次世界大戦の間・戦後とゴールドラッシュでにぎわったそうですが、
鉱山の閉山とともに、街は寂れたそうです。
ところが、その後ベネチア映画祭の受賞作品「悲情城市」のロケ地になったことから、
にわかに注目を集め、最近では「千と千尋の神隠し」のモデルにもなったといわれています。
20091013-P1060295.jpg
(悲情城市の看板。ここは鉱山街時代、映画館があったそうです。)
そんなわけで、日本人観光客はもちろん、台湾人にもとても人気だそうで、
土日になるとものすごく混雑するそうです。
(台湾人の友達には土日はものすごくこむから、平日行った方がいいよと勧められました)
古い街並みの中には、懐かしい感じのお土産屋さんや、
ちょっとおしゃれな茶藝館などがひしめいています。
早速僕も名物料理を…ということで、
ここの名物の芋圓(ゆーゆぇん)を食べてみました。
20091013-P1060286.jpg
芋圓は漢字の通り、芋団子なわけです。
そこにシロップやら、小豆やらがはいって、一緒にいただくデザートなんですが、
あたたかいのと冷たいのを選べて、冷たいのを選ぶと、氷をいれてくれます。
芋圓自体は、白玉みたいな食感で、もちもちして美味しかったです。
20091013-P1060287.jpg
ちなみに、台湾の人たちは、もちもちした食感で美味しいことを「QQ」と表現するそうです
20091013-P1060290.jpg
雰囲気のある街並みも見て、おなかもいっぱいになりました。
来週は、さらに奥の観光地・金瓜石(じんぐわすー)に向かいたいと思います。
九份の詳しい観光情報は、こちらからどうぞ
明日は、吉村君です。
ビジネスクリエーターへの乗車券はこちら

歴史に学ぶビジネス:武田信玄?

こんにちは、大久保です。
今回も『歴史に学ぶビジネス』シリーズを続けさせて頂きます。
「人は城 人は石垣 人は堀 情けは味方 仇は敵なり」(武田信玄)

これは、とても有名な言葉ですね。
実際に信玄は生涯、自分で大きな城を建てなかったと聞きます。
戦で勝った際にも、
敗れた相手の国の兵や、その妻子に対する処遇も寛容的だったそうです。
(ただし、反抗したり脱走したりしたときには厳しく処罰をした模様)
そういう信玄に対しては、近隣諸国も戦わずして降伏をした国もあったとか。
(参考図書:武田信玄 風の巻 (文春文庫)
書物を通してしか知ることができないので、断言はできないのですが、
人の心は古今東西変わらないもの。実際にそうだろうなぁと思います。
「組織は人で成り立っている」というのは
当たり前すぎるほど当たり前のことなのですが、
私もいろいろな組織・団体とご縁があるたびに
その構成員の違いだけで、
その場の雰囲気・物事が進行するスピード・言語体系が
こんなにも違うのかと驚かされます。
今後もRBCを
ビジネスクリエーターという良い人財を更に輩出していく場に
したいと思います。
☆ビジネスクリエーターになるための第一歩は会員登録から☆
明日は村上君です。
お楽しみに!

温暖化ガス削減と、日本の未来

こんにちは。スタッフ八須です。
鳩山内閣が発足し一ヶ月が経ちましたが、温暖化ガス削減の目標値について
色々なところであれこれ言われていますね。
でも、自分としては日本の進むべき道として、悪くはないと思うのです。
日本は経済大国と言われてきましたが、そろそろGDPで中国に
抜かれます。一人当たりなら当然まだまだ勝っていますが
世界で見れば23位です。
経済規模だけが経済大国と呼ばれる所以ではありませんが・・・。
さて、超大国といえばアメリカですね。外交大国といえば中国です。
軍事大国はたくさんあります。
福祉大国といえばスウェーデン、文化大国といえばフランス、イタリア?
サッカー大国といえばブラジル、ドイツだそうです。
戦わない経営でもランチェスター戦略でも、何かでナンバーワンに
なることの重要性を説いていました。
といわけで、「環境大国 日本」というキャッチコピーは、悪くないのではないでしょうか。
既にノルウェー、ドイツが先行しているみたいですが
日本がこれまで培ってきた資産(Asset)をさらに進化させていけば、
そうなる余地は十分にあると思うのです。
戦略BASiCSで考えると・・・
Battlefield    競合としては先進国・BRICs
Asset       技術力(特に省エネ)、「もったいない」文化、公害対策経験
Strength     21世紀に評価される環境に優しい技術、高付加価値
i
Customer    急速に成長する発展途上国
SellingMessage 日本の技術で、環境を破壊しない経済発展を実現します
温暖化ガス削減(の過程)で、日本がどんな国になっていくのか。
こんな感じで、とは言いませんが、鳩山首相にはみんなが誇りを持てるような
ビジョンを示してほしいですね。
自分と日本の未来を考える材料に。
RBCの会員登録はこちらから。
明日は阪倉さんです。

大門の博多鍋屋で学ぶ

こんにちは。満木です。
大門にとってもおいしい博多鍋のお店があります。
わたしはモツが苦手なので名物トリッパ鍋こそいただいたことはないものの、
お通しからしめまで一品一品が、工夫があって驚きがあって、
幸せになります。
思わず私もこんなかんじに。

null

先日知人のプチ誕生祝いの会をしたときにシャンパンをお願いしておいたら、
それにあわせてイタリアン調のコースで組んでくれました。
お店のスタッフも初めてみましたという料理の数々。
思わず笑っちゃうおいしさです。
女性の誕生会ということと、シャンパンに合わせるなら、ということで
特別メニューにしてくれたようです。
ほんとうは鍋自慢のお店なのに、趣旨を理解して対応してくれる
ホスピタリティに感激しました。
サービスってこうあるべきだなぁと思いました。
うちの売りはココだから他は譲ってもココだけは譲れない・・・というときがあるのですが
何が目的なのかを考えたらそこも譲ってみるという選択肢があるんですよねぇ。
いやいやおいしく学べました。
今週末は定例勉強会です。
お申込みがまだの方はお急ぎください。
さ、明日ははちすくんです。お楽しみに!