スタッフブログ

【締切間近】RBCインターナショナル勉強会(2009/1/10?)

こんにちは、樋口です。
2009年度より開始されるRBCインターナショナル勉強会、
締切があと7日間となりました。
新年を機に英語力・異文化コミュニケーション力を、
ネイティブスピーカーから学び取りたいかた、
英語を武器に世界で闘いたいかた、
共に勉強しましょう。
コーディネーターとして参加させていただく私も、
楽しませていただきます。
来年はTOEIC950点が目標です。
・・・ここで大見得を切ったからには引き下がれません。
独自の勉強法を編み出しつつインターナショナルの場で切磋琢磨していきたいと思います。
RBCインターナショナルへの参加を希望されるかたは、
RBCへの会員登録の後に、
info【アットマーク】rikkyo.bizよりお問合せください。
明日は、大久保さんです。

こんにちは、樋口です。
タイトルは今年の漢字でもあり、
某会社の名前そのものですw
先日開催されたRBC望年会で色紙を書いていて感じたのですが、
私が最初の勉強会に参加してはや3年。
深入りしてRBCの役員になってはや2年。
月日の経つのは早いものです。
勉強会やプロジェクトマネージャーを務め続けるなかで、
私自身が少しずつ変化/進化し続けていることが、
最近目に見えてわかるようになってきました。
物事は知れば知るほど好奇心の枝が広がっていく。
そして次々にアイデアが出てくる。
考えれば考え続けるだけ自分の成長が加速される。
アイデアマラソンの発想です。
そして、ただ単に勉強会に参加するだけではなくて、
学びのアウトプットを残すということも重要です。
効果測定の場としては、
やはりブログや日記を書き溜めているため、
簡単に比較することができます。
まずは定例勉強会100回まで頑張ろうと思います。
皆さんのために少しでも役に立つRBCでありますように。
ちなみに学生の皆さんもRBCの勉強会は参加いただけます。まずはRBCへの会員登録を気軽にどうぞ。
明日も私が担当します。

『ビジネスパーソンが学ぶ理由』

こんにちは。のむらです。
前回は、チャンスについて書いてみました。
これは、RBCが「人の集まり」であることに起因しています。
もうひとつ、RBCの大きな特徴として「学びの場」という要素があります。
これに紐付けて、「ビジネスパーソンが学ぶ理由」を、
いわゆる私がお世話になっている方々をベースに考えてみます。
ここ5年くらいでしょうか?
ビジネスパーソンの勉強会的な集まりやセミナー、
ビジネス書や情報商材の情報が
とても多いように感じます。
(それは、私の立場のせいでそう感じるのかも知れないですが。。)
RBCの会員属性や会員登録のペースを見ていても、
2000年卒以降で2005年卒くらいまでの層のビジネスパーソンは、
比較的初動が早かったように感じます。
これは、
インターネット(PC)世代×就職氷河期世代
が背景にあるんじゃないかと思います。
安定志向の割合が小さくなり、自己投資への意欲が旺盛になります。
逆に、
就職氷河期が一転して新卒バブルを迎えた世代になると、
初動が遅いことと、自己投資への意欲が薄くなったように思われます。
これは、肌感覚なんですが、
・(サラリーマンの場合)話題が自社にこもる傾向
・大勢がいる場では同世代/身内で固まりたがる傾向
にも現れていると思います。
新卒バブルもとりあえずは崩壊を迎えましたので、
2010卒からは、またまた自己投資への意欲が高まると予想しています。
さて、「自己投資としての学び」は、成果を上げるビジネスパーソンの多くに
共通している要素だと思います。
ただ、どんな投資でも、
適切に継続し、しっかりと成果を出すには、
その目的であり動機や理由が重要です。
そもそも、動機や理由が不明確な投資は、半分以上が浪費かも知れません。
前回のお話とも関連しますが、
「ビジネスパーソンが学ぶ理由」
を考えると、
「成果を出すため」
ということになりますが、もうちょっとブレイクダウンすべきでしょう。
成果を出すために必要なことは、
・行動
はもちろんですが、実はそれと同様に
・チャンス
が必要です。
これで、前回の話に繋がってきましたが、
チャンスは、
1.チャンスが目の前に来る(=人によって与えられる)
2.(そもそも)チャンスが目の前に来たのが見える
という2条件があってはじめてチャンスとして存在します。
そうすると、学ぶ理由として
1.チャンスを与えて頂けるような人になるための学び
 ⇒チャンスを与えることが出来るレベルの人の話していること、
  思っていることが、幾許かは理解できるようになること
2.チャンスがチャンスに見えるようになるための学び
 ⇒現状の問題点や困りごとが見えるのは正直、動物レベルの
  動機であり、本来は、明確な問題意識が描けていない、
  今よりも高次元な課題を理解できるようになること
があると思います。
挑戦的な話になりますが、
このような話だけで大勢の人が集まるセミナーというのは、
そうそう見たことがありません。
極めて具体的なスキル、具体的な知識について説明したほうが、
人が集まりやすいというのは全国的な傾向です。
(セールスレターの観点では、そういう平凡レベルの人でも動けるように
メッセージを発信してあげるのも大事ではありますが、実は、この時点で
メッセージを発信する側は、学ぶ理由を理解している人がいることを
期待していないのが皮肉でもあります)
そんな中で、RBCは、上述のような「学ぶ理由」を高次元で理解している方々の
集まりであり続けるように努めたいと思います。
言っている意味が分かったあなたは、RBCへの会員登録を歓迎します。
明日は友部くんです。

世界のMerryXmas

みなさんこんばんは&メリークリスマス!!吉村です。
聖夜も仕事です。(嘆)
今日はXmas・eveですね☆
街中がXmas一色で、恋人たちが嬉しそうに歩いてますね♪
さて、日本や英語圏の方たちはXmasを祝う時は「MerryXmas!!」
と言いますが、他の国ではなんて言うのでしょうか?
気になったので、調べてきました!
いつか役に立つかもしれないので、
記憶力が良いみなさんならサクっと覚えて、いざっと言う時に使いましょう!
【世界のMerryXmas】
中国:”Sheng Dankuai Le”
フィリピン: “Maligayang Pasko”
韓国:”Sung Tan Jul Chuk Ha”
フランス:”Joyeux Noel”
ハワイ:”Mele Kalikimaka”
イタリア:”Buon Natale”
ロシア:”S Rozhdestvom Kristovym”
タイ:”Suksan Christmas”
ニュージーランド:”Happy Christmas”
スペイン:”Feliz Navidad”
では、みなさん素敵な夜をお過ごし下さい?♪
来年こそは・・・
RBCにご興味のある方・勉強会に参加されたい方はまず会員登録をお願いします
※会員限定、毎月4回のメルマガを配信中。
明日は野村さんです。お楽しみ!

新年会にお勧め 鍋の美味しいお店

こんにちは。スタッフの村上です。
そろそろ忘年会シーズンも佳境を迎えています。
年が明けると、新年会ということになるわけですが、
今日は個人的にお勧めの鍋のお店を紹介したいと思います。
その1 モーモーパラダイス池袋牧場
「死ぬほど美味しい!」というわけでは
正直ないわけなんですが、まぁまぁ美味しいし、
食べ放題なので、好きなだけ食べることができるし、
値段も安いし、合格点だと思います。
それと、ここでお勧めなのはボーリングとのパック料金があること。
池袋東口のハイパーレーン(旧トキワボウル)2ゲームと、
しゃぶしゃぶ食べ放題、飲み放題がついて、4,000円はお安いと思います。
その2 博多華善 日本橋店
「水炊き」のお店です。
週末は予約必須の人気店です。
鳥からとるスープはとってもあっさりしていて美味しいですし、
水炊きには鶏肉のほかに、野菜もたっぷり入っていますので、
ちょっと疲れた胃にも優しくお料理が入ってきます。
そして、お肌に優しいコラーゲンもたっぷりとることができるので、
うちの会社の女の子にも人気があります。
しめにはご飯や麺を入れて雑炊、ちゃんぽんを楽しむこともでき、
しっかり食べたい人も大満足です。
お店は神楽坂西新宿渋谷などにもあるようですので、
お近くのお店でお楽しみください。
暖冬とはいえ寒いこの季節、
みんなで鍋をつっついて、親睦を深めつつ、
英気を養いましょう!!
明日は吉村君です。
RBCへの会員登録はこちら

マーフィー

先日、とある経営者からご紹介いただいた本があるので、
シェアーします。
マーフィー100の成功法則 (知的生きかた文庫)

本屋にたくさん本が並んでいますが、
本当に有益な本ってごくわずかなんですよね。
最近、どんどん本を「捨てる」作業をしていますが、
この本はずっと大切にしたい一冊です。
☆有益なRBC勉強会に参加するにはまず会員登録から☆
 明日は村上君です。
 お楽しみに!

肩甲骨

こんにちは、樋口です。
昨日は定例勉強会&望年会に参加させていただきました。
定例勉強会の講師は、
株式会社ベスト 西川淑子さん。
マナー講座、と言ってしまっては勿体ない内容でした。
肩甲骨や腰を意識したセクシーなウォーキング、
品格溢れる立ち振る舞い、
そして先生が適宜盛り込む、
相手を不快にしない程度のユーモアのセンス。
特に印象的だったのは、
肩甲骨を意識すると姿勢がよくなるということ。
背筋を伸ばそうとするとついつい鳩胸になりがちですが、
右と左の肩甲骨をキュッと寄せることをイメージすると、
自然なかたちで背筋を伸ばすことができます。
姿勢が一直線に伸びると心も真っ直ぐになります。
「カタチから入ってココロに至る」
という言葉の意味がよくわかりました。
こうしたプロフェッショナルのちょっとしたアドヴァイスにより、
大きく変化することができます。
今回の場合は肩甲骨という普段あまり意識しない部署に意識を持っていくことで、
カラダもココロも全体が綺麗になり、
大きく変わるトリガーを作ることができます。
今後の定例勉強会や講演会のなかでも、
プロフェッショナルが意識しているちょっとしたポイントを、
TTPしてみると皆さんのビジネスが加速度的に成長させられるのでしょう。
是非参考にしてみてください。
定例勉強会への参加はRBCへの会員登録から。
明日は、大久保さんです。

ビジネスクリエーターの就職活動

こんにちは、樋口です。
昨日、僭越ながらRBCメルマガのビジネスクリエーターとして登場させていただきました。
冒頭部分に「就職活動生にも是非読んで欲しい」
と記載したのは、
ひとりの人間の自己分析と現実の成り行きを、
参考例として読んで欲しいと思ったからです。
私はOBOG訪問会の類のイベントが大好きで、
大学主催・サークル主催共に年に数回参加しています。
また、学生からの個々の相談にも応じています。
その際に最近意識し始めたのが、
 「学生自身にビジネスがあるかどうか」
ということです。
会社の構成員のひとりとして肩で風を切って歩く、
キャバクラでネームブランドを誇るようになる、
一方で会社をリストラされて先行きがわからなくなる。
会社というハコにだけ捉われて仕事を行っていると、
ハコがなくなったりハコが嫌いになったときに
アイデンティティ・クライシスに陥ります。
もちろん愛社精神を持って活動するのはよいことですが、
「自分」というブランドをもって、
そのキャリアの延長線上に常に会社を位置づけているのが、
真のビジネスクリエーターでしょう。
この発想はRBCに参加するまで生まれませんでした。
自分にとっての本当の価値、
そして生きるミッションは何であるのか、
常に考えながらビジネスを産み出していたいですね。
ビジネスクリエーターとして、
考えるべき根っこの部分ですね。
学生の皆さんは自分を知ることで、
自分のビジネスの方向性をつかんでほしいと思います。
ちなみに学生の皆さんもRBCの勉強会は参加いただけます。まずはRBCへの会員登録を気軽にどうぞ。
明日も私が担当します。

『チャンス』

こんにちは。のむらです。
「チャンスは人に乗ってしかやって来ない」
RBCの皆さんであれば、幾度と無く、聞いたことではないかと思います。
これが分かったら、ご縁を大事にするようになると思いますが、
では、ご縁を大事にする時に何を心がけるべきでしょうか?
諸先輩方の振舞いから、大事なことを考えてみました。
大きくは3つではないかと思います。
1.人に会う絶対量が多い
2.会った人に「適切に」認知される
3.人にチャンスを与える人でいる
1.人に会う絶対量が多い
⇒ご縁を大事にされている方は、そもそも、多くの人に会っている方が多いです。
 ご縁を大事に、、、というと、少ない方といかに時間をかけて付き合うか?
 ということをイメージする方もひょっとしたらいらっしゃるかも知れませんが、
 実際にはそうではないようです。
 忙しい人ほど仕事のスピードも品質も優れていたりするように、
 どうやら、「人に会う」ということについても、同じような事象が起こるようです。
 おそらくは、行動量が増えることによるパターン認知の深さが、
 人付き合いのうまい人になるかどうかの分かれ目なのではないでしょうか?
2.会った人に「適切に」認知される
⇒多くの方に会っても、覚えておいて頂き、しかも、最も有効に利用して頂くには、
 自分自身を適切に認知される必要があります。
 実は、新卒採用なんかで聞かれる、
 「自己PR」
 と、原理原則は一緒だったりします。
3.人にチャンスを与える人でいる
⇒そして、場合によってはちょっとおこがましいのですが、
 「お会いした方に対して、チャンスを与える人でいる」
 という、「まず与える」というスタンス。
 ご縁を大切にし、しかも、それがビジネスの成果に現れている方は、
 ほぼ例外なく、先に与える方のほうが多いです。
 言い古された話ですが、それしか無いと思います。
 RBCのスタッフ行動指針の一番最初もこの話でしたね。
常に、心がけたいことです。
とはいえ、何を与えたら良いのでしょうか??と思った方は、RBCへの会員登録で、その疑問がなくなるかと思います。
明日は友部くんです。

テーマ

みなさんこんばんは、吉村です。
ただ今インフルエンザーが猛威を振るっている関西地方へ出張中です。
昨年は予防注射を打ったにもかかわらず、誕生日の日に発病しました(泣)
まさか年に2回発病する事はないでしょうね(汗)
今年も残りわずかとなりましたが・・・
年初に立てた目標はいくつ達成できたのでしょうか?
私は立てすぎて後半かなりの「マキ」が入りましたが、なんとか合格点貰えそうです。
毎年自分に対して一つのテーマを設けてまして、昨年は【チャレンジ】今年は【即決】
でしたが、来年のテーマがまだ決まりません!!
色々ありすぎて、一つに絞れません・・
前向きなフレーズが一番良いかと思いますが、
自制の意味も込めて「内省」もありかもしれませんね(笑)
※いつも暴走気味といわれてますので・・・
あ、これだけは絶対に使いません!
「Change」
いい加減、聞き飽きました。。。。
RBCにご興味のある方・勉強会に参加されたい方はまず会員登録をお願いします
※会員限定、毎月4回のメルマガを配信中。
明日は野村さんです。お楽しみ!