こんにちは。のむらです。

初回:文字入力の話からの、このシリーズです。
※はじめての方への説明も↑
2回目:検索の話

3回目:ストレージの話

今回からズボラ7(仮名)についてご紹介します。

元々は、起業家やフリーランス、経営者のために
ビジネスクリエーターズLabで開発したツールなのですが、
そうでない方にも有効だと思いましたので、
カンタンに解説してみます。

そもそも、ズボラ7とは何か?というと、

ズボラな人が
1枚の紙で
タスク管理をしたり、
事業の優先順位を確認したりするものです。

用意するのは
(1)1枚の紙(A4以上のサイズが良いです)
(2)筆記用具
(3)小さな付箋
(4)クリアファイル
です。

イケてる文具をステマする気もありませんので、笑
安いもので構いません。

全部、テキストで説明するのもアレなので、
PDFにしたものを置いてしまいます。

ズボラ7(仮)

■作り方
(1)こちらのPDFの1ページ目のように、紙に線を引きます
(2)タスク管理をする周期を決めます
  (個人的には1ヶ月がお勧めですが、1週間や2週間でも良いかも知れません)
(3)スケジュール帳に振返りをする予定を入れます
  1時間で良いので、予定を入れて、他の予定をブロックします。
  (私の場合は、Google Calendarに定期の予定として時間を入れています)
(4)付箋に管理する対象のタスクや事業やプロジェクトを書いて
  適切な場所に貼り付けます。
(5)クリアファイルに入れて、カバンに入れます

これで完成です。

どこに何を配置するのか?というのは、
PDFファイルに載せておきましたが、
大まかには、このような配置です。
スマート7

下の段は、クレド。
すなわち、自分の信条や大切にしている価値観を書いて貼っておきます。

左側の列は、既にうまくいっていて、続けることを貼ります。
完全に習慣化していて無意識でも続けられるものは、
剥がしてしまってもOKです。

真ん中の列は、今期に結果を出すことを貼ります。
仮に、1ヶ月単位でプロジェクトを管理しているとしたら、
例えば、この1ヶ月で売上をつくる、ということになるでしょう。

それに対して、着手はするものの、今期には結果を出さないことについては、
右側の列に配置します。

ここで管理されたものは、基本的に、
右から左へ
上から下へ
という方向に移動します。

これを、振返りの時に動かします。

元々は、経営者や起業家がプロジェクトの位置づけを
俯瞰的に見るものなので、
実行中、終了、というので、
上から下に動かしたりするのですが、
一般社員の方のタスク管理でつかう場合には、
自分でやるか、他人に任せるか、というので、
分けても良いと思います。

重要なことは、
→1枚の紙で網羅的に自分のやっていることを見ることができる。
→付箋をつかうことで、私のようにズボラな人間でも、カンタンに更新ができる。
というところにあります。

全ての人が該当する保証はありませんが、
仕事ができない人の状況として、
自分が何をしているのか?
自分が何をすべきなのか?
自分がやるべきことの位置づけがどうなっているのか?
ということがちゃんと理解できていないように思います。

というわけで、やることを整理して、
ムダな時間を減らすようにしましょう。

役に立ったよ、という方は、
Facebookページにいいね!もして頂けると嬉しいです

受付中イベント情報はこちら

まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。
会員登録は無料です。

明日は八須くんです。