こんにちは、なかしーです。

その他NAS関連記事はコチラ↓
「うわっ、、私のディスク、うるさすぎ・・?」 LINKSTATION RAID NASのHDD交換その後
HDDメーカーが作ったNAS:中小オフィスのファイルサーバーにめっちゃお勧めかも DX4000
アイ・オー・データのNASもイイ!

ちょっと今日はITなお話です。

みなさん、パソコンとかデジカメのデータってどうやって保存してますか?

普通は内蔵ハードディスク(SSD)とか、あるいはDVDやBlurayに書き出したりしてますよね。

私は少々心配性なので、一つのメディアに保存するのが怖いです。(ハードディスク系は前触れ無く突如壊れてしまうし、DVDもBlurayも無くす可能性、データが経年劣化により蒸発する可能性が有る)

 

なので、ハードディスクを冗長化させてある製品を使って大事なデータを保存しています。(簡単に言うと、2つのHDDに同じ内容のデータを同時に保存する事ができる製品です。ハードディスクが2つあるので、両方のハードディスクが一度に壊れない限り、データがなくなることはありません。)

モデル的には、バッファロー LinkstationシリーズのLS-WV2.0TL/R1Jのちょっと古いやつです。↓こんなやつ。

(アマゾンでのレビューは賛否両論ありますが、多分最近のロットだと割とこなれてきているので、ハズレを引く可能性は低いんじゃないかと。そもそも、良かったレビュー書く人よりも、悪いレビュー書く人が多いのは当たり前なので。まぁ、そもそですが、多少はIT勉強しないと扱うのがちょっと難しいのは事実でしょう。)

 

購入してから電源いれっぱなしで2年くらい動かしてましたが、つい先日2つのうちの1つのハードディスクがひとつ壊れてしまったようですので、交換しました。もちろん中のデータは残っています。

交換用ハードディスクは、バッファロー純正だとすごく高い(2万over!)ので、赤キャビアと言われているWD20EFRXという、ちょっとだけ良いハードディスクを買いました(1万程度)。(この赤キャビアはLinkstationのハイエンドモデルで使われているようですので、まぁ動くでしょうという見積もりです。)

元々刺さっていた純正ハードディスクが、バッファロー純正とか言いながら中身はSeagate Barracuda  3.5inch SATA 6Gb/s 32MBキャッシュ 1TBモデルでしたので、実際はそれ以上のスペックのハードディスクならOKということで、買ったモデルは64MBキャッシュの2TBモデルです。

アマゾンでワンクリックして翌日届きましたので、電源を落としてHDD交換したらあっさり認識しました。手順にしたがって、再構成作業をしたらあとはほったらかしです。無事交換完了しました。まぁ、そういう設計ですので当たり前です。
想像してみて下さい。あなたの大事なデータすべてが入ったハードディスクで、いきなり壊れてデータが取り出せなくなったという状況を。このLinkstationならそういうことはありません。(なんかどこかの営業さんみたいですね。)

 

で、これだと当面は1TBのRAID(かつ32MBキャッシュ)になるんですが、そのうち、また片方のハードディスクが壊れたらもう一度2TB/64MBキャッシュのハードディスクを買ってRAID削除&再構成すれば、2TB/64MBになります。プチアップグレードバンザイです。(ただ、RAID削除がいるので、中に入っているデータを一時的に逃がす為の場所が要りますけどね。)

 

ということで、無事に割と安価で交換でき、音も非常に静かになりましたのでよかったよかった。一安心です。

 
参考まで:

 

あなたの大事なビジネスのデータやプライベートのデータ保存が万全じゃないかも、、と思った方は、安心できる環境作成のサポートしますのでご連絡下さい!

ビジネスクリエーターズへの会員登録はこちらから。

 

あしたは小沢さんです。

その他NAS関連記事はコチラ↓

「うわっ、、私のディスク、うるさすぎ・・?」 LINKSTATION RAID NASのHDD交換その後

HDDメーカーが作ったNAS:中小オフィスのファイルサーバーにめっちゃお勧めかも DX4000

アイ・オー・データのNASもイイ!