こんにちは、スタッフのすずきです。

 

今回も自動運転に関する内容です。

今まで自覚はなかったのですが、自動車関連の記事を見ると思わず、

書きたくなるようです。笑

 

今週の日経ビジネスをご覧になりましたか?

表紙がかっこよかったですね〜〜〜

 

まだの人は表紙を見るためだけでも、ぜひ探してみてください。笑

自動運転というワードと表紙のかっこよさに惹かれ、発売日の11時くらいに本屋に行ったら、

棚にはもうなくて、驚きました!

店員さんを呼んで奥から引っ張り出してもらいました。笑

 

そろそろ、本題に入りますね。

 

自動運転技術を進めているのはGoogleのようなITの会社やトヨタのような

完成車自動車メーカーだと考えていましたが、そうではないんですね。

 

自動車業界における主役は大きく変わろうとしていて、

コンチネンタルのような自動車部品メーカーが今後を担うようになるかもしれません。

コンチネンタルのパートナー企業や過去のM&A、取締役陣を見ると、どこのIT企業だ!

と思わざるを得ません。

ただ、それぞれの部品をコントロールするためにはシステム化し、よりITを導入していこうとするのは当然といえば、当然ですね。

 

部品メーカーや新参入の猛者達によって、自動運転化されてしまったら、完成車メーカーはどうするのでしょう?

完成車メーカーが追求するのは、

 

・乗り心地

・環境配慮

・サービス

・・・・

 

運転する必要のない車内で何が求められるのか?

完成車メーカーは悩みどころですね。

上記で上げた3つは他業界からの参入も用意な気がしますし。

 

完成車メーカーは自らを中心としたエコシステムをいかに築いて、ハンドリングできるかで

道を分けそうです。「ケイレツ」に囚われず。

 

役に立ったよ、という方、(役に立たなかったよ!という方も)
Facebookページにいいね!して頂けると嬉しいです

受付中イベント情報はこちら

まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。
会員登録は無料です。

 

友だち追加数