こんにちは、スタッフの大久保です。

先日、ディズニーシーに行ってきたのですが、そこで気づいたのが「自撮り」をする人が多くなったことでした。

友達と一緒の写真を撮りたい場合、ディズニーではキャストに言えば快く撮っていただけるのですが、「自撮り」をするひとたちは「自撮り」そのものを楽しんでいるように見えました。

新しいiPhoneでは自撮り機能がパワーアップしているとおり、スマートフォンが普及してからというもの、世界的に「自撮り」をする人たちが増えたんじゃないかと思いますが、その流れを受けて(?)自撮りをしてくれる自動販売機が誕生しました。

VENDORPHOTO

これはキリンビバレッジとLINEがタッグを組んで商品開発をした自動販売機で、飲料を購入した人がその場でフレーム付きの写真が撮れて、その撮った写真をLINEで受け取ることができるサービスです。

自撮りというより、どちらかと言えばプリクラに近いようにも思えますが、単に飲料の売買をするための自動販売機から、更に一歩進んだサービスを提供できるようになるということは良いことだと思います。

こういうプラスアルファの機能がついた自動販売機が街中に増えたらいいですね!

面白かったよ、という方は、 Facebookページにいいね!もして頂けると嬉しいです

次回の勉強会は2015年10月31日開催予定です。

 ▼現状を打破するために必要なマーケティング手法がわからない
 ▼手元にある顧客名簿からどう仕事に繋げたらよいかわからない
 ▼イベントのたびに、集客に困っている
 ▼データ分析といっても、具体的に何をしたら良いかわからない

このようなお悩みをお持ちであれば、ご参加されてみてはいかがでしょうか?

勉強会の詳細・お申し込みは以下のリンクからお願いします。

絶対に黒字化するイベントの裏側を大公開!実例から見るマーケティング手法とデータ分析

まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。 会員登録は無料です。

明日は野村君です。お楽しみに!

友だち追加