こんにちは、なかしーです。

今日もWEBというかatomのお話です。

前回もremote-syncのお話でしたが、今回も引き続きです。

初回でディレクトリ全体をSyncしたあとは、編集(実質的にはSave)した分だけサーバー側と同期されますが、たまにサーバー側でいじってしまった時には、atom側にも全体持ってきたいとかもあるわけです。
じゃぁまた全体をSyncすればいいじゃん、となるわけではありますが、Laravelつかってる以上、プロジェクト全体を持ってこようとするとatom側でほとんどいじることがないvendorとかapp/storage以下とかまでご丁寧に全部Syncしようとするので、時間が掛かって面倒くさいわけです。

それで、remote-syncのignoreなんかを指定しちゃう時にあんまりminimatchという形式に詳しくなかったので参考にさせてもらったサイトが以下です。

http://motemen.hatenablog.com/entry/2014/07/15/minimatch-cheat-sheet

https://github.com/isaacs/minimatch

それで、私が実際に入れた設定を一部紹介すると、以下のような感じ。他にも有れば同様に追加すればよいでしょう。

"ignore": [
    "vendor/**",
    ".remote-sync.json",
    "app/storage/views/**",
    "app/storage/logs/**",
],

こんな感じです。

 

役に立ったよ、という方、(役に立たなかったよ!という方も)
Facebookページにいいね!して頂けると嬉しいです

受付中イベント情報はこちら

まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。
会員登録は無料です。

明日は大久保さんです。

友だち追加数