こんにちは、大岡です。

今日は会社の先輩から教わったことを共有します。

それは、
「やらなくていいところを決めることができるか」

これは上に立つ者にとってとても重要な資質であると言います

例に取ると非常に分かりやすいですが、

ある仕事に対して、
部下がやる方が良いかどうかを聞くと、大抵の場合、
「できるなら全部やった方が良い」となり、部下は泣く泣く徹夜。
非常に多くの労力を割くことになります。

一方でできる上司は同じ質問をされた際に、
「やらなければいけないこと」、「やること」の線引きができ、
余った時間は別のことに活用できます。

この差はどこから生まれるのか?

それは、
「ゴールまでのプロセスをイメージできているか」

上記イメージができれば、ある業務に対して、
タスクとして必要かどうかを判断し、
最小限の労力で最大の効果を得ることができます。

もし、あなたの上司が、前者であれば、泣く泣く徹夜をする前に、
自分でゴールまでのプロセスをイメージし、
タスクをやらなければいけないかどうか判断しながら
コミュニケーションを取るのが良さそうですね。

 

役に立ったよという方(役に立たなかったよ!という方も)

Facebookページにいいね!して頂けると嬉しいです

受付中イベント情報はこちら

まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。

会員登録は無料です!