こんにちは、なかしーです
今日はNHKのBSでやっていた、サバンナの動物たちの番組でのとあるエピソードを紹介します。
皆さんはトムソンガゼルをご存知でしょうか。
アフリカに住む鹿みたいな草食動物で、NHKのサバンナ特集ではまず間違いなく登場する名脇役です。
このトムソンガゼルは、サバンナの草食動物たちの中でも最も狙われやすい動物で、最高時速100kmもの早さのチーターに追いかけられる環境で日々を生き抜いています。
最高時速80kmと言われるトムソンガゼルの脚では、単純に直線で競争するならば、まず間違いなくチーターには勝てない。
とは言え、そこを逃げ切らないと食べられてしまう。
全力疾走のチーターに追いかけられ、
「あっ、あぶない!(>_<)」 と言うところでクルリと身を翻し、からくも難を逃れるトムソンガゼル。 そんなシーンを一度は見たことあるのではないでしょうか。 その必死の逃げテクニック、実は、肉食動物に追い掛けられていない平和な時を使って、自分達の群の中でトレーニングしているんです。 トムソンガゼルは繁殖期になると、文字通りオスがメスを追いかけ回して求愛します。 その時メスは、オスに追いつかれないように右へ左へ切り返しながら逃げます。 そうやって、肉食動物に襲われた時さながらの練習をしつつも、相手のオスの足の速さをテストする。 メスに追いつけないような遅速のオスは、強いオスとして認められない=子孫を残せない、と言う仕組みになっているのです。 人間でいうところの 「あははー、マテマテー!」 ですが、トムソンガゼル達の世界では時速80kmの真剣勝負。 メスは、今を生き延びる為に自分を鍛えながらも、より強い子孫を残す為にオスのデキ男っぷりをみる。 ここで頑張れないオスは、生き残れずに死ぬか子孫を残せずに死ぬ。 そうやって、常に強い種を残すような仕組みになったんでしょう。 ところ変われば、求愛の必死さも違うものですね。。 いゃぁ、人間に生まれて良かったー! RBCへの無料会員登録はこちらから
明日は小沢さんです。