こんにちは、大久保です。
『歴史に学ぶビジネス』シリーズを続けさせて頂きます。
今回は上杉謙信の第四回目です。
 鞭聲肅肅夜河を過る
   べんせいしゅくしゅく よるかわをわたる
 曉に見る千兵の大牙を擁するを
   あかつきにみる せんぺいの たいがをようするを
 遺恨なり十年一劍を磨き
   いこんなり じゅうねん いっけんをみがき
 流星光底長蛇を逸す
   りゅうせいこうてい ちょうだをいっす
                            (頼山陽)
■江戸時代の歴史家・頼山陽の詩。
 「鞭聲肅肅夜河を過る」とは、
 川中島の戦いで、
 武田信玄の奇襲を上杉謙信が事前に察知し、
 夜に馬で静かに河をわたっている様子をあらわしています。
 「曉に見る千兵の大牙を擁するを」とは、
 夜が明けて多くの謙信側の兵が武田勢に旗をたてながら
 向かっていくときのことを描いています。
 「遺恨なり十年一劍を磨き
  流星光底長蛇を逸す」とは、
 謙信と信玄の一騎打ちで、
 信玄を討たんとする謙信が
 もう少しのところで信玄を逃してしまった
 悔しさをあらわしています。
 ここからもわかる通り、
 まさに謙信と信玄はライバルでした。
■しかし、だからこそお互いを認め合っています。
 それは、信玄が死ぬ間際、
 勝頼以下一族に以下のように言っていることからわかります。
  「上杉謙信とは和議を結ぶように謙信は男らしい武将であるから
   頼ってゆけば若いお前を苦しめるような行いはすまい。 
   私は最後まで謙信に頼るとは言い出せなかった。 
   お前は必ず謙信を頼りとするがよい。 
   上杉謙信はそのように評価してよい男である」
 敵対していたと同時に深く信頼していたのでしょう。
■ビジネスもしかり、ライバルだからこそわかることがあり、
 またお互いを尊重します。
 
 ライバルがいてこそ、緊張感もあり、負けまいと
 向上努力を継続して行うようになる。
 (ちなみに、RBCもライバルがいるとかいないとか…)
 お互いを高め合う、そんな真のライバルはあなたにいますか?
 ☆切磋琢磨できるビジネスクリエーターのあつまりである
   RBCの勉強会への参加はまず会員登録から☆
 明日は村上君です。
 お楽しみに!