こんにちは、こさかです。

先週、2月Liveを開催しました!
お越しいただきました皆さま、ありがとうございました。
Liveレポートは別途お送りいたします!

さて、今回も資料作成がテーマの記事です。

前回は、「揃え」について、
 ・スライド内の要素を、左揃え、上揃えにすると整理されているように見える
 ・テキストは原則として「左揃え」
2点がポイントです、というお話をしました。

今回は太字とジャンプ率のお話を。

太字は、その通りテキストを太くすることですね。

ジャンプ率というのは、
「テキスト同士の大きさの比率」のことを指します。

わかりやすい例が、新聞。
重要な記事が掲載されているときは、
見出しの部分がかなり大きくされていますね。

駅の売店で購入されることの多いスポーツ紙などは、
その最たる例です。
遠くからでも視認されるように、
インパクトのある紙面になっています。

太字とジャンプ率、ふたつに共通する役割は、
「目立たせたい部分を強調する」こと。

どこが重要か、どこを注意して読んでほしいか
(逆に、どこが「サブ」の情報なのか)をわかりやすく伝えるためには、
太字とジャンプ率の調整を意識することが大切です。

先程は新聞を例に出しましたが、
立ち読みでも良いので、ファッション紙に目を通すことをおすすめします。

情報量の多い紙面をうまく整理してあるので、
とっても勉強になりますよ!

役に立ったよ、という方、(役に立たなかったよ!という方も)
Facebookページにいいね!して頂けると嬉しいです

受付中イベント情報はこちら

まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。
会員登録は無料です。

明日はなかしーさんです。

友だち追加数