あけましておめでとうございます。
今年もIT大好きなNocchiです。

⬛︎節税という稼ぎ方
ここ半年くらい、周囲で爆発的に人気が高まっている
ふるさと納税について調べてみました。

副業禁止なサラリーマン、
株や不動産への投資もリスクの取りづらい昨今、
所得税のハードルが上がったり、扶養控除制度が変更になったりと
搾取が多い中、節税のお話は吉報ですね。

納税といったり寄付といったりするので
なんなんだ?と思い、久々に区役所の税務課へ。

⬛︎納めるのは基本「2,000円」

おすすめはこちらのサイト「ふるさとチョイス」

納める金額に応じて、各自治体が商品を用意しています。
一定金額までは実質負担2,000円で寄付ができ、
その上限は年収によって決まります。試算はこちらから
例えば、日本人の平均年収400万円を稼ぐ単身者ですと、合計約40,000円の寄付が可能です。

そして、実質負担の2,000円を除いて、納めた40,000円はどうなるかというと、
住民税(都道府県、市区町村)の控除対象になるのです。
つまり、ふるさと納税の分だけ、住民税を払わなくてよいことになる。
住民税についてはこちらから。
市役所の方がその年度のまとめ本を読まれていて、「それ便利そうですね」と言ったら頂けました。
市民でももらえるらしい。

そうすると、支払う2,000円でもらえる商品が、2,000円以上の価値があると思えば、
2,000円でその商品をゲットして、その上、数万円の税控除が受けられるわけです。
実質の住民税負担軽減は20%くらいだそう。

まとめると、2,000円払って、商品を受け取ることができ、
住民税の約20%程度が支払い不要になるということです。
これはお得です、はい。

⬛︎選べる商品
人気はお肉だそうですが、一番還元率がいいのはお米だとか。
毎日食べている人にとってはいいかもしれませんね。

とはいえ、5万円寄付して、保存期限3日の高級牛肉が
いきなり10Kgまとめて送られてきても意味ないです、という人もいるかと思います。
そういう方にはこんな方法が

今まで普及しなかった理由は手続きが面倒だったからだそう。
今では、例えば10,000万円の寄付を複数の自治体に行うこともできます。

すでに2016年になっているので、税控除が受けられるのは2017年からですが、
人気な商品は駆け込みで年末に売り切れ多発。
年始の今は、商品が補充・新コースの創設が行われやすく、選びどきかも。

役に立ったよ、という方、(役に立たなかったよ!という方も)
Facebookページにいいね!して頂けると嬉しいです

受付中イベント情報はこちら

まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。
会員登録は無料です。

友だち追加数