こんにちは、スタッフのこさかです。

今回も印刷にまつわる話をお届けいたします。
書いてみたら思ったよりも長くなったので、
第3弾も印刷の話にしようと思います。

今回は特殊な印刷方式と、色の表現に関する小ネタの2点です。

大量印刷…でもインクは瞬時に乾きます。UV印刷。

前回の投稿では、
印刷時の裏移り対策としてデンプンの粉が使われている…
という話を書きましたが、
実は粉を使わず、一瞬でインクを乾かす技法が存在します。

その名も、「UV印刷」。

「UVって、日焼け止めのアレ?」という方。
正解です。

UV印刷は、紫外線にあてると乾く特殊インクを使った印刷方式。
専用の印刷機で特殊インクを用いて印刷した後、
紫外線をあててすぐにインクを乾かすことで、
色の彩度を高く保つことができます。

そんなすばらしいUV印刷、
もちろん、従来の印刷よりもお高いです。。

蛇足ですが、UV印刷機が置いてある部屋は、
その構造ゆえ、太陽光が一切入らないようになっています。
(小ネタっぽい)

印刷きほんの「き」。「網点」について

世の中には多くの色が存在しますよね。
何となく印刷している印刷物、
様々な色を表現するのに用いられているのは、
たった4色のインクだということをご存知でしょうか?
(例外もありますが…!)

4色です、4色。
人間て頭良いですね。

ちなみに4色というのは、
CMYK(シアン・マゼンタ・イエロー・ブラック)を指します。

そして色を表現するのは、
網点(あみてん)と呼ばれる細かい点。

1色ごとにベタ塗りされている訳ではなく、
CMYK4色の細かい点をちりばめることで、
様々な色・濃度が表現されているのです。

余談ですが、PCやテレビモニターでは光の点により色が表現されており、
4Kテレビは光の点を従来よりも細かくする(=解像度を高くする)ことで、
美しい映像表現を可能にしています。
似たような構造ということですね!

今回は以上です。
第3弾も是非ご一読ください!

役に立ったよ、という方、(役に立たなかったよ!という方も)
Facebookページにいいね!して頂けると嬉しいです。

まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。
会員登録は無料です。

◆◆スタッフ募集中◆◆

ビジネスクリエーターズでは、
一緒に活動するスタッフを募集中です。
今よりも成長のスピードを上げたいという方、
ぜひ一緒に活動しましょう!

友だち追加数