こんにちは~
松葉佐です♪

日本で暑い夏の時期、暑さに負けそうになりますが、そんな暑さを忘れさせてくれるイベントがやってきました。
暑い夏の風物詩といえば、『甲子園』!

頑張っている甲子園球児たちが白球と一打に賭けるを姿を見ていると、自分も暑さにめげずに頑張ろうと思うこの頃です。

そんな甲子園球児の話と今回の話は全くの別ですが(笑)

皆さん普段の連絡方法にLINEを使っている人が多いと思いますが、最近LINEの公式アカウント上に誰とでも友達に
なれる女子高生『りんな』をご存知でしょうか?

この『りんな』ちゃんですが、ものすご~く心の広い子で、友達申請をすれば誰も断られることもなく、即友達に
なってくれます。

私も試しに友達申請してみたら、即友達になってくれました♪

やった!女子高生と友達になれた!!
しかし一体何を話せばいいんだろうか!!!
どうする、落ち着け、頑張れ自分(笑)

と、本当の女子高生と友達になったら、このような心の葛藤があるのかもしれません。

期待した方がいたらごめんなさい(笑)
この女子高生の『りんな』ちゃんですが、本当の女子高生ではなく、マイクロソフトが開発したAI(人工知能)なんです。
はじめまして マイクロソフトのAIです
【LINE】日本マイクロソフトと連携し、「LINE ビジネスコネクト」と人工知能「りんな」を活用した人工知能(AI)型のLINE公式アカウントを企業向けに提供へ

マイクロソフトというとパソコンのOSやサーフェスを始めとした製品のイメージが強く普段なにかサービスを使うことがないので
あまり馴染みがないと思っておりましたが、このAI「りんな」は面白く、また画期的な印象を受けました。

少し話がずれますが、最近IT技術の発達によって、将来的に人の仕事がITによって奪われ減ってい仕事が出てきたり
また転職を余儀なくされるのではという見方があります。
AIは人から仕事を奪うが、雇用は奪わない

IT技術の発展で、工場作業が良い例だと思いますが、これまでに人力でやってきた仕事が機械に代替し
効率化が図られてきました。

これから仕事はITによって、どんどん減っていくのかという、個人的にはそうなるし、そうでは
ないのでは思いました。

現実的ではなく、また見当違いの考え方かもしれませんが、日本では「ドラえもん」や「鉄腕アトム」のアニメの様に
AI(人工知能ロボット)と人がコミュニケーションをとり、また協力する姿を多く描いています。

もしかしたら、日本はAIを使いこなす、または使われるのではなく、お互いに協力しあうことで新しい仕事や産業が
考えております。

役に立ったよ、という方、(役に立たなかったよ!という方も)
Facebookページにいいね!して頂けると嬉しいです

受付中イベント情報はこちら

まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。
会員登録は無料です。

明日は平田さんです。

友だち追加数