こんにちは。
IT大好きNocchiです。

最近は考えるシリーズになってきましたw

ここ数ヶ月で、学生さんと話す機会が増えました。
就活の時期が2ヶ月後倒しになったため、
この暑いのに炎天下の中、スーツの学生さんが走り回っていて
本当に大変そうです。

学生が暑くなく、冬休みの時期に、ということで
2〜4月に実施されていた就活解禁が、
学業に支障が出る(テスト期間とかぶる)ために
学校サイドの申し出で後倒しになったとのことですが、
だったらテスト期間をずらしたらいいのにと
思わずにいられないNocchiです。
そもそもが、授業が半期毎である必要性すらないのに。

誰のために何をしたいのか、むちゃくちゃなことが、
本当にこの世には多いです。
大切なのは、テストでも、学校でも、就活でもなく、
みんなが心地よくやりたいことをやれる社会にすることなのにね。

リクルートさんやスタートアップ系では
私服での面接OKと謳っているそうです。
そういう文化についても考えた上で
就職先をみると良いかもしれないですね。

暑くてもスーツで頑張れることが、
会社に入ってからの激務に対するロイヤリティだと見る企業が、
本当に自分にとっていい企業になるのか、と。

いま、NewsPicksで就活シリーズをやっています。
会員限定記事ですが。月額1,500円。

多くのPickerがおっしゃっているように、
学割か単価制を設けるべきなのでしょう。
多くの購読者が学生さんであり、
あれがすでに「社会」というしがらみを体験している大人たちからの
実態調査とアドバイスなのだとしたら。
ちなみに上位コメントは無料で読めるので
あれでも十分かなと思います。

最近、データ周りをやりながら、セミナーや会合にも参加していて思います。
PCの前に座っていると、すべての物理的な移動やコストが
自動化できて、それ以外は無駄なのだから省いて良い、
という感覚に陥りがちだったのですが
本当に本末転倒であると。
その感覚、気をつけたほうがよいかもしれません。
データに使われている状態かもしれません。

大事なことは何か。
幸せに生きることのはずです。
快適な生活をすること。
やりたいことをやれること。
大事な人と楽しく過ごすこと。

人の本音や行動が、すべてFacebookやTwitterで書かれているでしょうか。
本当に楽しい時は、SNSの存在は忘れて、目の前のみんなと
わいわい会話を楽しんでいる時ではないでしょうか。
それがすべてデータに落ちている?そんなわけはきっとない。

困っている人がSNSを使っているでしょうか。
お金がない、暴力を受けている、何かに追われている。
仮にそんな方々がTwitterで「困っている」と書いて
ビッグデータがそれをどれほど解決してくれるのでしょうか。

リクルートの受験サプリ開発記事を読みましたが
あれはただのEdtechではありません。
塾に行くお金がない子供達に、どう勉強させてあげられるかを
足で聞き回って商品化したもののようです。
TechAcademyなどもそうでしょう。
実践型だとTeach for Americaも似たようなコンセプトですね。

先日、Firefoxを開発するMozillaへ行ってきましたが、
あの会社は、もっと使いやすいブラウザを作るために
ボランティアで成り立ってきた法人です。

お金が、ビジネスが、すべてなのか。
サステナブルであるために、誰かから援助を受けることは必要だし
正当な対価を払うことも大切だと思います。
その適正なスキームを考えることこそ、ビジネスクリエーターズの
すべきことではないかな、と、最近思います。

慶応SFCや東大の学生さんたちとお話しして、
みなさん、キラキラと自分の夢を語られていました。
今、学生は大きく二分されているようで、
「適当に会社に行って、そこそこのお給与があればいい」と
「スタートアップで好きなことをやっていきたい」という2つのタイプ。

どちらも正しいと思っていて。
なぜなら、自分の気持ちに正直に向き合えているから。
高いお給与、安定、社会的ネームと引き換えに
めちゃくちゃな転勤や、激務や、理不尽な命令があったりする。
社会のレールが自分を苦しめるのなら、選ばないのもまた正解だと思うのです。

ここに、もう一つ、ほかの人のために何かできたら嬉しい、
という気持ちが入っていると、さらに素晴らしいですね。

起業する、そのことが尊いわけではありません。
自分のディレクションで、世界を変えたい人とってはそれが最高の幸せなだけ。
既存のスキームを変えたい人には、それが一つの手段なだけ。
会社員をしながら、NPOやボランティアに携わることだってもちろんできます。

ライフデザイン、とでもいうのでしょうか。
社会が決めたスキームではなく、自分の人生は自分で決める、
そこに気づけたら、人生はもっとハッピーになるかもしれませんね。

Facebookページにいいね!して頂けると嬉しいです

受付中イベント情報はこちら

まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。
会員登録は無料です。

明日は鈴木君です。

友だち追加数