なかしーです。

今日もWeb関連です。

これまでソースコードはVimで普通にガリガリ書いてましたが、さすがにしんどくなって来たのと、AtomなるGithub謹製のIDEっぽいのが結構使えると聞いて導入してみました。

あんまり優し書き方はしないですが、色々書いておきます。

1,インストール

MSの.Netが強要されます。

インストールはスムーズに完了しますよ。

デフォルトでの起動時間は10数秒ってとこでしょうか。ただのEditorとして使うには向いてません。

 

2,パッケージ、テーマのインストール

入れたのは、以下。

  • color-picker(#FFFFFFとか作るやつ)
  • compare-files(Diffとして)
  • ex-mode(後述)
  • keyboard-localization(後述)
  • laravel(Laravelスニペット)
  • laravel-theme
  • minimap(ソースの全体像を片側に表示してくれるやつ)
  • remote-edit(ちょっとしたリモートホスト上のファイルのイジイジ用として使うんじゃないかな。)
  • remote-sync(開発サーバー上のソースをまるごとPC上に持ってきて作業してます)
  • vim-mode(後述)

 

3,ちょこちょこ設定、Tipsなど

思い出せる部分だけでも書いときます。

  • エディタからTree View(所謂左側に出てくるプロジェクトとかのファイルを表示するアレ)に移動するにはCtrl+0(ゼロ)で切替ができます。そこでもVim風に操作できるっぽい。
  • remote-editは、パスワードだとうまく動かなかった気がする。SSH Keyでやったらちゃんと動いた。
  • remote-syncのignoreアレイで、最初フルパスで指定したからちゃんと動かなかったけど、ターゲット以下のパスとして書いたら動いた。そりゃそうか。ちなみにLaravelの場合、Vendor以下まで持ってこようとすると5千ファイル以上あるからそれだけで大変です。外しておきましょう。
  • remote-syncのDiffコマンドって、コマンドプロンプトから呼び出せるコマンドの様です。うーん。なんかダサい気がする。ちゃんと使ってません。
  • remote-syncは、セーブ後自動UploadオプションをOnにしておけば速攻でUpしてくれるです。(最初のサーバーとのセッション確立時は時間かかりますが。)
  • Vim-modeは、デフォルトでは:wが使えません。なので、人によっては:でコマンドパレット呼び出しにして、wでSaveをキーバインドに仕込んでおくという方法をやるひとも居るようです。ただ、折角ex-modeなるパッケージがあったのでそれを使おうとしたんですが、なんでか:が普通に動かない。色々試してたらShift+:で動いた。でも、それだと普通のVim使うときに変な癖がついちゃうので避けたい。色々調べてたら、USキーボードじゃない人で起きる話のようです。(普通にテキスト入力するときは全く問題ないんですが、コマンド入力待ちの時はどうもUSキーボード状態のようです。Ctrl+.で確認してるとよくわかります。)なので、さっきのGithubに書いてあったKeyboard-localizationを入れるわけです。デフォルト選択肢で日本語キーボードが無かったので、ジェネレータで日本語用をサクサク作って反映して、無事に:が動きましたとさ。開発者にも投げたのでその内デフォルトに組み込まれるかも。初Githubナリ。(ちなみに、今今自分で作る人は「.」の箇所は含めないほうが良さそう。なんかDeleteになってしまったので抜いても問題なかったです。)
  • ex-modeでも、:q!はちゃんと効かない。あと置換(s/hoge/fuga/g)みたいなのは動かなそう。エラーが出る。
  • 一般的なタブブラウザ系で使えるショートカット(タブ変更やタブ閉じ)は使えるので楽。

 

4,その内やりたい事

  • 開発サーバー->検証サーバー->本番サーバーでの連携にGitを使ってみたい。まだそこまで回ってない。
  • 背景が黒すぎて非選択タブとかの文字が見づらいから変えたい。
  • Tree viewにおいて、キー入力でファイルをカンタンに辿れものか。WindowsのExplorerでも出来るんだから、ありそうだけどまだ知らない。
  • (期待)エクリプスでJava書く時みたいに、クラスとかメソッドとか色々保管してくれればいいのになー。そしたら重くなっちゃうのかなー。

 

というわけで、今のところまぁまぁ素敵かもです。

みなさんのお役に立ちますように。。