こんにちは。のむらです。

日々、色々なビジネスモデルを研究しているという性質上、
だいたい、一日に一個以上は、ビジネスモデルに関する話をしているような
気がします。

今回は、ビジネスというよりは、アイディアの話です。

知人の手がけているサービスの話になるのですが、
Waaaaay!という方向音痴向けのアプリがあります。

参考:メンバーのインタビュー記事

私の場合、待ち合わせ場所等に行く時は、
グーグル・マップのアプリでルートを表示して行くようにしています。

グーグル・マップのアプリは良く出来ていて、
タクシーに乗れば車の場合のルート検索を表示して、最短ルートや現在の混雑状況を確認します。
徒歩の時は徒歩の場合のルート検索を表示します。
過去にあった最短ルート表示では、表参道ヒルズの正面入口を通って、小さな裏口から出てくる、
なんていう最短ルートが表示されたこともあります。笑

私は、これで効率的な移動方法を確認できています。

とはいえ、世の中にはあまりにも方向感覚が無さ過ぎて、
地図表示、現在地表示、目的地までのルート表示が揃っていても、
うまく目的地に辿りつけない人もいるようです。

そんな方のためにつくられたのが、
Waaaaay!というアプリです。

これは、目的地までの距離と方向だけが表示されるというアプリです。

1人でつかう場合は、目的地までの指示をしますし、
2名でつかう場合、相手までの距離と方向を表示するようになってます。

グーグル・マップのような素晴らしいサービスがあるという時に、
それでもうまく目的地に辿りつけない、迷子になる、となると、
「サービスの使い方が正しくないのではないか?」
と考えることもできますが、
「このサービスでは十分に目的を達成できないのではないか?」
と考えることもできます。

既につかわれているもの、普及しているものであっても、
「それでは不十分ではないのか?」
と考えてみるところに、新たなアイディアがあるかも知れません。

目の前の「当たり前」を、
一回無視して考えてみるのはいかがでしょうか?

今日も朝から晩まで、けっこうな数の
「当たり前」を処理してきているかも知れません。

役に立ったよ、という方、(役に立たなかったよ!という方も)
Facebookページにいいね!して頂けると嬉しいです

受付中イベント情報はこちら

まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。
会員登録は無料です。

明日は松葉佐くんです。