こんにちは。のむらです。

今日は、どうでも良い話をします。
なので、忙しい人は読まないようにしてください。

ここ最近、マクドナルドの食材について、色々と騒がれています。
※以前からも色々ありましたが。。

例えば、↓の記事は色々と紹介されています。
中身を知ってもまだ食べる?<マックのフライドポテト>

また、中国では、期限切れや落ちた鶏肉を使用していたということで、
「本物の肉が使われていた」
と、マクドナルドに行列ができたという話もあるそうですね。

さて、上記の記事にもありますが、
結論としては、遺伝子組み換え食品を色々と摂取することになる、
ということだと思います。

そしてふと、遺伝子組み換え食品の問題はどこにあるのか?
と、まぁ、話の流れ上はそこを確認してみたわけですが、
これが、全然分からないのですね。

色々と調べてみたのですが、
「元々自然界になかった遺伝子だから」
ということから話が始まっているのですね。

従来の食材よりもそれによって、より健康になる可能性は?
と、逆の仮説も成り立つと思うんです。

また、遺伝子組み換えでなくても、
危険かどうか?という話しなら、
毒キノコを食べてはいけないと思いますので、
どうも、「元々自然界になかった遺伝子」
というだけでは、何が問題の本質なのかがよく分かりません。

さらに言うならば、
日本で生活していて食べているものの殆どは、
遺伝子は組み換えてなくても、
自然界にある状態ではない状態で出てきます。

これもひとつの説ですが、
人類最大のイノベーションは、「料理」という話もあります。

植物をその辺に生えているまま、
動物を生きたまま、
という食べ物はあまりなく、
何かしらの手を加えて食べるものが多いです。

このように、料理をすることによって、
エネルギーの摂取効率が高まったとか、
脳に栄養を送るのに有利になったとかで、
人類で最も重要なイノベーションが料理だと言われることもあるそうです。

一方で、
人間の個体差というのもありまして、
例えば、アレルギーなんかもあります。

私の場合は、カニアレルギーなので、
カニがどっさり出てきて、テンションが上がる方々がいる中で、
カニがどっさり出てくると、どう振る舞うべきかを悩ましく思うわけです。

他にも、私の知る方では、
卵アレルギーの方もいますが、
その場合、残念ながら、目玉焼きを食べることも難しいわけですね。
(私のつくる目玉焼きはとても美味しいのですが。。。笑)

と、実際のところ、
何を食べると体に良くて、
何を食べると体に良くないのかの、
本当のところというのは、
分かるようで分からない。

究極的には、
何を食べても人は必ず死ぬので、
「死を避ける」
という目標は、いつか必ず未達になります。

その時に、食べ物の影響がどうなっているのか?
そこにある個体差はどうだったのか?

これはもはや、測定不可能な話だと思います。

極めてシンプルかつ、本質的なことを考えてみると、
人間は世界そのものを正しくは認識できません。
言葉や数字で抽象化して認識したところで、
既に、世界が持つ無限性を否定しているので、
端的にいうと、人が分かったと思っている世界というのは、
常に必ず間違っているということになります。

加えて言うと、
何を間違えているのか?
どう間違えているのか?
ということも、正確には分かりません。
(それが分かるのは、「間違いではない」が分かることなので)

結局は、不正確な仮説と不正確な仮説とがぶつかり合いながら、
今日も人類は、間違いの中を右往左往しているのかな、と。

フライドポテトの話からそんなことを思っていました。

ホントにどうでも良い話でしたね。笑

役に立ったよ、という方、(役に立たなかったよ!という方も)
Facebookページにいいね!して頂けると嬉しいです

受付中イベント情報はこちら

まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。
会員登録は無料です。

明日は八須くんです。