こんにちは。
松葉佐です!

最近虎ノ門を歩きまわっているので虎ノ門ネタです。
とらのもn

先月、虎ノ門ヒルズが開業し、虎ノ門ヒルズにいるマスコット、トラのもんが注目
を集めたり、また併せて環状2号線(マッカーサー道路)が開通し、虎ノ門ヒルズ
近くに日比谷線の新駅構想が持ち上がったり、何かと話題を集めた虎ノ門ですが
トラのもんより以前に元祖マスコットと呼べる虎がいたのはご存知でしたでしょうか?

場所は、銀座線『虎ノ門』駅の改札を地上に上がって虎ノ門一丁目交差点側の横断歩道
の側に虎の銅像があります。

小さいので見過ごしがちですが、今にも吠えそうな立派な銅像があります。

何故こんなところに銅像があるのかと言いますと、昔は今入町という地名だったのが
戦後、虎ノ門へ町の名前が変わった事を記念して建てた銅像だそうです。

建てた人達は銅像をまさにどうぞっと言ったところでしょうか…

…(笑)

ちなみにですが、江戸時代には虎ノ門だけに立派な門があったそうですが
方位が虎の方角だった為、虎ノ門になったようです。

新しい物事に目が移りがちですが、昔からあるものに目を向けると違った視点や
気付きを得られるかもしれませんね♪

役に立ったよ、という方は
Facebookページにいいね!もして頂けると嬉しいです

受付中イベント情報はこちら

まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。
会員登録は無料です。

明日は平さんです。