こんにちは、スタッフの大久保です。

今年4月からなぜか音楽のLiveに行くことが多く、4月〜6月で大小合わせて10本くらい行っています。

小さいライブハウスでアットホームなLiveもあれば、大きなホールで大勢で盛り上がるようなLiveもあり、いろいろなLiveのあり方があることがわかりました。

さて、ビジネスクリエーターズでも毎月1度、外部から講師をお招きして開催する勉強会を「ビジネスクリエーターズLive」と呼んでいます。

なぜ勉強会を「Live」と呼ぶのか?

そんな素朴な疑問をつい先日思ったのですが、あらためて考えてみると「会いに行ける」からなんじゃないかと思いました。

私達が2004年に立教ビジネスクリエーター塾として活動しはじめたころ、今ほどは勉強会・セミナーというものはありませんでした。
それが、朝活がブームになり、Facebookで個人が自主的に勉強会を開催できるようになり、技術の革新でインターネット上でセミナーを受講できたりと、まわりの環境が変わった中で、私達ビジネスクリエーターズの強みとは何か。

それは勉強会を通じて、ビジネスの第一線で活躍されているビジネスクリエーターに「会いに行ける」ことなんじゃないかと思いました。
AKB48のコンセプトは「会いにいけるアイドル」でしたが、まさに「会う」というとてもアナログなことが、人を熱狂・感動させるのではないか。

というのも、最近、大物ミュージシャンのLiveを中継して映画館などで観るライブ・ビューイングというのがありますが、あれでスクリーンに向かって飛んだり跳ねたり、声をかけるようなイメージがまったく湧かないんですよね。

私の好きなバンドでONE OK ROCKが先月、ワールドツアーの模様を映像化した映画を上映していたのですが、配給会社の企画で上映中に声出しOKの上映会がありました(ただし、席から立っちゃダメという制限がありましたが…)。実際には、私は参加していないので、何ともいえないのですが、きっとそこまで盛り上がるものではなかったんじゃないかというのが私の感想です。

わーキャー叫ぶのも、同じ空間にミュージシャンがいるからこそ。

勉強会でも、インターネット上での勉強会も良いのですが、やっぱり講師が目の前にいて、何かあれば質問できる。
インターネットが普及している今だからこそ、逆に今まで当たり前だと思っていたことが、実は当たり前ではなかったのだと思うようになりました。

また「会う」ことにより、その人の持っている雰囲気やオーラなどを体感できます。これらも、本やインターネットでは分からないことです。
一流の人は、自信に満ちあふれいるというか、本当に独特の雰囲気を持っています。

体感的に、実際に「会う」ことは、本を呼んで身につけた知識の10倍・100倍もの学びがあると思います。

講師に「会う」ことは、参加者を変容させるチカラがある。

そんな思いで、これからもビジネスクリエーターズLiveを毎月開催していきたいと思います。

今月のLiveのご案内はこちらです。よろしければご参加ください。

ビジネスクリエーターズへの会員登録はこちらから。明日は野村君です。